子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

話題の男性保育士、てぃ先生にきく。怒ってばかり…褒めるところが見つけられない時は

話題の男性保育士、てぃ先生にきく。怒ってばかり…褒めるところが見つけられない時は

カリスマ保育士「てぃ先生」の人気連載コラムの連載第13回目です。日々子どもと接していると、楽しいことはもちろんありますがイライラしてつい怒ってしまうこともありますよね。ふと気がつくと、そればかりが重なっていることがあるのではないでしょうか。そんな時に実践してみたくなるコツについて、てぃ先生に教えてもらいました。

てぃ先生

こんにちは!てぃ先生です。

前回の「苦手な遊びやプログラムに子どもを誘う方法」は読んでいただけたでしょうか?

何でもそうですが、必ずステップを踏ませてあげてください。いきなり本番は子どもの興味・関心が低いですし、つまずいた時のフォローも難しくなります。子どもの成長に合わせて、ステップの段差を変えてみてくださいね。

今回は、「怒ってばかり…褒めるところ見つけられない時は」をテーマにお話します。

子どもと接する日々

日々子どもと接していると、楽しいことはもちろんありますがイライラしてつい怒ってしまうこともありますよね。そして、ふと気がついたらそればかりが重なっていることがあるのではないでしょうか。

「まずい!」と思ってフォローしようにも、怒ってばかりだったためか褒めるところを見つけられず、ますます自己嫌悪に陥ったり…。

子どもとおもちゃ

てぃ先生が教える、褒めるコツ

そんな時に使えるちょっとしたコツ。

『当たり前になったことを褒めて』ください!

僕はこれを『当然を褒める』と言います。どういうことかなのか説明をします。

子どもの何気ない“当たり前”となった行動を褒めるんです。

例えば、着替え。
ちょっと前までは、大人の手伝いがなければ脱ぐことさえできなかったのに、今では当たり前のように自分で着替えをしている。これを褒めてください。

「お着替え上手だね〜!」

とたった一言、声をかけるだけでも良いです。

食事中も良いですね。

「スプーン(お箸)上手になったね〜!」

大げさかもしれませんが、

「歩くの上手になったよね!歩き方が綺麗になったな〜!」

歩く子ども

なんて言葉でも良いです。

出来るようになった頃は褒められていたことが、いつしか“出来て当たり前”、“スムーズにできないとダメ”となっている場合がほとんどです。

そこをもう一度褒め直してあげてください。

怒られてばかりの子どもは自信を失います。そこに大きすぎるフォローを入れても伝わりにくいです。

そこで、小さな細かいフォローを入れ続けます。先述の通り、いきなり大きな自信を持たせることは難しいですから、こういった普段の何気ない行動の一つ一つを褒め直してあげてください。

小さな自信が大きな自信に繋がる

自信をつけた子ども

きっと子どもは満更でもない表情を見せてくれるはずです。それが成功の証。
小さな細かい自信は、やがて大きな自信に繋がります。すると、その他のことへも意欲的になっていくものです。

「うちの子、褒めるところがない」なんて思っているパパママ。
むしろ子どもは褒めるところしかないですよ。日々、当たり前のようにしている行動そのものが愛らしく、そして素晴らしいことです。


ご参考までに。

執筆:てぃ先生

No image

てぃ先生

てぃ先生の記事一覧(バックナンバー)

関東の保育園に勤めるカリスマ保育士。保育園の日常をつぶやくツイッターには40万人を超えるフォロワーがいる。著書に『ハンバーガグー』『ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか。』(ともにベストセラーズ)など。またツイートを原作とした漫画『てぃ先生』も連載中。2017年にはアニメ化も発表された。「保育・子育ては大変なことばかりではなく、楽しいこともいっぱいある」ということを伝えるために、現在も活動中。

てぃ先生 オフィシャルブログ
Twitter(@_HappyBoy)

2017年10月07日

教育コラムの関連記事
カテゴリ一覧