1歳半の子どもが朝ごはんを食べないときの工夫。手軽に作れるレシピや献立

1歳半の子どもが朝ごはんを食べないときの工夫。手軽に作れるレシピや献立

1歳半の子どもが朝ごはんを食べないとき、どのようなおかずを用意しようか、量はどれくらいがよいのか悩むママもいるのではないでしょうか。今回は、朝ごはんの献立を考えるポイントや食パンやシリアルなどを使った1歳半の子どもの朝ごはんのレシピ、子どもが朝ごはんを食べないときの工夫を体験談を交えてご紹介します

1歳半の子どもに作る朝ごはん

1歳半の子どもが、朝ごはんを食べないことに悩むママもいるのではないでしょうか。朝ごはんは、どれくらいの量を食べさせたらよいのか気になるママもいるようです。ママたちは、どのような工夫をして1歳半の子どもに朝ごはんを用意しているのでしょうか。

朝ごはんの献立を考えるポイント

朝ごはんの献立は、何をポイントに考えたらよいのか気になるママもいるかもしれません。ママたちに、朝ごはんの献立を考えるポイントを聞いてみました。

前日のおかずをアレンジする

「1歳半の頃、食事の待ち時間にぐずることがありました。前日のおかずをアレンジしたレシピを活用すると、子どもを長く待たせずに朝ごはんを作ることができました」(30代ママ)

「朝は忙しいので前日のおかずをアレンジして朝ごはんを作りました。肉じゃがを卵でとじたり、野菜炒めにあんかけをかけたりすると、短時間で食卓へ出すことができました」(20代ママ)

前日に作ったおかずに、簡単なアレンジを加えたレシピで朝ごはんを作ったママもいるようです。同じメニューが続くと子どもも食べないことがあったので、見た目や味つけに変化をつけると喜んで食べてくれたというママの声もありました。

おかずになる汁物をプラスする

「朝ごはんには、おにぎりと具だくさんの汁物を作っています。にんじんやキャベツ、きのこや豆腐などを入れたスープはおかずのかわりにもなりました」(20代ママ)

子どもの食べやすさを考えて、たくさんの具を入れた汁物をおかずの1品にしたママもいるようです。いろいろな食材を食べてほしいので、すりおろしたじゃがいもでスープのとろみをつけたというママの声もありました。

子どもの好物を用意する

食パンを食べる子ども
iStock.com/yaoinlove

「朝ごはんをあまり食べないので、子どもの好物を用意するようにしています。うちの子はパンが好きなので、手作りのジャムやかぼちゃペーストなどを用意して『何を塗って食べたい?』と聞くと、積極的に食べてくれるようになりました」(40代ママ)

「朝ごはんに子どもの好きなおかずを1品作っています。自分の好きなおかずが毎朝食卓に並ぶので、朝ごはんを食べるのが楽しみになったようです」(30代ママ)

子どもが喜んで朝ごはんを食べてくれるように、好物を用意したママもいるようです。子どもといっしょに買い物に行き、朝ごはんのリクエストを聞いて献立を考えているというママの声もありました。

1歳半の子どもが食べやすい朝ごはんのレシピ

1歳半の子どもは、どのような朝ごはんが食べやすいのか気になるママもいるのではないでしょうか。実際にママたちが作った、1歳半の子どもが食べやすい朝ごはんレシピをご紹介します。

一口おにぎりのプレート

一口サイズのおにぎり
© nana77777 - Fotolia

「ラップにご飯を乗せて包み、丸型の一口サイズのおにぎりを作ります。卵焼きは食べやすい大きさに切ってからフォークに刺し、星型に抜いたにんじんとブロッコリーを塩茹でして1枚のお皿に盛りつけたら完成です」(30代ママ)

1歳半の子どもが口に入れやすいように、一口サイズのおにぎりやおかずをワンプレートに盛りつけたママもいるようです。ワンプレートに盛りつけることで、子どもが食べた食事の量も把握しやすかったというママの声もありました。

にんじん入りフレンチトースト

「うちの子はにんじんを食べないので、好物のフレンチトーストに工夫しました。すりおろしたにんじんと卵、砂糖と牛乳を混ぜ、8等分に切った食パンを浸します。弱火にしたフライパンで両面焼いたら完成です」(20代ママ)

子どもが好きなフレンチトーストと苦手な野菜を組みあわせたママもいるようです。食パンをスティック状に切ると、子どもが手づかみして食べやすくなるかもしれませんね。

シリアルボウル

「ボウル型の食器にヨーグルトとシリアルを入れ、サイの目切りにしたバナナを乗せ、フルーツソースをかけるだけで完成です。手軽に作れるレシピなので、忙しい朝によく作っています」(40代ママ)

加熱調理のいらないシリアルは、サクサクとした食感で子どもが喜ぶ場合もあるようです。1歳半の子どもに食べさせるときは、砂糖が入っていないシリアルを選ぶようにしたというママの声もありました。

1歳半の子どもが朝ごはんを食べないときの工夫

子どもが朝ごはんを食べるのをいやがることもあるかもしれません。1歳半の子どもが朝ごはんを食べないときにした工夫を、ママたちに聞いてみました。

時間や量を見直す

「子どもが朝ごはんを食べないとき、起きてしばらく経ってから朝ごはんを食べさせるようにしてみました。子どものお腹が空いたタイミングで朝ごはんを食べさせると、普段よりも食べる量が増えました」(30代ママ)

「毎朝ごはんを残すので、盛りつける量を見直しました。少なめに盛りつけると完食できたり、おかわりを欲しがったりしてくれました」(20代ママ)

子どもが朝ごはんを食べないとき、お腹が空いていなかったり、盛りつける量が多すぎたりすることもあるかもしれません。子どもの様子をよく観察し、朝ごはんの時間や量を見直してみるのもよさそうですね。

手づかみしやすいメニューにする

「朝ごはんには手づかみ食べしやすいメニューを用意しました。スティック状に切った食パンやチキンナゲットなど、手づかみしても手がベタベタしないものが食べやすそうでした」(20代ママ)

1歳半の頃は、何でも自分でやりたいと感じる子どももいるようです。まだスプーンやフォークが使えないときは、手づかみ食べがしやすいメニューを用意すると、自分から手を伸ばして食べてくれたというママの声もありました。

一品にまとめる

「うちの子はパンとおかずを用意するよりも、食パンやロールパンに具を挟んでサンドイッチにした方が食べてくれました。食材を組みあわせて品数を減らし『これ1つだけ食べようね』と伝えると完食してくれました」(40代ママ)

朝ごはんをたくさん食べない子どもには、1品でいろいろな栄養がとれるようなメニューを用意したママもいるようです。具だくさんのお味噌汁だけや、フルーツヨーグルトなど、数種類の食材を組みあわせた朝ごはんを用意できるとよいかもしれませんね。

1歳半の子どもが食べやすい朝ごはんを作ろう

子どもにご飯を食べさせるママ
© aijiro - Fotolia

1歳半の子どもが朝ごはんを食べないとき、子どもが食べやすい朝ごはんのレシピを知りたいママもいるのではないでしょうか。子どもの様子にあわせて朝ごはんの時間や量を調整するのもよいかもしれません。

朝ごはんを手軽に用意したいときは、食パンに好きな具を挟んだサンドイッチやシリアルと子どもの好きな果物を組みあわせたママもいるようです。おかずの食べやすさなども考えながら、1歳半の子どもに朝ごはんを作ってみてはいかがでしょうか。

2018年10月18日

家族の関連記事

カテゴリ一覧