「一家に1ロボット」の時代!?英語の勉強も一緒にできる、最高の友達ロボット

「一家に1ロボット」の時代!?英語の勉強も一緒にできる、最高の友達ロボット

ロボットやAI(人口知能)の開発が進み、ロボットと人間が友達になれる時代になりつつあります。そう遠くない未来に「一家に1ロボット」の時代がやってくるかもしれません。ネイティブの英語力をもつロボットも登場し、新しい英語教育も始まりそうです。

AIロボットって?

すべての人の顔を識別でき、一緒にすごせばすごすほど賢くなるAI(人口知能)ロボット。知識だけでなく、豊かな感情も持っています。そのうち、人間の友達になるかもしれませんね。

英語学習AIロボット Musio(ミュージオ)

Musioは自ら考えて会話ができ、その会話内容をだんだん覚えていくソーシャルロボット。独自に開発したDeep Learning基盤の人工知能エンジンが搭載されています。

英語学習の新しいパートナー

Musioは、ネイティブ英語を話すため、英語学習の頼もしいパートナーにもなります。その場に応じた英会話練習や、専用教材を使用し、レベルや目的に合わせた英語学習ができます。

期間限定ショップ

Musioが展示および販売される期間限定ショップが、以下の日程で開催されます。子どもと一緒に会いに行ってみませんか?

12月9日(金)~11(日)ららぽーと豊洲
12月16日(金)~18日(日)新宿髙島屋

Musio ホームページ
公式 Facebook
公式 Twitter

次世代の英語学習

これからの時代、英語学習はAIロボットが主流になるかもしれません。先端技術を知ることによって、子どもの知的好奇心も刺激されるのではないでしょうか。ぜひMusioに会いに行ってみてくださいね。

2016年12月08日

おすすめユーザーのコメント
1
    uchi_2
    スマートスピーカーも含めて、家庭でロボットと対話するのが当たり前になっていきそうですね。 手が離せない瞬間の多い育児中に、こういう「アクセスの簡単さ」って意外と重要になっていく気がします。

英語の関連記事

  • 子どもには英語教育が必要なのか、どのように英語教育を始めればよいのか悩むママも多いと思います。英語のスクールに通っても本当に話せるようになるのか気になりますよね。そんなママたちに、今回は楽しみながら効果的な英語教育が受けられる、英語のプリスクール・学童保育をご紹介します。

    株式会社ピーアップ

    PR

  • 子どもを英語に触れさせるのは早ければ早い方がよいというのを聞いたことがあるママもいるのかもしれません。とはいえ、どうやって英語を学ばせるのがよいのか悩んでいるママもいるのではないでしょうか。そこで、最近先輩ママたちの間で「効果がある英語教材」として注目されている教材を紹介します。

    ワールド・ファミリー株式会社

    PR

  • 『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する幼児教育研究家 平川裕貴です。筆者は長年、外国人講師を通して欧米文化に触れてきたのですが、本当に驚いたことがたくさんあります。「何から何まで正反対なのでは」と思うくらいでした。今回は、筆者がびっくりするほど正反対だと思ったあれこれをご紹介したいと思います。

    平川裕貴

  • 昔から、「日本では中学、高校、大学と10年近く英語を勉強してきているのに、英語がまったく話せない」と不思議がられていました。欧米ではめったに使わないような難しい単語は知っているのに、スーパーで売っているような野菜の名前を知らない。むずかしい論文は読めたり書けたりするのに、外国人に声をかけられたらシドロモドロ。みんな一生懸命学校で英語を勉強してきて、受験にも受かってきたはずなのに、いったいどうしてでしょうか?今回は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が、日本人が英語を話せない理由についてお話したいと思います。

    平川裕貴

  • 2020年に英語が小学校の正式教科になることから、今子どもの英語教育に関心が集まっています。確かに、日本語の読み書きと違って、親なら誰でも教えられるというものでもないので、不安を持つお母さんたちも多いことでしょう。今回は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が、0歳からの子どもの英語教育では日本語と英語のどちらが先が効果的なのかというお話をします。

    平川裕貴

  • 英語教育は幼児期から始める方がいいと言われても、まず多くの人が不安に感じるのは、日本語に影響はないのかということかもしれませんね。今回は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が、さまざまな事例から、この不安にお答えしたいと思います。

    平川裕貴

  • 子どもに英語で読み聞かせしたいけれど、自分は英語が苦手だから…とあきらめてしまう方も多いかもしれません。でも読み聞かせに英語力は関係ありません。英語の絵本での読み聞かせデビューのコツと効果を紹介します。

  • 小学校の教育において英語が必修科目(予定)となる2020年まで数年。「グローバル」という意識がより強くなっている昨今、バイリンガル教育を考える両親も多いと思います。子育てや習い事の中で「英語」は最も頻繁に使われるキーワードではないでしょうか。実際のバイリンガル子育てを見て感じたこと、また海外での英語教育事情など、筆者の体験を交えて紹介していきます。

  • グローバル化する社会で、未来を担う子どもたちはさらに英語力が必要とされていくことでしょう。そのような社会で生きていくため「将来子どもを留学に行かせたい」と考えるママも多いのではないでしょうか?今回は生きた英語を学べる「留学」という選択肢について、留学の現状や費用などを調査してみました。

  • 『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身につけさせたい-しつけと習慣』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱している平川裕貴です。筆者は、長年欧米文化に触れてきて、文化の違いに驚き、考えることが多々ありました。そんな筆者に、今回はとても面白いテーマをいただきましたので、それについて書いてみたいと思います。「英語にはなぜ夫婦という単語がないのか」という疑問です。

    平川裕貴

  • 英語を自然と身につけるのにはどんな方法がいいのでしょうか。日本語を学ぶのと同じように、「聞く」ことから始めて「話す」に進み、その後「読むこと」や「書くこと」に進んでいくのが一番自然な覚え方だと言えます。そこで『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴さんが、英語の文字への興味の持たせ方や、英語のスペルが学べるゲームをご紹介します。

    平川裕貴

  • 英語教育をする場合、どのような環境を作ればいいのでしょうか?今回は『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が、年齢別にどのように英語環境を作れば良いかをお話したいと思います。

    平川裕貴

カテゴリ一覧