保育園の送迎を自転車でするとき。雨の日や布団を運ぶときの工夫とは

保育園の送迎を自転車でするとき。雨の日や布団を運ぶときの工夫とは

自転車の送迎で意識したいこと

保育園の送迎を自転車でする場合、雨の日や布団などの荷物があるときの対応や保育園までの距離、スカートなどの服装や赤ちゃんの場合はいつから自転車送迎をするかなど、気になることがあるかもしれません。今回の記事では、通園時の自転車の送迎事情や送迎するときの工夫、送迎するときに意識したいことをご紹介します。

保育園の送迎を自転車でするとき

保育園の送迎を自転車でしたいと考えるときに、どのようなことが気になるのかママやパパに聞いてみました。

30代のパパ
入園予定の保育園は、自転車で20分ほどの距離にあります。雨の日や布団などの荷物があるときは、どのように送迎するとよいのでしょうか。
20代のママ
1歳の赤ちゃんを保育園に預ける予定ですが、自転車での送迎はいつからできるものでしょうか。私はスカートを履くことが多いのですが、自転車に乗るときの服装についても気になります。
パパやママからは、保育園に自転車送迎をするときに、雨の日や布団などの荷物がある場合の対応を知りたいという声や、赤ちゃんはいつから自転車送迎できるのか、自転車に乗るときの服装について気になるという声がありました。

今回は、保育園の送迎を自転車で行うときの送迎事情や雨の日の工夫、自転車送迎するときに意識しておきたいことなどを、パパやママの体験談を交えながらご紹介します。

自転車で行う保育園の送迎事情

自転車に乗るママ
Rafal Olkis/Shutterstock.com

自転車で保育園の送迎を行うときの荷物や服装について、パパやママに聞いてみました。

荷物の準備

40代のママ
布団の持ち帰りのときは、前かごに紐で固定しています。バランスを崩さないように、自転車の運転はいつも以上に気を使い、押して歩くこともあります。雨の日は、無理せずタクシーを使っています。
布団などの大きな荷物があるときは、紐を使って荷物を固定するとよいようです。布団があるときは、パパが布団だけ持っていってくれるというママもいました。

自転車に乗るときの服装

30代のママ
自転車に乗るときはスカートを履きません。ストレッチ性のあるジーンズや裾がタイトにデザインされたパンツにスニーカーというスタイルが、自転車に乗りやすく動きやすいので気に入っています。
自転車で送迎する際の服装は、ストレッチ性のあるのパンツスタイルなど、動きやすさを考えた服装がよいようです。

スカートのおしゃれを楽しみたいというママからは、自転車に乗ったときに膝が隠れる長さで、風でめくれにくい素材のものを選んでいるという声もありました。

冬は風を切って思った以上に寒いので、帽子やネックウォーマー、手袋やブーツ、耳当てもつけて防寒対策をしているというママもいました。

雨の日に送迎するときの工夫

雨の日の登園
BlueOrange Studio/Shutterstock.com

雨の日の自転車送迎では、どのような工夫をするとよいのでしょうか。ママやパパに聞いてみました。

レインコートとレインカバーを使って

20代のママ
いつ雨が降ってもよいように、自転車のチャイルドシートには普段からレインカバーをつけていて、晴れている日は前面のカバーをあげて使っています。私はレインコートを着ますが、娘は普段通りの服装でも雨に濡れることはありません。レインカバーは寒さ除けにもなるので、一年中役立ちます。
傘を持っての運転は危険なので、雨の日にはレインコートやレインカバーで濡れないように対策をするとよいようです。

顔全体を覆ってくれるレインバイザーやかごをすっぽりと覆えるレインカバーを使っているというママもいました。

徒歩の時間も楽しむ

40代のママ
雨の日は時間はかかりますが、徒歩で通園しています。子どもと歩くと20分ほどの距離ですが、雨のなかを歩くのを子どもも楽しんでいるようです。
徒歩圏内の保育園であれば、雨のなかを歩くのは子どもにとっても楽しい体験かもしれません。保育園までの距離がある場合や、台風や風の強い日には、無理せずタクシーを利用しているというママの声もありました。

保育園の送迎を自転車でするとき意識すること

保育園の送迎に自転車を使うとき、意識しておきたいことをパパやママに聞いてみました。

自転車選び

30代のパパ
自転車の選び方をお店の人に相談したところ、子どもを乗せるには最大積載量に条件があり、安全基準を満たしている必要があると聞きました。電動アシストは坂道も運転が楽ですが、自転車そのものが重いので、試し運転などをしてから選びました。
自転車での送迎を考える場合は、子どもを乗せる条件をクリアしているものを選ぶとよいようです。

実際にお店に行き、電動アシストのあるなしを乗り比べ、乗り心地や重さ、自転車置き場に停めたときの扱い方を確認しながら決めたというママの声もありました。

他には、いつから赤ちゃんを乗せられるかを確認し、1歳頃からの赤ちゃんを乗せられるフロントシートがついた前乗せタイプの自転車を選んだというママもいました。

安全面

20代のママ
子どもを乗せるときには、動きやすい服装でサンダルやヒールのある靴は履かず、子どもには必ずシートベルトやヘルメットを着用しています。運転しているときや自転車を停めるときも、バランスを崩さないように気をつけています。
30代のママ
自転車置き場の預かり所に停めているときも、子どもをチャイルドシートに乗せたまま離れないことと、子どもから目を離さないように気をつけました。
自転車の送迎では万が一のことを考え、安全な服装を心掛けると共に、自転車置き場に停めているときも、子どもから目を離さないようにすることが大切なようです。

子どもを前後2人乗りの自転車に乗せているというママからは、前の席と後ろの席の子どもを乗せたり降ろしたりする順番を、間違えないように気をつけているという声もありました。

ゆとりをもったスケジュール

40代のママ
保育園の送迎では慌ててケガや事故にあうことのないように、時間にゆとりをもって出掛けるようにしています。気持ちにもゆとりが生まれるので、子どもと天気や季節の変化を感じながら自転車の時間を楽しんでいます。
保育園の送迎には、ゆとりをもったスケジュールで出掛けているというママの声がありました。時間に余裕があると安全への配慮が行き届くだけでなく、天気や季節の変化を楽しむ心のゆとりも生まれるようです。

保育園の自転車の送迎は安全に楽しく

チャイルドシートに乗る子ども
Ipatov/Shutterstock.com

保育園の送迎を自転車でするときには、雨の日には傘ではなくレインコートやレインカバーなどのグッズを使い、布団などの荷物があったときには紐で固定し、距離のあるときはタクシーを使っているというパパやママの声がありました。

自転車置き場では、子どもから目を離さないように気をつけるなど安全に配慮しながら、時間にゆとりをもって、保育園と家との往復の時間を子どもと楽しめるとよいですね。

2020年02月15日

専門家のコメント
15
    すみっこ先生 保育士
    幼稚園に入園する前に少しだけ保育園へ通わせていました。
    保育園はやはり荷物が多くて、特に月曜日は大変でした。
    普段は自転車で送迎をしていました。ロングスカートは巻き込みの危険があるので避けた方が良いです。電動自転車でも、荷物&子どもでバランスを崩すことがあるので自分のことは二の次!スカートはめくれあがることが気になってしまうので履かないようにしていました。

    雨降りの時は、車で送迎OKの園だったので車にしていました。
    雨降りの自転車は1人乗りでも怖いなと思っていたので助かりました。
    車が使える状況でないかたは、レインコート・レインカバー・荷物は45Lのごみ袋で覆う・レインブーツで対策をしていました。
    なつまる先生 保育士
    週末、週明けに雨が降ると、お布団を持っていく保育園だと大変ですよね。まず園見学のときに家からの通園の方法を考えたときに、お布団のリースなどがあるかなども確認しておくといいかも知れないですね!
    あたしの園はリースでシーツだけお持ち帰りだったのですが、雨などの予報を見て週明けではなく土曜日の開園時間にシーツを持ってきている人もいましたよ!
    あゆみ先生 保育士
    雨の日の自転車での送迎は、それだけで大変ですよね。やはり傘をさすのは危険なので、レインコート、レインカバーは必須だと思います。歩ける距離であれば、子どもと歩く時間を楽しめると理想ですね。
    子どもを乗せてさらに荷物が多くなると、より注意が必要です。転倒してしまう方もいるので、無理せず押すなどして送迎してほしいなと思います。
    りお先生 保育士
    雨の日、大変ですよね💦
    今、東京に住んでいて、幼稚園送迎をしていますが、うちは基本的に雨の日は歩きです。

    雨の日は、
    ①歩き→親子共にレインコートに傘で大きめのビニール製の袋に荷物を入れて。

    ②自転車→親はレインコート、子どもはレインカバーで、大きめのビニール袋に荷物を詰めて。

    ③車→駐車場がないので近くコインパーキング利用。

    のどれかです。
    晴れた日はほとんどの人が自転車で送迎です。

    近ければ歩きがいいと思います。
    もし車が使えるようなら、コインパーキング利用でも車で。
    難しいようなら、出来る限り危なくないようにして自転車でですかね💦
    もりもん先生 保育士
    こども乗せ自転車でこどもにレインコートを着せたり脱がせたりが大変なのでベビーカーのレインカバーが大活躍しました。前乗り後ろ乗りどちらにもつかえました。こどもに着せる手間も省け、自分の鞄も前カゴに入れ、レインカバーで雨を防げます。
    とーち先生 保育士
    雨が降った日は車で送迎してました。

    月曜の雨の日なんて、荷物が多すぎて大変ですよね。。

    毎週シーツを交換するのですが、月曜はバタバタするので、なるべく金曜にシーツを交換していました。

    荷物が少ない小雨の日はレインカバーをつけて自転車で送ったこともあります。送迎関係なく、雨上がりに自転車に乗っていたのですが、まさかの転倒。。。

    ケガもなく無事でしたが、皆さん雨の日、雨上がりはお気をつけ下さい(*_*)
    ちぃ先生 保育士
    雨が降った日は車で送迎していましたが、突然の雨などのためにレインカバーをいつも自転車にはつけて、風除けのように使っていました。少し体格がよく、レインカバーをつけると窮屈みたいだったのでレインカバーで足回りは隠して、レインコート、帽子を被せていました。雨の日の送迎はほんと大変ですよね。
    みどり先生 保育士
    雨の日は歩いて保育園まで通っていました。朝の慌ただしい時間帯。長靴にもたつく娘に声を荒げてしまったこともありました。今でも痛い思いでです。。

    ただあのとき、未熟な親なりに、娘の安全を考えて徒歩を選んだことには花丸をあげたいと思っています。

    自転車は働く母親の必須アイテムですが、雨や強風など危険が伴うときは無理をしない方がいいとこもいます。

    職場に遅刻してもいいんですよ。。。そんなときもあります。大事なのはママのとお子さんの命ですよ。
    あーちん先生 保育士
    近い人は歩いて来ているようでしたが、雨の日でも自転車にカバーをかけてレインコートを着てという方もいました。うちの園では布団のシーツと掛けるバスタオルなどだけ家庭で用意だったので、荷物もそこまで多くなく自転車でも大丈夫だったのかもしれません。

    うち車の送迎は基本NGです。
    園のルールに従って安全に送迎できるように考えたいですね!
    わい先生 保育士
    雨の日って嫌ですよね。
    布団があるときに雨で子どもと一緒だと、布団が濡れてしまう!と子どもを連れていくのに布団が邪魔になります。前いた保育園では、布団だけ、先に持ってきて荷物の準備をしてから子どもと一緒に再度登園する方もいました。
    出勤途中で、送迎する方は自転車が便利な方も多いと思います。雨の日は滑りやすいので時間に余裕をもち、安全にゆっくりきてください。事故にあっては大変です。
    めい先生 保育士
    雨の日に自転車の方が布団持参は辛いですね。持参側としては考えたことがありませんでした。
    勤め先は布団のレンタルをしていて、シーツカバーのみの持参制度もありましたよ。
    ぽんた先生 保育士
    大変でしたー。雨の日の自転車。保育園が、屋根のない駐輪場だったので、子どもを乗せおろしするのが、、、。なんか、雨の日は、車みたいな人が多いらしく、駐輪場が適当なんですが、私は、雨だって自転車なわけで、その辺も考えてほしいなーと。布団は意地でつんでましたが、土曜休みに別でとりにくるという人もいました
    のんの先生 保育士
    雨の日の自転車での送迎は大変危険ですので、安全面に注意して送迎していただきたいです。
    車に対してもですが、いがいと、雨の日に傘をさす小学生たちは、飛び出してきたりするので、そこで自転車に乗ったママさんがぶつかったり、ブレーキをかけ、自転車に乗ったお子さんか怪我をしたりといったことがあります。
    のの先生 保育士
    雨の中の自転車送迎本当にお疲れ様です。朝からずぶ濡れのお母さんを見ると、本当に大変そうだなぁとおもいます。前が見えないくらいの大雨の時はバスなどのほうが安全かなと思います。
    とまと先生 保育士
    雨の日は大変ですよね。布団持ち帰りの日が雨だと、ママと子どもが降園した後に仕事終わりのパパが布団だけ取りに来たり、布団は次の日(土曜日)に取りに来る方もいました。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧