新学期、いつも以上にがんばる子どもへ。背中を押す絵本8選

新学期、いつも以上にがんばる子どもへ。背中を押す絵本8選

入園・入学・進級と環境が変化したことにより、この季節の子どもたちはいつにも増してがんばっているはずです。そんながんばる子どもたちを少しでも応援してあげたい。今回は、新たな環境でがんばったり、挑戦する子どもの背中を押す絵本をご紹介します。

最初の一歩をふみ出すきっかけになる絵本

新しいことを始めるとき、最初の一歩がなかなかふみ出せない……大人でもそんな経験があるのではないでしょうか。けれど、最初の一歩さえふみ出すことさえできれば、あとは意外とうまくいくかもしれません。

ありこちゃんのおてつだい

ありこちゃんのおてつだい
お手伝いが大好きなアリのありこちゃんは、お姉さんたちに頼まれ、生まれて初めて外の世界へ。アブラムシの蜜を求めるありこちゃんの奮闘は、新しい環境に飛び出す子ども自身のエールになるかもしれません。

キャッチーなイラストで描かれながらも、きちんとアリの生態を学ぶことのできる一冊です。

はじめてのおつかい

はじめてのおつかい
はじめてのおつかいに挑戦する5歳のみいちゃん。大人にとっては日常でも、子どもにとっては大冒険かもしれない、初めての経験。子どものドキドキする気持ちが鮮やかに描かれます。

細部まで描き込まれたこの絵本からは、いろいろなサイドストーリーを探す楽しさも。

リンドバーグ: 空飛ぶネズミの大冒険

リンドバーグ: 空飛ぶネズミの大冒険
ドイツで人間の図書館で本を読みふけっていた、知りたがり屋の小さなねずみ。仲間のねずみたちが「ばね式ネズミとり」の犠牲になったことを知り、大西洋を飛び新天地を目指す決意をします。

本から得た知識を元に飛行機を作り、ねずみが向かった先の世界とは?繊細な描写に、いっしょに読んでいる大人も心惹かれることでしょう。

いろいろおしたく

いろいろおしたく
早起きが苦手な子どもや、園に通うときに悲しくなってしまう子どもにとっては、毎朝のおしたくがチャレンジです。起きてからお出かけする間のおしたくは意外とたくさんありますよね。お着換えをして、朝ごはんを食べて、歯磨きをして、お手洗いに行って……。

主人公のはなちゃんのおしたくを可愛らしく描く絵本のページをめくりながら、朝のおしたくをしてみては?

ポジティブになれる絵本

挑戦した数が多ければ多いほど、時には失敗したり、くじけたりすることだってあるでしょう。そんなとき、前を向く勇気をくれるお話をご紹介。

あなたの すてきな ところはね

あなたの すてきな ところはね
慌ただしく過ぎ去っていく毎日。子どもが大きくなるにつれて、あれもこれもがんばってほしい……と欲張ってはいないでしょうか。

子どもには「自分を好きになる言葉のお守り」を贈る一方で、私たち保護者には、瑞々しい言葉でたくさんの「子どもの素敵なところ」を思い返させてくれる一冊です。

こんとあき

こんとあき
主人公のあきと、きつねのぬいぐるみのこんは、おばあちゃんの家に向かう冒険に出ます。次々と大変な目に遭遇しても「だいじょうぶ」と、頼もしいこん。前向きなこんが困難に立ち向かう姿は、あきに勇気を与えます。

大切な存在のために何ができるだろう?優しいタッチで支えてくれる存在の尊さを説きます。

うまくいかないときに読みたい絵本

がんばっているのになんだかうまくいかない……そんなこともありますよね。視点の切り替え方のヒントが詰まった絵本を読んでみては?

ねこのピート だいすきなしろいくつ

ねこのピート だいすきなしろいくつ
白くて新しいくつを履いておでかけをした猫のピート。「しろいくつ、さいこう!」とご機嫌で歩いていましたが、いちごの山を登るとくつは真っ赤に。ポジティブなねこ、ピートは何と言ったでしょう?

何があっても前に進む勇気をくれる、シンプルだけど力強い絵本です。

ころべばいいのに

ころべばいいのに
新学期を迎えた春は、人間関係も大きく変わるとき。自分と会わない人がいて、イライラしたりモヤモヤしたときはどうすればよいでしょう?

ヨシタケシンスケ氏の発想えほん第4弾では、嫌な対象に対峙するのではなく、少しだけ視点を変えてみることを提案します。きっとこの絵本は、自分との向き合い方を教えてくれるはず。
<執筆>KIDSNA編集部
「絵本」に関する記事をKIDSNAアプリで!
▼アプリDLはこちら▼

2021年04月19日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

絵本の関連記事

  • お年玉のシーズンになると、子どもにどのようにお金をあげていくのがよいのか、管理はどのようにしたらよいのか、毎年悩むママ・パパもいるかもしれません。今回は、お金の概念やお金の価値、また働いてお金を稼ぐことについて学べる絵本を紹介します。親子で絵本を楽しみながら、お金のことを知れるとよいですね。

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ