赤ちゃんを育てながら自宅で仕事。家事と育児の合間に在宅ワークは可能?

赤ちゃんを育てながら自宅で仕事。家事と育児の合間に在宅ワークは可能?

在宅ワークであれば、仕事の拘束時間も少なく育児との両立もしやすいのでは?と思うママも多いかもしれません。しかし、赤ちゃんがいる環境で在宅ワークを経験したママたちは、苦労経験があるようです。ママたちの体験談を交えて、赤ちゃんを育てながら在宅ワークをすることのメリット・デメリットについて調査してみました。

在宅ワークの種類

ひと口に在宅ワークといっても、在宅ワークにはさまざまな種類があるようです。主婦に人気のある在宅ワークには、どのようなものがあるのでしょうか?

データ・文字入力

ネット環境が整ったパソコンを所有していて、タイピングができればすぐに始められる仕事なので、在宅ワーク初心者のママにはおすすめの仕事かもしれません。

難しいスキルを要求されない分、量をこなさなければまとまった収入にはつながりづらいようです。

アンケートモニター

パソコン環境などが整っていなくてもスマホがあれば手軽に始められるらしく、主婦には人気の仕事のようです。

モニター登録をして、アンケートに回答したり試供品を試してみたりすることでポイントを貯め、そのポイントを現金に換金できるシステムになっているようです。

ライター

文章を書く仕事で、内容はブログや口コミなどの初心者でも書きやすい内容のものから、専門的な知識を必要とする記事まで、幅広くあるようです。

書き慣れないうちは時間が掛かることもあるようですが、慣れてきて作業スピードが上がったり専門的な知識が増えてくることで、高単価の依頼も受けやすくなるようです。

内職・軽作業

自宅で製品の検品を行ったり、商品を袋詰めしたり、いわゆる昔ながらの”内職”と呼ばれるお仕事を指すようです。細かい作業が好き、もしくは得意というママにとっては始めやすい仕事かもしれません。納期を守って、コツコツと作業をするのが苦にならないママには向いている仕事でしょう。

この他にもホームページ作成や翻訳の仕事など、在宅ワークの種類は多岐に渡るようです。自身のスキルを活かしたり、地道に仕事を継続させることで徐々にスキルを磨いていったりなど、働き方はママによって人それぞれ。在宅ワークを希望する場合は、まずは自身がどのような働き方をしたいか考えてみることが大切かもしれませんね。

在宅ワークのメリット

在宅ワーク
PR Image Factory/Shutterstock.com

在宅ワークは一般的に育児との両立がしやすいイメージがありますが、実際に赤ちゃんを育てながら在宅ワークをしているママたちに話を聞いてみました。

「産後1週間程ですぐに仕事を開始しましたが、最初のうちは1日数時間程度、体調が回復してきたら仕事量を増やすなど、自身の産後の体調や赤ちゃんのペースに合わせて仕事量を調整できるのは在宅ワークならではの良さです」

「会社勤務のママと比べて、圧倒的に時間の融通が利くと思います。締め切り以外は、自分のペースでできるのが良かったと思います」

「フルタイムできっちり毎日働くわけではないので、仕事をしながらも比較的赤ちゃんのそばにいられたような気がします。赤ちゃんの成長を身近に感じながら仕事ができることに幸せを感じます」

今回、話を聞いてみて、在宅ワークと育児を両立させているママたちは、”自己管理がしっかりしている”という共通点があるように感じられました。産後いつから仕事を始めるか、どれくらいの仕事量を請け負うかなど、在宅ワーカーは拘束がないため自己管理がきちんとできないと仕事の継続が困難になってしまう可能性があります。

多くのママはまずは赤ちゃんのペースに合わせながら徐々に仕事量を調整しているようなので、自己管理をしっかりしてマイペースに在宅ワークを始められるとよいですね。

在宅ワークのデメリット

実際に赤ちゃんを育てながら在宅ワークをしたからこそわかる、在宅ワークのデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

「子どもが赤ちゃんのうちはまとまって仕事ができるのが深夜しかなかったので、睡眠時間がなかなか取れないのが辛かったです」

「どんなに体調が悪くても、在宅ワークは自分以外の代わりがいません。辛くても穴を開けられないような状況の仕事は、もう神頼みです」

「ある意味、時間の組み立てが自由なので、日中赤ちゃんにつきっきりになっていると夜中に仕事をせざるを得ないスパイラルにはまります。とはいえ夜中の授乳で仕事が中断されることも頻繁にあるので、ついイライラ。実際は育児の合間に仕事をするのは難しく、仕事をするか、赤ちゃんを見るか、決められた時間にできるのはどちらかしかないようです」


育児をしながらの在宅ワークには、実はこのような苦労があるようです。仕事を引き受けた以上責任はすべて自分にあるので、どんなに赤ちゃんや自分の体調が悪くなっても、どんなに育児が忙しくても、仕事を放り投げることはできず、悩むママも多いようです。

子どもが赤ちゃんのうちは大変なことがたくさんあるかもしれませんが、子どもが大きくなるにつれて在宅ワークが楽になってきたというママもいるので、長い目で見て頑張ることが大切なのかもしれませんね。

まずはスローペースで

赤ちゃんとママ
takayuki/Shutterstock.com

赤ちゃんのそばにいながらも仕事ができる在宅ワークは、育児も仕事も頑張りたいママにとってはとても魅力的な仕事かもしれません。しかし、育児に加えて仕事量も一気に増やしてしまうとママ自身が疲れ果ててしまうかもしれません。

まずは赤ちゃんの成長に合わせて様子を見ながら、ゆっくりと在宅ワークを検討してみてはいかがでしょうか。

2017年12月14日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧