【産婦人科医監修】妊娠19週目を迎えた妊婦さんと赤ちゃんの様子

【産婦人科医監修】妊娠19週目を迎えた妊婦さんと赤ちゃんの様子

妊婦さんの体調の変化や赤ちゃんの大きさ

一般的に安定期とよばれる妊娠中期の19週ですが、体重増加や下腹部痛や腰痛を感じやすくなる、注意が必要な時期です。妊娠19週目のママの体調やお腹の赤ちゃんの様子と妊娠19週目の注意点を医学博士で産婦人科医、田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生監修のもと解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠週数19週目とはどんな時期?

妊娠19週は、妊娠5ヶ月の4週目です。妊娠中期とよばれ、妊娠5ヶ月の最後の週になります。

一般的に安定期といわれる時期ですが、妊娠中に完全に安定していることはないため、無理はしないようにしましょう。

妊娠19週目の妊婦さんの特徴

和食
iStock.com/unabesyou

個人差もありますが、妊娠中期の19週になると胎動を感じる人も多く、お腹やバストが大きくなります。多くの妊婦さんが吐き気などのつわりがなくなり、食欲が増加する時期なので、体重のコントロールが大事な時期です。

妊娠中期の妊娠19週目の妊婦さんについて詳しく見ていきましょう。

体調

妊娠19週は、吐き気などのつわりの症状がなくなり、食欲が増加して体重が増える時期です。基礎体温も、今まで高温だった時期から平熱に戻るため、身体のだるさや眠気が落ち着いてきます。

出産準備に向けて子宮が大きくなり、腰痛や、骨盤がゆるみ広がることによってお腹の張りや下腹部痛を感じたり、じん帯がゆるんで関節痛を感じる人もいます。

また、おなかが急激に重くなるため、この時期にだるさ、眠気を感じるという妊婦さんも少なくありません。一方、妊娠19週はホルモン分泌の影響で、夜中に眠れない、急に眠りが浅くなるなどの睡眠に対しての悩みが出てくる人もいるようです。

お腹の大きさ

妊娠中期である妊娠19週の子宮は、大人の頭くらいの大きさになっています。お腹は膨らんだ風船が入っているくらいに見えるでしょう。身体全体もふっくらとして丸みを帯びた体形になってきます。

妊娠19週目の妊婦さんの身体

お腹のなかの赤ちゃんが羊水の中で回ったり、元気に動き回るのを胎動で感じることができるようになる時期です。

また、母乳を出す準備として乳腺が発達し、それに合わせてバストが大きくなります。妊娠中から乳頭に黄色っぽい分泌液が出る人もいますが、そのときは分泌液をふき取ったり、洗ったりして乳頭を清潔に保つように心がけましょう。

妊娠19週目の赤ちゃん

エコー検査を受ける妊婦
iStock.com/LightFieldStudios

大きさや胎内での様子

妊娠19週の赤ちゃんの身長は、18㎝程度です。まるまっている赤ちゃんだと、りんご1個分程度の大きさです。

赤ちゃんはお腹のなかで羊水を飲んだり、おしっこを排出したりを繰り返しています。

性器もほとんど完成し、超音波(エコー)検査でも性別が分かる場合があります。白っぽかった肌は赤みのある肌色に変わってきたり、3Dエコーで見ると、髪の毛や眉毛も生え始めたのが確認できる時期です。

妊娠19週は、胎動も活発になり赤ちゃんの成長をより感じられるでしょう。

身体の形

3頭身から4頭身になり体形も赤ちゃんらしくなってきます。この時期になると、筋肉や骨格もしっかりしてくるのが特徴です。

妊娠19週目のうちにやっておきたいこと

適度な運動

妊娠19週は、吐き気などのつわりの症状も落ち着き、食欲が戻る時期です。

妊娠中でもできるウォーキングやストレッチ、マタニティエクササイズなど適度な運動を取り入れて、急な体重増加をしないように調整することが大切です。

しかし、医師に安静を勧められている人や運動に慣れていない人は、無理に運動しないようにしましょう。

戌の日祈願

妊娠5ヶ月の戌の日に安産祈願をするという風習が日本の伝統にあります。なぜ「戌の日」とよばれるのかというと、犬は多産でお産が軽いため、犬のように円滑にお産ができるようにと願って、戌の日の安産祈願に行くことになったようです。

戌の日祈願とは、妊婦さんが腹帯を巻いて安産をお祈りするのが一般的ですが、地域によって風習や習慣の違いがあるようです。戌の日祈願は、事前に予約が必要な神社もあるので確認しておくとよいでしょう。

妊娠5ヶ月に行く人が多いようですが、妊婦さんの体調は毎日変わるため、体調がよくないときには無理せずに休むことが大切です。

妊娠線予防

妊娠線を予防する妊婦さん
Syda Productions/Shutterstock.com

妊娠すると全身が大きくなり、お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて妊娠線が目立ってきます。妊娠線は、お腹周りだけでなくお尻や太もも、胸にも表れやすく、妊娠線は一度できると完全になくすのは難しいので日頃のお手入れが重要です。

お風呂上りや乾燥しているときなどに妊娠線予防のクリームやローションを塗ってケアするようにしましょう。

日焼け対策

妊娠19週目に入ると、メラニン色素の影響を特に受けやすくなり、シミやそばかすができやすくなります。これは、赤ちゃんにおっぱいを吸われたときに皮膚が対応できるように強くなろうとしているためです。

この時期になると、乳首や脇の下などが黒ずむ人もいますが、産後には落ち着くことがほとんどです。日中、出かけるときには日傘やサングラスなどを着用するなど日焼け対策をしっかりすることが重要です。

妊娠19週目の妊婦さんが注意すること

食生活に気をつける

吐き気などつわりがなくなり、食欲が戻ってくると一気に体重増加する傾向があります。妊娠19週の妊婦さんは、低カロリーの食べ物を選んだり、和食中心の食事にするなど食べ過ぎや過剰な体重増加を防ぐよう工夫することが大事です。

急激な体重増加は、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群を引き起こす可能性があります。

無理をしない

今までのつわりの症状が落ち着くと、過ごしやすくなるため、仕事や家事などできるときにやろうと張り切ってしまう妊婦さんもいるかもしれません。しかし、吐き気や眠気、下腹部痛、腰痛などを感じるときには無理せず、体調を優先して休むようにしましょう。

マタニティウェアの準備をする

妊娠19週は、お腹やバストがサイズアップする時期で、下着や洋服がきついと感じる人も増えるようです。お腹を圧迫させないためにも、お腹を締めつけず、体に合った洋服を選ぶことが大事です。

また産後の授乳に備えてバストも大きくなるため、ブラジャーがきつく感じたら買い変えるようにしましょう。妊娠中に無理に胸を押さえつけると産後、母乳の出が悪くなるくなることがあります。

身体の変化を実感できる時期

妊娠中期の妊婦さん
Mariia Masich/Shutterstock.com

妊娠中期である妊娠19週は、お腹も目立つようになり、胸の張りなど身体の変化も大きく感じられるようになる時期です。

吐き気や嘔吐などのつわりの症状がなくなり、落ち着いて過ごせる時間も増えるかもしれませんが、ホルモンの関係で激しい眠気を感じたり、赤ちゃんが育って子宮が大きくなってきているので腰痛や下腹部痛を感じる人も少なくないようです。

つらいつわりの時期と比べて体調が安定しているからと無理をしないことが大切です。眠気を感じるときには昼寝の時間をとったり、だるさや腰痛を感じるときには休憩をとりましょう。

また、つわりがなくなると食欲が戻り、体重が急激に増加することがあります。調子がよいときには、散歩やウォーキングなど軽い運動を取り入れて急激な体重増加を防ぎましょう。

赤ちゃんは4頭身になり、人によっては性別が分かったり、胎動を感じられたりして楽しい時期です。お腹のなかの赤ちゃんはどんどん成長していますよ。

監修:杉山 太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2019年05月03日

専門家のコメント
16
    かよう先生 保育士
    19週はつわりが治まって動きやすくなるけれど、無理せずに過ごすことが大切だと思いました。
    なこ先生 保育士
    私はまだ悪阻がありましたが、だいぶ軽くなりました。少しずつ食べれるものも増えて積極的に栄養
    のの先生 保育士
    安産祈願に行き終わっていますかね。お腹のサイズはまだあまり目立ちませんがこれからどんどん大
    せおみ先生 保育士
    この時期、シャボン玉がはじけたような胎動がありました。初めての時は胎動だとは、思わなくてお
    あー先生 保育士
    この時期腰痛がひどく、自治体が開いているマタニティヨガの教室に通い始めました!妊娠中できる
    ぺち先生 保育士
    19週ごろにやっと胎動がわかってきたような記憶があります。お腹も少し大きくなってきて、妊娠
    いちご先生 保育士
    つわりはこの頃には無くなっている方の方が多いのでは無いでしょうか。バランスの良い食事をキー
    くじら先生 保育士
    お腹が大きく重たくなってきて、動くのがちょっと大変でした。疲れやすかったので、休み休み、無
コメントをもっと見る

基礎知識の関連記事

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。お悩みはオンラインで随時受付中!

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

  • 「いつかは出産したい」「いつかは2人目がほしい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「いつか」のために知っておきたい、妊娠・妊活の正しい知識をお伝えします。前編のテーマは、妊娠・妊活にまつわる誤解について。どのような誤解があるのか、なぜ誤解が生まれるのかを、産婦人科専門医の浅田先生にお話いただきました。

    浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

カテゴリ一覧