• 作家プロフィール:2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。

  • 幼少期に自然と触れ合うことは、子どもにとって大きな学びになります。昆虫採集や川あそびなど、夏だからこそ挑戦したい自然あそびを紹介します!

  • 体の土台、心の安定、脳の成長、味覚の完成。これらのほとんどが3歳~6歳までにできあがるといわれています。つまり、人の個性は、赤ちゃん、幼児の時期に将来の基礎ができると言ってもよいですよね。今回は、食から子どもの個性を見つめてみましょう。

  • 夏休みは新しいことに挑戦するチャンスです。「はじめての経験」はきっと子どもの成長につながります。ママも一緒に取り組める「はじめての〇〇」を3つ、ご提案します☆

  • 楽しく遊びながら赤ちゃんの能力を伸ばせる知育おもちゃ。その中でもブロックは、指先や想像力をはじめ子どものさまざまな発達をサポートしてくれるアイテムです。でも「3、4歳にならないと無理じゃないかな…」と思っているママもいるでしょう。今回は読者ママと一緒に、レゴのオフィスで乳幼児向けのブロック「レゴ デュプロ」を体験してきました。さらに、小児科医の先生とレゴビルダーの原田さんにも参加いただいたので、その様子もたっぷりレポートします。

    レゴジャパン株式会社

    PR

  • 最近、小学校では水泳を教えてくれないってご存知ですか?ある程度泳げる子には指導が付くけど、泳げない人は見学でもいいとか・・・。だったら、入学前にある程度は泳げておきたいですよね!体力も気力も確実にUPするスイミング、オススメです☆

  • 100均で買える材料で水耕栽培ができることをご存じでしょうか?液体肥料を使うので土でお部屋を汚す心配もなく、気軽に自作できるのも魅力です。野菜嫌いの子どもと一緒に野菜を育てたら、好き嫌いを克服するきっかけになるかもしれません。おうちで簡単にできる水耕栽培の方法についてお届けします。

  • 2018年から小学校で英語が必修化することが決まりましたね。子どもが授業についていけるのか、不安に思うママもいるのではないでしょうか?今回は、小さなうちから遊びながら英語に親しむ方法をご紹介します。

  • 情操教育のために、あるいは、私立小学校の受験対策として、お子さまを絵画教室に通わせたいと考えたことはありませんか?ちなみに私の娘の場合は、通わせて大正解!でした。幼児対象の絵画教室についてご紹介します。

  • 植草学園短期大学准教授。私立幼稚園、国公立幼稚園、公立小学校の教諭を経て現職。「NPO法人タイガーマスク基金」理事。社会福祉法人房総双葉学園理事。「NPO法人ファザーリング・ジャパン」元理事。4人の息子の父親としての立場、保育にかかわる教員としての立場、社会的養護を必要とする子どもたちと接する立場から、子どもたちが育つ「環境」を考えることをフィールドとしている。著書に『新しいパパの教科書』(学研)、『3歳までの子育ての教科書』(アスコム)。

  • 3歳ぐらいになり自我が芽生えてくると、子どもが欲しがるものとママが買ってあげたいと思うおもちゃがマッチしないこともありますよね。そこで幼児期の子どもを持つママに集まってもらい、おもちゃのスペシャリストにこの時期のおもちゃの選び方と、ママと子どもどちらにも満足するおもちゃについて聞いてみました。

    ブリオジャパン株式会社

    PR

  • 子どもの将来を考えると、つい心配になってしまうのが親心。未来に役立つより良い授業を受けさせてあげたい。最近よく耳にする中高一貫。しかし、周りで小学受験は未だ人気。小さい頃から塾に通わせてでも小学受験をオススメする理由をまとめました。

  • トマトの甘さや旨みがぎゅっと濃縮されたドライトマトが、自宅でつくれるって知っていましたか?作り方は簡単なので、お子さまのはじめてのお料理にもぴったり!一緒にぜひ挑戦してみてください♪

  • 平素より、KIDSNAをご愛読いただきありがとうございます。

  • 関東の保育園に勤めるカリスマ保育士。保育園の日常をつぶやくツイッターには40万人を超えるフォロワーがいる。著書に『ハンバーガグー』『ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか。』(ともにベストセラーズ)など。またツイートを原作とした漫画『てぃ先生』も連載中。2017年にはアニメ化も発表された。「保育・子育ては大変なことばかりではなく、楽しいこともいっぱいある」ということを伝えるために、現在も活動中。

  • 3月にKIDSNAで配信した記事の中から、人気ランキング5位~1位をご紹介!子どもの褒め方やアメブロ公式トップブロガー、人気イラストレーターの育児マンガ、忙しいママが実践している「料理時短術」から、近年問題視されている子どもの運動能力低下問題まで様々なジャンルの記事がランクインしました。

  • イラストレーター。2015年に生まれた2歳の息子まめくん(愛称)とのほっこりかわいらしいエピソードを連載。2017年8月に第二子ゆめこさん(愛称)を出産し、連載にも登場し横峰家の子育てや家族のエピソードを執筆。Instagramでは30万人以上のフォロワーで人気沸騰中。

  • 生後1ヶ月の赤ちゃんを車に乗せて、3時間以上などの長距離の移動を考えるママもいるかもしれません。今回の記事では、生後1ヶ月の赤ちゃんを車に乗せる場面や長距離移動で気をつけたいこと、車移動で準備するものなどをママたちの体験談を元にご紹介します。

    株式会社グランドールインターナショナル

    PR

  • 子どもと料理を楽しむにも便利で使いやすいホットプレート。せっかくならば、いろんなバリエーションの料理が作れて、見た目のおしゃれさにもこだわりたいですよね。そこで今回は、本格グリルからデザートまで作れる、ポップなカラーのホットプレートをご紹介。ポータブル式なので持ち運びもラクラク。キャンプやアウトドア好きのアクティブなママ&パパもきっと納得のアイテムです。

    日本エー・アイ・シー株式会社

    PR

  • 1985年8月11日佐賀市生まれ。七賢人の里 おへそ保育園園長、社会福祉法人みずものがたり 理事、平成29年4月より、小規模認可園「おへそ保育園」・幼保連携型認定こども園「おへそこども園」・放課後学童クラブ「おへそ学道場」の運営開始予定。自ら考え、学び、行動し、情熱を持って社会に貢献できる人づくりを日々研究している。執筆、講演活動、空手指導、また、一男一女の父として子育てにも奮闘中。

  • 聖心女子専門学校保育科、サンタモニカ市立カレッジ幼児教育学科、ナショナル大学幼児教育科卒業。カリフォルニア州でレッジョエミリアアプローチに関わって10年。8年クラスの担任を経験し、現在はアトエリスタとして働きながら、他園のコンサルタントや教育機関と提携して幼児教育科の実習生を受け入れている。レッジョエミリアアプローチを取り入れたい先生たちの勉強会も定期的に主催している。

  • 産婦人科医 医学博士 日本新生児周産期学会会員、日本性科学会会員 1976年兵庫県神戸市生まれ。01年、大阪大学医学部医学科卒業後同大学産婦人科入局。10年に発売した『女医が教える本当に気持ちいいセックス』がシリーズ累計70万部突破の大ヒット、大きな注目を集める。現在、フジテレビ「とくダネ!」木曜日レギュラーコメンテーターとして出演中。2児の母として子育てと臨床産婦人科医を両立、メディア等への積極的露出で“カリスマ産婦人科医”としてさまざまな女性の悩み、セックスや女性の性、妊娠などについて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行っている。

  • 上智大学グローバル教育センター特任助教。専門は開発教育・ESD、比較教育学。大学では、グローバル教養教育の開発や提供、海外の大学や国際機関との学術協定・学生交流のプログラム等を担当。また、主にアフリカをフィールドとして、社会科教育や持続可能な開発目標(SDGs)に関する研究を進めている。

  • ライター:渡部アキ料理タレント。野菜ソムリエ・フードコーディネーター・料理検定2級保持。インターネット番組「Akitchen☆(アキッチン)」を6年間自ら配信・出演しUstream大賞を連続受賞する。

  • ライター:平原学小説家、コラムニスト。1児の父。第3回ツイッター小説大賞佳作受賞。著書:単行本『ゴオルデンフィッシュ』(文芸社)

  • ライター:四児の父・あべっかん 本職はIT系のエンジニアです。息子二人と娘二人を育てながら教育関係のブログを書いています。

  • ◆作家紹介◆ペンネーム:のばら 小悪魔女優の姉妹・サクとカエ。そして生まれたばかりの長男・モモとの日々。毒舌野郎の夫も出たり出なかったり。私ですか。良妻賢母って事でどうですか。ブログ:「キミがお嫁に行くまでは。」書籍:「キミがお嫁に行くまでは。~母娘で女を磨いてます~」

  • 内科医として約10年間地方の病院・診療所に勤務した後、現在は総合診療医として非常勤勤務しながら、二人の子どもの育児中

  • 子育て中のママの中には「子どもの成長曲線が伸び悩んでいる」、「本格的にスポーツに取り組ませたいが、今の食事でいいか心配…」という人も多いのではないでしょうか。そこで、現役ママ4人とジュニアアスリートの栄養相談を行っている栄養士さんに、育ち盛りの子どもの食事の摂り方と栄養について語ってもらいました。

    株式会社コアシステム

    PR

  • 2012年4月6日生まれ、現在4歳になる女の子のママ。腐ったおたく。夢見がちな平成生まれのゆとり世代です。とにかく娘が可愛い。可愛すぎてどうにかなりそうです。よろしくお願いします。

  • 出産や子どもの入園を機に、「マイホームを買おうか」という話が出ているご家庭も多いのではないでしょうか。でもマイホームは「高価なお買い物」。絶対に失敗したくないですよね。そこで、家づくりを検討中のママ3人に集まって頂き家選びのプロを招いて、家を買うにあたって準備すべきこと、失敗しないためのポイントなどを聞いてみました。

    R+house

    PR

  • 作家プロフィール:2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。

  • 【作家の紹介】ペンネーム:こぁと ネットゲーマー夫婦/出会いはネトゲ/旦那…脚色・作画担当 嫁…話の基軸担当

  • 【作家の紹介】ペンネーム:モモ 初めまして。モモと申します。子煩悩な父親、ぐうたらな母親、しっかりしているけどちょっとぬけてる長女、お調子者で面倒見のいい息子、甘やかされてやりたい放題のチビ。この5人の日常を、楽しく、そして、ちょっぴりほっこりする感じで描いていきたいと思っています。よろしくお願いします。

  • 【作家の紹介】ペンネーム:のき 家にいることが大好きな8歳児、4歳児の母のき。就職した1年後に妊娠結婚、職場復帰せずに夫の転勤先へついていき、娘とのんびりした日々を過ごすも、パートを始め、家に居たいと日々思う中第2子妊娠。その後夫は転職し、パートを辞め、現在家にこもり子供の成長を楽しんでます。そんな普通の日々を描いています。

  • 1
  • ...