イヤイヤ期と反抗期に違いはある?ママたちの困ったエピソードや対処法

イヤイヤ期と反抗期に違いはある?ママたちの困ったエピソードや対処法

それぞれの対応で心がけたこと

子どものイヤイヤ期や反抗期について、それぞれの違いや対応の仕方について知りたいママもいるかもしれません。今回の記事では、イヤイヤ期と反抗期の違いをママたちが感じときや、困ったエピソード、それぞれの時期で対応するときにママたちが心がけたことを、体験談を交えてご紹介します。

イヤイヤ期と反抗期にはどのような違いがある?

イヤイヤ期や反抗期に子どもがわがままになった、言うことを聞かなくなったと感じるママもいるかもしれません。ママたちが感じたイヤイヤ期と反抗期の違いについて聞いてみました。

40代ママ
4歳になる娘がいます。2歳の頃はいつも着替えを嫌がったので苦労しました。3歳前くらいにイヤイヤが落ち着いたかと思ったのですが、今度は自分で選びたかった、保育園に行きたくないからなどの理由で着替えに時間がかかった時期があって大変でした。
30代ママ
イヤイヤ期が始まったときは、何か伝えたいけれどうまく言えずに怒っているように感じましたが、成長するにつれて「それキライ」「やりたくない」など、理由をつけて反抗するようになりました。
イヤイヤ期と反抗期の違いをさまざまに感じたママがいるようです。また、子どもによっては時期が重なったと感じるようなケースもあるようです。実際にイヤイヤ期や反抗期を経験したママたちはどのようなことを困ったと感じ、どのように対応しているのでしょうか。

イヤイヤ期で困ったこと

イヤイヤ期の子どもとの生活で、実際にママたちが困っていることについて聞いてみました。

なんでも嫌がる

30代ママ
もうすぐ2歳になる息子は、ごはんを食べるときやおもちゃを片づけるときに、なぜかいつもイヤイヤします。出かける前にイヤイヤが始まってしまうと、出先での予定が遅れてしまうのではないかと焦ってしまいます。
いろいろな場面で嫌がるので困っているというママがいました。他にも、なんでも自分でやりたがってしまい、うまくできないと泣いたり怒ったりして困るという声もありました。

大泣き

子供泣く
leungchopan/Shutterstock.com
20代ママ
娘は気に入らないことがあると、大きな声を出して泣いてたり悲鳴を上げたり、ときには床に寝っ転がってイヤイヤします。外出中は本当に困っています。
子どもがイヤイヤするとき、場所を問わず大泣きして困っているというママがいました。体全体を使って泣きながらジタバタされると、なだめるのに体力を使うので疲れてしまうママもいるようです。

イヤイヤ期の対応で心がけたこと

イヤイヤ期の子どもに対する接し方で、ママたちはどのようなことを心がけたのでしょうか。

時間に余裕をもつ

20代ママ
息子がイヤイヤ期のときは、毎朝ごはんを食べるのも着替えるのも時間がかかっていたので、洗濯などの家事はできるだけ前の日の夜にやるようにして、朝は時間に余裕をもつようにしていました。
朝の時間に余裕をもつために、前日に家事を終わらせるなどの工夫をしたママがいました。時間に余裕があると、気持ちにゆとりができるかもしれませんね。

気分を切り替える

子供おもちゃ
szefei/Shutterstock.com
20代ママ
子どもがイヤイヤしたとき、「ママもイヤ〜!」と子どもの真似をしたところ、ゲラゲラ笑ってくれました。怒るのではなく笑いにもっていったら、子どもも自分も気分転換できてよかったです。
子どもがイヤイヤするとき、いっしょに笑って気をそらして気分を切り替えたママがいました。他にも、その場から離れ、違う場所へ連れて行くことで気分転換したという声もありました。

子どもの気持ちを受け止める

20代ママ
娘がイヤイヤ期のとき、ごはん中に泣いたときは「スプーンでうまく食べれなくて悔しかったんだね」、ドアが開かずに泣いたときは「扉が開かなくて嫌だったんだね」など、子どもの気持ちを代わりに説明してあげると少し気持ちも落ち着いたように見えました。
子どもがイヤイヤ期のときは一旦子どもの気持ちを受け止めるように心がけたという声がありました。まずは気持ちを受け止め、それからダメなことやできないことを伝えると子どもも受け入れやすいかもしれません。

反抗期で困ったこと

反抗期の子どもとの生活でママたちはどのようなことで困っているのか聞いてみました。

反対のことをわざとする

40代ママ
3歳の息子がいるのですが、物を叩くので注意したらさらに激しく叩くなど、こちらの言ったことと反対のことをしようとするので困っています。
注意をするとママの言ったことをしなかったり、反対のことをしたりして困っているというママがいました。他にも、やりたそうにしているのに「やりたくない」と気持ちと反対のことを言っているように見える子どもの本心がわからず、戸惑っているというママの声もありました。

こだわりが強い

30代ママ
最近娘がいろいろなことにこだわり始めるようになって困っています。例えば、レストランに行ったときに私の隣じゃないと嫌がる、晴れているのに長靴を履きたがるなど、こちらには理解のできないことばかりです。
反抗期の子どものこだわりが強くなって対応に困っているという声がありました。他にも、子どもなりのルールを決めて、それが通らないと駄々をこねて困っているというママの声もありました。

反抗期の対応で心がけたこと

反抗期の子どもに対する接し方で、ママたちはどのようなことを心がけたのでしょうか。

ルールを決めて伝える

30代ママ
いつも遊びに行くと帰りたがらない息子に、「時計の短い針が5になったら帰るよ」と何回か伝えたところ、しばらくすると渋々帰るようになりました。ルールを作ったことで子どもも納得してくれるようになりました。
時間や量を明確に示すことで、子どもにわかりやすいルールを作ったママがいました。最初はなかなか理解できなくても根気強く伝えることが大切かもしれませんね。

しっかり話を聞く

20代ママ
どこかに行くとき、「行かない」という息子を無理に連れ出そうとすると癇癪を起こしていましたが、「どうして?」と息子の言い分も聞くようにしてからは、こちらの言うことも聞いてくれるようになりました。
子どもの話をしっかりと聞くことを心がけていたママがいました。一方的に言い聞かせるのではなく、きちんと話し合うことで納得してくれることもあるかもしれません。

イヤイヤ期や反抗期は子どもにあわせて対応しよう

抱き合う母と子
Syda Productions/Shutterstock.com
イヤイヤ期と反抗期の違いについて、時期によって子どもの変化を感じるママや、時期が重なったと感じるママなどさまざまなようです。困ったときは、子どもの気分を切り替え、しっかり話を聞いてあげる、ルールを決めるなどの対応をするとよいかもしれません。

イヤイヤ期や反抗期を子どもの成長の証として見守っていけるとよいですね。

2020年01月20日

専門家のコメント
24
    こいまま先生 保育士
    息子が2歳くらいの頃、なんでも自分でやりたくてちょっとでもうまくいかなかったり、私が手を出してしまうと泣いて怒って始めからやり直し…な時がありました。
    きっとイヤイヤ期だったのですね。
    息子が一年生になり、今まさに反抗期…なんでも私の言うことは否定から入ります。
    でも、気づいたらイヤイヤ期が終わっていたように、反抗期もいつか終わりがくると信じて毎日を過ごしています。
    ゆか先生 保育士
    イヤイヤ気は自分の気持ちと言葉や能力が伴っていないから起こりやすいです。
    そして自分で何でもやりたいのに、時間がかかってうまくできなかったり親に手を出されちゃったりでモヤモヤしてしまいます。
    反抗期は喋りも生意気になってきていっちょまえに言葉で反撃してきます。
    そして、親だけてなく姉弟にもつっかかります。
    小学生低学年ころがピークじゃないでしょうか。
    うちは二人とも小学1.2年頃でした。
    中学年になるとだいぶ穏やかになります。
    YSK
    @ゆか先生さん
    イヤイヤ期と反抗期の違い、分かりやすく書いてくださり参考になります! そして我が家も反抗期かも…!と思いました!
    すみっこ先生 保育士
    イヤイヤ期の「いやー」は親を困らせようなんて気持ちはないと思います😊自分でもどうして良いか分からない、言葉に出来ない気持ちが「いやー」で表現されていると思います。そしてその先には『成長』が結び付いていますよね✨ 反抗期は周りの大人に対しての対抗心!の芽生えかなと思っています。言われたらやりたくないし、命令されたくないし、放っといてくれー!って気持ちかな🤔まだ我が子は反抗期は来ていませんが、反抗期が訪れたとき、干渉せずに信じて見守れることができる信頼関係が築けていたら…と今の子育てで心掛けています。
    りお先生 保育士
    その時は困りましたが、今思えばイヤイヤ期、かわいいものだなと思います笑。

    末っ子2歳、何でも自分でやりたがり、うまくいかないと最後は泣いて、よしよし〜としてます😁

    8歳兄、口が達者になり、反抗もたくさんあります。なかなか素直に聞きません。いや、それでも同学年の他の子と比較すれば素直なんですけどね。
    親としては、こちらの方がイラッとして言い返してしまい、反省です。
    1番一緒にいて楽しいのも事実なんですけどね、いろんなことやいろんな話もできますし!
    でも、親子の衝突は断然激しくなります💦

    年齢が上がるほど、親として楽になる部分もありますが、イライラせず平常心を保つ努力が必要な気がしています😅
    いちぽ先生 保育士
    イヤイヤ期も反抗期もまだ経験していませんが、うまく乗り越えられるか今から少し不安です。
    子どもにイライラばかりしてしまいそうですが、そういう時期だとうまく付き合えるように頑張ります。
    はなばたけ先生 保育士
    保育士をしていると20人もの子どものイヤイヤと一気に向き合うことになるので、こちらがイライラしたら負け!と常に言い聞かせて心と時間に余裕を持って関わるようにしています ( ^o^ )
    ぽんた先生 保育士
    わけもわからず、イヤイヤしているのは、イヤイヤ期そのものかな。。。わけがわかってきて、なんだかんだとヘリクツこねて主張してくるようになると、反抗期かなー。イヤイヤ期の子には、こちらの対応を「イヤならやらなくていいよー。やりたくないんだもんねー」と受容型にすると、それも、いやなわけで、「ちがう、やるのー」とあっさりいくことも。まあ、それもその子のタイプによりますが。。。
    さと先生 保育士
    2才の子がイヤイヤ期真っ最中です。
    対応するときに心がけていることは2つ。
    ・子どもの気持ちを受け止めること
    ・大人がムキにならないこと

    どんな無茶な要求でもまずは◯◯ちゃんは●●したかったのね〜と一言。
    子どもの気持ちを認めています。

    そして繰り返すイヤイヤに大人がいちいち本気になっていては身も心も疲れてしまいます。
    口では悔しかったね〜でも●●はしない約束だよね〜と言い毅然とした態度を取りますが、はいはいイヤイヤ期ですね〜今日もわがままですね〜と心の中では笑っておくくらいの余裕が必要です。
    なこ先生 保育士
    イヤイヤ期をやっと脱しました。次は反抗期が待ってるなんて考えたくもないですね。でもどちらも子供の成長に欠かせないんだと思うと広い心で見守っていきたいです。
    みぃ先生 保育士
    イヤイヤ期や反抗期は大人もイライラしてしまいがちですよね!
    イヤイヤ期は、ご飯食べなかったら「じゃあママ食べちゃおー💗」と机に向かうと「僕の!僕が食べる!」と言ったりするので、まだまだ可愛らしいです。
    怒らずに上手くのせるのがお互いにとって良いのではないかなと思います。心に余裕を持って対応出来るように努力したいです。
    あーちん先生 保育士
    イヤイヤ期の対応は大変ですね。そういう時期だと分かっていても、何を言っても「やだ」「いや」と言われるのは会話も大変です。保育園では、その子に合わせて柔軟に対応しています。
    ママ達は保育園以上に大変だと思いますが、突き放さずに向き合っていけるといいですね!
    みき先生 保育士
    やりなさい、と強制せず、「○○と△△どっちに入れる?」お片づけとおトイレどっち先にする?など選べる質問形式の声かけがオススメです。自分で選んだという達成感からスムーズに気持ちを切り替えて動くことができるかもしれません。
    める先生 保育士
    1.2歳児の自分でなんでもやってみたい時期が、イヤイヤ期にあたります。保育園の未満児クラスでは、ズボンや靴を自分で履きたいけどうまく出来ない、反対に履きたくない、〇〇してねと言われると必ずといっていいほど「や!(嫌)」と返ってくるなど、よく見られる光景です笑 イヤイヤ期には、落ち着いたトーンでまず子どもの気持ちを受け止め、代弁することを心がけています。その上で、子どもが落ち着いてから、一緒にやってみようねと声をかけたりそっと手を添えたりして援助をしています。
    わい先生 保育士
    イヤイヤ期、反抗期、大変ですよね!
    イヤイヤ期は、小さいときだけですが反抗期は、親子なら大人になってもあるのかと思います。私は、母から大きくなっても反抗期はあったわぁ~と言われて反省です。子どもを産んだら反抗期は、ずっとついてくるのか!と思います。でも、一つ思うことは、その反抗期にずっと付き合ってくれた母に感謝です。
    でぶいも先生 保育士
    イヤイヤ期も反抗期も、本当にすごくエネルギッシュな時期ですよね。こちらもしっかり構えていないと負けてしまいそう。どちらも、乗り越えてまた1つ成長して、大人になっていくんでしょうね。
    こうじん先生 保育士
    イヤイヤ期も反抗期も、集団の中だとなんとか気持ちを外に向けてもらったり、お友達と過ごすうちに切り替えたりとしやすいですが、密室で対峙していらっしゃる親御さんはいかばかりかと。。尊敬しています。
    じゅん先生 保育士
    最近、幼稚園でイヤイヤ期を完了しているお子さんがいます。『先生嫌い!』と言ってくるので、『やった〜先生も嫌い❗️』とmirror(鏡)になってあげると落ち着いたりする事もあります。自分の気持ちを受け止めてくれたと同化が起こったのかなぁ?と感じる時があります。嫌いやイヤイヤと言う感情は、とても大切な感情ですから、じっくりと付き合える時間を作る事はいい事だと思います。親にも感情がありますから、そこも大切にされて欲しいです。
    おはぎ先生 保育士
    我が家も二人目が少し前までいやいや期で大変でした。プラス赤ちゃん返りで本人も心の中がザワザワグルグル大変だったんだと思います。嫌だと否定していて、答えを早くだそうとするとだいたい失敗します^^;焦らす落ち着くまで様子を見て、膝に座らせて話を聞くというのをよくやっています
    めい先生 保育士
    子どもの自分でしたい気持ちを大人が先回りしてしようとするとイヤイヤ!!となることがある気がします。やりたい気持ちを満足させられるよう時間にも心にも余裕が持ちたいです(^-^)
    ゆか先生 保育士
    イヤイヤ期という名前の通り、着替えもご飯も片付けも、何もかもイヤと言いたくなる時期ですね(笑)
    自己主張の始まりとも言います(^^)
    今までは大人に何もかもやってもらって俗に言う言いなり状態から、1人の人としての主張をして自分の考えを貫こうとする。
    とってもすごい成長の証でもあります!

    反抗期は、生活スタイルが変化する小学校に上がった時期や中学校に入る前など情緒不安定な時期で自分でもどうしたらいいのか分からず周りに当たり散らしてる状態ですね(^^)
    この時期に何を言っても無駄。
    とにかく受け止めてあげることが大切です。
    なえ先生 保育士
    イヤイヤ期は、大人が我慢と戦う期間だと思っています(^ ^)なんで嫌っていうんだろう…どうしたらわかってくれるんだろう…と、悩み出したらキリがないと思いますが、解決策はなかなか見つからず、ついにはイライラしてしまうこともあるかと思います(^^;)
    でも、そうなってしまうと親も子もしんどくなりますよね…。
    なのでわたしは、理由を考えるのをやめて、じっくり見守ることにしてみました。全て肯定的に捉えるのは簡単なことではないと思いますが、そこは少しガマンして、そっと見守ってみると、案外葛藤している子どもが可愛く、見ていて面白く思えてきました(^ ^)
    これも成長の証だと思って、どうしようどうしようと悩まず、出来る限り親がストレスを溜めないように見守れたらいいのかなぁと思います(^.^)
    ドゥー先生 保育士
    イヤイヤ期(2歳頃)になると、『自分で!』が先行して、何でも自分でやりたがります。大人の手助けはまずいらないんですよね。気が済むまでやらせましょう笑
    おそらくほとんどはできなくて泣いちゃいます。私たち親は、そんな愛しき我が子をグッと見守り、その時に優しく手を差し伸べてください。その繰り返しが、我が子の『やってみる!』気持ちが育つことに繋がります。
    一方、反抗期は主に幼児期に、第二反抗期が中学生頃(思春期)と言われています。
    自分の思っていること、考えていることが、親と違うことに反感を持ち、それを色々な行動として表現するんですよね。
    時に思い切り喧嘩も大切だと思います。同じ人間ですからね。大切なのは、その後のフォロー。ちゃんとあなたを見てるよ。考えているんだよ。という想いを、言葉で、行動で伝えるか否かでは、子どもの心の発達を大きく左右させると考えます。
    沢山悩むかと思いますが、子どもを『信じて』接していきましょう!そこに活路が導かれるはず!
    cocoまま先生 保育士
    この話題がmama達1番頭を悩ませますよね笑けど、素敵な大人になっていく為には必ず通る道^ ^私たちも同じ道を来たんですよね。イヤイヤは思う存分させましょう!私はそんなイヤイヤしている姿を笑って動画に納めました笑。将来見せます笑
    まい先生 保育士
    イヤイヤ期はまだお母さん大好きです
    ただ自我が芽生えて色んなことをいやがります
    反抗期はお母さん嫌い。否定から入ってしまいます。
    どちらも時間が解決してくれますよー
おすすめユーザーのコメント
1
    sh
    こどもがイヤイヤしているときは時計を見るようにしています。
    イライラしちゃうこともあるので、この時間はこどもが成長する中でほんの少しの時間なんだから受け流そーと思うようにすると、気持ちが楽になりました。

しつけの関連記事

カテゴリ一覧