宋美玄先生、教えて!【第1回】 ママが抱える母乳と育児の悩み

宋美玄先生、教えて!【第1回】 ママが抱える母乳と育児の悩み

「母乳か、ミルクか、赤ちゃんに与えるのはどちらがいいの?」と悩んでいるママも少なくないはず。昨今では「母乳で育てることがよい」と言われているのをよく見かけますが 、実際はどうなのでしょうか?産婦人科医で2児のママでもある宋美玄先生に、母乳に関する疑問と話題の液体ミルクについて伺いました。

宋美玄

母乳は赤ちゃんにとって「完全栄養食品」

「極端な人はさておき、ほとんどのママは『できるなら母乳で育てたい』と考えていると思います。私自身もそうでした」と語る宋先生。母乳がよいとされる主な理由は、赤ちゃんの成育に必要な栄養が豊富だから。

ほかにも、母乳のメリットとして以下の点が挙げられます。

<赤ちゃんにとってのメリット>
・赤ちゃんの免疫力を高める成分が含まれている。
・特に初乳には、免疫グロブリンやラクトフェリンなどが豊富で、感染症やアレルギーの予防につながる。
・乳幼児突然死症候群(SIDS)の予防につながる。

<ママにとってのメリット>
・乳首が刺激されてオキシトシンが分泌されるため、産後の子宮の回復が早くなる。
・ミルクを用意する手間がかからず、経済的。
・妊娠で増えた体重が自然に減りやすい。

こうしたメリットがありますが、いずれも母乳以外の要因が絡んできたり、見方を変えればメリットではなかったりするので、必ずしも絶対とは言えません。

一方、母乳のデメリットとしては、授乳間隔が短い、すぐに仕事へ復帰する場合に大変、分泌量が少ないと赤ちゃんの体重が増えないなどが挙げられます。

出るかどうかは人それぞれ。母乳にこだわりすぎないことが大事

母乳育児を望む人が多いものの、なかなか母乳が出にくい人もいますよね。適切な支援があれば9割の人は母乳が出ると言われますが、その数字にはスパルタで頑張っているケースも含まれているのだそう。

「無理なく母乳が出ればいいのですが、母乳って、そもそも苦労しないと出るようにならないメカニズムなんです」と宋先生。

母乳の生成を促すプロラクチンというホルモンは、出産後に分泌量が急激に減少します。プロラクチンの分泌を促すためには、産後すぐから赤ちゃんに何回も乳首を吸わせて刺激を与えることが必要。ちょっと吸わせただけですぐに母乳が出る人もいますし、何日、何週間と頑張って吸わせても母乳が出ないという人もいます。

「『どこまで頑張れるか』というラインは、人によって違いますよね。周囲から、『母乳はすばらしい』『お母さんなんだから頑張りなさい』と言われても、母乳が出ないママはどんどん辛くなり、不安になるだけ。ママが肉体的にも精神的にも疲れてしまったら、本末転倒です。

病院によって対応は変わりますが、必要だったらミルクを足しても大丈夫ですし、母乳にこだわりすぎなくてよいと思います。結局は、ママがどこまでこだわりたいか次第。周囲の人はママの考えを尊重し、どうしたらママがラクになるのかを一緒に考えてあげてください」(宋先生)

母乳から混合栄養に移行するときの注意点

夫にミルクをあげてもらいたい、早めに仕事に復帰したい、赤ちゃんの体重が足りないなどの理由で、母乳とミルクを両方飲ませる混合栄養にするケースもありますよね。「ミルクを飲ませるようになったら、母乳が出なくなってしまった」という声も聞きますが、母乳をベースにしてミルクを併用する場合、どんな点に注意すればよいのでしょうか。

「母乳の分泌を保ちたい場合は、まず、乳首への刺激を与え続けること。これにより、おっぱいを出すのに必要なプロラクチンとオキシトシンの分泌を促すことができます。また、朝1回、午後1回など可能な範囲でいいので搾乳すること。乳管の中に母乳がたまっていると次の母乳の生成が抑制されてしまうため、定期的に外に出してあげることが必要なんです」(宋先生)

混合栄養をうまく取り入れることで、ママのストレスが軽減され、母乳育児を続けやすくなるという見方もあります。自分に合う方法をぜひ見つけてください。

日本でも解禁を検討。話題の「液体ミルク」で何が変わるの?

ミルクの話題として最近注目を集めているのが「液体ミルク」です。調乳不要で常温保存ができ、開封したらすぐに飲めるのが特徴。2016年10月には、政府が乳児用液体ミルクの解禁を検討するという発表があり、今後の動きが気になるところです。すでに海外では一般的に普及していて、スーパーなどでも購入が可能。日本では、震災時に緊急支援物資として送られたのをきっかけに、「水が手に入りにくい災害時に便利」と注目されました。

ご自身でも海外で液体ミルクをお子さんに飲ませた経験があるという宋先生は、液体ミルクについて、「日本にもあったほうがいい」との見解を示します。

「粉ミルクだと、夜中に調乳して、冷まして、飲ませるのがもう大変ですし、外出先で調乳できないこともあります。そんなときに液体ミルクがあれば、すぐに飲ませることができてとても助かりますよね。どうしても仕事で不在にするときも、夫に『これ飲ませてあげてね』って気軽に頼みやすいですし、罪悪感も減る。液体ミルクが普及すれば、ママがもっと育児をしやすくなると思います」(宋先生)

現状では個人輸入でしか手に入らず、日本での解禁を待ち望む声も多い液体ミルク。今後普及すれば、育児負担の軽減につながるかもしれません。

ママ自身が無理しすぎないことが大事

母乳で育てるか、ミルクで育てるかは、さまざまな考え方があります。母乳の問題はとてもデリケートで、人によって抱えている悩みも千差万別。「赤ちゃんにとっていいのはもちろん大事ですが、ママ自身が笑顔でいられるかどうかもすごく大事。無理をする必要はないんです」と宋先生。

不安になったときは、かかりつけの医師や専門家に相談してみてください。

監修プロフィール
宋美玄(ソンミヒョン)

宋美玄の取材記事一覧(バックナンバー)

産婦人科医 医学博士 日本新生児周産期学会会員、日本性科学会会員
1976年兵庫県神戸市生まれ。01年、大阪大学医学部医学科卒業後同大学産婦人科入局。10年に発売した『女医が教える本当に気持ちいいセックス』がシリーズ累計70万部突破の大ヒット、大きな注目を集める。現在、フジテレビ「とくダネ!」木曜日レギュラーコメンテーターとして出演中。2児の母として子育てと臨床産婦人科医を両立、メディア等への積極的露出で“カリスマ産婦人科医”としてさまざまな女性の悩み、セックスや女性の性、妊娠などについて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行っている。

宋美玄オフィシャルブログ〜オンナの健康ラボ〜

※症状によって必要なケア、処置は変わってきます。不安のある方は医師の診断を受けてください。
※当記事の情報による行動においては個人差が生じるので、かかりつけの医院にてご相談ください。

2017年01月12日

専門家のコメント
1
    あーちん先生 保育士
    出産してから母乳が出るか不安がありました。ミルクでも育つことはわかっていますが、母乳育児がいいと母としては思ってしまいます。。

    結果的に母乳はでてくれているので有り難いです!ミルクも時々飲んでます。液体ミルクも便利だと聞くけどなかなか手が出せず、、

取材レポートの関連記事

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、オランダに住む国際カップル、金由梨さんとベネッサさんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、セクシュアルマイノリティの当事者としてさまざまな活動を行う杉山文野さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、2019年4月に行われた東京大学の入学式祝辞で大きな注目を集めた社会学者、上野千鶴子さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第4回は、産後なかなか戻らないぽっこりお腹にどうアプローチすべきか、川崎協同病院 婦人科産後骨盤トラブル外来の内山美紀さんに聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、小学校教諭として、独自の性教育を実践する星野俊樹さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第3回は、妊娠中や産後のママを悩ませる尿漏れについて、川崎協同病院 婦人科 産後骨盤トラブル外来の藤島淑子先生に話を聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、性の健康に関する啓発活動を行うNPO法人ピルコンの染矢明日香さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • KIDSNA編集部の連載企画『#私の子育て』。#07はタレント、エッセイストとして活躍する、小島慶子さんにインタビュー。一家の大黒柱として、自身が生まれ育ったオーストラリアのパースで、夫と2人の息子を育てながら、日本では多忙なスケジュールで仕事をこなす彼女。子育てや家族、仕事の両立についてどのように考えているのだろうか。

    <連載企画>#私の子育て

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第2回は、姿勢の観点から見た授乳の盲点について、虎ノ門カイロプラクティック院の碓田紗由里先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第1回は、産後の悩みとして必ず上位にあがる骨盤調整について、虎ノ門カイロプラクティック院の碓田紗由里先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 2020年の教育改革を控える新時代には、親である私たちが受けてきた教育があたりまえでなくなるのかもしれない。これからの子どもたちに必要なのは、どのような教育なのか。この連載では、テストや成績、運動神経では計ることのできない独自の分野で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介する。第3回目は、子どもから大人まで年齢を問わない哲学対話を実践する「こども哲学おとな哲学アーダコーダ」代表、角田将太郎氏に話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 2020年の教育改革を目前に、進化の真っ只中を生きる現代の子どもたち。親である私たちが受けてきた教育が当たり前でなくなるこれからの時代に、子どもに必要な教育とは何なのか?この連載では、テストや成績、運動神経など従来の評価軸では計ることのできない独自の視点で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介していく。第2回では、大自然に囲まれたフィールドで、親子のための“遊びの学校”を実践する原っぱ大学 ガクチョ―、塚越 暁氏に話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

カテゴリ一覧