絵本の読み聞かせや図書館でのイベントはいつから?年齢別の読み聞かせのポイント

絵本の読み聞かせや図書館でのイベントはいつから?年齢別の読み聞かせのポイント

子どもに本の読み聞かせをしようと思っているけれど、いつから読み聞かせを始めたらよいのか、どのように読んだら子どもが喜ぶのか、考えているママもいるかもしれません。何歳のときに読み聞かせを始めどのようなことを意識していたのか、図書館などの読み聞かせイベントに参加したときの体験談もあわせて紹介します。

読み聞かせはいつから?

ママたちは読み聞かせをいつからはじめて、どのような工夫をして読んでいたのでしょうか。

0歳から

「単調にならないよう、抑揚をつけたり、楽しい気持ちやドキドキ感が伝わるよう意識して読んでいます」(1歳児ママ) 

「幼稚園で読み聞かせ講座を開いてくれたときに『必要以上にオーバーリアクションで読み聞かせをすると、話の展開よりもリアクションが記憶に残ってしまうので注意してください』と言われたので、リアクションの大きさに気をつけて読んでいます」(3、6歳児ママ) 

1歳から

「ページをめくると飛び出したり、部分的に素材が違う手で触っても楽しめる仕掛け絵本に興味を示したので、さまざまな仕掛け絵本を選んで読んでいました。
繰り返し言葉でも抑揚をつけて読むように意識していました」(2歳児ママ) 

「子どもはページをどんどんめくったり、戻ったりしていましたが、ページの順番通りではなかったり見ているページが読み終わっていなくても、子どもが開いたページを読んでいました。子どものペースに合わせて読むことを大事にしています」(2歳児ママ)

2歳から

「2歳になると好みもでてくるので、図書館で子どもが自分で選んだ絵本を読んでいました。選んだ本の対象年齢が子どもの年齢と合わなかったり大人向けの本であっても、とりあえず読むことを大切にしていました」(小1、小3ママ) 

「本に興味を持ってほしい」「本が好きな子どもに育ってほしい」という思いから、0歳から本の読み聞かせを始めたママが多くいました。

年齢ごとに子どもが興味を示す本が変わったり、聞いているときの反応が違うようなので、子どもの反応を見ながら丁寧に読み聞かせをすることが大切なのかもしれませんね。

読み聞かせイベントに参加

図書館で本を読む男の子
iStock.com/FatCamera

図書館などでは定期的に読み聞かせイベントが開かれているようです。
「本の読み聞かせイベントに参加してよかったと感じたこと」について、具体的な体験談を聞いてみました。

図書館での読み聞かせ

「図書館の人がいろいろな種類の本を教えてくれるので、子どもが幅広いジャンルの本を知ることができました。親の好みに偏らずさまざまな本を読み聞かせることができてよかったです」(小1、小3ママ) 

「近くの図書館の読み聞かせイベントに毎週通っていました。イベントでは、日本の絵本と翻訳した海外の絵本を1冊ずつと、紙芝居または手遊びを行っていました。参加するとスタンプを押してくれ、それが10個たまると手づくりの記念メダルをもらえたので、子どもも毎週楽しみに通っていました。想像以上に集中して聞いていてびっくりしました」(3、6歳児ママ) 

公民館での読み聞かせ

「近くの公民館でやっている地域の読み聞かせイベントに参加しました。自分が聞く側になると、家で何度も読んだ本でも感情を込めて読んでもらうとこんなに楽しいんだと感じました。
読み飽きてしまった本でも、読み方を変えて楽しんでいると、子どもも満足そうです」(2歳児ママ) 

図書館や公民館だけでなく、本屋さんやショッピングモールのイベントホールなどでも読み聞かせが行われている場所は数多くあるようです。

近くで面白い読み聞かせイベントが行われているかもしれないので、探してみてはいかがでしょうか。

大きくなってからの読み聞かせ

絵本の読み聞かせをする親子
milatas/Shutterstock.com

「子どもが大きくなってからの本の読み聞かせで、年齢が小さい頃と比べて変わったこと」について聞いてみました。

1歳~3歳

「以前は聞いているだけでしたが、今は『キラキラ』『パチンッ』という文章があると、いっしょに手で表現しています」(1歳児ママ) 

「野菜を引き抜く場面が出てくる絵本がお気に入りで、保育園の運動会の競技テーマにも取り入れられました。
繰り返し読んでいた本が題材となり、身体を動かして楽しむことにつながりました」(2歳児ママ) 

5歳以降

「子どもが年長になった頃から大人の本を読み聞かせたり、ウェブ記事や新聞の読み聞かせもしています。

ママがウェブ記事を書いているので、『こんな記事書いてるんだ~!』とママの仕事のことを知ったり、大人向けの本や新聞は正しい言葉を知ることができているように思います」(小1、小3ママ) 

「小さい頃からいろいろなジャンルの本を読んでいて、大きくなった今も本が好きです。
ものごとのしくみや◯◯のひみつシリーズがお気に入りで図書館や学校でよく借りて読んは、本で得た知識を教えてくれます」(小4ママ)

いつからでも始められる本の読み聞かせ

絵本
 jakkaje808/Shutterstock.com

読み聞かせは何歳からはじめてもよいようです。

子どもにどのように読み聞かせをしようか考えたときには、図書館や本屋さん、公民館などで行われている本の読み聞かせイベントに参加してみると、新しい発見や読み聞かせの要点が掴めるかもしれませんよ。

さまざまな本を読み聞かせて、子どものお気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。

2018年03月19日

専門家のコメント
24
    白玉善哉先生 保育士
    お子さんが小さいうちは擬音の本や大きいイラストが描かれた本などを一緒に見ると良いと思います
    まあ先生 保育士
    0歳からでも読み聞かせは効果的です。小さいうちは目で見て楽しめる絵本や、絵の大きな物を選ぶ
    こまこ先生 保育士
    断然0歳から読み聞かせは大切です。
    色んな本を読むのも良し、その子が気に入れば何度だって同
    みーな先生 保育士
    うちは0歳ですがもう絵本の読み聞かせはしています。
    字を読めるようになると絵を見ずに字を追
    ろろ先生 保育士
    絵本の読み聞かせはいつから始めても遅くはありません。
    ただ、早くから読み聞かせていると絵本
    せんせい 保育士
    皆さんおっしゃってますが、もちろん0歳からでいいと思います☺︎正直意味はわかってなくても絵
    なつまる先生 保育士
    興味があるのであれば
    0歳児から読み聞かせ可能だと思います!
    同じ言葉を繰り返したりする絵
    ゆき先生 保育士
    絵本は胎教から始めるのがオススメです。まだ実感がない頃からお子さんとのかかわりを感じること
    あー先生 保育士
    わたしもこどもも絵本が好きだったので絵本の読み聞かせのイベントとか行われてる図書館のイベン
    ほー先生 保育士
    まだ子どもは生まれて間もないですが、
    0歳から絵本の読み聞かせをする予定です。
    お家での絵
    いちぽ先生 保育士
    図書館のイベントで絵本の読み聞かせイベントがありますよね。
    参加したことがあるのですが、年
    りお先生 保育士
    図書館の読み聞かせ、私自身が絵本が好きなので、5ヶ月くらいから連れてっていましたよー!
コメントをもっと見る

絵本の関連記事

  • 子どもと家ですごす時間がよりいっそう増える夏休み。普段は忙しくてなかなか時間が取れないママやパパも、せっかくならこの夏休みにしかできないことを親子で体験したいですよね。そんなときは、いろいろな料理を楽しんでみてはいかがでしょうか?料理に興味をもちはじめる幼児期にぴったりの料理絵本10選をご紹介します。

  • 子どもたちが待ちに待った夏休みが始まります。どこに出かけよう、どんなことを学ぼう、どんなことにチャレンジしよう……夏休みに胸を膨らませる子どもたちも多いでしょう。一度きりのその夏を思いきり楽しめるような、読んでワクワクする絵本12選をご紹介します。

  • 夏の暑さの影響で、子どもと室内遊びをして過ごす時間が増えているという家庭も多いのでは。そこで今回は、子どもと楽しめる話題の絵本をご紹介。個性や性教育をテーマとした作品、ストーリーを楽しみながら数や英語が学べる作品など、今年上半期に発売された最新の絵本をまとめました。

  • スポーツは体が鍛えられるだけでなく、仲間と同じ目標に向かって頑張ることで協調性も養われます。そんなスポーツを始めるのにぴったりなこの季節に、絵本を通して体を動かす面白さやスポーツによる大きな力を子どもに伝えてみてはいかがでしょう。今回は、スポーツの魅力がいっぱいの絵本10選をご紹介します。

  • 今年も暑い夏がやってきます。この夏、子どもたちが大好きな海に出かける家庭も多いのではないでしょうか。海水浴として楽しむだけでなく、絵本を通してさまざまな海について知ることができると、今までの見方も違ってくるかもしれません。今回は、海の魅力がたくさんつまった絵本12選をご紹介します。

  • 7/7は七夕。保育園や幼稚園でも大きな笹に飾り付けをして、短冊に願い事をかくこの行事を楽しみにしている子どもたちも多いのではないでしょうか。今回は、七夕の由来から織姫と彦星のストーリーまで、行事を楽しむのはもちろん、子どもにとって学びにもなる七夕の絵本12選をご紹介します。

  • 7/1は国民安全の日。子どもたちの日常には避けることができない危険がたくさんひそんでいます。大人が子どもを守るのはもちろん、一人で外出する機会が増える小学校入学前に、自分で自分を守る知識や方法を普段から学んでおきましょう。幼児期の子どもが防犯や防災をわかりやすく学べる絵本10選をご紹介します。

  • 6月はアメリカをはじめ、世界各地で「プライド月間(Pride Month)」と称されています。これを機に絵本を通して、多様性への理解と誰もが生きやすい社会をこれからを生きる子どもたちに伝えてみてはいかがでしょう。今回は、子どもが親しみやすいテーマで、多様性を知ることができる絵本10選をご紹介します。

  • 頼もしくてかっこいいお父さん。父の日はそんなお父さんとたくさんふれ合って、心からの感謝を伝えましょう。親子で読みたいお父さんを描いた絵本10選をご紹介します。

  • 雨の日が続く梅雨の季節は、なんとなく気分も沈みがちに……ですが、子どもはどんなときも遊びや楽しみを見つけます!子どものワクワクを引き出すだけでなく、雨の音や雨ならではの風景も楽しめる、大人にとっても魅力いっぱいな雨を楽しむ絵本11選をご紹介します。

  • 気候もあたたかくなり、トイレトレーニングを始めるには絶好のチャンス。始めたけれどスムーズに進まない、おしっこはトイレでできるのにうんちができないなど、さまざまな悩みを抱えるママやパパたちのために、今回は、子どもが自然とトイレを意識できる、トイレトレーニングに役立つ絵本12選をご紹介します。

  • 輝く星や月が浮かぶ宇宙。そこにはいったいどんな世界が広がっているのでしょう。宇宙に興味を持ちはじめた子どもたちの頭の中にあふれる疑問や好奇心に、魅力的なイラストとわかりやすい言葉で伝えてくれる、宇宙を知る絵本10選をご紹介します。

カテゴリ一覧