抱っこ紐で電車やバスで座る?乗車マナーや気をつけていること

抱っこ紐で電車やバスで座る?乗車マナーや気をつけていること

抱っこ紐を使っているときに座るシーンについて

抱っこ紐を使ったまま公共交通機関を利用するとき、座席に座ってもよいか悩んだことのあるママもいるかもしれません。両隣の人に子どもの足があたってしまわないかと心配に思うこともあるでしょう。今回は、公共交通機関の利用時に抱っこ紐をつけたママたちが座席に座るシーンや、座るときに気をつけていることをご紹介します。

抱っこ紐をつけたまま座席に座る?座らない?

抱っこ紐で子どもを抱っこして出かけるときに、電車やバスなどの公共交通機関を利用することもあるでしょう。

ママが座席に座ったときに、子どもの足がぱたぱたと動いて、隣の人にあたってしまわないか心配なママもいるのではないでしょうか。座ると子どもの機嫌が悪くなってしまうこともあるかもしれません。

抱っこ紐をつけて外出するときに、どのようなシーンでママたちは座席に座るのでしょうか。子どもを抱っこしたまま座るときに工夫していることなどを聞きました。

ママたちが抱っこ紐をつけて電車やバスの座席に座るのはどんなとき?

抱っこ紐をつけて公共交通機関を利用する際に、ママたちが座席に座るのはどのようなときなのでしょうか。

移動時間が長いとき

30代ママ
移動時間が長いときは、子どもも私も疲れないように座るようにしています。
子どもを抱っこ紐で抱っこしたまま立っていると肩が疲れてくるため、電車やバスに乗る時間が長いときは座るというママがいました。

子どもが寝ているとき

抱っこ紐で眠る赤ちゃん
shirohige - stock.adobe.com
30代ママ
子どもは立ったままの抱っこが好きで、座ると泣くので、座れるのは子どもが寝ているときだけでした。自分としてはいつでも疲れているのでいつでも座りたかったです。
座ると子どもが泣いてしまうという経験があるママは多いのではないでしょうか。外出先から帰るときは、子どもがお昼寝する時間を見計らって電車に乗るというママもいました

席を譲ってもらったとき

20代ママ
同じ車両に乗車している方に『次で降りるのでどうぞ』と席を譲っていただいたときに、座らせてもらいました。
公共交通機関を利用していると、席を譲ってもらうこともあるでしょう。長時間抱っこしていてつらいときは座らせてもらうとよいかもしれません。

車内が空いているとき

20代ママ
抱っこ紐をつけて電車に乗るときは、両隣に人がいないときや、1番端の座席があいているときに座っていました。公共交通機関を利用するときは混んでいる時間帯を避けていたので、座ることが多かったです。
子どもがじっとしていられないことが多いので、車内が空いているときや、周りの乗客の邪魔にならない席があいているときに座るというママがいました。座る席を選ぶときは周囲の人に配慮できるとよいですね。

抱っこ紐をしたまま座るときに気をつけたこと

抱っこ紐をしたまま座ると、子どもがじっとしていられないこともあるでしょう。隣に座っている人に赤ちゃんの足があたることもあるかもしれません。公共交通機関に乗車するときに、ママたちが気をつけていたことをご紹介します。

子どもの足を押さえる

30代ママ
子どもの足が隣の人にあたらないよう、足を両手でホールドしてました。
座るときは、子どもの足を押さえるというママが複数いました。両隣の人の迷惑にならないように、ママが1番しやすい方法かもしれません。

浅く座る

電車の座席
iStock.com/DONGSEON_KIM
30代ママ
両隣に人が座っているときは、子どもの足が邪魔にならないように、席に浅く腰かけることを心がけていました。
対面抱きをしている場合は、席に浅く座ると、両隣の人に子どもの足があたりにくいようです。深く座ると足を押さえにくいので、抱っこ紐を使うときは、浅く座るようにしているママもいました。

子どもの靴を脱がせる

20代ママ
1歳をすぎても抱っこ紐を使っていたため、移動時間が長いときは、靴を脱がせました。両隣の人に、子どもの足が当たらないよう気をつけてはいましたが、万が一あたったときに、不快感を与えたくありませんでした。
歩くようになった子どもを抱っこして座ることもあるでしょう。足を押さえたり、浅く座ったりしても、子どもの足が隣の人にあたってしまうこともあるかもしれません。

靴が衣類にあたると不快な思いをする人もいるかもしれないので、靴を脱がせるなどして配慮したいですね。

子どもに心地よい振動を与える

30代ママ
私が座るとだいたい子どもが泣くので立っていましたが、疲れてどうしても座りたいときは、立っているときと同じような振動を与えられるよう、お尻をとんとんとしていました。
ママが座ると子どもが不機嫌になってしまう場合に、お尻や背中をとんとんするママがいました。ママが体を小さく揺らすと、子どもが落ち着く場合もあるようです。子どもをあやすときと同じように、座っている間も心地よい程度の振動を与えるとよいかもしれません。

抱っこ紐をつけて座るときは隣に座る人に配慮しよう

抱っこ紐で電車に乗る親子
Lolostock/Shutterstock.com
抱っこ紐をつけたまま公共交通機関を利用するママたちは、移動時間が長いときや、車内が空いているときに、座席に座るようです。足を押さえる、浅く座るなど、両隣の人に子どもの足があたらないように気をつけているママがいました。

座ると子どもの機嫌が悪くなる場合は、寝ているときだけ座ったり、お尻をとんとんしてあやしながら座ることがあるようです。

抱っこ紐をつけたまま電車やバスの座席に座るときは、周囲の人に迷惑にならないように配慮できるとよいですね。

2020年03月10日

専門家のコメント
19
    ひよこ先生 保育士
    抱っこ紐を使っていると、こっそり後ろのバックルを外すイタズラをする人がいるそうです。
    本人は軽いジョークのつもりかもしれませんが、一歩間違えば子どもが落ちて大ケガをしたり、最悪のケースだとお亡くなりになってしまいますよね。

    今はイタズラ防止の抱っこ紐も出ているようですが、油断しないで手を添えていようと思いました。
    あーちん先生 保育士
    立ったままより座っている方が体が安定するので、なるべく座っています。立ってあやしたり、トントンしたりしますが、電車やバスの揺れは心地いいみたいで周りをきょろきょろ見回したり寝たりしています。

    周りの方にはできるだけ配慮しています。都内ですが、隣に座った方が子どもに話しかけてくださることも多いので嬉しいです(^^)
    こうじん先生 保育士
    小さい子を連れて、移動だけでも大変なのに、そんなに気を遣ってくださっているのですね。電車のなかで席を譲ろうとすると、座ると泣くので、、、とおっしゃる方も多いですが
    お声がけは続けていこうとおもいました。
    なつまる先生 保育士
    子どもが落ち着く方にしたらいいと思います!
    でも揺れる車内で立っているのも大変かと思いますので座れたらいいですよね★お母さん無理せず過ごしてくださいね!
    とーち先生 保育士
    なるべく人が少ない時間帯を選んで電車に乗るようにしています。

    座席が混んでいたら、なるべく端の方で抱っこして立っています。抱っこひもで電車に乗り、遠出をしたことがないので、なるべく立っています。

    座席がガラガラだったら、座ってます(*^^*)
    なごみ先生 保育士
    抱っこ紐で電車などに乗るときは子どもの靴は脱がせて、靴下だけにしていました。靴を履かせたままだと他の乗客の方に靴が当たってしまったり、座った時に座席が汚れてしまうのが気になったので、靴下にしていました。
    りお先生 保育士
    出来るだけ優先席に座るようにしています。
    優先席は比較的空いていますし、子連れでも座りやすいので😁

    また、席も譲ってもらいやすいです。

    ただ、優先席におじいちゃんばかりが座っている時は、優先席付近を止めて、通常の座席へ移動します。
    23区内に住んでいて、東京メトロに乗ることが多いですが、比較的子連れで立っていると席を譲ってもらえますよう✨
    すみっこ先生 保育士
    子どもの足が周りの方に当たらないように気を付けています。

    靴を履かせているときは
    座席に座る前に脱がせています。

    場所を大きく取ることのないようにも気を付けています!
    なー先生 保育士
    靴を脱がせたり、そっと足を押さえてあげるだけで十分な配慮だと思います。周囲の理解がないかもしれませんが、抱っこ紐ずっとつけてると辛いですよね。子育てしやすい、優しい国になって欲しいと願うばかりです。
    こと先生 保育士
    抱っこ紐でこどもが寝てる時は座るようにしてます😊✨起きている時は座るとグズったりすることが多かったのでドアの近くで立つようにしてました!
    おはぎ先生 保育士
    電車の時は足があたるので、基本的に立っています。ただ、上の子と電車に乗ると一緒に座って様子を見ないと他のお客さんの迷惑になるので、優先席を選んで浅く座っていました。機嫌にもよりますが、前抱っこにしていると、景色も見えるし足が隣の人に当たらないので良かったです。顔が他の方からも見えるので、よく声もかけてもらっていました。
    こいまま先生 保育士
    あまり電車などは使いませんでしたが、どうしてもの時は立ったまま乗っていました。
    座るのならば抱っこ紐から下ろして膝の上に座らせたりしてもぐずらない年齢になってからだったかと思います。
    ゆか先生 保育士
    電車は基本的には時間に余裕をもちすいている時間を選んだり、途中下車も覚悟しながら乗っていました。
    抱っこひもでも、座っている方が楽ですが子どもがたっている方が落ち着くこともあるのでその時の状態に合わせて決めていました。
    ゆり先生 保育士
    座るときはわたしも、靴を脱がして足を手で押さえるというか包みこみ、お隣のひとに当たることがないよう気を遣いました。気を遣いながらも座れることがありがたくって(^ー^)
    いちご先生 保育士
    私は、子どもが産まれてからは公共機関を使った事がないので、なんとも言えませんが、SNSで見た"抱っこ紐のバックルを外す人がいる"と知って、人混みの中で抱っこ紐を付けるのが怖くなりました。軽い出来心なのでしょうが、本当にやめてほしいです。
    めめ先生 保育士
    席があいていたら座ると思います。混んでいたら走行中の揺れなどで危険もあると思うので端っこなどでしっかりバランスを取れるように立つといいと思います。
    めい先生 保育士
    抱っこ紐で載っています。声をかけて頂けるとすごく嬉しいし有り難いです。すぐに降りる場合や座って体制が変わると泣きそうな時には恥を選んで立つようにしています。
    せおみ先生 保育士
    抱っこ紐を使用し公共交通機関を利用する時、子どもの足が隣の人にあたってしまっていないか気になります。当たりそうな距離の時は足を押さえて当たらないようにしています。
    ぽんた先生 保育士
    靴はなるべく脱がせるようにしていました。他は、あんまり変な人のそばに乗らないとか。。。手すりの近くも大事です!
おすすめユーザーのコメント
2
    YK
    私が座ると泣く子どもだったので、電車に乗ったタイミングで寝てくれたら「ラッキー!」と思って座っていました。起きてるときは席を譲ってくれる方がいても断っていましたが、きもちはとてもありがたかったです
    SB
    月齢が低いときはそのまま座って、足は邪魔にならないように配慮しました。ある程度大きくなってきたら、抱っこ紐から下ろして通路側に向かせて膝の上に座ってもらいました。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧