【ふたご育児】第104話 わかりそうでわからない?幼児理論①

【ふたご育児】第104話 わかりそうでわからない?幼児理論①

作家プロフィール:2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。第104話の更新です。

pika

【ふたご育児】「わかりそうでわからない?幼児理論①」

つむじの存在が目新しいらしい双子。

痛い?痛くない?と聞くと同時に、もにょもにょするよね、と…?!

なんだか、わかりそうでわからない、と思う母でした

作者:pika

No Image

pika

ふたご育児バックナンバー

2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。

2019年08月11日

専門家のコメント
14
    はなばたけ先生 保育士
    子どもなりに適したと感じて発した感想にホッコリです ( ^o^ )
    いちぽ先生 保育士
    穴が開いている風に見えるんだ!
    渦が巻いている感じがもにょもにょなのかな?
    ぐるぐるにも感
    ぺち先生 保育士
    子どもの発想って、面白いですよね!つむじって言葉がなんかもにょもにょした感じだったのかな?
    とまと先生 保育士
    あたりまえにあるつむじも、子どもには新しい発見なんですね〜!オリジナルな表現のもにょもにょ
    のんの先生 保育士
    大人にとっては当たり前の(つもり)が子供にとっては「穴が空いてる」なんだなぁと思いました。
    あゆみ先生 保育士
    つむじがもにょもにょ!笑 子どもの感じ方や表現はおもしろいですよね😂絶妙な表現だと、理解
    せおみ先生 保育士
    つむじについて、話をした事がないですが、確かに気になる。不思議なところかもしれないですね。
コメントをもっと見る

漫画の関連記事

カテゴリ一覧