自宅近くで留学体験!一生ものの英語が身につく、体験型プリスクール・学童保育とは

自宅近くで留学体験!一生ものの英語が身につく、体験型プリスクール・学童保育とは

子どもには英語教育が必要なのか、どのように英語教育を始めればよいのか悩むママも多いと思います。英語のスクールに通っても本当に話せるようになるのか気になりますよね。そんなママたちに、今回は楽しみながら効果的な英語教育が受けられる、英語のプリスクール・学童保育をご紹介します。

株式会社ピーアップ

英語教育は、いつから始めればいいの?

2020年から小学校3年生で英語教育が始まるなど、日本でも子どもが英語に触れる環境が身近になりつつあります。でもいざ、英語教育を始めようとしても、「英語教育はいつから始めればいいの?」「英語に触れる環境を作りたいけど、何から始めればいいかわからない…」と悩むママも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、幼児や小学生から始められる、英語体験型プリスクール・学童保育の「キッズアップ」をご紹介します。

自宅近くで留学体験!「キッズアップ」とは

KidsUPの撮影モデルさんもすくすく成長中!

キッズアップは充実した英語環境と、子どもたちがワクワクするような体験を提供しているプリスクール・学童保育です。さまざまな地域で開校されていますが、地域によっては100人以上のキャンセル待ちの教室も。

英語のみならず、子どもが「人間力」や「未来を生きるチカラ」を身につけられるよう、キッズアップ独自の環境やプログラムが用意されています。

完全な英語環境で充実の学習時間

英語教室や英語のドリルなど、子どもが英語を学ぶ環境や教材の選択肢はさまざまあります。実際に子どもに合うもの、英語が身につくものはどれなのか、気になりますよね。キッズアップでは、幼児は3時間半、小学生は最長7時間と英語に触れる時間が充実しています。

さらに子どもの教育をするスタッフは、全員ネイティブもしくはバイリンガル。一度教室に入れば、遊びの時間もおやつを食べる時間も、どんなプログラムも英語でやりとりをします。留学しているかのような、オールイングリッシュの環境が整っているので、子どもが自然に英語を身につけられます。

学術的根拠に基づく豊富なプログラム

夏も冬もスポーティなプログラムで、自然と英語力が身につきます!

オールイングリッシュの環境が整っていても、子どもが英語に触れたことがないと不安に思うママもいるかもしれません。キッズアップでは、小学生からは運動やクラフト、理科実験など興味のあるプログラムを子ども自身が選択することができます。

子どもたちは、難しい勉強をするのではなく、楽しく過ごしながら、英語力、そして人間力や社会で活躍するためのさまざまなスキルを身につけていきます。

さらに、キッズアップのプログラムは、楽しく遊ぶだけではなく、子どもに効果的な英語教育をするために専門家監修のもと作成されています。キッズアップのカリキュラムを監修する萓忠義教授によると、キッズアップのプログラムは、応用言語学や心理学、脳科学など学術的根拠に基づいて作成されているといいます。

専門的なスキルと経験を持つスタッフが対応

まるでモデルさん!洗練された先生たちの撮影風景。

キッズアップで働くスタッフは、厳しい基準で採用され、定期的に研修を受けるど、専門的なスキルと経験を持っています。英語に初めて触れる子どもや日常的な会話ができる子どもも、一人一人に合わせたかかわり方やきめ細やかな配慮がされているので、子どもたちは安心してのびのびと過ごすことができます。

ママが安心できるサポート体制や環境

スクールに着いたらまず消毒。

キッズアップでは、全教室にセキュリティーカメラを設置、手指消毒・検温が徹底されるなど、防犯対策・感染症対策が徹底されています。

さらに、お迎えの際には、スタッフからその日の授業内容や子どもの様子を共有してもらえるなど、子どもの日々の成長をタイムリーに知ることができます。小学生からは無料送迎バスも利用できるなど、サポート体制が充実しているのも嬉しいですね。

キッズアップには、効果的な英語教育と子どもが楽しく英語にかかわれる工夫、安心できる環境などママや子どもにとって嬉しいポイントがたくさんあります。そんなキッズアップの魅力をより深堀るべく、先日開催された体験イベントに参加してきました!

キッズアップの詳細はこちら

初めてでも「英語が」好きになる、キッズアップの体験イベント

キッズアップでは、定期的に季節に合わせた体験イベントが開催されています。今回は、英語教育に興味のあるママとお子さんといっしょに、キッズアップのハロウィンイベントに参加してきました!

イベントに参加してくれた山口陽花さんと小学1年生のみちとくん

のびのび楽しめる環境や雰囲気

まずは、海賊や魔女など、仮装したネイティブやバイリンガルの先生が入り口でお出迎え。ママの中には、初めて出会う外国人のスタッフや英語の環境に子どもが馴染めるか心配な方もいると思いますが、スタッフたちの明るく陽気な雰囲気に子どもたちの緊張はすぐに和らぎました。

ハイタッチをしたり、名前を呼んだりしながら、初めての環境に子どもが慣れることができるよう、細かいフォローや部屋の飾り付けの工夫など配慮が行き届いていました。

子どもの心をくすぐるプログラム

英語のハロウィンビンゴ。次は当たるかな…と子どもたちも大興奮!

ハロウィンイベントでは、ハロウィンと絡めたさまざまなプログラムが用意されていました。英語で会話をしながら、ビンゴなどのゲームや、ダンスなど体を動かすプログラムを楽しみます。

普段英語を話す機会がないという、みちと君も、英語で発言していたのでママもびっくり。「勉強は苦手」「一つのことになかなか集中できない…」というお子さんでも、思わず参加してしまうプログラムかもしれませんね。

英語が話したくなる、スタッフとのかかわり

シューティングゲーム。ゲームを通してネイティブのスタッフとやりとりをします。

イベントでは、20名ほどの子どもたちが参加していました。普段のレッスンも集団の中で行われますが、子どもが大勢いるとしっかりと英語に触れたり、話す機会はあるのか気になるママもいるでしょう。

イベント中でも、一人一人がきちんと英語に触れられるように、発表する場や直接外国人スタッフとかかわる機会が随所に設けられていました。子どもも「通じる」という感覚を感じることができれば嬉しくなりますよね。

イベントに参加したママの声

今回イベントに参加していただいた山口さんに感想を聞いてみました。

「息子が英語を話している姿を全く見たことがなかったのですが、プログラムが進むうちに、どんどん英語で発言するようになる姿を見てとてもびっくりしました。

大人数の活動の中でも、スタッフのみなさんが丁寧に対応してくださったので安心しましたね。実際のカリキュラムも複数の選択肢の中から、好きなプログラムを選べるようなので、うちの子でも飽きずに楽しく通うことができそうです」

「英語がいっぱい喋れて楽しかった!」と話してくれたみちと君。英語が初めてとは思えないくらいスタッフとやりとりしていました。

初めて英語に触れた子どもでも英語が好きになるくらい、子どもの「楽しい!」を引き出す環境とスタッフの雰囲気を感じることができました。では、実際にキッズアップに通う場合、どのようなコースやプログラムが用意されているのでしょうか。

キッズアップの体験イベントに参加する

キッズアップ独自の「英語力と社会性」を育むプログラム

キッズアップには、「幼児コース」「学童コース」「スペシャリストコース」の3つにコースがあります。それぞれのコースごとに年齢に関係なく集団で過ごし、英語力と社会性を身につけていきます。具体的に、それぞれのコースでは何を学ぶのか、コースのプログラム内容とあわせてご紹介します。

ライフスキルを養う幼児コース

3歳から年長までの子どもを対象とした幼児コースでは、英語に触れながら、片づけの仕方、食事のマナー、整理整頓などのライフスキルを身につけることを目指すプログラムとなっています。「自分のことは自分でする」という幼児に必要な生活習慣を習得しつつ、英語を聞いたり話したりしながら読み書きのベースを養っていきます。

挑戦する心を育む学童コース

小学生を対象とした学童コースでは、ネイティブとの会話を難なく行えるようなバイリンガルを目指すプログラムとなっています。国語・算数・理科・社会など、欧米の小学校で使用されている教材を使って英語で学びます。集団の中で自己表現する、好奇心を持って物事に取り組むなど、英語力と共に、挑戦する心も育てていきます。

自己表現力が磨かれるスペシャリストコース

日常的な英語を使える子どもを対象としたスペシャリストコースは、より高度な英語力を身につけることを目指すプログラムとなっています。ディスカッションやプレゼンテーションなどの活動を通し、英語で考え、英語で発表する力を養っていくなど、実社会で必要となる能力の基礎を学んでいきます。

英語だけでなく、社会性や人間力も身につけられるプログラだからこそ、子どもの未来に活きる、リアルな英語力を身につけることができるのではないでしょうか。

各コースの詳細を見てみる

始めよう!子どもの未来に活きる、英語教育

英語教育の方法は選択肢も多く、子どものためを思うと何を選べばよいのか悩んでしまいますよね。キッズアップは、スタッフのきめ細やかな対応や、充実の英語環境、子どもの未来を見越したカリキュラムなど、子どもに合わせた効果的な英語教育が魅力です。

英語教育を始めようと思ったら、一度キッズアップの体験会、説明会に参加してみてはいかがでしょうか。

キッズアップの説明会に参加する

2018年11月12日

英語の関連記事

  • 子どもを英語に触れさせるのは早ければ早い方がよいというのを聞いたことがあるママもいるのかもしれません。とはいえ、どうやって英語を学ばせるのがよいのか悩んでいるママもいるのではないでしょうか。そこで、最近先輩ママたちの間で「効果がある英語教材」として注目されている教材を紹介します。

    ワールド・ファミリー株式会社

    PR

  • 『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する幼児教育研究家 平川裕貴です。筆者は長年、外国人講師を通して欧米文化に触れてきたのですが、本当に驚いたことがたくさんあります。「何から何まで正反対なのでは」と思うくらいでした。今回は、筆者がびっくりするほど正反対だと思ったあれこれをご紹介したいと思います。

    平川裕貴

  • 昔から、「日本では中学、高校、大学と10年近く英語を勉強してきているのに、英語がまったく話せない」と不思議がられていました。欧米ではめったに使わないような難しい単語は知っているのに、スーパーで売っているような野菜の名前を知らない。むずかしい論文は読めたり書けたりするのに、外国人に声をかけられたらシドロモドロ。みんな一生懸命学校で英語を勉強してきて、受験にも受かってきたはずなのに、いったいどうしてでしょうか?今回は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が、日本人が英語を話せない理由についてお話したいと思います。

    平川裕貴

  • 2020年に英語が小学校の正式教科になることから、今子どもの英語教育に関心が集まっています。確かに、日本語の読み書きと違って、親なら誰でも教えられるというものでもないので、不安を持つお母さんたちも多いことでしょう。今回は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が、0歳からの子どもの英語教育では日本語と英語のどちらが先が効果的なのかというお話をします。

    平川裕貴

  • 英語教育は幼児期から始める方がいいと言われても、まず多くの人が不安に感じるのは、日本語に影響はないのかということかもしれませんね。今回は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が、さまざまな事例から、この不安にお答えしたいと思います。

    平川裕貴

  • 子どもに英語で読み聞かせしたいけれど、自分は英語が苦手だから…とあきらめてしまう方も多いかもしれません。でも読み聞かせに英語力は関係ありません。英語の絵本での読み聞かせデビューのコツと効果を紹介します。

  • 小学校の教育において英語が必修科目(予定)となる2020年まで数年。「グローバル」という意識がより強くなっている昨今、バイリンガル教育を考える両親も多いと思います。子育てや習い事の中で「英語」は最も頻繁に使われるキーワードではないでしょうか。実際のバイリンガル子育てを見て感じたこと、また海外での英語教育事情など、筆者の体験を交えて紹介していきます。

  • グローバル化する社会で、未来を担う子どもたちはさらに英語力が必要とされていくことでしょう。そのような社会で生きていくため「将来子どもを留学に行かせたい」と考えるママも多いのではないでしょうか?今回は生きた英語を学べる「留学」という選択肢について、留学の現状や費用などを調査してみました。

  • 『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身につけさせたい-しつけと習慣』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱している平川裕貴です。筆者は、長年欧米文化に触れてきて、文化の違いに驚き、考えることが多々ありました。そんな筆者に、今回はとても面白いテーマをいただきましたので、それについて書いてみたいと思います。「英語にはなぜ夫婦という単語がないのか」という疑問です。

    平川裕貴

  • 英語を自然と身につけるのにはどんな方法がいいのでしょうか。日本語を学ぶのと同じように、「聞く」ことから始めて「話す」に進み、その後「読むこと」や「書くこと」に進んでいくのが一番自然な覚え方だと言えます。そこで『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴さんが、英語の文字への興味の持たせ方や、英語のスペルが学べるゲームをご紹介します。

    平川裕貴

  • 英語教育をする場合、どのような環境を作ればいいのでしょうか?今回は『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が、年齢別にどのように英語環境を作れば良いかをお話したいと思います。

    平川裕貴

  • 英語教育はいつから始めるのがより効果的なのでしょうか?今回は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』などの著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が「子どもが英会話を始める最適な時期」についてお話します。

    平川裕貴

カテゴリ一覧