大人の心に沁み、子どもの心に響く。親子で読みたい絵本8選

大人の心に沁み、子どもの心に響く。親子で読みたい絵本8選

子ども向けの絵本の中には、子どもが楽しめるのはもちろんですが、大人が何度もページをめくりたくなるような本もあります。今回は、親子で楽しめる内容の深い絵本をセレクトしました。絵や言葉が表現豊か、社会や世界のことを知ることができるなどポイントとともにご紹介します。

あさになったのでまどをあけますよ

あさになったのでまどをあけますよ
荒井良二さんの独特のタッチの絵と言葉が綴られた世界観に引き込まれる絵本。

シンプルな構成の中ながらも、「朝に窓を開ける」という当たり前の日常の大切さに引き込まれます。大人も疲れた時にこの絵本を開くと、明日への活力になるかもしれません。

ことばのかたち

ことばのかたち
子どもの頃に、おーなり由子さんの漫画に親しんだママもいるかもしれません。

もし言葉の向こう側の風景が見えたなら、という想像力を膨らませてくれます。これから言葉を覚える子どもにも読ませたいですね。大人は普段使っている「言葉」について改めて考えさせられます。親子で言葉の使い方が変わるきっかけになりそうな絵本です。

ぼくは0てん

ぼくは0てん
ファッションデァイナーでもある著者が「他人の評価から自由になってほしい」というメッセージを伝えてくれる絵本です。

それぞれキャラクターになった「てんすう」たちがかわいいので、子どもは純粋に楽しめます。大人にとっても自分の得意なことを見つけ出していくストーリーは、子育てや生き方の参考になるかもしれません。

あおいアヒル

あおいアヒル
絵もストーリーもすてきな絵本として純粋に楽しめるのですが、子どもの成長とともに変わる親子関係を描いているので、大人が読んで自分を育ててくれた両親に思いをはせることにもなるでしょう。

というのも、著者が認知症の祖母と過ごした体験を元に描いた絵本だからです。世代をつないでいく揺るぎない愛情を再確認できる一冊です。

きょうはマラカスのひ

きょうはマラカスのひ
独特なタッチの絵が楽しめるだけでなく、言葉のリズムが楽しいので、親子での読み聞かせにぴったりです。

読んでいるだけで元気が出るような絵本。子どもの年齢によって伝わる内容が異なりますが、友達が来るわくわく感や一生懸命に練習する姿には年齢も関係なく共感できそうです。

タンタンタンゴはパパふたり

タンタンタンゴはパパふたり
絵本としておもしろいだけでなく、子どもに多様性について自然に伝えることができる名作です。

大人にとっては家族の形について改めて考えるきっかけになるかもしれません。ニューヨークの水族館で実際にあったことがベースになっているので、ペンギンの生態を学ぶこともでき、生物多様性に興味を持つきっかけにもなるのではないでしょうか。心が温かくなる本です。

せかいいちうつくしいぼくの村

せかいいちうつくしいぼくの村
美しい絵で進んでいく悲しいストーリー、そして衝撃的な結末に親子で考えさせられる一冊です。

戦争の悲惨さを知るきっかけになるだけでなく、これから子どもが成長していく中でニュースを自分ごととして想像する力を養ってくれます。ひとりの大人として、世界で起こっていることを知るべきだと思わせられる、ずっと大切に読み続けたい絵本です。

翻訳できない世界のことば

翻訳できない世界のことば
子どもも大人も、この絵本によって「言葉の深さ」を知ることができます。

読み聞かせにもぴったりですが、世界中にある多様な文化を知ることができるので、大人もひとりの時間にぱらぱらとめくりたくなるような本ではないでしょうか。新しい世界の見方を考えさせてくれる一冊です。

<執筆>KIDSNA編集部

2021年03月25日

絵本の関連記事

  • 子どもと家ですごす時間がよりいっそう増える夏休み。普段は忙しくてなかなか時間が取れないママやパパも、せっかくならこの夏休みにしかできないことを親子で体験したいですよね。そんなときは、いろいろな料理を楽しんでみてはいかがでしょうか?料理に興味をもちはじめる幼児期にぴったりの料理絵本10選をご紹介します。

  • 子どもたちが待ちに待った夏休みが始まります。どこに出かけよう、どんなことを学ぼう、どんなことにチャレンジしよう……夏休みに胸を膨らませる子どもたちも多いでしょう。一度きりのその夏を思いきり楽しめるような、読んでワクワクする絵本12選をご紹介します。

  • 夏の暑さの影響で、子どもと室内遊びをして過ごす時間が増えているという家庭も多いのでは。そこで今回は、子どもと楽しめる話題の絵本をご紹介。個性や性教育をテーマとした作品、ストーリーを楽しみながら数や英語が学べる作品など、今年上半期に発売された最新の絵本をまとめました。

  • スポーツは体が鍛えられるだけでなく、仲間と同じ目標に向かって頑張ることで協調性も養われます。そんなスポーツを始めるのにぴったりなこの季節に、絵本を通して体を動かす面白さやスポーツによる大きな力を子どもに伝えてみてはいかがでしょう。今回は、スポーツの魅力がいっぱいの絵本10選をご紹介します。

  • 今年も暑い夏がやってきます。この夏、子どもたちが大好きな海に出かける家庭も多いのではないでしょうか。海水浴として楽しむだけでなく、絵本を通してさまざまな海について知ることができると、今までの見方も違ってくるかもしれません。今回は、海の魅力がたくさんつまった絵本12選をご紹介します。

  • 7/7は七夕。保育園や幼稚園でも大きな笹に飾り付けをして、短冊に願い事をかくこの行事を楽しみにしている子どもたちも多いのではないでしょうか。今回は、七夕の由来から織姫と彦星のストーリーまで、行事を楽しむのはもちろん、子どもにとって学びにもなる七夕の絵本12選をご紹介します。

  • 7/1は国民安全の日。子どもたちの日常には避けることができない危険がたくさんひそんでいます。大人が子どもを守るのはもちろん、一人で外出する機会が増える小学校入学前に、自分で自分を守る知識や方法を普段から学んでおきましょう。幼児期の子どもが防犯や防災をわかりやすく学べる絵本10選をご紹介します。

  • 6月はアメリカをはじめ、世界各地で「プライド月間(Pride Month)」と称されています。これを機に絵本を通して、多様性への理解と誰もが生きやすい社会をこれからを生きる子どもたちに伝えてみてはいかがでしょう。今回は、子どもが親しみやすいテーマで、多様性を知ることができる絵本10選をご紹介します。

  • 頼もしくてかっこいいお父さん。父の日はそんなお父さんとたくさんふれ合って、心からの感謝を伝えましょう。親子で読みたいお父さんを描いた絵本10選をご紹介します。

  • 雨の日が続く梅雨の季節は、なんとなく気分も沈みがちに……ですが、子どもはどんなときも遊びや楽しみを見つけます!子どものワクワクを引き出すだけでなく、雨の音や雨ならではの風景も楽しめる、大人にとっても魅力いっぱいな雨を楽しむ絵本11選をご紹介します。

  • 気候もあたたかくなり、トイレトレーニングを始めるには絶好のチャンス。始めたけれどスムーズに進まない、おしっこはトイレでできるのにうんちができないなど、さまざまな悩みを抱えるママやパパたちのために、今回は、子どもが自然とトイレを意識できる、トイレトレーニングに役立つ絵本12選をご紹介します。

  • 輝く星や月が浮かぶ宇宙。そこにはいったいどんな世界が広がっているのでしょう。宇宙に興味を持ちはじめた子どもたちの頭の中にあふれる疑問や好奇心に、魅力的なイラストとわかりやすい言葉で伝えてくれる、宇宙を知る絵本10選をご紹介します。

カテゴリ一覧