子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2018年04月29日

生後9カ月の赤ちゃんが夜寝ないときはどうする?夜中の授乳や日中の過ごし方について

生後9カ月の赤ちゃんが夜寝ないときはどうする?夜中の授乳や日中の過ごし方について

生後9カ月になると、夜なかなか寝てくれなかったり、夜中に目が覚めてしまう赤ちゃんがいるかもしれません。どうして夜寝ないのか、夜中のミルクの飲ませ方や授乳をしてもよいのかなど悩むママもいるのではないでしょうか。夜寝ない理由や夜中の授乳、昼間の過ごし方についてママたちに聞いてみました。

生後9カ月の赤ちゃんが夜寝ないときの悩み

生後9カ月になると離乳食が進み生活のリズムも整ってくるので、睡眠時間がまとまってくる赤ちゃんもいるかもしれません。一方で、赤ちゃんが夜寝ないことや夜中に起きることで悩んでいるママもいるようです。

寝つきにくい

「夜寝る時間を決めていたのですが、遊んでしまってなかなか寝つかないことがありました」(30代ママ)

「ちょうど寝る頃にパパが帰ってくると、目が覚めてしまって夜寝ないことがありました」(20代ママ)

生後9カ月の赤ちゃんは、毎日決めた時間に寝られないときもあるようです。家族が仕事から帰ってきて寝るタイミングがずれたときに、寝つきにくくなることもあったというママの声がありました。

夜中に起きる

夜中
©naka- Fotolia

「7カ月くらいから夜中に起きることが増えました。ときには何度も起きてしまうことがありました」(30代ママ)

生後9カ月の頃は、突然夜中に泣いて起きたり、目が覚めてしまう赤ちゃんもいるようです。以前はよく眠ってくれたのに、9カ月になったら夜中に起きてしまうようになったというママもいました。

ママたちが考える夜寝ない理由

生後9カ月の赤ちゃんが夜寝ない理由を、ママたちはどのように考えているのでしょうか。

遊び足りない

「昼間雨が降ってお散歩に行けなかった日は、夜寝ないことがありました。遊び足りないためかと思いました」(20代ママ)

「家事で忙しくしていて赤ちゃんと遊ぶ時間が少なかった日は、夜寝ないように感じました」(30代ママ)

生後9カ月になるとハイハイやおすわりができるようになり、赤ちゃんの動きも活発になってくるようです。昼間に遊び足りなかったことが夜寝ないことにつながったのではないかと考えたママがいました。

部屋の明るさ

「夕方から夜にかけて部屋が明るすぎると、赤ちゃんの目が冴えてしまって夜寝ないことがあるように感じました」(30代ママ)

生後9カ月の赤ちゃんは、部屋の明るさによって目が覚めてしまうことがあるかもしれません。朝は早めにカーテンを開けて部屋を明るくし、夜は照明の明るさを調節するように意識したというママの声もありました。

お昼寝の時間

夜寝ない原因
©ucchie79- Fotolia

「お昼寝の時間が長すぎると夜寝ないように思いました。夕方寝てしまったときも、夜の寝つきが悪いようでした」(30代ママ)

お昼寝のタイミングによって夜寝ないことがあるのではないかと考えたママがいました。お昼寝を始める時間や長さが、夜の寝かしつけに関係があるのかもしれません。

お腹が空いている

「寝る前にミルクを飲む量が少ないと、夜中にお腹が空いて起きるのではないかと思いました」(30代ママ)

離乳食が後期に入り、ミルクや母乳の量や飲む回数が減ってくることで、夜中にお腹が空いて目が覚めるのではないかと考えたママもいました。生後9カ月の頃は、離乳食の量や授乳の回数などに工夫が必要になってくるのかもしれません。

生後9カ月の赤ちゃんの夜中の授乳

生後9カ月の赤ちゃんが夜中に泣いて起きてしまったとき、授乳をして寝かせるべきかどうか悩むママたちもいるかもしれません。赤ちゃんが泣いて起きたときなどの夜中の授乳についてママたちに聞いてみました。

母乳での授乳

「そろそろ断乳をする時期なので添い乳をしてもよいのか迷いましたが、赤ちゃんが夜に泣きやまないときは添い乳をして寝かせるようにしていました」(30代ママ)

「そろそろ夜中の授乳をしないようにと考えていたので、赤ちゃんが泣いてなかなか寝ないときも、できるだけ添い乳せず、他の方法で寝かせるようにしていました」(30代ママ)

生後9カ月の赤ちゃんに、いつまで添い乳をしてよいのか悩むママもいるようです。ママが疲れているときは、横になりながら添い乳で赤ちゃんを寝かしつけたという声もありました。

夜中のミルク

©Panithan- Fotolia
夜中のミルク

「寝る前に飲むミルクの量が少なかったときは、夜中に赤ちゃんが泣いて起きたときにミルクを飲ませることもありました」(20代ママ)

「9カ月になってからは夜中のミルクはやめようと思い、起きて泣いたときには白湯を飲ませたり、背中をトントンして寝せたりしていました」(20代ママ)

生後9カ月の赤ちゃんが起きてしまったときは、赤ちゃんの様子を見てミルクを飲ませるかどうかの判断をしたというママの声がありました。断乳に進むために、離乳食をしっかり食べさせたり、寝る前に決められた量のミルクを飲ませたりしたというママがいました。

赤ちゃんがスムーズに眠るための昼間の過ごし方

生後9カ月は、離乳食をよく食べるようになったりお出かけをする機会も増えたりして、赤ちゃんの生活のリズムが整ってくる頃かもしれません。赤ちゃんがスムーズに眠るために、昼間どのように過ごすようにしたのか、ママたちに聞いてみました。

体を動かして遊ぶ

「ハイハイができるようになったので、部屋の中でたくさん動いて遊べるようにしました。おもちゃを離れた場所に置いて取りに行くなど、赤ちゃんが体を動かすような工夫もしてみました」(30代ママ)

生後9カ月の赤ちゃんは、ハイハイやつかまり立ちなどで体を動かすことが増えてくるようです。体操などでたくさん体を動かした日は、夜の寝つきがよく、夜中に起きることもなかったというママの声もありました。

起きる時間を決める

「夜早く寝かせるために、朝起こす時間を決めました。よく眠っていても決められた時間にはできるだけ起こすようにしました」(40代ママ)

「お昼寝の時間が長くなると夜寝ないことがあったので、午後のお昼寝から起こす時間を決めていました」(30代ママ)

赤ちゃんが夜スムーズに寝られるようにするために、起床時間やお昼寝から起こす時間を決めていたというママがいました。生後9カ月の頃は起きる時間を決めることで、一日の過ごし方や夜の寝かしつけがスムーズになるのかもしれません。

生活リズムを整える

「夕方からはしゃいで遊んだり長時間のお出かけをしたりすると夜寝ないことがあったので、一日のスケジュールを決めて過ごすようにしました。また、夕方からは静かに遊ばせるように意識しました」(40代ママ)

生後9カ月の頃は、生活リズムを整えることがスムーズな睡眠につながると考えたママがいました。特に夕方からの過ごし方を意識したというママの声もありました。

夜寝ないときは夜中の授乳など工夫して

夜中の授乳
©ucchie79- Fotolia

生後9カ月になると離乳食が後期に入り生活の様子も変わってくるようです。赤ちゃんが夜寝ない日が続いたり夜中に起きてしまったりするときは、夜中のミルクの飲ませ方や昼間の生活リズムなどを工夫するとよいかもしれません。今回の記事を参考に赤ちゃんを寝かしつけてみてはいかがでしょうか。

家族の関連記事
カテゴリ一覧