赤ちゃんへの読み聞かせはいつから?赤ちゃんが楽しめる絵本を用意しよう

赤ちゃんへの読み聞かせはいつから?赤ちゃんが楽しめる絵本を用意しよう

絵本の選び方や読み聞かせのコツ

赤ちゃんへの絵本の読み聞かせはいつからはじめるとよいのか気になることもあるかもしれません。いつから読み聞かせをしていたのかや、寝る前など赤ちゃんに読み聞かせをしたシーン、絵本の選び方や読み聞かせのコツをママたちの体験談を交えてご紹介します。

赤ちゃんへの絵本の読み聞かせはいつから?

赤ちゃんに絵本を読み聞かせたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。読み聞かせをいつからはじめようか迷うこともあるかもしれません。

赤ちゃんが楽しめる絵本を用意して、いっしょに楽しみたいですよね。

赤ちゃんにいつから絵本を読み聞かせていたのか、ママたちに聞いてみました。
20代ママ
生後3カ月頃から赤ちゃんに絵本を読み聞かせていました。赤ちゃんといっしょに寝転がって、絵本を楽しみました。
30代ママ
生後5カ月頃から赤ちゃんに絵本を読み聞かせていました。基本的には日中に読んでいましたが、夜寝る前に絵本を読むときもありました。
30代ママ
絵本の読み聞かせは生後5、6カ月頃からはじめていました。下の子には上の子のときに用意した絵本を読み聞かせています。
30代ママ
赤ちゃんへの読み聞かせを始めたのはおすわり期頃からでした。ママの膝に座らせるようにして絵本を読んでいました。
赤ちゃんへの絵本の読み聞かせをいつからはじめたのか、時期はそれぞれで異なるようでした。

赤ちゃんと遊びながら絵本を読んだり、寝る前の寝かしつけとして読んでいるというママたちの声がありました。

赤ちゃんが楽しめる絵本のジャンル

絵本
iStock.com/CCaetano
赤ちゃん向けの絵本にはどのようなものがあるのでしょうか。絵本のジャンルをご紹介します。

音を楽しむ絵本

プカプカやザーザーなどの擬音やたくさんの音が描かれた絵本は、ストーリーのある絵本をまだ読めない赤ちゃんも楽しむことができるのではないでしょうか。

蛇口から水が出る音や、車や電車が走る音、動物の鳴き声など、さまざまな音があります。

赤ちゃんにはじめて読み聞かせる絵本として、音やリズムを楽しめるものを選ぶママも多いようです。

生活を描いた絵本

食事や着替え、トイレなどの生活を描いた絵本はたくさんあります。

赤ちゃんはまだ自分の手でスプーンを握って食事をしたり着替えることはできませんが、シンプルに描かれた生活の絵本は、赤ちゃんも興味を持ってくれるかもしれません。

生活を描いた絵本は少し大きくなってからも読むことができるでしょう。

歌を楽しむ絵本

ママやパパにも馴染みがある、昔ながらの手遊び歌や童謡などが描かれた絵本は、赤ちゃんといっしょに楽しみながら読むことができるでしょう。

赤ちゃんとスキンシップを取ったり、手拍子をしたりなどさまざまな遊びを楽しめます。

【時期別】赤ちゃんに読み聞かせる絵本の選び方

赤ちゃん向けの絵本を用意するとき、どのような絵本を選ぼうか迷うこともあるかもしれません。絵本の選び方を、ねんね期やおすわり期などの時期別にご紹介します。

ねんね期

擬音がたくさん出てくるものや、ぐるぐるやギザギザなどのいろいろな形が描かれたものなど目と耳を使った楽しめるシンプルな絵本は、ねんね期の赤ちゃんも楽しめるのではないでしょうか。

赤ちゃん向けの絵本はカラフルなものが多いでしょう。はっきりとした色味の絵本を選ぶと、赤ちゃんにも伝わりやすく、楽しみながら読めるかもしれません。

おすわり期

おすわりをする赤ちゃん
iStock.com/itakayuki
赤ちゃんがおすわりをするようになると、ねんねをしていたときとは違う景色を楽しめるようになるでしょう。

何かに反応して笑うようになることが増える赤ちゃんもいるようです。

歌を楽しめる絵本や、親子でふれあいながら楽しむ絵本を選んでみてはいかがでしょうか。

ママやパパが赤ちゃんとスキンシップをとる姿が描かれた絵本は、赤ちゃんも楽しめるでしょう。

はいはい期

元気にずりばいをしたりはいはいをするようになると、視界が広がり、さまざまなことに興味を持ち始める赤ちゃんもいるでしょう。

自分で絵本を手に取って遊ぶこともあるのではないでしょうか。赤ちゃんがさわっても安全な、おもちゃとして楽しめる布絵本や、破れにくい厚紙の絵本を選ぶというのもひとつのポイントです。

離乳食が進み、食に興味を持つ赤ちゃんもいるかもしれません。食に関する絵本など生活を描いた絵本は、1歳になってからも楽しんで読むことができるでしょう。

赤ちゃんに絵本を読み聞かせるときのコツ

赤ちゃんに絵本を読み聞かせるときのコツをご紹介します。

抑揚をつけてゆっくり読む

赤ちゃんに絵本を読み聞かせるときに、声色を変えたり、抑揚をつけて読むことも多いのではないでしょうか。

ママやパパが楽しんで絵本を読むと、赤ちゃんも絵本を楽しめるでしょう。

早口で読むと赤ちゃんに伝わりにくいかもしれません。言葉を大切にゆっくり読むことがポイントです。

絵を楽しめるようにページをゆっくりめくる

描かれている文章を読んだあと、すぐにページをめくらずに絵を見つめる赤ちゃんの表情やリアクションを見ながら、次のページに進みましょう。

赤ちゃんのお気に入りの絵やページを知れるきっかけにもなるかもしれません。赤ちゃんが絵をじっくりと楽しめるように、ゆっくりとページをめくりましょう。

赤ちゃんのペースに合わせる

赤ちゃんが絵本以外のおもちゃに興味があるときもありますよね。赤ちゃんの機嫌を見ながら絵本の読み聞かせをしましょう。

絵本を読み聞かせるときに、赤ちゃんが手を伸ばしてページをたくさんめくったりなど絵本をなかなか読めないということもあるでしょう。赤ちゃんのペースに合わせながら、読み聞かせをすることも大切です。

赤ちゃんと絵本の読み聞かせを楽しもう

絵本を持った赤ちゃん
milmed/Shutterstock.com
赤ちゃんへの絵本の読み聞かせはいつからしたらよいのか迷うママやパパもいるかもしれません。

絵本の読み聞かせはいつからという決まりはないため、赤ちゃんの興味や成長に合わせて絵本を選んでみてはいかがでしょうか。

絵本は赤ちゃんが生まれてすぐに楽しむことができます。赤ちゃんが眠れるように、寝る前に絵本を読み聞かせていたというママの声がありました。

おもちゃのように楽しめる布絵本や、しかけ絵本など赤ちゃん向けの絵本はたくさんあります。ママやパパもいっしょに赤ちゃんと絵本を楽しめるとよいですね。

2019年11月29日

専門家のコメント
56
    もしもしまま先生 保育士
    絵のはっきりしたもので、長すぎないものがいいですね。
    我が家は、生後2ヶ月から読み聞かせを
    せんせい 保育士
    もちろん何歳からでもオッケーだと思います🌞いろんなことを感じられる絵が書かれている絵本が
    まこ先生 保育士
    かおかおどんなかお や だっだぁ〜 ゆめにこにこ などのシンプルで色彩がはっきりしたものを
    しょうこ先生 保育士
    もちろん0歳児から読み聞かせてもらって良いかと思います。
    うちの保育園も0歳児から読んでい
    ひまわり先生 保育士
    絵本の読み聞かせは0歳から初めてのいいと思います。
    保育所でも0歳から読み聞かせしています
    りか先生 保育士
    絵本は0歳から読み聞かせを始めるといいと思います。
    最初は理解できているのか疑問に感じるか
    のの先生 保育士
    赤ちゃんには、色のはっきりとした物を選ぶといいです。また膝に乗っけて読める物。赤ちゃんが触
    くじら先生 保育士
    うちの子は6ヵ月頃から一緒に絵本を見て遊んでいました。
    「だっだぁー」「だるまさんが」「い
    はなばたけ先生 保育士
    0ちゃんも絵本で大盛り上がりです ( ^_^ ) 擬音語が好きな赤ちゃんは、「にゃあにゃあ
    ゆか先生 保育士
    それぞれ発達に個人差があるのでいつからという基準はないと思います。
    スキンシップのいっかん
    すみっこ先生 保育士
    意味はわからなくてもコミュニケーションの一貫として生後まもなく読み聞かせをし始めました。
    いちぽ先生 保育士
    2か月くらいから、絵のはっきりしたものを見せていました。しましまぐるぐるや、はらぺこあおむ
    ろろ先生 保育士
    まだ言葉がわからなくても、言葉を音や動きとして捉えて楽しむことができます。
    たとえば有名な
    あゆみ先生 保育士
    絵本は何歳からでも楽しめると思います!
    0歳児でも、色合いがハッキリしているものや色々なも
    あや先生 保育士
    何ヶ月からでも読み聞かせることで赤ちゃんは保護者の方の声を聞いて、心地よく楽しめると思いま
    あーちん先生 保育士
    私が絵本を好きなので、生まれてすぐから読んであげたりしていました!何かわからなくてもスキン
    きらり先生 保育士
    私自身絵本が好きなので、息子には新生児のときから起きているときは読んであげていました。あか
    ぺち先生 保育士
    何歳からでも楽しめると思います!お母さんとのコミュニケーションにもなりますしね!興味を持つ
    べこな先生 保育士
    意味がわかるとかではなく、言葉のシャワーをたくさん浴びせてあげることが大切だと思ったことと
    いちご先生 保育士
    絵本はいつからでもいいと思います。むしろ早いうちから沢山読んであげるべきだと私は思います☻
    まい先生 保育士
    何歳でもいいと思います!
    お腹にいる時にも絵本を読んであげて聞かせてあげるのも良いと思いま
    まり先生 保育士
    乳幼児期の読み聞かせはとっても大切だと思います。
    色々な物に興味を持ち始めたら始めて良いと
    めめ先生 保育士
    生まれてすぐにでも読み聞かせしてあげるのはいいことだと思います。短い簡単なものから始まるの
    こと先生 保育士
    絵本は何歳からでも楽しめると思います。
    言葉が繰り返しているもの、色がハッキリしているもの
    とまと先生 保育士
    生後6ヶ月の頃から絵本の読み聞かせをはじめました。とっても興味を持って見てくれ大好きだった
    あー先生 保育士
    赤ちゃんは生活習慣がまだ身についていないので、赤ちゃんのせいかつを描いた本などとても興味を
    おはぎ先生 保育士
    3ヶ月位から読み始めましたが、首がすわった5ヶ月ころから絵本に触ったり興味を示すようになり
    たんぽぽ先生 保育士
    友人からもらったアンパンマンが飛び出す本やフェルトなどが使われてる一風変わった手触りの本な
コメントをもっと見る

絵本の関連記事

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

  • 夏休みもあっという間に終わり、気がつけば新学期。お休みの間に乱れがちになった生活習慣をきちんと整えたいですね。今回は、着替えから歯みがき、トイレなど基本的な生活習慣から、お片付け、挨拶、返事といった日々の生活に大切なことまで、子どもが親しみやすいストーリーで生活習慣が身につく絵本12選をご紹介します。

  • 街で障がいのある人を見かけたら……友だちに障がいのある子がいたら……私たち保護者は障がいについて子どもたちにどのように伝えるとよいのでしょうか。無意識のうちに本人や周りの方を傷つけることのないよう、子どもが親しみやすい絵本から障がいについて理解を深めましょう。今回は、子どもと障がいを考える絵本12選をご紹介します。

  • 絵を描いて色を塗る、紙を切って貼る。指先を使っていろいろなものを作るこのような工作は、脳に刺激を与えるだけでなく、子どもの隠れた能力を引き出すというよさもあるかもしれません。そこで今回は、おうち時間での遊びや夏休みの宿題にぴったりなアイディアがいっぱいつまった、工作の絵本11選をご紹介します。

  • 原爆の日や終戦記念日など、8月は「戦争」という言葉を目にする機会が増える時期かもしれません。戦争について、子どもに伝える必要があると思っている保護者の中にも、どうすればうまく伝えられるか悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。今回は、戦争と平和について伝えてくれる絵本10選をご紹介します。

  • 子どもと家ですごす時間がよりいっそう増える夏休み。普段は忙しくてなかなか時間が取れないママやパパも、せっかくならこの夏休みにしかできないことを親子で体験したいですよね。そんなときは、いろいろな料理を楽しんでみてはいかがでしょうか?料理に興味をもちはじめる幼児期にぴったりの料理絵本10選をご紹介します。

  • 子どもたちが待ちに待った夏休みが始まります。どこに出かけよう、どんなことを学ぼう、どんなことにチャレンジしよう……夏休みに胸を膨らませる子どもたちも多いでしょう。一度きりのその夏を思いきり楽しめるような、読んでワクワクする絵本12選をご紹介します。

  • 夏の暑さの影響で、子どもと室内遊びをして過ごす時間が増えているという家庭も多いのでは。そこで今回は、子どもと楽しめる話題の絵本をご紹介。個性や性教育をテーマとした作品、ストーリーを楽しみながら数や英語が学べる作品など、今年上半期に発売された最新の絵本をまとめました。

  • スポーツは体が鍛えられるだけでなく、仲間と同じ目標に向かって頑張ることで協調性も養われます。そんなスポーツを始めるのにぴったりなこの季節に、絵本を通して体を動かす面白さやスポーツによる大きな力を子どもに伝えてみてはいかがでしょう。今回は、スポーツの魅力がいっぱいの絵本10選をご紹介します。

  • 今年も暑い夏がやってきます。この夏、子どもたちが大好きな海に出かける家庭も多いのではないでしょうか。海水浴として楽しむだけでなく、絵本を通してさまざまな海について知ることができると、今までの見方も違ってくるかもしれません。今回は、海の魅力がたくさんつまった絵本12選をご紹介します。

カテゴリ一覧