子どもに人気の習い事とは?スポーツ系・音楽系で人気の種目や選び方のポイント

子どもに人気の習い事とは?スポーツ系・音楽系で人気の種目や選び方のポイント

子どもの習い事を選ぶとき、ほかの家庭の子どもが習っている、人気の習い事が気になるというママやパパもいるでしょう。習い事を選ぶときに重視すべきポイントについて知りたいという方もいるかもしれません。そこで今回は、子どもに人気の習い事や、選び方のポイントについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

子どもに人気の習い事とは?

子どもの新しい習い事を始めたいと考えている家庭では、どのような習い事が人気なのか、ほかの家庭の子どもはどのような習い事をしているのか気になるママやパパもいるのではないでしょうか。

そこで今回は、子どもに人気のスポーツ系・音楽系の習い事や、実際にママたちが選んだ習い事についてご紹介します。

スポーツ系

スイミングや体操は、定番の人気の習い事のようです。水泳は全身を使う競技であるため、バランスよく全身の筋肉が鍛えられることや、胸に水圧がかかることで呼吸筋の働きが活発になり、心肺機能の向上が期待できるかもしれません。また、体操はバランス感覚や柔軟性が身につき、運動神経の基礎がつくられるといわれているようです。

そして、男の子に特に人気なのが、サッカーや野球。どちらも自分ひとりでは成り立たない、チームプレイを必要とするスポーツであるため、仲間とともに一丸となって頑張ることで、協調性や積極性などを学べるとともに、最後まで諦めない精神力や忍耐力も鍛えられるでしょう。

一方、バレエやテニス、ダンスは女の子に人気のようです。テニスは2歳頃から通えるスクールや、幼児コースは保護者同伴というスクールもあるようで、親子の大切なコミュニケーションの場所にもなっているというママの声もありました。

また最近では、性別関係なく楽しめるスポーツ教室やチームなども増えてきているようです。体験教室に参加するなどして、雰囲気を確認したり、実際に体を動かしたりしながら、習い事として始めるかどうか検討してみてもよいかもしれませんね。
dreamnikon/Shutterstock.com
dreamnikon/Shutterstock.com

音楽系

ピアノは、子どもに習わせたい習い事ランキングで常に上位な人気の習い事のようです。音感が身につくほか、利き手ではない方の手も複雑に使うことで、器用になる、脳が活性化するといった効果も期待できるかもしれません。また、ピアノを弾くことができると、将来子どもが保育士や幼稚園の先生を目指したいと思ったときにも役立つでしょう。

ギター教室は、性別問わず、音が楽しめる習い事として人気のようです。さまざまな音楽に使われるギターに触れることで、より音楽への興味や関心が高まるかもしれません。また、多くのギター教室が年に数回発表会を開催しているようです。人前でギターを演奏することにより、日常生活では経験できない緊張感や達成感を味わうことができ、またひとつ成長した子どもの姿を見られるのではないでしょうか。

子どもの習い事の選び方のポイント

子どもの習い事を選ぶときには、どのような点を意識したらよいのでしょうか。

子どもの意思を尊重する

習い事を始めるには、予算や場所、時間の問題など、考えなければならないことがたくさん。子どもの希望を全て聞けるわけではありませんが、まずは子どもが何をしたいのか気持ちを聞いてみるとよいでしょう。将来のため、こうなってほしいなどの親の想いは押し付けるのではなく、あくまで習い事の選択肢のひとつとして考えておくとよいですね。

子どもが「これがしたい」と言うから初めてみたら、すぐに「飽きた」「辞めたい」などと言い出すこともあるかもしれません。そうならないためにも、本当にこの習い事をしたいのか、始める前に子どものやる気も確認しましょう。「自分で考えて選んだ」という想いが子どもにあれば、習い事を続ける意思に繋がるかもしれません。
iStock.com/kohei_hara
iStock.com/kohei_hara

子どもの性格を考える

習い事を選ぶときは、子どもがどんな性格なのかを今一度考えることも大事なポイントでしょう。黙々と物事に取り組むような子どもであれば、体操や水泳などの個人競技が向いているかもしれません。逆に社交的な子であれば、サッカーやダンスなど、仲間とともにプレイする習い事がよいでしょう。

また、のんびりしている子やマイペースな子は、大きなコンクールや発表会の機会が頻繁にある教室や、厳しく人と競争する雰囲気の教室は、自分の性格に合わないと感じることも。無料体験などが用意されている教室であれば、参加してみることで、資料やホームページではわからない教室の雰囲気が掴めるかもしれませんね。

無理なく通えるかどうか考える

子どもには習い事だけでなく、ゆっくりと遊ぶ時間も大切。保育園や幼稚園などのあとに通うことを考慮し、習い事でスケジュールが埋まってしまい、ゆっくり遊ぶ時間がないということにならないよう、習い事の個数や頻度も考えて決められるとよいですね。

また、子どもが習い事を始めると、それに伴って送迎が必要になることもあるでしょう。往復にかかる時間が長くなると、ママやパパの負担になることもあるかもしれません。ゆくゆくは子どもがひとりで通うようになることも考え、自宅から通いやすい立地であることも重要なポイントでしょう。スクールバスで送迎してくれる教室もあるようなので、事前に確認しておくとよいかもしれませんね。

人気の習い事を参考に、子どもに合った習い事を選ぼう

Gaukhar Yerk/Shutterstock.com
Gaukhar Yerk/Shutterstock.com
スポーツ系では、スイミングや体操が定番人気の習い事のようです。男の子の場合はサッカーや野球、女の子の場合は、バレエやテニス、ダンスを習っているという声が特に多くありました。

子どもの習い事を選ぶときは、ママやパパの想いを押し付けるのではなく、まずは子どもの意思を尊重できるとよいでしょう。その上で、子どもの性格に合っているかどうか、無理なく通えるかどうかをポイントに決められるとよいかもしれません。子どもに人気の習い事を参考に、我が子に合った習い事を見つけられるとよいですね。

2021年03月19日

習い事の関連記事

カテゴリ一覧