大切なママ友の引っ越し。感謝の伝え方とプレゼントの選び方

大切なママ友の引っ越し。感謝の伝え方とプレゼントの選び方

仲よくしているママ友の引っ越しが決まったとき、どのように送り出せば感謝の気持ちが伝わるのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、引っ越すママ友に贈るプレゼントの選び方やママ友への感謝の気持ちの伝え方、寂しい気持ちの乗り越え方について、体験談を交えてご紹介します。

ママ友が引っ越しするとき

子どもを連れていっしょに遊びに出かけたり子育てについて相談しあったりと、お世話になったママ友の引っ越しが決まったとき、どのように送り出せば感謝の気持ちが伝えられるのか気になるママもいるのではないでしょうか。プレゼントを贈る場合、どのようなものを選べばよいのか悩むこともあるかもしれません。

そこで今回は、引っ越しが決まったママ友へのプレゼントや気持ちの伝え方についてお伝えします。

ママ友に贈る引っ越しのプレゼントの選び方

お世話になったママ友に、感謝の気持ちを込めて引っ越しのプレゼントを贈りたいという方もいるのではないでしょうか。ママ友に贈る引っ越しのプレゼントの選び方について、ママたちの声を聞いてみました。

予算を決めてから選ぶ

30代ママ
ママ友に引っ越しのプレゼントをするときは、つきあいの深さやいっしょに渡す人数に応じて予算を決めてから選ぶことが多いです。ママ友にお返しなどの気を遣わせないくらいの金額にすることを心がけています。
ママ友との関係や親交の深さによって、最初に予算を決めてからプレゼントを選ぶとよいかもしれません。お世話になったママ友に感謝の気持ちを込めたプレゼントを選ぼうとすると、ついついよいものに目がいくこともあるかもしれませんが、高価なものではなくてもママ友のことを想って選ぶ気持ちを大切にすることで、心のこもった素敵なプレゼントになりそうです。

子どもの年齢にあわせる

おままごとで遊ぶ子ども
iStock.com/Yagi-Studio
40代ママ
子どもにも喜んでもらえるように、フルーツ専門店のゼリーをお世話になったママ友の引っ越しのプレゼントに贈ったことがあります。引っ越しの準備の合間に、子どもといっしょに食べてもらえたようでよかったです。
ママ友の子どもの年齢や家族構成を意識して、引っ越しのプレゼントを選んだというママの声もありました。子どもといっしょに楽しめるプレゼントであれば、ママ友にも喜んでもらえそうですね。

ママ友の好みを意識する

40代ママ
ママ友の趣味が食器集めだったので、ママ友が自宅で使っているお皿と同じシリーズのコーヒーカップをプレゼントしました。引っ越しは寂しい気持ちもありますが、好きなものに囲まれて少しでもワクワクした気持ちで新生活をスタートしてもらいたいという想いが伝わったと思います。
ママ友の好みを意識したプレゼントは、仲良しのママ友だからこそできる特別なものになりそうです。ママ友が着ている洋服の色や何気ない会話のなかから、ママ友の好みをリサーチしたというママの声もありました。

ママ友への感謝の気持ちの伝え方

ママ友に、プレゼント以外の方法で感謝の気持ちを伝えたママもいるようです。どのようなかたちで感謝の気持ちを伝えたのかをママたちに聞いてみました。

送別会をする

送別会
Rawpixel.com/Shutterstock.com
20代ママ
仲良くしていたママ友数名で、引っ越すママ友の送別会をひらいたことがあります。お料理の最後に、「ありがとう」のメッセージが入ったデザートプレートを出してもらって、みんなからの感謝の気持ちを伝えました。
送別会をひらいて、引っ越していくママ友に感謝の気持ちを伝えたママがいるようです。本人には秘密で仲良くしていた他のママ友にも声をかけておき、サプライズで送別会をひらいたというママの声もありました。

アルバムを作成する

30代ママ
ママ友が引っ越すときに、いっしょに通った幼稚園やたくさん遊んだ公園などの思い出の写真を集めて、アルバムを作ったことがあります。写真に一言ずつその時のことを思い出しながらメッセージを添えていき、最後のページには感謝の気持ちを込めた私と息子からのお手紙を差しこみました。
引っ越すママ友に、アルバムを作って渡したママもいるようです。グループで仲良くしていたママのなかからは、子どもも含めてみんなで絵を書いたり寄せ書きをしたりした色紙を渡したという声も聞かれました。

アルバムや寄せ書きは、引っ越すママ友にとって思い出に残る素敵な送別の品となりそうですね。

引っ越した後の寂しい気持ちの乗り越え方

ママ友が引っ越した後、寂しい気持ちがつのることもあるのではないでしょうか。ママ友が引っ越した後の寂しい気持ちをどのように乗り越えたのかを、ママたちに聞いてみました。

連絡を取りあう

30代ママ
仲良くしていたママ友が遠くに引っ越してから1年ほど経ちますが、今でも何かあればお互いに連絡を取りあっています。引っ越してすぐのときは、寂しいと感じることも多かったのですが、今は近くにはいなくても大切なママ友であることに変わりないと思えるようになりました。
引っ越したママ友と、以前と同じように連絡を取りあうことで、寂しい気持ちを乗り越えたママがいるようです。遠いところへ引っ越してなかなか会えなくなってしまっても、お互いの子どもの成長の様子を報告しあったり悩みがあれば相談に乗ってもらったりして、以前と変わらず連絡を取りあえるとよいですね。

時期を決めて会う時間を作る

30代ママ
毎年夏休みは、引っ越したママ友家族が我が家に遊びに来てくれます。今年は、お互いが住む場所の中間くらいにあるキャンプ場で、バーベキューをする計画を立てているので楽しみです。
ママ友が遠くに引っ越したとしても、またいつか会えると思うことができれば寂しい気持ちが乗り越えられるかもしれません。ママのなかからは、引っ越したママ友と会ったときは、遠くに住んでいるからこそ聞いてもらえる悩みや相談に乗ってもらっているという声も聞かれました。

感謝の気持ちを伝えてママ友を送り出そう

リビングで話すママ友
iStock.com/kohei_hara

ママ友に贈る引っ越しのプレゼントは、まず予算を設定してから、子どもの年齢やママ友の好みを意識して選ぶとよいかもしれません。

プレゼントとあわせて、送別会をひらいたりアルバムや色紙を用意したりすると、よりママ友に感謝の気持ちが伝わりそうです。ママ友が引っ越した後も、連絡を取りあうことや時期を決めて会うようにすることで、寂しい気持ちを乗り越えられたというママの声もありました。

遠くへ引っ越してしまうことは寂しいことではありますが、お世話になったママ友にしっかりと感謝の気持ちを伝えて送り出せるとよいですね。

2020年03月25日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧