前向きの抱っこ紐。必要と感じたシーンや選ぶポイント

前向きの抱っこ紐。必要と感じたシーンや選ぶポイント

前向きの抱っこ紐は必要?

赤ちゃんが寝るときや外出時に使う抱っこ紐を用意するとき、前向きで使うタイプは必要なのかいらないのか気になる方もいるかもしれません。今回は、前向きの抱っこ紐の選び方やヒップシートのついたタイプなど前向きの抱っこ紐の種類の他、使うときに意識したことについて体験談を交えてお伝えします。

前向きの抱っこ紐は必要?

赤ちゃんを連れて外出するときなどに使う抱っこ紐のなかには、前向きで抱っこした状態で使うタイプもあるようです。抱っこ紐の購入を検討しているママやパパのなかには、前向きの抱き方が必要なのか気になる方もいるのではないでしょうか。実際に、前向きの抱っこ紐を必要と感じるのか、ママやパパたちに聞いてみました。

20代ママ
前向きの抱っこ紐は必要だと感じました。赤ちゃんが周りの景色に目を向けることができますし、前を向いていることで周囲の人とコミュニケーションをとるきっかけにもなっています。
30代パパ
我が家の場合、前向きの抱っこ紐はいらないかなと思っています。娘は前向きの抱っこを嫌がるときがあるので必要ないと感じました。
前向きで使う抱っこ紐が必要かどうかは、赤ちゃんの様子や家庭によってさまざまなようです。前向きの抱っこ紐の選び方やどのような商品があるのかを知ることで、必要かどうか考えられるかもしれません。

前向きの抱っこ紐を選ぶポイント

前向きの抱っこ紐を用意するときは、どのようなことを考えて選ぶとよいのでしょう。ママたちに、前向きの抱っこ紐を選ぶポイントを聞きました。

使い始める月齢の目安

首のすわった赤ちゃん
zhu difeng/Shutterstock.com
30代ママ
前向きの抱っこ紐は、使い始める月齢を意識して選びました。上の子の用事で外出する回数が増えそうだったので、首座り後から前向きの抱き方で使えるタイプを購入しました。
前向きの抱っこ紐を用意するとき、使い始める月齢を考えて選んだママがいるようです。前向きの抱っこ紐には、新生児から使えるものや腰が座ってから使えるものなどさまざまな商品があるようなので、用意する前に使い始める月齢などをよく確認するとよいかもしれません。

素材

30代ママ
私は素材を考えて前向きの抱っこ紐を選びました。抱っこをしたときによだれで抱っこ紐が汚れた場合のことを考えて、丸洗いしやすく乾きやすい素材の抱っこ紐を購入する予定です。
丸洗いのしやすさや乾きやすさなどを考えて、素材に注目して前向きの抱っこ紐を選んでいる方もいるようです。他には、赤ちゃんが少しでも気持ちよくすごせるよう、熱がこもりにくく通気性のよい素材の抱っこ紐を選んだというパパの声もありました。

色やデザイン

20代パパ
前向きタイプの抱っこ紐はデザインで選びました。ウエストベルトがない抱っこ紐は、上から上着を羽織ってもスマートな見た目になるように感じます。
前向きの抱っこ紐をデザインで選んだ方もいるようです。ママのなかからは、パパと兼用しやすいよう、シンプルな黒色の抱っこ紐を選んだという声も聞かれました。

ママたちが使っている前向きの抱っこ紐

ママやパパがどのような前向きの抱っこ紐を使っているのか気になる方もいるかもしれません。ママやパパたちが実際に使っている抱っこ紐についてご紹介します。

多機能タイプ

30代ママ
我が家では、対面抱きや腰抱き、前向きとおんぶに対応した多機能タイプの抱っこ紐を購入しました。娘が寝る前に使うときは対面抱き、外出するときは視界が広がるように前向きにして使い分けています。
前向きや対面抱きなど、数種類の抱き方に対応した多機能タイプの抱っこ紐を使っている方がいるようです。寝るときや家事をするときなど、どのようなシーンで使いたいのかを考えると選びやすいかもしれません。

ヒップシートがついたタイプ

20代パパ
我が家ではヒップシートがついた抱っこ紐を使っています。ヒップシートをつけた状態でも外した状態でも使えるので、外出先や家で寝る前などさまざまな場面で重宝しています。
30代ママ
私たちはヒップシートがついたタイプの抱っこ紐を選びました。赤ちゃんが滑らないように、ヒップシート部分の座面に滑り止めパッドが備わっている商品を使っています。
疲れにくい抱っこ紐を探している場合は、抱っこ紐の腰回りに椅子のようなヒップシートがついたタイプを使うのもよいかもしれません。ヒップシートのついた抱っこ紐のなかには、腰ベルト部分にスマートフォンやティッシュなどを収納できるポケットが備わっている商品や、新生児から使えるタイプなどさまざまなものがあるようです。

コンパクトなタイプ

コンパクトに折りたためるタイプ ※抱っこ紐の画像がありませんでした。
Africa Studio/Shutterstock.com
30代パパ
私は、使わないときはコンパクトに折り畳める抱っこ紐を選びました。折り畳むとマザーズバッグにサッと入る大きさになるので、持ち運びしやすい所が気に入っています。
前向き抱っこに対応した、コンパクトに持ち運べるタイプの抱っこ紐を使っているママもいるようです。マザーズバッグには授乳用品や赤ちゃんの着替え、オムツなどさまざまな荷物を入れることになるため、コンパクトに収納しやすい抱っこ紐はママやパパの育児を助けてくれそうですね。

前向きの抱っこ紐を使うときに意識したこと

前向きの抱っこ紐を使うときは、どのようなことに気をつけるとよいのでしょう。ママやパパたちに、前向きの抱っこ紐を使うときに意識したことを聞きました。

赤ちゃんの様子にあわせる

30代パパ
前向きの抱っこ紐は息子の様子にあわせて使っています。先日は息子が前向きの抱っこを嫌がったので、対面抱きに変えてみました。
抱き方を工夫するなど、赤ちゃんの様子にあわせて使うことが大切なようです。ママのなかには、抱っこ紐をつけているときは赤ちゃんの体勢が苦しそうになっていないかや、汗をかきすぎていないかなどをよく観察しているという声もありました。

足元に気をつける

20代ママ
ヒップシートのついた抱っこ紐をつけていると足元が見えにくくなるように感じました。前向き抱っこをするときには、足元や段差に注意して歩くようにしています。
前向きの状態で抱っこ紐を使うときは、ママやパパが転んで赤ちゃんがケガをしにくいよう、足元に気をつけて歩くことも大切かもしれません。他には、前向きの抱っこ紐を使っているときは、体を縦にした状態でスクワットをするようにしゃがむことを意識しているというママの声も聞かれました。

前向きの抱っこ紐は赤ちゃんにあわせて

赤ちゃんとママパパ ※日本人の抱っこ紐の画像がありませんでした。
leungchopan/Shutterstock.com

抱っこ紐を使っているママやパパたちに話を聞いてみると、前向きの抱っこ紐を必要と感じる方やいらないと感じる方など状況によってさまざまなようです。ヒップシートのついた抱っこ紐は、外出先や赤ちゃんが寝る前などさまざまな場面で使いやすいというママの声もありました。

転ばないよう足元に気をつけることも意識しながら、赤ちゃんの様子にあわせて前向きの抱っこ紐を使えるとよいですね。

2020年03月25日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧