【必読9選】子どもの身を守るために必要な「性」の伝え方と防犯意識

【必読9選】子どもの身を守るために必要な「性」の伝え方と防犯意識

子どもの「性」について、親子で話をする機会はどれくらいあるでしょう。子どもが小さい場合は、まだまだ早い、学校で習うからと考えて先延ばしにしている家庭もあるかもしれません。今回は、子どもの「性教育」と、性犯罪から身を守るための「防犯知識」が学べる記事をKIDSNA編集部がセレクトしました。 

子どもたちにとって嬉しい冬休み。開放的な気分になりがちな長期休みの時期は、身近に危険も潜んでいます。そんな今だからこそ考えたい、子どもの「性」や「性犯罪」から身を守る方法のこと。

今回は、家庭での「性教育」と、子どもの身を守るために必要な「防犯教育」に関する記事を厳選。子どもとゆっくり過ごす年末年始のこの機会に、ぜひ親子で話し合ってみてはいかがでしょうか。

未就学児のいる家庭で行う「性教育」の実施率

幼児期の性教育について、家庭でどのように向き合っているか、子育て世帯を対象にKIDSNA独自のアンケート調査を実施。未就学児の保護者がもつ性教育への意識とは。

幼児期から性教育をはじめることの重要性

これまで学校教育で深く取り入れられてこられなかった性教育について、性の健康に関する啓発活動を行うNPO法人ピルコンの染矢明日香さんが語る、幼児期から性教育をはじめるべき理由。性教育の疑問に迫る。

産婦人科医に聞く子どもの性教育とリアルのギャップ

現代の10代の少女たちの性行動の実態からみえる性教育への知識の乏しさを、産婦人科医、性科学者であり2児の母でもある宋美玄先生が指摘。現場のリアルとともに性教育の重要性を赤裸々にひも解く。

海外と対比して学ぶ子どもの防犯教育

ネット社会によってますます巧妙化している子どもをとりまく犯罪。日本各地で体験型安全教育を開催する清永奈穂氏が、親子の防犯スキルを鍛えるために必要な知識を海外と対比しながら丁寧に解説。

犯罪機会を減らすために必要な防犯の視点

子どもが性犯罪に合わないために必要なのは、危険人物に気を付けることではないと社会学者・犯罪学者であり地域安全マップの考案者の小宮信夫氏。性犯罪の機会を少なくするために必要な防犯教育とは。

子どもの行動や安全を見守るデジタルデバイス

大人の目が届きにくい登下校以外にも、子どもが1人で通う習い事や塾への道中を見守るデジタルデバイスの活用も防犯で欠かせない対策のひとつ。行動履歴のわかるものからコミュニケーションがとれるものまでをピックアップ。

2020年12月29日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

取材レポートの関連記事

カテゴリ一覧