沐浴用ベビーバスの代用品とは。マットなど沐浴に使ったグッズ

沐浴用ベビーバスの代用品とは。マットなど沐浴に使ったグッズ

代用品で沐浴するときに気をつけたこと

新生児期などの赤ちゃんが沐浴で使うベビーバスを、他のもので代用できないか気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、ベビーバスの代用品として使ったものと、マットやガーゼなどの沐浴をするときに使ったグッズの他に、代用品を使うときに気をつけたことについてご紹介します。

沐浴用のベビーバスを代用したいとき

新生児期などの赤ちゃんが沐浴をするとき、ベビーバスの代用として使えるものはあるか気になるママもいるかもしれません。ママたちに、ベビーバスを他のもので代用したい理由と代用するときに気になることについて聞いてみました。

30代ママ
沐浴をする期間は短いので、ベビーバスを購入するか他のもので代用するか悩んでいます。代用する場合は、どのようなものを使うことができるのでしょうか。
20代ママ
ベビーバスを使わなくなったときのことを考えると保管や処分に悩み、他のもので代用したいと考えました。沐浴でベビーバスの代用品を使うときはどのようなことに気をつけたらよいのか知りたいです。
ママたちに話を聞くと、沐浴をする期間は短いことなどから、ベビーバスを他のもので代用したいと考え、代用品として使えるものや代用品を使うときに気をつけることなどが気になるようです。

ママのなかからは、ガーゼなど基本的な沐浴グッズの他に、ベビーバスの代用品を使うときにあるとよいグッズはどのようなものなのか気になるという声も聞かれました。

そこで今回は、ベビーバスの代用品についてママたちの体験談をご紹介します。

ベビーバスの代用として使ったもの

ベビーバスを他のもので代用するとき、どのようなものを使ったらよいのか気になるママがいるようです。どのようなものをベビーバスの代用品として使い、沐浴をしたのかママたちに聞いてみました。

たらい

20代ママ
うちは、たらいをベビーバスの代わりにしていました。ベビーバスに比べると小さいですが、新生児期の赤ちゃんを入れるには十分でした。沐浴が終わった今は、服や靴を洗うときに使えて便利です。
たらいを使って沐浴をしたママがいるようです。他には、大きめの洗面器やランドリーバケツで代用したという声も聞かれました。

衣装ケース

40代ママ
家にあったプラスチック製の衣装ケースをベビーバスの代用として沐浴に使いました。小さめの衣装ケースを選んだところ、溜まるお湯の量がちょうどよく赤ちゃんの体を支えやすいように感じました。
プラスチック製の衣装ケースを使って沐浴をしたママもいるようです。赤ちゃんの服はどんどん増えていくので、沐浴が終わった後も活用できるかもしれませんね。

洗面台

洗面台
Andy Dean Photography/Shutterstock.com
30代ママ
洗面台に直接お湯をはって沐浴をしました。洗面台は立った状態で使えるので、しゃがんだり屈んだりせずに楽な姿勢で赤ちゃんをお湯に入れることができました。
洗面台を利用して沐浴をすることもできるようです。ママのなかには、洗面所での沐浴は、お湯を溜めたり後片づけをしたりするのが楽だったという声もありました。

代用品で沐浴するときに使ったグッズ

沐浴の際は、ガーゼや沐浴布、ベビーソープなど用意するグッズがありますが、ベビーバスの代用品を使うとき、特別に用意するものはあるのでしょうか。ベビーバスの代用品で沐浴をしたことのあるママたちに、代用品を使うときに用意したグッズについて聞いてみました。

沐浴用のマット

20代ママ
洗面台で入浴するときに、赤ちゃんの肌が洗面台に触れてびっくりしないように沐浴用のマットを用意しました。マットは水切れがよく使った後の片づけも簡単です。
赤ちゃんの肌が洗面台に触れないように沐浴用のマットを用意したママもいました。沐浴に使えるマットにはプレイマットとして使えるタイプなどさまざまな種類があるようです。

スポンジタイプのマット

20代ママ
衣装ケースで沐浴をしようとしたとき、思っていたよりも深く感じたので厚みのあるスポンジマットを底に敷きました。スポンジマットはお風呂に入るようになったとき、赤ちゃんを寝かせるマットとしても使えたので、赤ちゃんの沐浴や入浴を1人で行う私には便利なグッズです。
深さのある衣装ケースを使って沐浴をするときに、厚みのあるスポンジタイプのマットを使ったようです。洗面所での沐浴のときにスポンジタイプのマットを利用したというママの声もありました。

ベビーバスの代用品を使うときに気をつけたこと

ベビーバスの代用品で沐浴をするときに気をつけたことについてママたちに聞いてみました。

使用前後に洗う

掃除道具
Olga Miltsova/Shutterstock.com
40代ママ
洗面所で沐浴をしているので、沐浴前と後にはお風呂用の洗剤を使ってきれいに洗うようにしています。お湯をはる部分のみでなく赤ちゃんが触れる可能性がある場所はすべて洗うようにしました。
新生児期などの赤ちゃんが沐浴をするときは清潔な状態にしたいですよね。ママのなかからは、沐浴前は消毒をするという声も聞かれました。

お湯の温度に気をつける

20代ママ
たらいを使って沐浴をしていましたが、温度が下がりやすいと感じ少し高めの温度のお湯を用意するようにしました。赤ちゃんをお湯に入れる前に温度計と自分の手でちょうどよい温度か確かめてから入れるようにしています。
用意するベビーバスの代用品によっては温度が下がりやすいかもしれません。ママのなかには、お湯が冷めないうちに沐浴ができるように、素早くお世話をしたという声もありました。

安全に配慮して使う

30代ママ
プラスチック製の衣装ケースをベビーバスの代用として使っていましたが、熱いお湯を入れると変形してしまう可能性があると考えました。沐浴をするときは安全に使えるか配慮するようにしています。
代用品はお湯を入れて使ったり、赤ちゃんを入れて使ったりするために作られたベビーバスとは異なるため、安全面に配慮することも大切なようです。違和感がある場合は、使用を中止することも必要かもしれません。

ベビーバスの代用品はさまざま

沐浴する赤ちゃん
michaeljung/Shutterstock.com

新生児期などの赤ちゃんが沐浴をする期間が短いことから、ベビーバスを他のもので代用したいと考えるママがいるようです。

ママたちにベビーバスの代用品として使っているものを聞いてみると、衣装ケースや洗面台などさまざまなものを使っているという声がありました。

代用品を使って沐浴をするときはガーゼなどの沐浴グッズの他に、沐浴マットを用意するなど沐浴がしやすくなるような工夫するとよいかもしれません。

ベビーバスを代用するときは、使用前後に洗ったりお湯の温度を調節したりして快適な沐浴ができるとよいですね。

2019年12月11日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧