【まめと私】第68回 ありがとう泡風呂

【まめと私】第68回 ありがとう泡風呂

<毎月第1、第3水曜日更新>【まめと私】イラストレーターの横峰沙弥香さんの連載第68話です。

横峰沙弥香
まめと私68_横峰沙弥香
イヤイヤは落ち着いてきたものの
少々気まぐれなシーズンに突入したゆめこ。
少し前にお風呂に入るのを嫌がった時期があったので
少しでも楽しむことができればと思い
泡風呂にしてみました。

幸いゆめこはノリノリでお風呂へ。
泡が目に入ったらどうしよう、滑って転んだらどうしよう……
なんていつものわたしの悪い癖が頭をもたげそうになりましたが
わたしがすぐそばでついているんだし
狭いお風呂の中ですからフォローできるはず。

と、意気込んで臨んだのですが
拍子抜けしてしまうほど……大丈夫でした。

さらに嬉しいことに頭や身体を洗われることを嫌がらなくなりました。
今までは「泡が目に入る原因」といえばわたしの手元の狂いだったわけですから
ゆめこは何が何だかわからずひたすら洗われることを嫌がる、という状態だったわけですね。
自分が遊んでいる中で泡を目に入れてしまうと
原因がわかっているぶん対処が上手くなる。

「泡が目に入ったら痛い」こと「いざ入ったとしてもそんなに大騒ぎするようなことじゃない」ことを体で覚えたゆめこは
今では「泡」というと自分で服を脱いでお風呂場へダッシュするようになりました。
ラッキー!
No Image

横峰沙弥香

まめと私の記事一覧(バックナンバー)

イラストレーター。2015年に生まれた3歳の息子まめくん(愛称)とのほっこりかわいらしいエピソードを連載。2017年8月に第二子ゆめこさん(愛称)を出産し、連載にも登場し横峰家の子育てや家族のエピソードを執筆。Instagramでは30万人以上のフォロワーで人気沸騰中。新刊に「まめ旅inハワイ」(光文社)を発売中!

ブログ:まめらいふ
Instagram:@sayakayokomine

2020年02月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧