運動が好きな子も苦手な子も。運動会へ向けて胸が高まる絵本12選

運動が好きな子も苦手な子も。運動会へ向けて胸が高まる絵本12選

10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

運動会に向けてワクワクを高める絵本

運動会の緊張感やワクワク感は、いくつになっても特別なもの。そんな運動会独特の雰囲気が伝わってくるような、初めての運動会をむかえる子にも読んであげたい絵本です。

パオちゃんのうんどうかい

パオちゃんのうんどうかい

赤組と白組に分かれて、かけっこ、玉入れ、綱引き、大玉転がし、お昼はみんなで仲良くお弁当。そんなオーソドックスな運動会ですが、見てるとなんだか楽しくなってくる一冊です。

まだ運動会を経験したことのない小さな子どもにも、動物たちが一生懸命に全力で楽しんでいることが伝わるのではないでしょうか。

よーい、ドン

よーい、ドン!

運動会の定番競技が次々に繰り広げられるストーリーですが、なんといっても登場人物が個性的なのが特徴です。

忍者さん、泥棒さん、オバケちゃんなど、面白い登場人物が各ページの見開きいっぱいに描かれた緻密な絵は、大人が見ても楽しめます。主人公のぼくがどこにいるか、さがし絵の要素も入った新感覚な絵本です。

人間以外の世界でも繰り広げられる運動会の絵本

運動会を楽しんでいるのは人間だけではないのかもしれない、と想像力をかき立てられる、魅力的なキャラクターが続々と登場する絵本です。

もりのうんどうかい

もりのうんどうかい

動物たちはそれぞれ得意なことや苦手なことがありますが、体の特徴や得意技を活かして、みんなが活躍するストーリーです。あまりなじみのない競技も出てくるので、どんな競技なのかと想像するのも楽しいです。

優しいぞうさんの性格があたたかな色使いで表現され、読み終わったあとは心が温かくなるでしょう。

うんどうかいがはじまった

うんどうかいがはじまった

「くりのきえんのおともだち」シリーズの1冊です。

負けず嫌いのキツネのつねきちは、どうしても勝ちたい一心で、ルールを無視したりわがまま放題に振る舞ってしまいます。このストーリーを通して、お友だちの気持ちを考えること、ルールを守ることがとても大切なことだと、子どもの心にもスッと入ってくるかもしれません。

むしたちのうんどうかい

むしたちのうんどうかい

子どもが好きなチョウチョやダンゴムシから、大人でも知らないようなたくさんの虫が登場する絵本です。

運動会では虫たちが、自分の特性を生かして活躍する様子がわかりやすく描かれていて、虫が好きな子はもちろん苦手な子も、関心を持つこと間違いなしの一冊です。ユーモラスに描かれた虫たちの表情も、楽しい気持ちにさせてくれます。

だいぶつさまのうんどうかい

だいぶつさまのうんどうかい

千手観音や大仏などの仏像たちが運動会をする斬新なストーリーです。仏像たちは感情豊かな親しみやすいキャラクターで、大人も子どもついつい笑ってしまいます。

著者の中川学さんは、イラストレーターであり浄土宗西山禅林寺派の僧侶。宗教や神仏を子どもに教えるのは簡単なことではありませんが、この絵本をきっかけに興味を持つ子どももいるかもしれません。

運動が苦手な子どもを勇気づける絵本

運動が苦手な子の中には、運動会が近づくにつれて憂鬱な気持ちになる子もいるでしょう。そんな子にも運動することの楽しさややり切ることの達成感を伝えることで、勇気が出てくるかもしれません。

はしれ、ゴールのむこうまで

はしれ、ゴールのむこうまで

「入学式」「授業参観」「遠足」「進級」など、小学1年生の学校生活を通して心と体が成長するテーマがセレクトされている「いちねんせいの1年間」シリーズの1冊です。

走るのが苦手な主人公の男の子のために校長先生が奮闘し、ゴールを走り抜ける爽快感を伝えます。順位だけが全てではなく、一生懸命に走り切る喜びを感じることができるのではないでしょうか。

ジャッキーのうんどうかい

ジャッキーのうんどうかい

11ぴきのお兄ちゃんくまと、12番目の妹のジャッキーが仲良く暮らす「くまのがっこう」シリーズの1冊。

一番小さいジャッキーは、何をやってもお兄ちゃんたちに勝てませんが、「かけっこならもしかしたら勝てるかもしれない」と一生懸命に練習します。小さいからと諦めずに頑張る姿は、大人も子どもも応援したくなることでしょう。

うんどうかいがなんだ!

うんどうかいがなんだ!

運動が苦手な子は、「運動会の日に雨が降ったらいいのに」「いっそ風邪をひいたら休めるのに」と考えることもあるでしょう。

頑張ってもうまくいかなかったり、バカにされたり、運動会は楽しいだけではないかもしれませんが、この絵本のあとがきには「悔しい気持ちは心の財産である」と書かれています。悔しい気持ちを励まして、頑張るみんなにエールを送る絵本です。

あかんくない

あかんくない

マイペースな主人公あっくんは何をやってもゆっくりで「あかん、あかん」と言われてしまいます。そんなあっくんに優しく寄り添うお母さん、お友だちのきれいな心に胸が熱くなるストーリーです。

この絵本のように、色々なことが上手にできなかったり、成長がゆっくりな子にも「あかんくないよ、大丈夫だよ」と言ってあげられるとよいですよね。

みんなで力を合わせることを学ぶ絵本

走るのが速い子もいれば遅い子もいるし、運動会には勝ち負けがつきものですが、大切なことはそれだけではありません。みんなで力を合わせることによって、得られるものが沢山あることを教えてくれる絵本です。

とんぼのうんどうかい

とんぼのうんどうかい

とんぼたちはかけっこや綱引きなど運動会を楽しく過ごしますが、帰り道にはギャングこうもりが現れ、ハラハラドキドキのストーリー。運動会での体験をヒントにみんなで協力してギャングこうもりに立ち向かう姿には、ついつい引き込まれます。

どこか懐かしいような日本の風景描写が美しく、派手さはないけれど心に残る一冊です。

ねずみくんのうんどうかい

ねずみくんのうんどうかい

「ねずみくんの絵本」シリーズの最新刊で、イソップ童話でおなじみの「うさぎとかめ」をモチーフにしたお話です。

今回はチーム戦で競争することになったうさぎチームとかめチーム、どちらが勝つのかわくわくドキドキ。最終的には、競走もいいけれど仲良くするのが一番だねと優しい気持ちになるでしょう。

<執筆>KIDSNA編集部

2021年10月04日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

絵本の関連記事

  • 子どもにはたくさん本を読んでほしいと思うママやパパは多いですよね。一方で、本選びはどのようなポイントで選ぶと良いか迷うもの。今回の記事では、子どもの好奇心がぐんぐん広がるおすすめの本をご紹介します。お得なプレゼントキャンペーン情報もお伝えしていますので、要チェックです。

    株式会社エムディエヌコーポレーション

    PR

  • お年玉のシーズンになると、子どもにどのようにお金をあげていくのがよいのか、管理はどのようにしたらよいのか、毎年悩むママ・パパもいるかもしれません。今回は、お金の概念やお金の価値、また働いてお金を稼ぐことについて学べる絵本を紹介します。親子で絵本を楽しみながら、お金のことを知れるとよいですね。

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

カテゴリ一覧