沐浴での上がり湯のかけ方。洗面器やシャワーでのかけ方など

沐浴での上がり湯のかけ方。洗面器やシャワーでのかけ方など

上がり湯のポイントをおさえておこう

赤ちゃんの沐浴をするとき、上がり湯をどのようにかければよいのかや、温度はどのくらいがよいのかなど、知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、洗面器やシャワーを使ったときの、上がり湯のかけ方のポイントや上がり湯後に手早く支度をするために意識したことなどをママたちの体験談を交えてご紹介します。

沐浴の上がり湯に関する悩み

赤ちゃんの沐浴の際に、上がり湯をするときの悩みをもつママもいるのではないでしょうか。沐浴時の上がり湯の悩みについて、ママたちに聞いてみました。

30代ママ
私一人で沐浴するとき、上がり湯をどのようにかけるとよいのかわからずに困ってしまいました。洗面器を使った上がり湯のかけ方について知りたいと考えています。
30代ママ
沐浴をするとき、上がり湯を用意するのを忘れてしまうことがあります。沐浴の上がり湯はシャワーでかけてもよいのか知りたいです。
30代ママ
上がり湯を沐浴のお湯と同じ温度で用意すると、かけるときに冷めてしまっていることがあります。上がり湯は何度くらいのお湯を用意すればよいのでしょうか。
上がり湯について、さまざまな悩みをもつママがいるようです。退院してからの沐浴は、ママやパパが一人で行うこともあるようなので、しっかりと準備をしておくことが大切かもしれません。

沐浴の上がり湯のやり方やポイントなどについて知っておくと、赤ちゃんとの沐浴の時間をより楽しくすごせるかもしれませんね。


沐浴の上がり湯のやり方

沐浴の最後に行う上がり湯は、どのように行うとよいのでしょう。沐浴時の上がり湯のやり方について、ママたちに聞いてみました。

洗面器を使う

30代ママ
上がり湯用に小さな洗面器を用意しています。沐浴のお湯より少し熱めのお湯を沐浴前にはっておくと、上がり湯をするときに適温になっています。
30代ママ
一人で沐浴することが多いので、なるべく手順を簡単にしたいと考えていました。大きめの洗面器を用意してお湯を入れておき、沐浴の最後に洗面器に赤ちゃんを浸からせることで、上がり湯の代わりにしています。
洗面器に用意したお湯を、沐浴の最後に上がり湯としてかけているママがいるようです。他にも、用意した洗面器は、大人といっしょにお風呂に入るようになってからも使うことを考えて購入したというママの声もありました。

シャワーを使う

30代ママ
お風呂の洗い場にベビーバスをおいて沐浴をしています。上がり湯はシャワーを弱い水圧にして行っています。
沐浴の上がり湯は、シャワーを使ってかけているというママもいるようです。一人で沐浴をしているママからは、お湯をはった洗面器よりも軽く、かけやすかったという声も聞かれました。

沐浴の上がり湯をするときのポイント

沐浴の上がり湯をするときに気をつけた方がよいことについて、気になるママもいるかもしれません。上がり湯をするときのポイントを、ママたちに聞いてみました。

かける前に温度を確認する

温度の確認
Jiri Hera/Shutterstock.com
30代ママ
上がり湯の温度が熱すぎたり、途中で冷めたりしていないか心配になりました。上がり湯をかける前には必ず、お湯の温度を手で確認するようにしています。
上がり湯をする前にお湯の温度を確認することも大切なようです。洗面器に上がり湯を用意するときもシャワーを上がり湯代わりにかける場合も、赤ちゃんに上がり湯をする前には必ず温度を確認してからにするとよいかもしれません。

下半身から少しずつかける

30代ママ
上がり湯をかけるときに驚いたのか、赤ちゃんが泣いてしまうことがありました。上がり湯を下半身から少しずつかけると、赤ちゃんも気持ちよさそうにしていました。
沐浴の上がり湯は、下半身からかけていくことも大切かもしれません。他にも、上がり湯を勢いよくかけないよう、少しずつ丁寧にかけるようにしているというママの声もありました。

笑顔で声かけをしながら行う

30代ママ
沐浴中はきちんと洗いながらも、赤ちゃんの顔をみて声かけをしながらするようにしています。上がり湯をかけるときも、笑顔で「気持ちいいね」と話しかけながら行っています。
上がり湯をかけるとき、赤ちゃんが怖がらないよう、笑顔で声かけしながら行うとよいようです。ママの優しい声を聞きながら上がり湯をかけてもらえば、赤ちゃんもリラックスできるかもしれませんね。

上がり湯後の支度で意識していたこと

沐浴はママやパパが一人で行うこともあるかもしれません。上がり湯後に手早く支度をするために意識していたことについて、ママたちに聞いてみました。

タオルを広げておく

バスタオルを用意
Flashon Studio/Shutterstock.com
30代ママ
沐浴は気温の暖かい昼間に、私が一人で行うことがあります。沐浴の前に座布団の上にバスタオルを用意して、上がり湯後はすぐに体を拭けるように準備しています。
一人で沐浴をする場合、沐浴をはじめる前に、バスタオルなどを用意しておくとよいようです。他にも、沐浴後に必要なグッズは、タオルの隣にすべて準備しておくというママの声もありました。

下着や衣類、おむつをセットしておく

30代ママ
沐浴後は、赤ちゃんがぐずってしまうことがあります。上がり湯後にスムーズに着替えができるよう、下着や衣類、オムツなどをあらかじめセットにして用意しています。
下着や衣類をすぐに着られるように、袖を通せる状態にしてセットしておくママもいるようです。上がり湯後に支度がスムーズにできると、湯冷めも防げてよいかもしれませんね。

リラックスして沐浴の上がり湯をかけよう

赤ちゃんの沐浴
Hywit Dimyadi/Shutterstock.com

沐浴のときの上がり湯は、洗面器を用意しているママやシャワーを使って行っているママもいるようです。上がり湯をかける前にしっかりと温度を確認して、優しく声をかけながら下半身から少しずつ行うかけ方がよいかもしれません。

上がり湯後にスムーズに身支度を終われるよう、バスタオルを広げておいたり、下着や衣類、オムツなどをセットしておいたりすることも大切かもしれません。必要なものは沐浴前に用意して、ママも子どももリラックスして沐浴できるとよいですね。

2019年12月09日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧