妊娠中の旦那さんとの関係や妊娠判明後の反応で嬉しかったこと

妊娠中の旦那さんとの関係や妊娠判明後の反応で嬉しかったこと

家事などの協力で助かったエピソード

妊娠を旦那さんに報告したときに想像より反応が薄いと感じたり、妊娠後の夫婦関係がうまくいかないと悩んだりしているママもいるかもしれません。今回は、妊娠中の旦那さんの家事協力で助かったことや旦那さんの反応で嬉しかったこと、よい夫婦関係を保つために意識していることなどについて体験談を交えてご紹介します。

妊娠後の旦那さんとの関係

妊娠していることがわかった後、旦那さんとの関係に悩むママもいるかもしれません。どのような悩みをもっているのか、ママたちに聞いてみました。

30代ママ
旦那は仕事柄帰りが遅く、家事のほとんどを私が行っています。最近はつわりで家事ができないこともあり、旦那にどのように話せばわかってもらえるか悩んでいます。
20代ママ
妊娠がわかって旦那に報告したとき、思っていたより反応が薄くてがっかりしました。本当に喜んでくれているのかが気になり、夫婦仲がうまくいかないなと感じることがあります。
妊娠判明後の旦那さんの反応が気になり、夫婦の関係がうまくいかないと感じているママもいるようです。パパのなかからは、妊娠の実感が湧きづらくママへの接し方に戸惑うという声も聞かれました。

そこで今回は、妊娠判明後に旦那さんの協力で助かったことや、旦那さんの反応で嬉しかったこと、よい夫婦関係を保つために意識していることなどについて、ママやパパの体験談を交えてご紹介します。


旦那さんの協力で助かったこと

妊娠後に旦那さんの協力で助かったと感じたことについて、ママたちに聞いてみました。

家事

旦那の料理
Kzenon/Shutterstock.com
30代ママ
妊娠後つわりのためか朝はなかなか起きることができずに、食事の支度ができませんでした。夫が朝食の用意や昨晩の洗い物などをしてくれたので、朝はゆっくり休むことができて助かりました。
20代ママ
つわりがはじまってから今まで使っていた洗濯洗剤の匂いに敏感になり、洗濯物を干すことができなくなってしまいました。夫が朝や帰宅後に洗濯物を干してくれたので、とても助かりました。
食事の用意や食器洗い、洗濯物干しなどの家事を協力してもらい、助かったと感じたママもいるようです。他にも、日々の掃除などを協力してもらったというママの声もありました。

荷物の運搬

30代ママ
妊娠がわかってから、買い物に行くときは旦那もついてきてくれるようになりました。買い物袋などの重たいものを持ってくれるので、とても助かります。
買い物時などに荷物の運搬をしてもらって助かったというママもいるようです。他にも、夫婦で出かけたときに、ママの手荷物を旦那さんが持ってくれるようになり嬉しかったというママの声もありました。

旦那さんの反応で嬉しかったこと

旦那さんの反応
szefei/Shutterstock.com

妊娠がわかった後の旦那さんの反応で、ママたちが嬉しいと感じたことについて聞いてみました。

体調への気づかい

30代ママ
妊娠後はつわりなどもあり体調がよくありませんでした。夫がいっしょにいるときは常に体調を気づかってくれて、「辛いときはすぐに休んで。後はやっておくから」と言ってくれたのが嬉しかったです。
妊娠中体調がよくないときに、旦那さんが気づかってくれたことが嬉しかったというママの声もありました。ママのなかからは、自分自身の体調不良の際に優しく接してくれたことで、パパに安心して頼ることができたという声も聞かれました。

妊婦検診や両親学級への参加

20代ママ
私が妊婦検診に行く日は、夫も仕事を休んだり中抜けしたりしてついてきてくれるようになりました。不安なところは自分から先生に質問するなど、積極的に関わってくれる姿が嬉しかったです。
30代ママ
妊娠判明後はとくに大喜びしていなかった夫ですが、両親学級の話をするといっしょに参加してくれました。夫婦で子育てをしていこうという夫の気持ちを知ることができて、嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
妊婦検診や両親学級へいっしょに行ってくれることが、嬉しいと感じるママもいるようです。他にも、両親学級への参加がきっかけで、夫婦で子育てについて話しあう時間が増えたというママの声もありました。

出産後に必要なことを調べてくれた

30代ママ
妊娠中の体調の変化や出産後の育児への不安でいっぱいだった私の代わりに、旦那は出産後に必要な手続きについて調べてくれていました。「産後は大変だろうから、手続きはやるからね」と言ってくれて、旦那を頼もしいと感じました。
出産後に必要な手続きを請け負ってくれた旦那さんを頼もしいと感じたママもいるようです。産後は育児に忙しくなるママの代わりに手続きなどを頼めると、パパも喜んで引き受けてくれるかもしれませんね。

妊娠後によい夫婦関係を保つために意識していること

妊娠後もよい夫婦関係を保つために、どのようなことに気をつけるとよいか知りたい方もいるかもしれません。よい夫婦関係を保つために意識していることについて、ママやパパに聞いてみました。

感謝の気持ちを言葉にする

30代ママ
妊娠前はほとんど家事をしていなかった旦那が、私の妊娠をきっかけに家事に協力的になりました。旦那がしてくれたことに対して、いつも「ありがとう」と言うようにしています。
旦那さんへの感謝の気持ちを言葉で表すようにしているというママもいるようです。ママのなかには、感謝の言葉を伝えると旦那さんからも感謝の言葉をもらえるという声もありました。

夫婦の時間をもつ

30代パパ
妻の体調がよいときは無理のない範囲で外出するなどして、夫婦の時間を楽しむようにしています。夫婦二人ですごせる時間を大切にしようと考えています。
夫婦の時間をもつようにしているというパパもいるようです。パパのなかからは、ママが話を聞いてほしいときは、じっくり向きあってしっかり話を聞くようにしているという声も聞かれました。

夫婦で協力しながら妊娠期をすごそう

台所
https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/young-couple-n-kitchen-1119732962

妊娠がわかり旦那さんの反応が思っていたのと違い、夫婦関係がうまくいかないと悩むママもいるようです。ママの妊娠中は食事の用意や洗濯などの家事に協力したり、妊婦検診や両親学級に参加したりしすると、ママも心強いと感じることもあるかもしれません。

感謝の気持ちを言葉で伝えたり夫婦の時間をもったりして、夫婦仲良く妊娠期をすごせるとよいですね。

2020年03月19日

専門家のコメント
23
    なごみ先生 保育士
    妊娠がわかった時は、私以上に大喜びしてその日からしばらくとっても嬉しそうでした。妊婦健診も毎回ついてきて私以上に先生に質問していました。
    すみっこ先生 保育士
    二人目の妊娠がわかったとき、望んでいたのに、実際に「二人の育児」が現実的になったことで漠然とした不安に襲われました。
    しかし夫は二人目の妊娠を知りすごくウキウキした感じがしたんです!
    その姿をみたら「あぁこの先、我が家は大丈夫だ。」とホッとしたのを覚えています。
    とーち先生 保育士
    一人目の時も、二人目の時も妊娠を報告するとすごく喜んでくれました。


    ただ、つわりがひどかった為、料理もままならず。。二人目妊娠中はパパの手料理が登場することもありました。
    あき先生 保育士
    妊娠が分かりとても喜び、私以上に名前を考えたり仕事の合間を抜けてまで検診に付いてきてくれたりして、とても楽しみにしてくれているのが伝わり安心しました。諸事情で別々に暮らしていたのですが、通勤に時間がかかっても通ってくれ、お腹に楽しそうに話しかけていました。
    おはぎ先生 保育士
    妊娠が分かって、最初は漠然とカラダに気をつけてということだけでした。でも、つわりで外食した時に半分も食べられない姿を見て死ぬんじゃないかと思ったそうです(笑
    そこから、何を手伝ったらいいか?どうしたらよいか?など聞いてくれ、色々と手伝ってくれました。
    ぺち先生 保育士
    妊娠がわかってからは、毎回の検診に一緒に行ってくれました。一緒に行くことで少しずつ、父親の自覚とかも芽生えてくれたのかな?と思います。
    あーちん先生 保育士
    妊娠を報告するのはドキドキですよね!うちの夫も喜んでくれて私も嬉しかったです(^^)お腹の赤ちゃんもきっと喜んでるだろうな〜と思いました。

    健診は平日だったので仕事でしたが、2回ほどつい一緒にいってくれました!家事も手伝ってくれたので、助かりました!

    赤ちゃんのことを想いながら2人の時間を楽しんで過ごしていました!
    あゆみ先生 保育士
    妊娠の可能性があると分かった時、ひとまず検査薬を買おうとした私に、明日病院に行こうと急遽半休を取って付き添ってくれた事がとっても嬉しかったです。妊娠確定後も普段以上に気遣ってくれて、不安定な時期も乗り越えられました!
    りお先生 保育士
    妊娠がわかった時、夫はめっちゃ喜んでいました😁
    早く子どもが欲しかったみたいで、もう名前も決めていて、決めた名前も性別がわかった時に教えてもらいました笑。

    妊娠中は、とにかく無理をするな、何かあったらどうするんだと言われていたので、色々気をつけてはいました😁
    りり先生 保育士
    妊娠した時、とても喜んでくれました。でも、体調や妊娠期の気持ちの変化など細かく伝えるようにして自分の事をよく理解してもらえるようにしました。赤ちゃん音が聞こえる時期になったよというと積極的に話しかけたりしてくれました!
    ゆきな先生 保育士
    なんか感づいてました!わら
    私の雰囲気なんか、、いつもふざけてるのにドキドキしながら伝えたからかな?わら
    つわりなかったので実感はあまり、、
    めい先生 保育士
    妊娠中も今までと変わらない夫婦関係でした。妊娠前よりも家事をしてもらえるよう、頼み方に配慮しました。
    めるちゃん先生 保育士
    妊娠が分かると旦那さんも一緒にとても喜んでくれました。妊娠中はいつも以上に家事のお手伝いをしてくれました。
    のの先生 保育士
    一人で検査して反応が出たことを伝えた時はとても喜んでくれました。その後の病院は毎回ついて来てくれました。
    こと先生 保育士
    妊娠中はよく体調を気にかけてくれて、2人目妊娠時には上の子を連れ出してくれてゆっくりできるようにしてくれました😊✨
    こいまま先生 保育士
    妊娠中、感情の起伏が激しくなり、急に泣いたり怒ったり笑ったりになっていました。
    主人は相当気を使ったと思いますが、常に平常心で穏やかな対応の夫にかなり救われました。
    ひよひよ先生 保育士
    お互い仕事をしていたので、できないとこはできる人がやるといったスタイルをとっていたので、家事で喧嘩することはなかったです。
    また、妊娠判明後は、嬉しかったのか、日々体調を気にしてくれ、お腹を沢山触ってくれたことが嬉しかったです。
    ぽんた先生 保育士
    妊娠中は、よく一緒に散歩にいきました。運動が大切なのでー。性生活は、私がまったくその気にならずーでした、、。
    cocoまま先生 保育士
    男の人って勿論ですが、妊婦さんにどう関わったら良いかわからないですよね。けど、彼なりに考えて行動してくれると嬉しいです^ ^
    ちぃ先生 保育士
    妊娠がわかってからは悪阻などが酷かったので、料理や家事を手伝ってもらってました。
    私以上にどんな名前にするかすごく迷ったり、子どもが生まれてくるのもとても嬉しそうにしていました。
    いちご先生 保育士
    うちは、1人目の妊娠報告のときは、反応がすごく薄かったです(笑)嬉しくなかったのかな、、?と不安になり後から聞いたら、驚きと嬉しさのあまり、感情にならなかったとのこと(笑)兎にも角にも、喜んでもらえてよかったです☻
    のんの先生 保育士
    1人目を妊娠したときは互いに19歳で、とても不安でしたが、主人に報告すると「おめでとう!よかったね!」と人事のように言われました(笑)
    不安なのはわたしだけで、主人は子どもができるこでの楽しい想像しかないみたいでいつもニヤニヤしてました。
    妊娠報告は4人とも喜んでくれました。
    毎回主人が親にドヤ顔で妊娠報告していました。
    まな先生 保育士
    妊娠を喜んでくれて、妊娠中のママの身体の変化や、お腹の中の赤ちゃんの成長などを本で読んで勉強してくれたことはとても嬉しかったです。
    つわりを理解してくれ、家事を積極的に行ってくれたり、体調を気にかけてくれたりしたことは心の支えにもなりました。

生活の関連記事

カテゴリ一覧