夏休みは子どもといっしょに料理を!幼児向けの料理絵本10選

夏休みは子どもといっしょに料理を!幼児向けの料理絵本10選

子どもと家ですごす時間がよりいっそう増える夏休み。普段は忙しくてなかなか時間が取れないママやパパも、せっかくならこの夏休みにしかできないことを親子で体験したいですよね。そんなときは、いろいろな料理を楽しんでみてはいかがでしょうか?料理に興味をもちはじめる幼児期にぴったりの料理絵本10選をご紹介します。

料理に興味をもとう

好奇心がどんどんふくらむ幼児期に、保護者といっしょに料理をしたい子どもたちも多くいるようです。ページを開くだけで興味がわいてくる、ワクワクする料理絵本をご紹介します。

つくってみよう!ケーキやさん ひっぱったりめくったりできる しかけえほん

つくってみよう!ケーキやさん ひっぱったりめくったりできる しかけえほん
まるでケーキ屋さんになったような気分になれる、楽しいしかけ絵本。フランスのケーキレシピにのっとって、卵を割るところから飾り付けまで、すべての工程を遊びながら学べるようになっています。

ケーキが焼きあがるページからは、本当に甘い香りがただよってきそうです。カラフルでかわいらしいイラストは小さい子どもにぴったり。巻末に掲載されているレシピで、はじめての料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。

きょうのおやつは

きょうのおやつは
絵本を直角に開いて中をのぞき込むと、なんとページのイラストが立体的に見えてくる!大人も驚きの鏡のように反射する紙でできた料理絵本です。

絵本に出てくる材料や調理器具、質感までもがとてもリアルに表現されており、子どもの「すごい!」や「おいしそう」といった声がどんどん出てきそう。子どもも大人も夢中になれる一冊です。

はるくん と るいちゃん はじめてのパンケーキ

はるくん と るいちゃん はじめてのパンケーキ
読むだけで子どものチャレンジする気持ちを引き出してくれる、料理の実用絵本です。

はるくんとるいちゃんの兄妹が、パンケーキづくりに挑戦するストーリーで、やわらかいイラストからも伝わる、ファンタジーあふれる世界観がとても魅力的です。巻末付録のパンケーキやサラダ、スープのレシピや調理のヒントを参考に、楽しい親子料理をぜひ体験してみてください。

料理をはじめよう

キッチンに立つママやパパの姿やおままごと遊びから、料理に興味をもった子どもたちが、実際に「料理をしたい!」と言ったらどのようなことから教えるとよいのでしょうか。料理の基本が学べる絵本を集めました。

こびとの台所

こびとの台所
時間がないから、危ないから、教えるのは大変だから……と、子どもと料理をするのをあきらめている方もいるかもしれません。この絵本は、子どもと楽しく料理ができるように、料理の基本から準備のしかた、食材や道具の基本的な知識、大人へのアドバイスまで、ていねいにわかりやすく伝えてくれています。

子どもの成長を感じながら、いつもとは違う楽しい時間を子どもとすごしてみてください。

料理しなんしょ

料理しなんしょ
主人公の女の子コッペがヤモリとイモリの手ほどきで、お湯を沸かすところから料理に挑戦していくストーリー。とにかくかわいいイラストが子どものやる気を後押ししてくれそうです。

最初はなにもできなくて当たり前。いろいろな料理に少しずつ挑戦していくことで、子どもも今まで感じたことのないような達成感を味わえるかもしれません。お気に入りのレシピを見つけて、キッチンで子どもと貴重な時間をすごしましょう。

こどものりょうりえほん(1) 日曜日の朝ごはん

こどものりょうりえほん(1) 日曜日の朝ごはん
子どもでも簡単に作れるおいしい料理を、かわいらしい動物のイラストで解説した楽しい料理絵本。

はじめて料理をする子どもがチャレンジしやすいように、食事作りの準備からあと片付け、実際の料理の仕方、調理器具の扱い方まで、料理に関するひと通りの知識を得られるようになっています。キッチンで本を広げながら料理をするのに便利なように、すべてのレシピは見開き2ページで完結。身近な料理からひとつずつ挑戦してみてはいかがでしょう。

料理のバリエーションを広げよう

少しずつ料理に慣れてきたら、今度はさまざまなメニューに挑戦して、子どもの意欲をさらにかき立てましょう。絵本ならではのイラストやストーリーを楽しみながら、ステップアップできる料理絵本です。

はじめて絵本 たのしいおりょうり

はじめて絵本 たのしいおりょうり
キュートなイラストが魅力的なこの絵本は、卵焼きからフレンチトーストなどの簡単なものから、たき込みご飯や茶碗蒸しなどの少し手の込んだ料理まで、幅広いレシピを子どものためにやさしく説明してくれる一冊です。

季節にあわせていろいろなレシピを楽しめるのもこの絵本のよいところ。料理の基本がていねいに描かれているため、大人が読んでも楽しめる内容かもしれません。

ポポときせつのおかしづくり

ポポときせつのおかしづくり
小さい子どもにもわかりやすいストーリーで、主人公が友だちをお菓子でおもてなしする様子がとてもかわいらしく描かれた絵本です。

12カ月のそれぞれの季節にぴったりなお菓子のレシピが紹介されており、くだものや木の実、野菜など、旬な食材を使っているところも、子どもにとっては学びになるかもしれません。幸せな気分にしてくれるお菓子を、子どもといっしょに四季折々で楽しめる一冊です。

バムとケロのおいしい絵本

バムとケロのおいしい絵本
子どもだけでなく大人にもファンが多い、大人気『バムとケロ』シリーズより、絵本のおやつや料理を忠実に再現したレシピがたくさんつまったこの作品。

絵本に出てくるおいしそうな料理は、どれも難しそうに思えますが、掲載されているレシピは作り方が簡潔でとてもわかりやすくなっています。付録のステンシルプレートやクッキー、ドーナツの実物大型紙も活用しながら、バムとケロの世界をたっぷり味わってみてください。

トラネコボンボンのお料理絵本 旅するレストラン

トラネコボンボンのお料理絵本 旅するレストラン
猫のグッズやおいしいケータリングで大人気の料理人兼作画家、中西なちおさんによる、はじめての料理絵本です。

旅するトラネコシェフ、ボンボンと動物たちのストーリーを軸に、メインからデザートまで彩り豊かなレシピが紹介されています。おしゃれなイラスト同様に、料理の見た目もとても華やか。料理好きな親子へのプレゼントにもぴったりです。
<執筆>KIDSNA編集部
「絵本」に関する記事をKIDSNAアプリで!
アプリDLはこちら▼

2021年08月02日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

絵本の関連記事

  • お年玉のシーズンになると、子どもにどのようにお金をあげていくのがよいのか、管理はどのようにしたらよいのか、毎年悩むママ・パパもいるかもしれません。今回は、お金の概念やお金の価値、また働いてお金を稼ぐことについて学べる絵本を紹介します。親子で絵本を楽しみながら、お金のことを知れるとよいですね。

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

カテゴリ一覧