低学年の子どもへの読み聞かせ。コツやポイントと意識したこと

低学年の子どもへの読み聞かせ。コツやポイントと意識したこと

春や夏、冬など季節にあわせた本選びなど

小学校低学年の子どもに読み聞かせを行うとき、幼稚園保育園の頃と同じ絵本でよいのかや読み聞かせ方法を変えたほうがよいのかなど、悩むこともあるのではないでしょうか。今回の記事では、3月や4月、5月などの春や夏、冬など季節を感じられる絵本選びのポイントや読み聞かせをするときのコツについてご紹介します。

小学校低学年への読み聞かせ

子どもが小学校へ上がるとき、絵本の読み聞かせの方法を変えたほうがよいのかと考えるママもいるかもしれません。低学年の子どもへの読み聞かせで、ママたちはどのような悩みをもっているのでしょうか。

30代ママ
3月に入って、子どもは小学校生活を楽しみにしています。小学校入学にあわせて、絵本を買おうかと思っているのですが、どのような本を選ぶとよいのか知りたいです。
30代ママ
5月になり小学校入学から1カ月経ちました。小学校にだいぶ慣れてきたこともあり、読み聞かせを幼稚園の頃と変えたほうがよいのか迷っています。
子どもの小学校入学前後でママたちは読み聞かせについてさまざまな思いがあるようです。小学校に入って自分で教科書や絵本を読むようになり、読み聞かせを続けたほうがよいのか悩んでいるというママの声もありました。

読み聞かせの本を選ぶときのポイント

季節の本
Vaclav Volrab/Shutterstock.com

子どもが小学校低学年になり、自分で絵本を読めるようになってきても読み聞かせを続けたいと考えているママもいるのではないでしょうか。低学年の子どもに読み聞かせする本を選ぶときのポイントについて、ママたちに聞いてみました。

季節を感じられる絵本を選ぶ

20代ママ
3月になって、子どもが卒園よりも小学校入学を意識していたので、入学にふさわしい春らしい絵本を選びました。読み聞かせをしたら小学校に行くのが楽しみで仕方ないようでした。
30代ママ
夏に旅行を計画していたので、海や山など夏を題材にした冒険の本を購入しました。少し難しいかなと思っていましたが、何度も読んでと言ってくれました。
30代ママ
引越した先が雪の降る地域でした。今までは雪の少ない地域に住んでいたので、冬を題材にした絵本を用意して雪遊びの疑似体験をすると、冬が待ちきれないようでした。
小学校低学年の子どもに向けて、季節を感じられる絵本を選んだママもいるようです。本はいろいろな世界を疑似体験できる場なので、普段は体験できないようなおもしろい内容の本を選ぶようにしているというママの声もありました。

多彩なジャンルを選ぶ

30代ママ
私と子どもの好みが似ているからか、絵本はいつも同じような内容になってしまいます。下の子の通う幼稚園を通して購読する月間絵本を申し込んだら、さまざまなタイプの絵本が毎月届くので私も子どもも楽しみにしています。
幼稚園や保育園を通して定期購読をする月間絵本で、多彩なジャンルの絵本を読めるようにしているというママもいるようです。自分では選ぶことの少ない絵本との新たな出会いがあってよいかもしれませんね。

作家さんやシリーズで選ぶ

30代ママ
子どもが図書館で借りてきた絵本を読み聞かせたら、とても面白かったです。同じシリーズのものや同じ作家さんの別のシリーズがあったので、次々に借りてきて読み聞かせをしています。
好きな作家さんの本やシリーズででているものを選んでいるというママもいるようです。お気に入りのシリーズは全巻購入して定期的に読み聞かせているというママの声もありました。

絵と文字のバランスを意識する

1人でも読める
Juriah Mosin/Shutterstock.com
30代ママ
小学生になり教科書を読むようになったので、今までより文字の多い本を選ぶことがあります。文字ばかりの本はまだ退屈してしまうと思うので挿絵がカラーで入っている本を選ぶようにしています。
絵と文字のバランスを意識して本を選んでいるママもいるようです。冒険のお話なども多く、多少絵が少なくても続きが気になって読み聞かせをしてほしいとせがまれるというママの声もありました。

低学年の子に絵本を読み聞かせるポイント

低学年の子どもに絵本を読み聞かせるとき、どのようなことを意識しているか気になるママもいるのではないでしょうか。低学年の子どもに絵本を読み聞かせるときのポイントやコツについて聞いてみました。

感情を入れすぎない

30代ママ
子どもが小さい頃からなのですが、最近はとくに感情を入れすぎないようにしています。なるべく淡々と読んで感情移入しないように気をつけています。
低学年の子どもに読み聞かせをするときに、感情を込めすぎないようにしているママもいるようです。子どもがお話をどう感じるかを大切にしたいので、ママ自身の感情を入れすぎないようにしているという声もありました。

声の大きさやテンポに気をつける

30代ママ
読み聞かせをする状況によって、声の大きさに気をつけています。夜寝る前の読み聞かせでは、穏やかな声で読むようにしています。
声の大きさに気をつけて読むことも、低学年の子どもに読み聞かせをするコツの一つのようです。読むスピードやテンポも一定を保つように心がけているというママの声もありました。

低学年の子に読み聞かせするときに意識したこと

低学年の子どもに読み聞かせをするときに意識していることについて、ママたちに聞いてみました。

幼児用の絵本も読む

20代ママ
小学生になっても保育園の頃に読んでいた絵本をよく読み聞かせに使います。何回も読んで覚えているのか、最近では自分1人で読んでいることもあります。
小学生になったら違う本というわけでなく、小さい頃から親しんでいる本や幼児向けの本を読むこともあるようです。子どもの好奇心にあわせて文字の大きさや量などを選ぶとよいかもしれませんね。

子どもとのコミュニケーションツールにする

30代ママ
読み聞かせをしている途中で、お話と似ている今日の出来事などを話してくれることがあります。小学生になってなかなか話をしてくれないときもあるので、これからも読み聞かせを続けていきたいと思っています。
読み聞かせをする時間が子どもとのコミュニケーションになっているというママもいるようです。絵本を読みながら、その日の出来事や子どもが考えていることなどいろいろお話できたらよいですよね。

低学年の子どもにも積極的に読み聞かせをしよう

読み聞かせ
Yuganov Konstantin/Shutterstock.com

3月や4、5月は入学の季節でもあるため、小学校低学年の子どもへの読み聞かせのコツや選ぶ本など気になるママもいるようです。選ぶ本は春や夏、冬など季節を感じられるものを選んだり多彩なジャンルに幅を広げてみるのもよいかもしれません。

子どもやママの気分にあわせて、さまざまな絵本の読み聞かせで親子の時間を楽しくすごせるとよいですね。

2019年10月16日

絵本の関連記事

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

  • 夏休みもあっという間に終わり、気がつけば新学期。お休みの間に乱れがちになった生活習慣をきちんと整えたいですね。今回は、着替えから歯みがき、トイレなど基本的な生活習慣から、お片付け、挨拶、返事といった日々の生活に大切なことまで、子どもが親しみやすいストーリーで生活習慣が身につく絵本12選をご紹介します。

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ