【ふたご育児】第79話 4歳ふたごの兄弟観 ①

【ふたご育児】第79話 4歳ふたごの兄弟観 ①

作家プロフィール:2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。第79話の更新です。

pika

4歳ふたごの兄弟観 ①

ほとんど同時に誕生したふたごたち。兄/弟という区別はせずに育ててきたつもりですが、本人たちはすっかり自覚があるようです。

周囲からは、やはり兄/弟という認識で見られてしまうこともあり、ある程度仕方がない部分なのかもしれません。

ほぼ同列なはずのふたりも、不思議なことに、それぞれ、お兄ちゃんらしい部分、弟らしい部分があり、面白いなぁと思いながら見ています。

ふたご育児バックナンバー

作者:pika

ブログ:「ふたご絵日記」
Twitterアカウント:@pucchanPC

2018年08月05日

専門家のコメント
4
    いちぽ先生 保育士
    わたしも双子ですが、どっちが上で下でというのは物心ついた頃から自然とわかっていました。
    なので、お兄ちゃんとは呼んでませんが、わたしは呼び捨てされて、わたしはくん付けで呼んでいます!
    とまと先生 保育士
    うちの双子も区別せず育てたいなと思っていますが、周りに聞かれたり、「さすが長女やね〜」「こうゆうところが次女らしいよね」って言われたりして複雑です、、。
    のんの先生 保育士
    すごく意外でした。双子であっても、普通の兄弟のように、親が言うお兄ちゃんや弟と言う言葉をそのまま受け入れるのだなと思いました。
    確かに私の友達に双子がいるのですが、どちらが上でどちらがしたと言うのははっきりといいます。
    まあ先生 保育士
    子どもながらに分かっているのが不思議ですね。確かに周りの双子の知り合いを見ていても、どちらが上というのははっきりしています。

漫画の関連記事

カテゴリ一覧