赤ちゃんへの読み聞かせはいつから?赤ちゃんが楽しめる絵本を用意しよう

赤ちゃんへの読み聞かせはいつから?赤ちゃんが楽しめる絵本を用意しよう

絵本の選び方や読み聞かせのコツ

赤ちゃんへの絵本の読み聞かせはいつからはじめるとよいのか気になることもあるかもしれません。いつから読み聞かせをしていたのかや、寝る前など赤ちゃんに読み聞かせをしたシーン、絵本の選び方や読み聞かせのコツをママたちの体験談を交えてご紹介します。

赤ちゃんへの絵本の読み聞かせはいつから?

赤ちゃんに絵本を読み聞かせたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。読み聞かせをいつからはじめようか迷うこともあるかもしれません。

赤ちゃんが楽しめる絵本を用意して、いっしょに楽しみたいですよね。

赤ちゃんにいつから絵本を読み聞かせていたのか、ママたちに聞いてみました。
20代ママ
生後3カ月頃から赤ちゃんに絵本を読み聞かせていました。赤ちゃんといっしょに寝転がって、絵本を楽しみました。
30代ママ
生後5カ月頃から赤ちゃんに絵本を読み聞かせていました。基本的には日中に読んでいましたが、夜寝る前に絵本を読むときもありました。
30代ママ
絵本の読み聞かせは生後5、6カ月頃からはじめていました。下の子には上の子のときに用意した絵本を読み聞かせています。
30代ママ
赤ちゃんへの読み聞かせを始めたのはおすわり期頃からでした。ママの膝に座らせるようにして絵本を読んでいました。
赤ちゃんへの絵本の読み聞かせをいつからはじめたのか、時期はそれぞれで異なるようでした。

赤ちゃんと遊びながら絵本を読んだり、寝る前の寝かしつけとして読んでいるというママたちの声がありました。

赤ちゃんが楽しめる絵本のジャンル

絵本
iStock.com/CCaetano
赤ちゃん向けの絵本にはどのようなものがあるのでしょうか。絵本のジャンルをご紹介します。

音を楽しむ絵本

プカプカやザーザーなどの擬音やたくさんの音が描かれた絵本は、ストーリーのある絵本をまだ読めない赤ちゃんも楽しむことができるのではないでしょうか。

蛇口から水が出る音や、車や電車が走る音、動物の鳴き声など、さまざまな音があります。

赤ちゃんにはじめて読み聞かせる絵本として、音やリズムを楽しめるものを選ぶママも多いようです。

生活を描いた絵本

食事や着替え、トイレなどの生活を描いた絵本はたくさんあります。

赤ちゃんはまだ自分の手でスプーンを握って食事をしたり着替えることはできませんが、シンプルに描かれた生活の絵本は、赤ちゃんも興味を持ってくれるかもしれません。

生活を描いた絵本は少し大きくなってからも読むことができるでしょう。

歌を楽しむ絵本

ママやパパにも馴染みがある、昔ながらの手遊び歌や童謡などが描かれた絵本は、赤ちゃんといっしょに楽しみながら読むことができるでしょう。

赤ちゃんとスキンシップを取ったり、手拍子をしたりなどさまざまな遊びを楽しめます。

【時期別】赤ちゃんに読み聞かせる絵本の選び方

赤ちゃん向けの絵本を用意するとき、どのような絵本を選ぼうか迷うこともあるかもしれません。絵本の選び方を、ねんね期やおすわり期などの時期別にご紹介します。

ねんね期

擬音がたくさん出てくるものや、ぐるぐるやギザギザなどのいろいろな形が描かれたものなど目と耳を使った楽しめるシンプルな絵本は、ねんね期の赤ちゃんも楽しめるのではないでしょうか。

赤ちゃん向けの絵本はカラフルなものが多いでしょう。はっきりとした色味の絵本を選ぶと、赤ちゃんにも伝わりやすく、楽しみながら読めるかもしれません。

おすわり期

おすわりをする赤ちゃん
iStock.com/itakayuki
赤ちゃんがおすわりをするようになると、ねんねをしていたときとは違う景色を楽しめるようになるでしょう。

何かに反応して笑うようになることが増える赤ちゃんもいるようです。

歌を楽しめる絵本や、親子でふれあいながら楽しむ絵本を選んでみてはいかがでしょうか。

ママやパパが赤ちゃんとスキンシップをとる姿が描かれた絵本は、赤ちゃんも楽しめるでしょう。

はいはい期

元気にずりばいをしたりはいはいをするようになると、視界が広がり、さまざまなことに興味を持ち始める赤ちゃんもいるでしょう。

自分で絵本を手に取って遊ぶこともあるのではないでしょうか。赤ちゃんがさわっても安全な、おもちゃとして楽しめる布絵本や、破れにくい厚紙の絵本を選ぶというのもひとつのポイントです。

離乳食が進み、食に興味を持つ赤ちゃんもいるかもしれません。食に関する絵本など生活を描いた絵本は、1歳になってからも楽しんで読むことができるでしょう。

赤ちゃんに絵本を読み聞かせるときのコツ

赤ちゃんに絵本を読み聞かせるときのコツをご紹介します。

抑揚をつけてゆっくり読む

赤ちゃんに絵本を読み聞かせるときに、声色を変えたり、抑揚をつけて読むことも多いのではないでしょうか。

ママやパパが楽しんで絵本を読むと、赤ちゃんも絵本を楽しめるでしょう。

早口で読むと赤ちゃんに伝わりにくいかもしれません。言葉を大切にゆっくり読むことがポイントです。

絵を楽しめるようにページをゆっくりめくる

描かれている文章を読んだあと、すぐにページをめくらずに絵を見つめる赤ちゃんの表情やリアクションを見ながら、次のページに進みましょう。

赤ちゃんのお気に入りの絵やページを知れるきっかけにもなるかもしれません。赤ちゃんが絵をじっくりと楽しめるように、ゆっくりとページをめくりましょう。

赤ちゃんのペースに合わせる

赤ちゃんが絵本以外のおもちゃに興味があるときもありますよね。赤ちゃんの機嫌を見ながら絵本の読み聞かせをしましょう。

絵本を読み聞かせるときに、赤ちゃんが手を伸ばしてページをたくさんめくったりなど絵本をなかなか読めないということもあるでしょう。赤ちゃんのペースに合わせながら、読み聞かせをすることも大切です。

赤ちゃんと絵本の読み聞かせを楽しもう

絵本を持った赤ちゃん
milmed/Shutterstock.com
赤ちゃんへの絵本の読み聞かせはいつからしたらよいのか迷うママやパパもいるかもしれません。

絵本の読み聞かせはいつからという決まりはないため、赤ちゃんの興味や成長に合わせて絵本を選んでみてはいかがでしょうか。

絵本は赤ちゃんが生まれてすぐに楽しむことができます。赤ちゃんが眠れるように、寝る前に絵本を読み聞かせていたというママの声がありました。

おもちゃのように楽しめる布絵本や、しかけ絵本など赤ちゃん向けの絵本はたくさんあります。ママやパパもいっしょに赤ちゃんと絵本を楽しめるとよいですね。

2019年11月29日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

絵本の関連記事

  • お年玉のシーズンになると、子どもにどのようにお金をあげていくのがよいのか、管理はどのようにしたらよいのか、毎年悩むママ・パパもいるかもしれません。今回は、お金の概念やお金の価値、また働いてお金を稼ぐことについて学べる絵本を紹介します。親子で絵本を楽しみながら、お金のことを知れるとよいですね。

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

カテゴリ一覧