抱っこ紐を使うときのバッグについて。パパやママが意識したポイント

抱っこ紐を使うときのバッグについて。パパやママが意識したポイント

荷物の収納力や取り出しやすいデザイン

抱っこ紐をつけるときに使うバッグを選ぶとき、貴重品を入れるためのコンパクトなタイプやバッグになる抱っこ紐など、使いやすいバッグについて気になるママやパパもいるかもしれません。今回は、斜めがけバッグなど抱っこ紐にあわせて用意したバッグや、持ち方などバッグを使うときに意識したことについてご紹介します。

抱っこ紐を使うときのバッグについて

抱っこ紐で赤ちゃんと外出するときに、どのようなバッグを用意しようか悩む方もいるかもしれません。ママやパパたちのなかからは、斜めがけやリュックなど、どのような種類のバッグを用意するか悩むという声や、パパも使いやすいデザインのマザーズバッグについて知りたいという声が聞かれました。

今回は、抱っこ紐にあわせたバッグの選び方などについて、ママやパパたちの声をもとにご紹介します。

抱っこ紐にあわせて用意したバッグ

ママやパパたちは抱っこ紐をつけているときに、どのようなバッグを使っているのでしょうか。抱っこ紐にあわせて用意したバッグについて、ママやパパたちに聞いてみました。

斜めがけバッグ

斜めがけバッグ
Syda Productions/Shutterstock.com
20代ママ
荷物がたくさん入る斜めがけバッグを用意しました。ショルダーベルトを外すとトートバッグになるタイプで、使うときにあわせて持ち方を変えられて便利です。
30代ママ
買い物や病院に行くときに斜めがけバッグを使いました。抱っこ紐で赤ちゃんを前で抱っこして、斜めがけバッグを背中に回して使っています。
抱っこ紐を着けているときに、肩にかけられる斜めがけバッグを用意したママの声がありました。ショルダーベルトをつけると斜めがけもできるトートバッグなど、さまざまな持ち方ができるバッグを使っているママもいるようです。

リュック

30代パパ
2人目を出産してから、抱っこ紐でのお出かけにリュックを用意しました。両手が空くので、まだ幼い上の子としっかり手をつなぐことができます。
抱っこ紐を使うときに両手が空くよう、リュックを用意したパパがいました。リュックを使っているママからは、長時間使っても疲れにくいように感じるという声も聞かれました。

多機能バッグ

20代パパ
抱っこのサポーターとしても使えるコンパクトな斜めがけバッグを用意しました。3歳の息子は体もしっかりして重くなってきたので、抱っこするときに助かっています。
抱っこのサポーターとしても使えるバッグを用意したパパの声がありました。他には、抱っこ紐の背あて部分に取りつけられるコンパクトなバッグを貴重品入れに使っているママもいるようです。

抱っこ紐を使うときのバッグを選ぶポイント

抱っこ紐を使うときのバッグは、どのようなことを意識して選ぶとよいのでしょうか。ママやパパに、抱っこ紐を使うときのバッグを選ぶポイントについて聞いてみました。

容量

30代ママ
赤ちゃんのオムツや着替えなど荷物が多いので、バッグの容量をポイントに選びました。荷物がたくさん入るので、旅行や帰省のときも重宝しています。
必要な荷物が収まりそうな容量のあるバッグを選んだというパパの声が聞かれました。バッグを選ぶときは、事前に抱っこ紐を使うときの荷物をイメージしておくと容量を選びやすいかもしれませんね。

機能性

バッグ
Serg64/Shutterstock.com
20代パパ
バッグの外側や内側に、ポケットがたくさんついたものを選びました。スティックタイプのミルクなど小物を整理して収納できるので、必要なときにサッと取り出しやすいです。
抱っこ紐にポケットがたくさんついていると、小物を整理しやすいと感じたパパがいるようです。他には、撥水加工がしてあるバッグは汚れを拭き取りやすく、雨の日も使えるというパパの声も聞かれました。

デザイン

30代ママ
パパが赤ちゃんと2人でお出かけするときも使えるように、ユニセックスのデザインのバッグにしました。シンプルな斜めがけバッグで、使いやすいとパパも気に入ってくれています。
夫婦でバッグを兼用できるよう、シンプルなユニセックスのデザインのバッグを選んだというママの声がありました。夫婦で相談しながら、バッグのデザインや色を選ぶのもよいかもしれませんね。

バッグを使うときに意識したこと

抱っこ紐をつけてバッグを使うときは、どのようなことを意識するとよいのでしょうか。ママやパパたちに聞いた、バッグを使うときに意識したことについてご紹介します。

シーンにあわせて使いわける

20代ママ
短時間の外出など荷物が少ないときはコンパクトな斜めがけバッグを、荷物が多いときはリュックを使っています。電車に乗ったときは、人にぶつからないようにバッグの持ち方にも気を遣いました。
シーンにあわせて、種類の異なるバッグを使いわけているママがいるようです。貴重品など荷物を出し入れするシーンが多いときは、リュックとウエストバッグの2種類のバッグを使っているというママの声も聞かれました。

荷物をコンパクトにする

30代パパ
荷物を少なくするため、赤ちゃんのオムツは外出の直前に交換して必要最低限の枚数を持ち歩くようにしました。私の飲み物など外出先で現地調達できそうなものは持っていかないこともあります。
荷物をコンパクトにするために、必要最低限の荷物を持ち歩くように意識したパパがいるようです。小さめのバッグに収まるよう、外出用のおしりふきは家で使う半分の量のものを用意したというママの声も聞かれました。

抱っこ紐にあわせたバッグを用意しよう

赤ちゃんを抱っこするママ
Syda Productions/Shutterstock.com


抱っこ紐を使うとき、貴重品などの荷物を入れるバッグはデザインや容量などをポイントに選んだママやパパがいるようです。斜めがけバッグやリュックなど、バッグをいくつか用意してシーンにあわせて使いわけるのもよいかもしれませんね。

ショルダーベルトを外すとトートバッグになるなど、ひとつのバッグで2通りの持ち方ができるタイプのバッグを使っているママの声がありました。

それぞれ使いやすいバッグを用意して、抱っこ紐で赤ちゃんとのお出かけを楽しめるとよいですね。

2020年03月07日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧