おむつにさよなら!トイレトレーニングに役立つ絵本12選

おむつにさよなら!トイレトレーニングに役立つ絵本12選

気候もあたたかくなり、トイレトレーニングを始めるには絶好のチャンス。始めたけれどスムーズに進まない、おしっこはトイレでできるのにうんちができないなど、さまざまな悩みを抱えるママやパパたちのために、今回は、子どもが自然とトイレを意識できる、トイレトレーニングに役立つ絵本12選をご紹介します。

トイレトレーニングを始めよう

子どもがトイレに興味をもって、意欲がわいてくる!そんな楽しい絵本だと、進んでトイレに足を運んでくれるかもしれません。トレーニングの導入にぜひ!

といれ

といれ
ページを縦に開くと、楽しいトイレのイラストが元気に出迎えてくれ、トレーニングの最初のステップにぜひ読みたい一冊。

読み聞かせるときに、ママやパパの声に強弱をつけることが、子どもが喜ぶポイント。シンプルな内容と大きなイラストで、小さい子どもにもぴったりの絵本です。

いっしょにうんち

いっしょにうんち
トイレに行きたがらない子どもにおすすめしたい絵本。

みんなのトイレを見ていると、トイレが嫌だった主人公も思わずトイレに行きたくなります。やさしく、やわらかなイラストのタッチと楽しい動物たちに、自然とトイレに向かわせるきっかけをくれそうな一冊です。

トイレでうんちができない子へ

おしっこはトイレでできるのに、うんちができない……そんな悩みをもつママやパパも少なくないはず。トイレトレーニングの第二関門を突破するためのきっかけにしてみてはいかがでしょう。

おむつのなか、みせてみせて!

おむつのなか、みせてみせて!
世界20ヵ国以上で翻訳されている、ヨーロッパで大人気の絵本作家ヒド・ファン・ヘネヒテンさんによる絵本。

さまざまな動物の「うんち」がしかけ絵本になっているという、ユーモアたっぷりな内容です。子どもが喜ぶ「うんち」が描かれているだけでなく、トイレトレーニングにつながるラストは、きっとおむつ外しのきっかけになるはず。

うんち

うんち
大人気絵本作家のいもとようこさんが、トイレトレーニング中の子どもとお母さんたちにおくる、楽しい「うんち」のファーストブック。

あり、ぞう、かたつむり、そして、ママやパパも、みんなうんちをするんだよというメッセージがやさしく伝わってきます。元気なうんちは元気な証拠!トイレトレーニングで子どもに伝えられるとよいですね。

トイレでうんちできたかな?

トイレでうんちできたかな?
登場するトイレ一家のキャラクターがとてもかわいらしく、おしゃれ。トイレのストーリーなのに、さわやかに描かれているところが非常に魅力的です。

楽しいウンチングシール付きで、子どもと遊びながらトイレトレーニングが進められそうです。

トイレにひとりで行けない子におすすめ

ちょっとしたことでトイレが苦手な場所になってしまうこと、子どもにとってはよくあることかもしれません。そんなときに勇気を与えてくれる絵本があれば、子どもの背中をそっと押してくれるのではないでしょうか。

トイレたんけんたい

トイレたんけんたい
主人公の男の子がトイレに行くために結成した”トイレたんけんたい”。トイレまでの小さな冒険を描く、かわいらしいストーリーです。

子どもが急にトイレを嫌がるようになることってありますよね。お気に入りのおもちゃを携えると、自ら進んでトイレに行くようになるかもしれません。トイレが苦手な子どもたちに勇気を与える素敵な一冊。

ぼくのトイレ

ぼくのトイレ
毎日同じトイレじゃつまらない。それならこんなトイレはどうだろう?

ぼくが考えるユニークなトイレに子どもだけでなく大人も夢中になってしまいます。緻密なイラストから伝わる楽しさで、トイレがあっという間にワクワクする場所に変わってしまうでしょう。子どもの想像力を刺激する、とにかく楽しい一冊です。

トイレさくせん

トイレさくせん
トイレがこわい主人公のために、家族みんなが協力して一人で行けるようにさまざまな工夫をするお話。

主人公に対する母親の姿勢に、見習いたいと思うママやパパも多いはず。家族の愛情とやさしさが絵本いっぱいにあふれ、あたたかい気持ちになります。

トイレのマナーを知ろう

トイレトレーニングがほぼ完了したら、次はトイレのマナーを知っておきましょう。お友だちといっしょの園生活も気持ちよくすごせるとよいですよね。

じぶんで おしり ふけるかな

じぶんで おしり ふけるかな
ユニークなストーリーとあいらしいイラストが魅力的なこの絵本は、深見春夫さんによる作品。

上手なおしりのふき方をていねいに教えてくれ、トイレトレーニングの仕上げをしている家庭にぴったりの内容です。言葉で伝えることは難しくても、絵本を見ながら進めると子どももわかりやすく取り組めるかもしれません。大人目線でも新たな発見が得られそうな一冊。

トイレせんちょう

トイレせんちょう
思わず目をひいてしまうような、独特な風合いのイラストが表紙のこの絵本。ノックをする、手を洗うなどのトイレの決まりをわかりやすく伝えてくれます。

トイレを気持ちよく使うためのよい習慣がスムーズに身につきそうです。小さいうちから大切なマナーを学ぶことで、心地よい日常生活をおくる基礎ができるかもしれません。

トイレを楽しくする絵本

子どもがなにか物事を達成したとき、ごほうびがあると、気持ちが前向きになれるかもしれません。趣向をこらした絵本で、トイレトレーニングも楽しく進めましょう。

おむつはずしができる! できたよ、トイレ!

おむつはずしができる! できたよ、トイレ!
めくるしかけと音のでるモジュールで、楽しいことが大好きな子どものトイレトレーニングに最適な絵本。

トイレの使い方を遊びながら知ることができ、トイレに行くたびにシールを貼れるポスターもついています。まだ言葉がわからない小さい子どもにもおすすめの一冊。

ゆっくとすっく ごほうびシールブック

ゆっくとすっく ごほうびシールブック
トイレトレーニングは子どもに無理させることなく、自然と習得できるようサポートしたいですよね。この絵本は、そんなママたちの想いやアイディアからうまれた一冊。

かわいらしいイラストが人気のゆっくとすっくといっしょにトレーニングが進められる、台紙とシールがセットになったシールブックです。台紙の裏には日付やメッセージを書く欄があり、子どもの成長記録としても使えます。
<執筆>KIDSNA編集部
「絵本」に関する記事をKIDSNAアプリで!
アプリDLはこちら▼

2021年05月31日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

絵本の関連記事

  • お年玉のシーズンになると、子どもにどのようにお金をあげていくのがよいのか、管理はどのようにしたらよいのか、毎年悩むママ・パパもいるかもしれません。今回は、お金の概念やお金の価値、また働いてお金を稼ぐことについて学べる絵本を紹介します。親子で絵本を楽しみながら、お金のことを知れるとよいですね。

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ