妊娠中の旦那さんとの関係や妊娠判明後の反応で嬉しかったこと

妊娠中の旦那さんとの関係や妊娠判明後の反応で嬉しかったこと

家事などの協力で助かったエピソード

妊娠を旦那さんに報告したときに想像より反応が薄いと感じたり、妊娠後の夫婦関係がうまくいかないと悩んだりしているママもいるかもしれません。今回は、妊娠中の旦那さんの家事協力で助かったことや旦那さんの反応で嬉しかったこと、よい夫婦関係を保つために意識していることなどについて体験談を交えてご紹介します。

妊娠後の旦那さんとの関係

妊娠していることがわかった後、旦那さんとの関係に悩むママもいるかもしれません。どのような悩みをもっているのか、ママたちに聞いてみました。

30代ママ
旦那は仕事柄帰りが遅く、家事のほとんどを私が行っています。最近はつわりで家事ができないこともあり、旦那にどのように話せばわかってもらえるか悩んでいます。
20代ママ
妊娠がわかって旦那に報告したとき、思っていたより反応が薄くてがっかりしました。本当に喜んでくれているのかが気になり、夫婦仲がうまくいかないなと感じることがあります。
妊娠判明後の旦那さんの反応が気になり、夫婦の関係がうまくいかないと感じているママもいるようです。パパのなかからは、妊娠の実感が湧きづらくママへの接し方に戸惑うという声も聞かれました。

そこで今回は、妊娠判明後に旦那さんの協力で助かったことや、旦那さんの反応で嬉しかったこと、よい夫婦関係を保つために意識していることなどについて、ママやパパの体験談を交えてご紹介します。


旦那さんの協力で助かったこと

妊娠後に旦那さんの協力で助かったと感じたことについて、ママたちに聞いてみました。

家事

旦那の料理
Kzenon/Shutterstock.com
30代ママ
妊娠後つわりのためか朝はなかなか起きることができずに、食事の支度ができませんでした。夫が朝食の用意や昨晩の洗い物などをしてくれたので、朝はゆっくり休むことができて助かりました。
20代ママ
つわりがはじまってから今まで使っていた洗濯洗剤の匂いに敏感になり、洗濯物を干すことができなくなってしまいました。夫が朝や帰宅後に洗濯物を干してくれたので、とても助かりました。
食事の用意や食器洗い、洗濯物干しなどの家事を協力してもらい、助かったと感じたママもいるようです。他にも、日々の掃除などを協力してもらったというママの声もありました。

荷物の運搬

30代ママ
妊娠がわかってから、買い物に行くときは旦那もついてきてくれるようになりました。買い物袋などの重たいものを持ってくれるので、とても助かります。
買い物時などに荷物の運搬をしてもらって助かったというママもいるようです。他にも、夫婦で出かけたときに、ママの手荷物を旦那さんが持ってくれるようになり嬉しかったというママの声もありました。

旦那さんの反応で嬉しかったこと

旦那さんの反応
szefei/Shutterstock.com

妊娠がわかった後の旦那さんの反応で、ママたちが嬉しいと感じたことについて聞いてみました。

体調への気づかい

30代ママ
妊娠後はつわりなどもあり体調がよくありませんでした。夫がいっしょにいるときは常に体調を気づかってくれて、「辛いときはすぐに休んで。後はやっておくから」と言ってくれたのが嬉しかったです。
妊娠中体調がよくないときに、旦那さんが気づかってくれたことが嬉しかったというママの声もありました。ママのなかからは、自分自身の体調不良の際に優しく接してくれたことで、パパに安心して頼ることができたという声も聞かれました。

妊婦検診や両親学級への参加

20代ママ
私が妊婦検診に行く日は、夫も仕事を休んだり中抜けしたりしてついてきてくれるようになりました。不安なところは自分から先生に質問するなど、積極的に関わってくれる姿が嬉しかったです。
30代ママ
妊娠判明後はとくに大喜びしていなかった夫ですが、両親学級の話をするといっしょに参加してくれました。夫婦で子育てをしていこうという夫の気持ちを知ることができて、嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
妊婦検診や両親学級へいっしょに行ってくれることが、嬉しいと感じるママもいるようです。他にも、両親学級への参加がきっかけで、夫婦で子育てについて話しあう時間が増えたというママの声もありました。

出産後に必要なことを調べてくれた

30代ママ
妊娠中の体調の変化や出産後の育児への不安でいっぱいだった私の代わりに、旦那は出産後に必要な手続きについて調べてくれていました。「産後は大変だろうから、手続きはやるからね」と言ってくれて、旦那を頼もしいと感じました。
出産後に必要な手続きを請け負ってくれた旦那さんを頼もしいと感じたママもいるようです。産後は育児に忙しくなるママの代わりに手続きなどを頼めると、パパも喜んで引き受けてくれるかもしれませんね。

妊娠後によい夫婦関係を保つために意識していること

妊娠後もよい夫婦関係を保つために、どのようなことに気をつけるとよいか知りたい方もいるかもしれません。よい夫婦関係を保つために意識していることについて、ママやパパに聞いてみました。

感謝の気持ちを言葉にする

30代ママ
妊娠前はほとんど家事をしていなかった旦那が、私の妊娠をきっかけに家事に協力的になりました。旦那がしてくれたことに対して、いつも「ありがとう」と言うようにしています。
旦那さんへの感謝の気持ちを言葉で表すようにしているというママもいるようです。ママのなかには、感謝の言葉を伝えると旦那さんからも感謝の言葉をもらえるという声もありました。

夫婦の時間をもつ

30代パパ
妻の体調がよいときは無理のない範囲で外出するなどして、夫婦の時間を楽しむようにしています。夫婦二人ですごせる時間を大切にしようと考えています。
夫婦の時間をもつようにしているというパパもいるようです。パパのなかからは、ママが話を聞いてほしいときは、じっくり向きあってしっかり話を聞くようにしているという声も聞かれました。

夫婦で協力しながら妊娠期をすごそう

台所
https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/young-couple-n-kitchen-1119732962

妊娠がわかり旦那さんの反応が思っていたのと違い、夫婦関係がうまくいかないと悩むママもいるようです。ママの妊娠中は食事の用意や洗濯などの家事に協力したり、妊婦検診や両親学級に参加したりしすると、ママも心強いと感じることもあるかもしれません。

感謝の気持ちを言葉で伝えたり夫婦の時間をもったりして、夫婦仲良く妊娠期をすごせるとよいですね。

2020年03月19日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

生活の関連記事

カテゴリ一覧