赤ちゃんから大人まで。驚きや感動が満載のしかけ絵本7選

赤ちゃんから大人まで。驚きや感動が満載のしかけ絵本7選

ページをめくるたびに驚きや感動があり、子どもの感受性を育てるのにピッタリのしかけ絵本。「次はどんなことが起こるのだろう」というワクワクは、本に興味を持つきっかけにもなり、出産祝いなどのプレゼントにも人気です。大人になってもずっと手元に置いておきたいような、おすすめのしかけ絵本をご紹介します!

とびだす!はらぺこあおむし

image
作:エリック・カール 訳:もりひさし 定価:2,200円(税込)出版社:偕成社 出版日:2019年2月
作:エリック・カール 訳:もりひさし 定価:2,200円(税込)出版社:偕成社 出版日:2019年2月

世界中で愛されている「はらぺこあおむし」の、50周年を記念して作られたポップアップバージョン。ページを開くと、色とりどりの果物やお菓子が立ち上がり、木の葉がゆれ、蝶がはばたきます。あおむしの成長物語を、立体的な動きとともに楽しめる、贈り物にぴったりな絵本です。

問い合わせ先:偕成社
tel.03-3260-3221(販売部)
https://www.kaiseisha.co.jp/books/9784033213804

きょうのおやつは

image
作:わたなべちなつ 定価:1,650円(税込)出版社:福音館書店 出版日:2014年10月
作:わたなべちなつ 定価:1,650円(税込)出版社:福音館書店 出版日:2014年10月

鏡のようなピカピカな紙で作られたしかけ絵本です。鏡のページを直角に開き反対側のページを映すことで、絵が立体的に見え、作品中では調理が進んでいきます。鏡のページには自分の顔や手が映り込むので、まるで本当におやつ作りをしているような体験ができる一冊です。

問い合わせ先:福音館書店
https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=1651
直販はしていませんので、書店にてお求めください

恐竜時代

image
作:ロバート・サブダ&マシュー・ラインハート 定価:4,400円(税込)出版社:大日本絵画 出版日:2005年8月 © 2005 by Robert Sabuda and Matthew Reinhart
作:ロバート・サブダ&マシュー・ラインハート 定価:4,400円(税込)出版社:大日本絵画 出版日:2005年8月 © 2005 by Robert Sabuda and Matthew Reinhart

ポップアップで表現された35体の恐竜と50種類以上の最新恐竜情報を盛り込んだ、初の立体恐竜百科です。どのページにも迫力のあるしかけが満載で、太古の恐竜時代にタイムスリップしたかのような感覚を味わえます。文中の漢字にはルビが振られており、子どもから大人まで楽しめます。

問い合わせ先:大日本絵画
tel.03-3294-7861(代)mail.info3@kaiga.co.jp
http://www.kaiga.co.jp/

とびだす絵本 おもちゃばこ

image
作:ジェラール・ロ・モナコ 訳:うちださやこ 定価:¥2,530(本体価格 ¥2,300) 出版社:アノニマ・スタジオ 出版日:2014年9月
作:ジェラール・ロ・モナコ 訳:うちださやこ 定価:¥2,530(本体価格 ¥2,300) 出版社:アノニマ・スタジオ 出版日:2014年9月

フランス発の「とびだす絵本 おもちゃばこ」は、子どもが大好きな車や動物のおもちゃのしかけが次々と登場します。男の子がおもちゃと一緒に遊んでいるお話に、読者も一緒になって遊んでいるような気持ちになるでしょう。眺めているだけで楽しい気持ちになれる一冊です。

問い合わせ先:アノニマ・スタジオ
mail.info@anonima-studio.com
https://www.anonima-studio.com/books/picture_book/omochabako/

ようせいのおしろのぶとうかい

image
作:マギー・ベイトソン 絵:ルイーズ・コンフォート 定価:¥3,520 出版社:大日本絵画 出版日:2007年2月
作:マギー・ベイトソン 絵:ルイーズ・コンフォート 定価:¥3,520 出版社:大日本絵画 出版日:2007年2月

本がメリーゴーラウンドのように開き、ようせいのおしろが映画のセットのように広がります。付属のきりぬき人形を使い、ドールハウスのように遊ぶことができます。細部にまでしかけが散りばめられているので本を開くたびに新しい発見があり、メルヘンな絵は子ども心をくすぐります。

問い合わせ先:大日本絵画
tel.03-3294-7861(代)mail.info3@kaiga.co.jp
http://www.kaiga.co.jp/

Little tree

image
作:駒形克己 定価:¥7,000 出版社:ワンストローク 出版日:2008年4月
作:駒形克己 定価:¥7,000 出版社:ワンストローク 出版日:2008年4月

いつも在ると思っていたものが失われ、あらためて気づくその存在の大きさ。ポップアップの木がページごとに現れ、季節とともにその姿を変えていきます。木は一本ずつ手作業で付けられており、表紙には金の箔押しが施されています。

問い合わせ先:ONE STROKE
mail.one@one-stroke.co.jp
https://www.one-stroke.co.jp/product-page/little-tree

天気のひみつ

image
編:日経ナショナル ジオグラフィック社 定価:2,566円(税込) 出版社:日経ナショナル ジオグラフィック社 出版日:2009年8月
編:日経ナショナル ジオグラフィック社 定価:2,566円(税込) 出版社:日経ナショナル ジオグラフィック社 出版日:2009年8月

「天気ってなんだろう?どうして雨がふったり、晴れたりするのかな?」そんな疑問に応え、未知の世界への興味と理解を深める内容になっています。大人も楽しめる上品なイラストと、随所にある凝った仕掛けは、何度もひらきたくなる面白さです。(本書は絶版となっています。)

問い合わせ先:日経ナショナル ジオグラフィック社
https://nkbp.jp/ngbook

<取材・執筆>KIDSNA編集部

絵本に関する記事がたくさん。
KIDSNAアプリDLはこちら。

2021年03月16日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

絵本の関連記事

  • お年玉のシーズンになると、子どもにどのようにお金をあげていくのがよいのか、管理はどのようにしたらよいのか、毎年悩むママ・パパもいるかもしれません。今回は、お金の概念やお金の価値、また働いてお金を稼ぐことについて学べる絵本を紹介します。親子で絵本を楽しみながら、お金のことを知れるとよいですね。

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

カテゴリ一覧