子どもが片付けをしないとき理由や対処法。教え方や工夫とは

子どもが片付けをしないとき理由や対処法。教え方や工夫とは

子どもが片付けやすくなる工夫をしよう

子どもがおもちゃなどの片付けをせず、捨てるわけにもいかないので困ってしまうというママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、子どもが片付けをしない理由や片付けしないときの対処法、子どもが片付けしやすくなる工夫などについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

子どもが片付けをしない悩み

子どもが片付けしないことついて、悩んでいるママもいるのではないでしょうか。子どもの片付けで困っていることについて、ママたちに聞いてみました。

30代ママ
我が家は子どもが小さいため、おもちゃがすべてリビングにおいてあります。そのためかリビングがいつも雑然としているので、どのように片付けるとよいのか知りたいです。
30代ママ
遊んだ後は片付けるよう子どもたちに言うのですが、なかなか片付けをしません。どのようにすれば子どもたちが自分で片付けるようになるのか知りたいと考えています。
子どもがおもちゃなどを片付けないために、部屋が散らかってしまうのが気になるママもいるようです。ママのなかには、子どもが片付けをしないので「おもちゃを捨てるよ」と言ってしまい、他に子どもに片付けさせるよい方法がないか知りたいという声もありました。

子どもたちが片付けをしない理由がわかると、片付けるための対処法もわかるかもしれませんね。


子どもが片付けをしない理由

子どもたちが片付けしない理由にはどのようなものがあるのか、気になるママもいるかもしれません。ママたちが考える、子どもが片付けをしない理由について聞いてみました。

おもちゃの量が多い

30代ママ
子どものおもちゃの量が多いことが片付かない理由ではないかと考えています。子ども自身、出したおもちゃをどのように元通りにすればよいのかわからなくなってしまうのではないかと思いました。
おもちゃを収納するケースに対しておもちゃの量が多いために、子どもが片付けしないのではないかと考えるママもいるようです。収納に対しておもちゃの量が多すぎて、片付け方がわからなくなってしまう子どももいるかもしれません。

しまう場所が固定されていない

30代ママ
遊ぶときに、おもちゃを探して箱の中身を全部出しているときがあります。おもちゃをしまう場所は決めてあるのですが、何をどこにしまうという決まりがないのがいけないのかなと感じます。
おもちゃをしまう場所が固定されていないことも、子どもが片付けしない理由のひとつかもしれません。他にも、大きくてケースに入らないおもちゃなどを床においておくため、片付けていないように感じるというママの声もありました。

まだ遊んでいる途中だから

遊んでいる途中
Duplass/Shutterstock.com
30代ママ
気づくとおもちゃがたくさん床に散らばっています。遊んでいないものは片付けようと伝えるのですが、子どもにとってはまだ使うもののようでなかなか片付けをしません。
子どもは遊んでいる最中に声をかけられても、遊びに集中して片付けしないこともあるようです。他にも、使っていないおもちゃをしまおうとしたら、「それはこれから作るご飯の材料なの。」と子どもに怒られてしまったというママの声もありました。

子どもが片付けをしない理由はさまざまあるようです。子どもに片付けをしてもらいたいとき、ママたちはどのように対処しているのでしょうか。


片付けをしないときの対処法

子どもたちが片付けをしないとき、どのようにして片付けをしようか悩むママもいるかもしれません。子どもが片付けをしないときの対処法について、ママたちに聞いてみました。

大人がいっしょに片付ける

30代ママ
遊びの時間を終わりにして片付けをしてほしいときは、声がけしてから私もいっしょに片付けるようにしています。「これはもう片付けていいかな?」と子どもに聞きながら片付けるようにすると、子どもも使わないものを片付けはじめるように思います。
子どもに片付けをしてほしいとき、大人がいっしょに片付けるようにしているというママもいるようです。ママのなかからは、「片付けなさい」と注意するよりも、いっしょに片付けようと声をかけるほが、すんなり片付けをしてくれるという声も聞かれました。

片付けるタイミングや時間を予告する

30代ママ
ご飯の前など片付けをはじめてほしいときは、「長い針が◯のところにきたら、片付けをしよう」と伝えるようにしています。あらかじめ片付ける時間を伝えておくと、子どもたちも納得して片付けられるように感じます。
片付けをはじめる時間を、子どもに予告するようにしているというママもいるようです。他にも、ご飯の前や出かける前など片付けをするタイミングを決めておくと、子どもも片付けを嫌がらずにやってくれるというママの声もありました。

子どもが片付けをしやすい工夫

片付けやすい工夫
Africa Studio/Shutterstock.com

子どもが片付けをするとき、どのようにすれば片付けをしやすくなるのか気になるママもいるかもしれません。子どもが片付けしやすい工夫について、ママたちに聞いてみました。

おもちゃの量を考える

30代ママ
おもちゃをしまっておくケースに入りきらない量のおもちゃがあり、片付けても片付いたように見えませんでした。よく使うおもちゃだけリビングにおいて、それ以外のものは子ども部屋として使う予定の部屋においておくことにしました。
よく使うおもちゃとそれほど使用頻度の多くないおもちゃで収納場所を変えるのも、ひとつの方法かもしれません。他にも、数カ月に一度子どもといっしょにいらないおもちゃを選別しているというママの声もありました。

物のおき場所を決める

30代ママ
おもちゃのおき場所を決めて収納するようにしました。おもちゃを種類ごとに分けたり、ラベリングをしたりして戻す場所を決めておくと、子どもも片付けをしやすくなったように感じます。
おもちゃの種類ごとにおき場所を決めるようにしているママもいるようです。収納場所を決めると、子どもも片付けしやすいかもしれません。他にも、おもちゃだけでなく工作などで使う文房具類も収納場所を決めておくと、子どもが使った後に片付けるようになったというママの声もありました。

片付けができたらよく褒める

30代ママ
きれいにお片付けができたらよく褒めるということを繰り返しています。最近だんだんにですが、子どもも自分から片付けるようになってきました。
片付けをしてきれいになったら、子どもをよく褒めるようにしているというママもいるようです。他にも、机の上を片付けたら、家族みんなでトランプをするなど楽しいことができると決めているというママの声もありました。

子どもといっしょに片付けをしよう

子どもができる片付け
wizdata1/Shutterstock.com

子どもが片付けをしない理由には、おもちゃの量が多かったり遊んでいる途中だったりするからということがあるようです。子どもが片付けしないので「おもちゃを捨てるよ」と怒ってしまうママもいるかもしれませんが、片付けるときは大人もいっしょに片付けできるとよいかもしれません。

子どもが片付けしやすいように、物の置き場所を決めたりおもちゃの量を考えたりしながら、子どもの片付けの習慣ができていくとよいですね。

2020年01月21日

専門家のコメント
19
    はる先生 保育士
    遊んでいる途中に急に大人の都合でお片付けをしてね!と言っても、なかなか受け入れてくれないことが多いです。年齢が大きい子には時間や時計の針で知らせ、小さい子には片付けたい本当の時間の少し前に、そろそろ片付けるからね。と事前にお知らせをしています。
    ぽん先生 保育士
    ベタではありますが、お片付け競争をしたらどうでしょうか?
    お母さんと競争…なんてしたら楽しくてしょうがなく、お母さんのことがもっと大好きになりそうですよね!
    一緒に楽しい気持ちで片付けできるといいですね!
    いちご先生 保育士
    よーいどん!で一緒にお片付けしたり、お片付けの歌を歌いながらお片付けすると割と楽しくやってくれますよ。あと、"お母さん、◯◯ちゃんがお片付けしてくれたらとっても助かるな〜"と言うとノリノリでやってくれたりします♩
    こいまま先生 保育士
    自分で作ったり、もらったり、買ったりとどんどん溜まっていってしまうおもちゃ。
    我が家ではおもちゃの収納スペースを決めて、
    「ここに入らなくなったら使わないものは他の場所にまとめてしまうよ」と、出しておくおもちゃが増えないようにしています。
    自分でまだ使うおもちゃ、もう使わないおもちゃと分けることでだんだんとおもちゃも工夫してしまえるようになってきました。

    遊んでいる時は何時までに…と時間を決めたり、今の遊びが終わったら…と自分で納得がいくように片付ける時を決めるようにしています。
    すみっこ先生 保育士
    『新しい遊びを始めるときは、今使っているおもちゃを片付けてから。』をずっと言い聞かせてきましたが、今一つ通じていない我が子たち…💦 でも、子どもは散らかしているつもりではなく、 遊んでいたら夢中になってあれもこれも遊びたくていつのまにか! という状態ですもんね。💦 遊びがどんどん広がっていく楽しさを共感しつつ、「お部屋をきれいにすることの気持ちよさ。物を大事にすること。約束を守ること」は伝えてきました。また、「片付けなさい」と言葉だけで子どもを動かそうとしてもダメ!伝わらないよ。と、よく主人に言っています😂💦💦
    ゆか先生 保育士
    小さい子には、もう少し遊んだら終わりにしようねなどとあらかじめ声をかけて心の準備をしてもらいましょう。
    お片付けの時間になったらたくさん遊んだから今度はおもちゃも休憩させてあげようね~などと声をかけて一緒に楽しみながらやるといいですよ。
    親が楽しそうにお片付けをしていたら子どもも興味を示し手伝います。
    出来たら思いっきり誉めましょう🎵
    時計が読めるようになったら長い針がどこまでいったらお片付けだよーと少し前から伝えるのが効果的です。
    兄弟がいたら先に10個持ってこれるのはどっちかな~なんてゲームにしてもいいと思います🍀
    あゆみ先生 保育士
    まずは今楽しんでいることに目を向けて共感しつつ『もう少し遊んだらお片付けしようね』と前もって伝えることが大事ですね。少し大きくなったら、子どもと相談して『◯◯までしたら…』と子ども自身が決める事も大事かなと思います。
    大人から見たらただ散らかしているように見えても、子どもなりの世界や遊び方があるので、寄り添いながら声かけをしてあげたいですね。
    また、片付け方や片付ける場所を子どもと決めるのも、自分で決めた!という意味で意識していくと思うので良いと思います。そして、片付けられた時にはたくさん褒めて、どういうことが『気持ちいい』という事なのかも忘れず伝えていきたいですね^^
    あーちん先生 保育士
    年齢によって対応は変わると思いますが、小さいうちはママが一緒に手伝って、おもちゃを片付ける箱も細かくわけずに入れるだけで簡単な片付けでいいと思います!
    幼児さんくらいになると、時間を決めて先に声をかけておく、お片付け競争など進んでやれるように、気持ちの区切りを告げることが大事ですね。

    お片付けが当たり前ではなく、やってくれたら褒めてあげましょう(^^)
    すー先生 保育士
    小さい時からお片づけの時には、お片づけの音楽を流して一緒に片付けをしていました。そのおかげか、3歳の息子はこの音楽が流れると「勝手に体が動く〜」といってお片づけをしています。男の子だから単純なだけかもしれませんが…。
    ゆか先生 保育士
    以上児では予め時計の針がここになったらお片付けしようと約束をしてから遊ぶと、子どもたちも意識して遊びと片付けをするようになると思います。
    未満児においては、まだ言葉だけでは片付ける意味やメリットが分からないので、次の活動で楽しい事を見せたり示してあげると、その為に片付けるという行為が苦痛にはならなくなるのかなと思います。
    また、一緒に競走したり遊び感覚で片付けるのはとても効果的だと思います。
    りお先生 保育士
    片付け、、
    永遠の課題です。
    上のお兄ちゃん、8歳ですが、出したら出しっぱなし!
    「片付けなさい!」って、1日に1回は言っている気がします💦

    うちでは、お片付け競争か、分担制で、これかこれ、どっちを片付ける❓どっちをママが片付けようか❓と、何を片付けるのか決めさせて片付けたりしています。自分で片付けると決めたので、これだと自分の担当は割とちゃんと片付けてくれます😁

    個人的に、お片付けは男の子よりも女の子の方が得意だと思っています。

    なので、男の子ママがは少し寛容に、できなくて当たり前、出来たらすごい!!と思っていた方が気が楽かもしれません😁
    ゆう先生 保育士
    園では、お片付けチャンピオンといって、片付けを頑張っている子どもの名前を挙げていました。小さいうちからおもちゃを片付ける習慣が身に付いていれば、自分の服や勉強道具の整理整頓なども自然とできるようになり、何がどこにあるかということが把握できるようになったりと、日常生活や社会生活において非常に役立ちます。
    なー先生 保育士
    時計が読めなくてもあと何分でお片付けにするよ、長い針がここになったら片付けようね、などは伝えるようにしています。
    また、先生と競争で片付けよう!と競ってみたり、片付ける箱や袋をお化けに見立て、お腹空いてるからおもちゃ食べさせてあげて!と遊びながら片付けると楽しく出来ますよ!
    ぽんた先生 保育士
    片付け一つも、子ども一人ひとりの性格があらわれますねー。なので、ママたちと、性格が違う子だと、お互いに大変かもです。。。時間をかけて、きれいに片付けたい子、とにかく、かごとかにつめこんで満足の子などなど。その子の性格にあった片付ける方法でいけると、いいかな。親の価値観を、押しつけると苦しいこともありそうです。そこは親もガマンで葛藤ですがー。。。
    とーち先生 保育士
    いきなり

    片付けよー

    と伝えても、子ども自身にも区切りがあるはずです。なので、

    この遊びをしたら、お片付けしようね


    と事前に声をかけたり、時間が分かる子には片付けの時間を伝えたり。それでも嫌がる子にはぬいぐるみを通して

    ◯◯くん、一緒にお片付けしようよ

    と誘ってみたり。片付けは毎日の積み重ねだと思います。1日で習得は難しいですが、毎日1つでも片付けが出来たら、それも成長だと思います(*^^*)
    さと先生 保育士
    1才半〜2才くらいになると自我が出てきて片付けを嫌がる子が増えてきますね。
    大人が工夫することでスムーズに片付けられることがあります。
    ・遊ぶ前にお片付けをする約束をする
    ・おしまいの前に予告をしておく
    上手に片付けられたらしっかりと褒めて次につなげていきましょう!
    いちぽ先生 保育士
    この時間になったら片付けするよというふうに前もって伝えておくと子どもも納得してくれることが多いように感じます!
    急に片付けなさいと言われてもまだ遊びたいとなりますもんね。
    まい先生 保育士
    お片付けを遊びにする。
    例えばじゃあ10秒数えるからその間にぜーんぶ片付けられるかなー?!ってゲーム感覚にすると子どもはノリノリで参加しますよっ!
    せおみ先生 保育士
    毎日のことになると、楽しみながら片付けをする余裕もなくなってきますよね。我が子もお片付けが苦手で…なかなか一人だと片付けすすみません。一緒に片付けたり、その後に楽しみがあると意欲的にできています。
おすすめユーザーのコメント
2
    muuu
    大人の都合と子どもの都合の狭間でどうお互い納得できる状態をつくれるか、、お片づけに限らず課題です…。あゆみ先生のコメントにあった「片付けると気持ちいいってことを伝える」こと、とてもいいなって思いました。実践してみます☺︎
    YK
    「まだ遊ぶの!」ていうのはよくあるパターン。なので「そろそろでかけるからね」「そろそろごはんだよ」と片付けのタイミングが近くなったら声かけしてます
    みー先生
    @YKさん
    ブロックや工作などの作り物は片づけたくない!と思うようなので、作品スペースを用意しました!カラーボックス の上ですが…ここに乗る分だけは取っておいて🆗としたところ、新しく作ると前のを壊す、捨てるとなりました! 細々したオモチャやよく遊ぶオモチャは場所を決めるよりも大きなカゴに逃げ場所を作ってあげるとそこにポイポイ入れるだけなので片づけてくれます!

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧