赤ちゃんへの読み聞かせはいつから?赤ちゃんが楽しめる絵本を用意しよう

赤ちゃんへの読み聞かせはいつから?赤ちゃんが楽しめる絵本を用意しよう

絵本の選び方や読み聞かせのコツ

赤ちゃんへの絵本の読み聞かせはいつからはじめるとよいのか気になることもあるかもしれません。いつから読み聞かせをしていたのかや、寝る前など赤ちゃんに読み聞かせをしたシーン、絵本の選び方や読み聞かせのコツをママたちの体験談を交えてご紹介します。

赤ちゃんへの絵本の読み聞かせはいつから?

赤ちゃんに絵本を読み聞かせたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。読み聞かせをいつからはじめようか迷うこともあるかもしれません。

赤ちゃんが楽しめる絵本を用意して、いっしょに楽しみたいですよね。

赤ちゃんにいつから絵本を読み聞かせていたのか、ママたちに聞いてみました。
20代ママ
生後3カ月頃から赤ちゃんに絵本を読み聞かせていました。赤ちゃんといっしょに寝転がって、絵本を楽しみました。
30代ママ
生後5カ月頃から赤ちゃんに絵本を読み聞かせていました。基本的には日中に読んでいましたが、夜寝る前に絵本を読むときもありました。
30代ママ
絵本の読み聞かせは生後5、6カ月頃からはじめていました。下の子には上の子のときに用意した絵本を読み聞かせています。
30代ママ
赤ちゃんへの読み聞かせを始めたのはおすわり期頃からでした。ママの膝に座らせるようにして絵本を読んでいました。
赤ちゃんへの絵本の読み聞かせをいつからはじめたのか、時期はそれぞれで異なるようでした。

赤ちゃんと遊びながら絵本を読んだり、寝る前の寝かしつけとして読んでいるというママたちの声がありました。

赤ちゃんが楽しめる絵本のジャンル

絵本
iStock.com/CCaetano
赤ちゃん向けの絵本にはどのようなものがあるのでしょうか。絵本のジャンルをご紹介します。

音を楽しむ絵本

プカプカやザーザーなどの擬音やたくさんの音が描かれた絵本は、ストーリーのある絵本をまだ読めない赤ちゃんも楽しむことができるのではないでしょうか。

蛇口から水が出る音や、車や電車が走る音、動物の鳴き声など、さまざまな音があります。

赤ちゃんにはじめて読み聞かせる絵本として、音やリズムを楽しめるものを選ぶママも多いようです。

生活を描いた絵本

食事や着替え、トイレなどの生活を描いた絵本はたくさんあります。

赤ちゃんはまだ自分の手でスプーンを握って食事をしたり着替えることはできませんが、シンプルに描かれた生活の絵本は、赤ちゃんも興味を持ってくれるかもしれません。

生活を描いた絵本は少し大きくなってからも読むことができるでしょう。

歌を楽しむ絵本

ママやパパにも馴染みがある、昔ながらの手遊び歌や童謡などが描かれた絵本は、赤ちゃんといっしょに楽しみながら読むことができるでしょう。

赤ちゃんとスキンシップを取ったり、手拍子をしたりなどさまざまな遊びを楽しめます。

【時期別】赤ちゃんに読み聞かせる絵本の選び方

赤ちゃん向けの絵本を用意するとき、どのような絵本を選ぼうか迷うこともあるかもしれません。絵本の選び方を、ねんね期やおすわり期などの時期別にご紹介します。

ねんね期

擬音がたくさん出てくるものや、ぐるぐるやギザギザなどのいろいろな形が描かれたものなど目と耳を使った楽しめるシンプルな絵本は、ねんね期の赤ちゃんも楽しめるのではないでしょうか。

赤ちゃん向けの絵本はカラフルなものが多いでしょう。はっきりとした色味の絵本を選ぶと、赤ちゃんにも伝わりやすく、楽しみながら読めるかもしれません。

おすわり期

おすわりをする赤ちゃん
iStock.com/itakayuki
赤ちゃんがおすわりをするようになると、ねんねをしていたときとは違う景色を楽しめるようになるでしょう。

何かに反応して笑うようになることが増える赤ちゃんもいるようです。

歌を楽しめる絵本や、親子でふれあいながら楽しむ絵本を選んでみてはいかがでしょうか。

ママやパパが赤ちゃんとスキンシップをとる姿が描かれた絵本は、赤ちゃんも楽しめるでしょう。

はいはい期

元気にずりばいをしたりはいはいをするようになると、視界が広がり、さまざまなことに興味を持ち始める赤ちゃんもいるでしょう。

自分で絵本を手に取って遊ぶこともあるのではないでしょうか。赤ちゃんがさわっても安全な、おもちゃとして楽しめる布絵本や、破れにくい厚紙の絵本を選ぶというのもひとつのポイントです。

離乳食が進み、食に興味を持つ赤ちゃんもいるかもしれません。食に関する絵本など生活を描いた絵本は、1歳になってからも楽しんで読むことができるでしょう。

赤ちゃんに絵本を読み聞かせるときのコツ

赤ちゃんに絵本を読み聞かせるときのコツをご紹介します。

抑揚をつけてゆっくり読む

赤ちゃんに絵本を読み聞かせるときに、声色を変えたり、抑揚をつけて読むことも多いのではないでしょうか。

ママやパパが楽しんで絵本を読むと、赤ちゃんも絵本を楽しめるでしょう。

早口で読むと赤ちゃんに伝わりにくいかもしれません。言葉を大切にゆっくり読むことがポイントです。

絵を楽しめるようにページをゆっくりめくる

描かれている文章を読んだあと、すぐにページをめくらずに絵を見つめる赤ちゃんの表情やリアクションを見ながら、次のページに進みましょう。

赤ちゃんのお気に入りの絵やページを知れるきっかけにもなるかもしれません。赤ちゃんが絵をじっくりと楽しめるように、ゆっくりとページをめくりましょう。

赤ちゃんのペースに合わせる

赤ちゃんが絵本以外のおもちゃに興味があるときもありますよね。赤ちゃんの機嫌を見ながら絵本の読み聞かせをしましょう。

絵本を読み聞かせるときに、赤ちゃんが手を伸ばしてページをたくさんめくったりなど絵本をなかなか読めないということもあるでしょう。赤ちゃんのペースに合わせながら、読み聞かせをすることも大切です。

赤ちゃんと絵本の読み聞かせを楽しもう

絵本を持った赤ちゃん
milmed/Shutterstock.com
赤ちゃんへの絵本の読み聞かせはいつからしたらよいのか迷うママやパパもいるかもしれません。

絵本の読み聞かせはいつからという決まりはないため、赤ちゃんの興味や成長に合わせて絵本を選んでみてはいかがでしょうか。

絵本は赤ちゃんが生まれてすぐに楽しむことができます。赤ちゃんが眠れるように、寝る前に絵本を読み聞かせていたというママの声がありました。

おもちゃのように楽しめる布絵本や、しかけ絵本など赤ちゃん向けの絵本はたくさんあります。ママやパパもいっしょに赤ちゃんと絵本を楽しめるとよいですね。

2019年11月29日

専門家のコメント
28
    もしもしまま先生 保育士
    絵のはっきりしたもので、長すぎないものがいいですね。
    我が家は、生後2ヶ月から読み聞かせを始めました。

    『もこ もこもこ』
    『おつきさま こんばんは』
    『だるまさん』シリーズ
    『ごぶごぶ ごぼごぼ』
    『じゃあじゃあ びりびり』
    『ぽんちんぱん』
    などを読んでます。
    せんせい 保育士
    もちろん何歳からでもオッケーだと思います🌞いろんなことを感じられる絵が書かれている絵本がおススメです!
    谷川俊太郎さんの「あそび」「いろいろのほん」とかいいですよ✨
    まこ先生 保育士
    かおかおどんなかお や だっだぁ〜 ゆめにこにこ などのシンプルで色彩がはっきりしたものを我が子に読んでいます。
    福音館の月刊絵本0.1.2はページに厚みがあるのにお手頃で買えるので、毎月チェックして、いいなぁと思うものを購入しています(^^)

    また妊娠中から声が聞こえるということで、生まれる前から読み聞かせていました!
    心なしかその本は早い段階でにこっと笑いながら聞いていたように感じます。
    すあま先生 保育士
    お子さんが身の周りのものに興味を持ち始めたら(おもちゃを手に取ったり何かを見つめていたり)ひとつのタイミングだと思います(^^)

    ▶︎どんな絵本?
    色鮮やかでさまざまな形、擬音が登場する作品だと、赤ちゃんも興味を惹かれやすいと思います。ストーリーを楽しむにはまだ早いので、見て楽しめるものがいいですね。抽象的な内容でも良い刺激になります。

    ▶︎読み方は?
    自由で大丈夫ですよ(^^)寝転がっていても、膝の上に座らせても、親御さんと赤ちゃんがリラックスできていれば、赤ちゃんは心地よい安心感を得られます。
    「音読には自信が無くて…」大丈夫です。読み方に正解はありません。安心できる大人が絵本を読んでくれる体験は、お子さんにとって宝物になります。

    お子さんがお気に入りの一冊に出会えますように。そして絵本を通した素敵な時間を過ごせますように…(^^)
    しょうこ先生 保育士
    もちろん0歳児から読み聞かせてもらって良いかと思います。
    うちの保育園も0歳児から読んでいます。
    同じもので良いので、繰り返し繰り返し読むと可愛い反応が返ってきます!


    好みはあるかと思いますが、とよたかずひこさんの本はテンポ良く重宝してます。
    あとはディックブルーナは色彩が子供に合うのでよく選んでいます。

    絶対読まなくちゃ!という義務感は必要ありません。
    私のオススメは寝る前の一冊。一日の締めくくりに、親子でスキンシップをとりながら、穏やかなひとときを過ごせればそれでOKです。
    ひまわり先生 保育士
    絵本の読み聞かせは0歳から初めてのいいと思います。
    保育所でも0歳から読み聞かせしています。
    私の娘にも読み聞かせをしています。
    だるまさんシリーズやしましまぐるぐる大好きですよ。
    短い言葉の絵本を選んであげて、抱っこしたりして読んであげたらいいと思います。
    身近な人の声で読んであげると赤ちゃんも喜びますよ(*^^*)
    りか先生 保育士
    絵本は0歳から読み聞かせを始めるといいと思います。
    最初は理解できているのか疑問に感じるかもしれませんが子どもは大人が思っているより沢山のことを理解できています。
    ご飯の前、寝る前と行動の切り替えの時読んであげるといいかもしれません。
    のの先生 保育士
    赤ちゃんには、色のはっきりとした物を選ぶといいです。また膝に乗っけて読める物。赤ちゃんが触っても破れないような厚いものがいいでしょう。
    また、音の鳴る絵本も食い付きがいいので、お出掛け用などに一冊は持っていると便利です。
    くじら先生 保育士
    うちの子は6ヵ月頃から一緒に絵本を見て遊んでいました。
    「だっだぁー」「だるまさんが」「いないいないばぁ」がお気に入り。
    初めての絵本にぴったりだと思います。
    なめたりクシャクシャ触ったりして楽しめる布絵本も良いですよね。
    はなばたけ先生 保育士
    0ちゃんも絵本で大盛り上がりです ( ^_^ ) 擬音語が好きな赤ちゃんは、「にゃあにゃあ」「ぽっ!」「ぎゅぎゅ?」と言うだけでも楽しんでくれますよね。視覚からの刺激にはより反応を見せてくれるので、カラフルだったり仕掛け絵本には釘付けです ☆
    ゆか先生 保育士
    それぞれ発達に個人差があるのでいつからという基準はないと思います。
    スキンシップのいっかんとして親御さんがお子さんを後ろから支えて絵本を一緒に見るという形であればお座りができるようになったくらいから出来ますよ😄
    すみっこ先生 保育士
    意味はわからなくてもコミュニケーションの一貫として生後まもなく読み聞かせをし始めました。
    「じゃあじゃあびりびり」
    「ちいさなうさこちゃん」を繰り返し読んでいました。
    私自身絵本が大好きなのもあって定期便で絵本を購入していました。そのお陰かはわかりませんが絵本が大好きな子に成長してくれました。
    いちぽ先生 保育士
    2か月くらいから、絵のはっきりしたものを見せていました。しましまぐるぐるや、はらぺこあおむし、もこもこもこだるまさんがシリーズなどを読み聞かせていました。
    ろろ先生 保育士
    まだ言葉がわからなくても、言葉を音や動きとして捉えて楽しむことができます。
    たとえば有名なだるまさんシリーズでは『だるまさんが』の絵にあわせて絵本を左右に傾けてみると一緒に身体をゆらしてくれていたりします♪
    ただ読み聞かせるだけではなく、絵本に出てくる動作も一緒にやってみるのも楽しいと思いますよ〜
    あゆみ先生 保育士
    絵本は何歳からでも楽しめると思います!
    0歳児でも、色合いがハッキリしているものや色々なものが描かれていれば、興味を持って眺める姿がありますよ。『だるまさん』シリーズはやはり好きみたいです^^
    指差ししたり、ゆっくり単語を読むだけでもいい刺激になるので、小さいうちからたくさん出逢わせてあげたいです♪
    あや先生 保育士
    何ヶ月からでも読み聞かせることで赤ちゃんは保護者の方の声を聞いて、心地よく楽しめると思います*
    大好きな人から読んでもらうからこそ、子どもは絵本が好きになると思います。
    擬音語などがたくさん入っている物や仕掛け絵本、音が鳴る絵本、布絵本、いろんな種類の絵本があります。
    また赤ちゃんだと普通の絵本だと破いてしまったり巡りにくかったりします。
    一枚が分厚い厚紙のような絵本だと、子どもが自分でめくったり、噛んだり(笑)しながら楽しめるかなと思います。
    また歌の詩が絵本の文になっているもの、絵本の文にメロディをつけられているものもあります。
    歌って聴かせるのも楽しいですし、歌を覚えれば、絵本がなくても子どもと楽しめると思います!
    あーちん先生 保育士
    私が絵本を好きなので、生まれてすぐから読んであげたりしていました!何かわからなくてもスキンシップにもなるし悪影響になることは絶対にないと思います。
    目が見え出してからは絵本をじーっと見ていました(^^)最近は見るより手を伸ばして口に入れています!笑
    きらり先生 保育士
    私自身絵本が好きなので、息子には新生児のときから起きているときは読んであげていました。あかあかくろくろ、やしましまぐるぐる、へんなかお、などを読んであげていました(^o^)それもあってか今でも絵本は大好きでよくみています☆
    ぺち先生 保育士
    何歳からでも楽しめると思います!お母さんとのコミュニケーションにもなりますしね!興味を持つだけでも、楽しいと思います!
    べこな先生 保育士
    意味がわかるとかではなく、言葉のシャワーをたくさん浴びせてあげることが大切だと思ったことと、子どもとのスキンシップとゆっくり関われる時間にもなると思い、寝返りが出来た頃から読み聞かせ始めたような気がします。毎日毎日、隙間時間に読んであげるうちに絵本は楽しい❗と思うようになり自分で手にとって見るようになりました。
    いちご先生 保育士
    絵本はいつからでもいいと思います。むしろ早いうちから沢山読んであげるべきだと私は思います☻
    言葉の意味がわからなくても、お母さんやお父さんの声を聴くだけで安心出来るし、毎日同じ本を読み聞かせていると、反応の違いも日に日に楽しめて面白いですよ。
    まい先生 保育士
    何歳でもいいと思います!
    お腹にいる時にも絵本を読んであげて聞かせてあげるのも良いと思います!
    まり先生 保育士
    乳幼児期の読み聞かせはとっても大切だと思います。
    色々な物に興味を持ち始めたら始めて良いと思います♪
    繰り返しの言葉や発音が出てくる本がオススメです^ ^
    めめ先生 保育士
    生まれてすぐにでも読み聞かせしてあげるのはいいことだと思います。短い簡単なものから始まるのがいいですね。生まれてすぐは薄い色は認識できないようなので赤、青、黄色とはっきりした色使いのものがいいと思います。
    こと先生 保育士
    絵本は何歳からでも楽しめると思います。
    言葉が繰り返しているもの、色がハッキリしているものがオススメです💕
    あとは、ママが読んでいて楽しいものがいいと思います😊✨
    とまと先生 保育士
    生後6ヶ月の頃から絵本の読み聞かせをはじめました。とっても興味を持って見てくれ大好きだったのが「てんてんてん」です。機嫌が悪いときも、てんてんてんを見せると、習得しはじめたばかりのずり這いで絵本の方に手を伸ばしていました!
    あー先生 保育士
    赤ちゃんは生活習慣がまだ身についていないので、赤ちゃんのせいかつを描いた本などとても興味をもちます。いざ生活習慣を身につける時期にも役立ちますし、生活習慣を簡単に紹介している絵本などよく読んでいました。
    おはぎ先生 保育士
    3ヶ月位から読み始めましたが、首がすわった5ヶ月ころから絵本に触ったり興味を示すようになりました。ストーリーものよりいないいないばぁ!やじゃあじゃあびりびり、ぽんちんぱんなどテンポが良いものがいいと思います。
    口に入れたり引っ張っても破けないように分厚い絵本をおすすめします
おすすめユーザーのコメント
1
    それぞれ発達に個人差があるのでいつからという基準はないと思います。スキンシップのいっかんとして親御さんがお子さんを後ろから支えて絵本を一緒に見るという形であればお座りができるようになったくらいから出来ますね。

絵本の関連記事

カテゴリ一覧