パパの誕生日に手作りプレゼントを贈ろう!子どもと作る簡単アイディア

パパの誕生日に手作りプレゼントを贈ろう!子どもと作る簡単アイディア

手作りプレゼントの渡し方やエピソード

パパの誕生日などに手作りプレゼントを贈りたいとき、子どもと簡単に手作りできるアイディアが知りたいママもいるかもしれません。プレゼントの渡し方にこだわりたいときもあるでしょう。今回は、子どもと手作りできるパパへのプレゼントのアイディアや、渡し方、ママたちのエピソードをご紹介します。

パパの誕生日などに贈る手作りプレゼントとは

パパの誕生日や父の日には、感謝の気持ちを込め、何かを贈ってお祝いしたいですよね。そのようなときに、手作りのプレゼントはぴったりかもしれません。
 
手作りプレゼントは、想いが伝わりやすいだけでなく、子どもとママでいっしょに用意する楽しみもあるでしょう。
 
パパへ贈る手作りプレゼントには、どのようなアイディアや渡し方、エピソードがあるのでしょうか。

子どもと手作りできるパパへのプレゼントのアイディア

パパの誕生日や父の日に贈る、子どもとできる手作りプレゼントのアイディアをご紹介します。

お菓子や料理

ケーキ
Africa Studio/Shutterstock.com
子どもがママと手作りしたお菓子や料理は、パパにとって格別においしく感じられるかもしれません。
 
クッキーやケーキの生地を混ぜたりトッピングをしたりするのは、簡単で子どももお手伝いしやすいでしょう。
 
甘いものが苦手なパパには、ちらし寿司でできたケーキや、コーヒーゼリーが食べやすいかもしれません。
 
カレーなどパパが好きないつものメニューも、お祝いの文字を書いてデコレーションしたり、盛りつけを工夫すると特別な雰囲気が出せそうですね。

メッセージカード

メッセージカードは、画用紙や厚紙を二つ折りにして、折り紙やシールを貼ったり、ペンで絵や文字を書けば簡単にできるので、子どもといっしょに作りやすいかもしれません。
 
カッターやハサミを使うときは、子どもがケガをしないように気をつけましょう。
 
簡単なしかけを考えて、飛び出す絵本のようなポップアップカードにすると、立体的でおもしろくできあがりそうですね。

フォトフレーム

フォトフレームは、ダンボールや紙皿、牛乳パックの中央を切り抜き、マスキングテープやフェルトなどでふちを飾って手作りできるようです。
 
立てるタイプのフォトフレームよりも、壁掛けタイプの方が紐をつけるだけなので簡単かもしれません。
 
家族の思い出の写真や、子どもの手形や足形をフォトフレームに入れると、パパもよろこびそうですね。

食器

100円均一ショップにも売っている陶器やガラス用の絵つけペンを使うと、無地の食器に絵や文字を描き、オーブンで焼きつけるだけで、簡単にオリジナルの食器を作ることができるようです。世界に1つだけの食器はプレゼントにもぴったりでしょう。
 
白いマグカップやお皿に、黒色のペンでアルファベットや子どもの落書きを描くと、シンプルでパパも使いやすいかもしれません。
 
さまざまな色のペンを使って、カラフルな北欧風のデザインに仕上げてもかわいいでしょう。

子どもとできるパパへの手作りプレゼントの渡し方

パパの誕生日などにぴったりな、子どもとできる手作りプレゼントの渡し方のアイディアをご紹介します。

パパにないしょで部屋を飾る

パパが仕事から帰ってきたときに、部屋がいつもと違ってお祝いムードたっぷりに飾ってあると、びっくりしてよろこんでくれるかもしれません。サプライズといっしょに手作りプレゼントを渡されると、よろこびもひとしおでしょう。
 
部屋の飾りとして、お祝いのメッセージや絵を書いた模造紙、折り紙の輪っかをつなげたガーランドは、簡単にできるので子どもといっしょに用意しやすいかもしれません。

宝探し風にする

宝探し
YuriyZhuravov/Shutterstock.com
宝探し風に手作りプレゼントを渡す方法もあるようです。
 
自宅で、宝のありかのヒントを書いてパパに渡し、そこに書かれた場所に行くと、また新しいヒントがあるというようにパパを誘導します。
 
最後に手作りプレゼントを見つけたときに、子どもとクラッカーを鳴らしたり、くす玉を割ってお祝いしましょう。宝探しは子どもも大人もわくわくできて、とても盛り上がりそうですね。

大きい箱に入れる

大きい箱を使うと、おもしろいサプライズ演出ができるようです。
 
段ボールなど大きめの箱をかわいく飾りつけし、その中に手作りプレゼントやたくさんのバルーンを入れておきます。リビングなどにセットして、パパに箱を開けてもらいましょう。

バルーンと手作りプレゼントが出てきてよろこんでくれそうですね。

パパの誕生日などに手作りプレゼントを贈ったときのエピソード

パパの誕生日などに手作りプレゼントを贈ったときのエピソードついて、ママたちに聞いてみました。
30代ママ
パパの誕生日に、パパの年齢を刺繍したフェルトの小銭入れを、子どもと手作りして贈りました。パパはすごくよろこんでいて、会社のバッグにいつも入れて持ち歩いています。
30代ママ
バレンタインに丸いホワイトチョコを娘と手作りして、パパへ送ったことがあります。工作や粘土遊びが苦手な娘が一生懸命作ったので、パパはとてもよろこんでくれました。
20代ママ
父の日に、折り紙や紙皿を組み合わせたプレゼントを子どもが手作りし、パパの帰宅後に渡しました。子どもは、ハサミを使うのがむずかしかったと言っていましたが、パパはとてもよろこび、プレゼントを受け取ったときは子どもを抱きしめていました。
手作りプレゼントを贈って、パパがとてもよろこんでくれたという声が複数ありました。
 
工作が苦手な子も、パパのためにママといっしょに作るのであれば、積極的に取り組めることもあるかもしれませんね。

手作りプレゼントを贈ってパパをよろこばせよう

家族
Rawpixel.com/Shutterstock.com
今回は、パパの誕生日などに贈る、手作りプレゼントの簡単アイディアや渡し方、エピソードをご紹介しました。
 
子どもとできる手作りプレゼントのアイディアや渡し方には、さまざまな種類があるようです。
 
手作りや飾りつけには、完成までに時間がかかることもあるので、お祝いの日に間に合うよう、なるべく早めに準備しましょう。
 
子どもと手作りプレゼントを贈り、パパがよろこんでくれるとよいですね。

2020年01月23日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ