情熱大陸に出演!絵本作家のぶみ『いのちのはな』刊行記念イベントを開催

情熱大陸に出演!絵本作家のぶみ『いのちのはな』刊行記念イベントを開催

ドキュメンタリー番組「情熱大陸」に、絵本作家ののぶみさんが登場です!『ママがおばけになっちゃった!』などの絵本や、「みいつけた!おててえほん」 (NHKEテレ)をご存じのママは多いのではないでしょうか。番組では、新作『いのちのはな』創作の過程に9ヶ月間密着。これは見逃せませんね。

『ママがおばけになっちゃった!』シリーズ、知っていますか?

https://www.amazon.co.jp/dp/4061332678

「ママがおばけになっちゃった!」シリーズが累計54万部を突破、これまで執筆した絵本は170冊を超え、海外でも翻訳出版される等、国内外で高い評価を受けているのぶみさん。

また、テレビ番組のアニメーションや内閣府子育て支援制度のシンボルマーク、商品のキャラクターデザイン等も手がけ、幅広い分野で活躍する、今、最も注目を浴びる作家の一人です。

のぶみさんの絵本製作の秘密は……

しかし、彼のこれまでの人生は波乱に満ちたものでした。

「信実(のぶみ)」という名前が原因で小学校時代にはひどいいじめに遭い、二度の自殺未遂を経験。不登校になったり引きこもりになったり、高校時代には池袋連合というチーマーの総長にもなりました。その後、保育士の専門学校に入ったことがきっかけで絵本作家を目指すも、7年間も売れない時代を過ごしてきました。

番組では、のぶみさんの絵本製作の秘密を解き明かすべく、新作創作の過程に9ヶ月間密着します。この新作が、『いのちのはな』です。

新作絵本『いのちのはな』

「僕の全人生を賭けて描いた」

本著は、初めてのぶみさんが自身を主人公に「いのちの大切さ」をテーマに執筆した絵本。

「これまでの僕の人生の闇の部分も光の部分もすべて込めました。つらいことがあっても目を背けないで立ち向かうと、「それでも生きていて良かった」と思える瞬間が必ず訪れる。読者にその幸せを届けたい。と僕の全人生を賭けて描いた、現時点での最高作品です」と語り、思いを届ける為に、製作途中に何千人にも読み聞かせを行い、修正を重ね、もがいて苦悩して創りあげました。

発売初日に重版が決定!

その渾身の思いが結実し、読者からの発売を待望する声や予約注文が殺到、11月9日(水)の発売初日にはいきなり重版が決定しました。

『いのちのはな』を小さな子どもがいのちを考えるきっかけとなる一冊として、人生でつらい思いをしている人の心の支えとなる一冊として、ぜひこの手にとってください。きっと明日に向かって前に一歩踏み出す「力」を感じてもらえるに違いありません。

ストーリー

ある日、おかあさんからチューリップの球根をもらったかんたろう。

はりきってチューリップを育てようとするかんたろうですが、次の日からなんと病気になってしまいました!水がもらえないチューリップのプーは、いったいどうなってしまうのでしょうか。

力尽きそうになったプーのことを、はげましてくれる友達もいます。
逆に「あなたは、いらないはななんだから」などと、意地悪なことを言う友達もいます。プーはあきらめずに花を咲かせることはできるのでしょうか?

■書籍情報
書名:いのちのはな    
著者名:のぶみ

刊行日:2016年11月9日
定価:本体1,200円+税
対象年齢:3才から

のぶみ自身による読み聞かせムービー付き

公式サイト
公式インスタグラム

著者紹介 のぶみ

のぶみという名前が原因で

1978年4月4日東京都生まれ。東京都在住。のぶみは本名で、漢字で「信実」と書き、「信じていくことで実っていく」という意味。この名前が原因で小学生の時ひどいいじめに遭い、二度自殺をしようとする。しかし、いじめに立ち向かうため「自分ルール」を作り、学校へ行かなくなる。

チーマーの総長だった!

高校生の時には池袋連合というチーマーの総長に。その後、保育士の専門学校に通い、好きな女の子が絵本が好きと言ったので絵本を描いているとウソをつき、そのウソを本当にさせるために絵本を描きはじめる。その日から毎日20年間絵本を描きつづけている。

絵本を6000冊読破

最初に絵本が好きだと言った女の子は、今の奥さんとなる。絵本作家になるために絵本を6000冊読破し、300冊を描きためながら、2年間出版社への持ち込みを続け、ついに絵本作家となる。

うつ病やパニック症候群

NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」で放映されたアニメーション「ぼくのともだち」でブレイク。ところが7年ほど絵本が売れない時期があり、うつ病やパニック症候群になる。70冊目にあたる、息子のために描いた『しんかんくん、うちにくる』(あかね書房)がようやくベストセラーになる。

『ママがおばけになっちゃった!』

代表作『ママがおばけになっちゃった!』(講談社)は、2015年一番売れた絵本となり、2016年には続編『さよなら、ママがおばけになっちゃった!』も刊行。「ぼく、仮面ライダーになる!」シリーズ(講談社)、「うんこちゃん」シリーズ(ひかりのくに)など170冊を超える絵本を執筆し、ベストセラー多数。

幅広い分野で活躍中

『いのちのはな』は、カンタンにはうまくいかない自分の人生を絵本にしたものである。絵本のほか、『「自分ルール」でいこう!』(KADOKAWA)、『暴走族、絵本作家になる』(ワニ・プラス)などのエッセイや、「おかあさんといっしょ げんしじんちゃん」、「みいつけた!おててえほん」 (NHKEテレ)などのアニメーション、内閣府のすくすくジャパン! のシンボルマーク、パルシステム生活協同組合連合会のジュース「キャロっとさん」のキャラクターデザインなども手がけ、幅広い分野で活躍中。

のぶみさんサイン会&原画展を開催!

『いのちのはな』刊行記念サイン会&原画展が池袋で開催されます!

日時

サイン会 2016年11月23日(水・祝)10:30~
原画展 2016年11月21日(月)~11月27日(日) 10時~22時 ※最終日のみ~20時

場所

三省堂書店池袋本店 書籍館4階 イベントスペース「Reading Together」

サイン会

書籍館地下1階児童書レジにて、参加券を配布いたします
※対象書籍購入時参加券のご予約は、お電話でも承ります
受付電話番号は、03(6864)8900 (電話受付時間/10:00~22:00)

原画展

期間中、どなたでもご自由にご覧いただけます。入場無料
※サイン会開催の23日のみ、サイン会参加者以外はご入場いただけません

三省堂池袋店ウエブサイト

子どもの心に響く、大切な絵本

のぶみさんが「全人生を賭けて描いた」という最新作『いのちのはな』、ぜひ本屋さんで手にとってみたいですね。大人にとっても心に響く1冊になりそうです。

おすすめ

仕事と家事で大忙しでもキレイでいたいママへ
後藤真希さんの産後ダイエット法とは?
世界ブランドの幼児教室「Gymboree」
100%植物由来♪簡単ヘルシーダイエット

2016年11月10日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

絵本の関連記事

  • 子どもにはたくさん本を読んでほしいと思うママやパパは多いですよね。一方で、本選びはどのようなポイントで選ぶと良いか迷うもの。今回の記事では、子どもの好奇心がぐんぐん広がるおすすめの本をご紹介します。

    株式会社エムディエヌコーポレーション

    PR

  • お年玉のシーズンになると、子どもにどのようにお金をあげていくのがよいのか、管理はどのようにしたらよいのか、毎年悩むママ・パパもいるかもしれません。今回は、お金の概念やお金の価値、また働いてお金を稼ぐことについて学べる絵本を紹介します。親子で絵本を楽しみながら、お金のことを知れるとよいですね。

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

カテゴリ一覧