保育園の慣らし保育に慣れないとき。子どもの様子や意識したことなど

保育園の慣らし保育に慣れないとき。子どもの様子や意識したことなど

慣らし保育の期間など

子どもが一歳などになり、保育園に入園したときの慣らし保育で、一日中泣いていたり行きたくないと言われたりと、子どもが保育園に慣れないと感じて退園した方がよいのかと悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、慣らし保育の期間中の子どもの様子やママやパパが意識したことなど、体験談を交えてご紹介します。

子どもが保育園に慣れないとき

子どもが保育園に入園すると、最初に慣らし保育が行われる保育園もあるようです。子どもが保育園に慣れないとき、ママたちはどのような悩みをもっているのか聞いてみました。

30代ママ
朝は行きたくないといって大泣きし、帰りも私の姿を見つけると泣きながら抱きついてきます。慣らし保育の時間中ずっと泣いていることもあるようで、心が痛いです。
30代ママ
家を出るときから「保育園行かない」と言って大泣きしています。毎日泣いているので、一歳で預けるのは早かったのか、退園させた方がよいのかなどと考えてしまいます。
保育園の慣らし保育に子どもが慣れないとき、泣いている子どもの様子を見て心が痛んだというママの声がありました。子どもに辛い思いをさせているのではないかと、自分を責めてしまうママもいるかもしれません。

今回は、慣らし保育の期間や子どもの様子、慣らし保育期間中にママやパパが意識したことについて、調査しました。


慣らし保育の期間

保育園での慣らし保育は、どのくらいの期間で行われるものなのでしょう。ママたちに慣らし保育の期間について聞いてみました。

一週間

30代ママ
うちの保育園では、慣らし保育は一週間でした。初日はお昼前に、次の日からはお昼を食べてから帰ってきていました。
慣らし保育が一週間の保育園もあるようです。一週間のなかで、少しずつ保育時間を増やして、次の週からは一日保育が始まるというママの声や、子どもの様子にあわせて慣らし保育を延長できるというママの声もありました。

一カ月間

30代ママ
うちの子が通う保育園では、一カ月かけて慣らし保育を行ってくれます。慣らし保育といっても保育時間が短いだけでなく、夕方の延長保育や早朝保育などに備えた慣らし保育を行ってくれるので助かります。
一カ月かけて慣らし保育を行う保育園もあるようです。最初はお昼寝前まで、次が給食後というように保育時間を長くしていくだけでなく、早朝預かりや夕方の延長保育も体験させてくれると、今後の生活リズムが想像しやすくなったというママの声もありました。

慣らし保育を始めた子どもの様子

保育園の慣らし保育期間中に我が子が慣れないでいると、心配になってしまうママもいるかもしれません。保育園の慣らし保育を始めたときの子どもの様子について、ママたちに聞いてみました。

すんなり慣れた

すぐ慣れた
Ivonne Wierink/Shutterstock.com
20代ママ
うちの子は一歳前の7カ月くらいから保育園へ通っていたのですが、園生活にはすぐに慣れたようでした。はじめのうちは朝に泣くこともありましたが、一週間もせずに楽しく通うようになりました。
保育園の慣らし保育に、一週間程度で慣れたというママもいるようです。他にも、上の子がいっしょに通っているため、楽しそうに通っていたというママの声もありました。

なかなか慣れなかった

30代ママ
一歳になって仕事復帰のために保育園に入れたのですが、なかなか保育園に慣れないようで、一カ月たっても慣らし保育から通常保育に変えることがむずかしかったです。仕事があるので退園は考えませんでしたが、毎日の送り迎えのときがつらかったです。
子どもが慣らし保育に慣れないため、通常保育にできず大変な思いをしたママもいるようです。他にも、保育園生活に慣れないために、家にいると子どもが後追いをしてきて大変だったというママの声もありました。

慣らし保育に慣れないときに意識したこと

子どもが保育園の慣らし保育に慣れないとき、どのような対応をすればよいのか気になるママもいるかもしれません。慣らし保育に慣れないときに意識したことについて、ママたちに聞いてみました。

子どものがんばりを認める

子どものがんばりを認める
wizdata1/Shutterstock.com
30代ママ
朝バイバイをするときに、「ママもお仕事がんばってくるから、◯◯ちゃんも保育園がんばってね。」とハグしてさっと別れます。お迎えのときも、「今日も保育園でがんばってくれてありがとう。」とハグしています。
慣らし保育中に子どもが慣れない場合でも、仕事のために預けなければならないママもいるでしょう。子どもが慣れない環境の中でがんばっていることを認めることも大切かもしれませんね。

子どもが安心するアイテムを持っていく

30代ママ
慣らし保育中に、子どもが大泣きをしていて遊ぼうとしないときがあると先生に聞きました。小さい頃から使っているお気に入りのタオルを持っていくと、少しは安心できるのかタオルを握りしめながら遊んでいたそうです。
慣らし保育に慣れないときは、子どもが安心できるアイテムを保育園に持っていってもよいか、先生と相談してみるとよいかもしれません。いつも身近にもっているお気に入りがあると、慣れない保育園でも、気持ちを落ち着かせることができる子どももいるようです。

先生に相談する

30代ママ
慣らし保育を一カ月近く行っても、子どもがなかなか園生活に慣れないため、退園も考えて先生に相談しました。先生は子どもの毎日の姿をみて、「もう少しで慣れると思いますよ。どうしたらもっと楽しくすごせるか工夫してみますね。」と言ってくれたので、相談してよかったと感じました。
保育園に慣れない子どものことを、担任の先生に相談したママもいるようです。ママやパパだけで悩まず先生に相談しながら、どのようにしたら子どもが慣れていくのかをいっしょに考えていけるとよいかもしれません。

子どもの様子をみながら慣らし保育を考えよう

子どもの様子
asharkyu/Shutterstock.com

仕事復帰などで子どもが一歳になる頃から、保育園の慣らし保育を始めるママもいるようです。はじめのうちは子どもも親も慣れないために、こんなに泣いていて大丈夫なのか不安になったというママや、退園した方がよいのか考えたというママの声もありました。

慣らし保育に慣れないときは、子どもが安心するアイテムを持っていったり、担任の先生に相談したりしながら、子どもの様子にあわせて考えていけるとよいですね。

2020年01月04日

専門家のコメント
40
    すみっこ先生 保育士
    私自身、お家大好きお母さん大好き 幼稚園嫌ー(涙) の幼少期でした。泣いている子を受け入れ
    かんな先生 保育士
    慣らしに入るお子さんの年齢によっても馴れるまでの時間が違うように思います。8ヶ月未満で入る
    いちぽ先生 保育士
    慣らし保育は園によって期間はさまざまですよね。
    我が子が泣いていて、迎えに行っても泣いてい
    あーちん先生 保育士
    預けるママたちからしても子どもが泣くのは辛いですよね。。慣らし保育はその子に合わせて時間を
    でぶいも先生 保育士
    毎日泣いてしまっても、着実に慣れていきます。泣きながらも周りの様子を見て、少しずつ少しずつ
    かか先生 保育士
    慣らし保育はその子によって期間は違います。1歳だと2週間程度行われる慣らし保育も3週間、1
    なごみ先生 保育士
    慣らし保育中たくさん泣いてくれる子の方が意外と早く保育所に慣れてくれるものです。泣いている
    ぽんた先生 保育士
    慣らし保育は、園により、またお家の事情により色々ですねー。もちろん、できるなら、慣らし保育
    わい先生 保育士
    子どもが泣いてしまうと、朝離れるときに悪いことをしている気持ちになって、仕事にいくことにな
    ことり先生 保育士
    慣らし保育は子どもによって全然違います。

    泣いてなかった子も、慣らし保育が終わってから、
    みぃ先生 保育士
    子どもによって環境に適応するのに時間がかかり、昼寝時間に寝れなかったり、ご飯を拒否してみた
    はなばたけ先生 保育士
    子どもと同じ目線もしくは目線より下から話しかけるのは常に心掛けています。 ( ^o^ )
    きいちゃん先生 保育士
    慣らし保育の長さはお子さんやご家庭の事情によって様々かとおもいますが、お子さん、そしてママ
    べこな先生 保育士
    保育士の立場からすると、よくあること、絶対なれるから大丈夫。って思うのですが、ママの立場に
    めーめー先生 保育士
    子どもが保育園や幼稚園に慣れる期間にはかなり個人差があると思います。初日からケロッと遊んで
    ゆか先生 保育士
    0才児のお母さんは仕事復帰前に預けるかたが多いので最初はミルクを飲まなくてもいい2時間から
    あゆみ先生 保育士
    慣らし保育は子どもにとってもご両親にとっても、お互いに離れるのが辛いですよね。子どもの様子
    せおみ先生 保育士
    慣らし保育の期間は園によっても様々ですし、お子さんが園の環境に慣れる。事もその子の成長のタ
    あー先生 保育士
    わたしが保育園で乳児クラスを担当していたときも、はじめのうちは子どもも親も慣れないために、
    たんぽぽ先生 保育士
    お母さんとしては辛いですよね
    先生方はそういうお子さんを何十人とみておられるので大丈夫です
コメントをもっと見る

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧