保育園のスケジュール。1日の過ごし方や年齢によっての違い

保育園のスケジュール。1日の過ごし方や年齢によっての違い

保育園によってさまざまなスケジュール

子どもたちが1日のほとんどの時間を過ごす保育園。どのようなスケジュールで過ごしているのか気になっているママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、保育園のスケジュールと年齢によっての違い、各園のスケジュールの違いをママたちの体験談を交えてご紹介いたします。

保育園での1日のスケジュール

保育園入園を考えているママやパパにとって、子どもたちが実際にどのように保育園で過ごしているのか気になるかもしれませんね。

まだ小さい子どもが、ほとんどの時間を過ごしている保育園の1日のスケジュールを把握しておくことでママやパパの安心も得られるでしょう。

実際に子どもを保育園に通わせているママたちに聞いてみると、それぞれの保育園によって1日のスケジュールはさまざまなようです。

年齢によってスケジュールに違いはあるの?

実際に保育園に通う子どもたちの1日のスケジュールは、年齢によって違いがあるのでしょうか。各園によって異なるため、おおよその目安として1日のスケジュールをまとめてみました。

0歳児

7:30~     早朝保育
8:30~9:30    登園、体調確認
10:00~1:30   朝の遊び、外気浴
11:30~13:00   昼食(離乳食など)
13:00~15:00   お昼寝
15:00~16:00   自由遊び
16:00~     降園

0歳児でも月齢によって、スケジュールの内容も変わってくるので、1日の流れはあっても基本的にはそれぞれの子どものペースによって過ごしているようです。

1歳児・2歳児

眠る女の子
iStock.com/kohei_hara

7:30~       早朝保育
8:30~9:30    登園、体調確認
10:00~11:30   朝の遊び、散歩
11:30~12:30 昼食
12:30~15:00 お昼寝
15:00~15:30 おやつ
15:30~16:00 室内遊び
16:00~ 降園

1歳児と2歳児は標準的な生活リズムに沿ったスケジュールで、1日を過ごしているようです。

この時期は、言葉などのコミュニケーションも徐々に増えてくる時期かもしれません。保育園でも個々のペースを大切にしながら、生活リズムを整え、集団生活に移行していくスケジュールになっているようです。

3歳児

7:30~    早朝保育
8:30~9:30    登園、体調確認
10:00~11:30 主活動(屋外遊び、体育遊び、創造遊びなど)
11:30~12:30 昼食
12:30~15:00 お昼寝
15:00~16:00 自由遊び
16:00~ 降園

18時半以降、延長保育で過ごす子どももいるようです。

3歳児もスケジュールは1歳児、2歳児とほぼ変わらないようですが、排泄や昼食、着替えといった生活のあらゆることが自立してくるようです。

そのため、遊びの部分でも、お絵かきやハサミやのりを使った制作遊びや手遊びやごっこ遊び、体を動かす遊びなど、遊びの幅も広がるようです。

各園のスケジュールの違い

おおよそのスケジュールは同じであっても、各園によって活動の中身や具体的な時間はさまざまなようです。それぞれの年齢と各園によってのスケジュールの違いをママたちの声からご紹介します。

散歩

散歩する女の子
DN6 - stock.adobe.com

散歩や外気浴の時間が大好きな子どももいるようですね。散歩のときにどのように過ごしているのか、ママたちに聞いてみました。

30代/0歳児のママ
10:00頃からまだ歩行ができない園児もバギーに乗せてもらって、みんなで散歩に行くようです。
30代/1歳児のママ
天気が良ければ必ず近所の公園に散歩に行きます。
30代/1歳児のママ
散歩の際に、市電を見に行ったり、乗ったり、100均に買い物に行ったり、ハロウィンで近所のお店にお菓子をもらいに行ったりすることもあるようです。
30代/2歳児のママ
10:30頃から園児みんなで公園で遊びに行きます。シャボン玉をしたり、砂場で遊んだりしているようです。

天気が良ければ午前中に散歩をしている保育園が多いようですね。公園で遊ぶだけの園もあれば、季節ごとにイベント性を持たせた活動を行っている園もあるようですね。

おやつ

保育園でのおやつの回数や時間をママたちに聞いてみました。

30代/1歳児のママ
おやつの時間は午前と午後の2回あります。
30代/2歳児のママ
15:00からの午後のみおやつの時間があるようです。
20代/3歳児のママ
朝と午後の2回、おやつの時間がありました。泣きながら登園しても、登園直後のおやつで機嫌が良くなり、助かっていました。

補食の意味もあり、おやつの時間をとっている保育園は多いようです。午前と午後の2回ある園もあれば、午後のみの園もあるようで、回数もさまざまですね。

お昼寝

保育園では、年齢ごとに回数や時間もそれぞれのお昼寝の時間をどのように取っているのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

30代/1歳児のママ
お昼寝はだいたい12:30~15:00前後にしているようです。
30代/2歳児のママ
時間は決まっていませんが、昼食を終えた園児から順にお昼寝しているようです。お昼寝しない子もいます。

昼食後にお昼寝の時間を取っている保育園が多いようですが、時間を決めている園もあれば、時間を決めずに園児それぞれのペースに合わせている園もあるようです。

クラスを問わず、園児全員が決まった時間にお昼寝しているというママの声もありました。

保育園で生活習慣を身に付けていく

絵本を読む園児
tatsushi - stock.adobe.com

保育園によってさまざまなスケジュールと内容に沿って子どもたちは生活しているようです。

年齢によっても生活のリズムや遊びの種類も変わってくるようですが、保育園ではそれぞれが成長していくなかで、基本的な生活習慣を身に付ける大切な場となっているようですね。

保育園での1日のスケジュールを通して、ママやパパも子どもの成長をたくさん感じられるといいですね。

2019年11月28日

専門家のコメント
6
    ぬーぴー先生 保育士
    私の園では、0~2歳児の午前のおやつは、だいたい9時頃です。おやつとありますが、一度の食事でたくさん食べられないという理由からの補食ですので、少量の芋やおにぎりなどが出ます。昼の給食の食べ込みを重視しているため、食べ込みの良い子はおやつで食べすぎないよう量を調整しています。 課外教室や行事練習などは、基本的に午前の遊び時間にし、午後は自由遊びが多いです。保育園の見学を検討されている方は、午前中の給食前(11:30前)に行かれると、園が力を入れている保育が見やすいのではないかと思います。 ただし、お散歩などで園外で過ごしている可能性もありますので、注意が必要です。 1番良いのは雨の日の午前中ですね!
    ひよこ先生 保育士
    保育料無償化で0〜2歳児クラスの午前のおやつが、牛乳のみになる保育園もあるみたいですね。 お昼寝の時間も時期も保育園によって様々なので、気になるようだったら入園式の時にもらう「入園のしおり」のような資料をみてみるといいですよ。だいたい1日のスケジュールが載っているはずです。 園見学でしたら、他の先生も書いてみえるように10:00くらいからか、園庭開放や未就園児の会に参加すると様子がみられますよ☺︎
    わい先生 保育士
    012歳児は、午前中にもおやつがあり、345歳児も午後に一度おやつがあります。 保育園は、養護がメインです。ですが、小学校までに身につけておきたいことはしっかり教育しています。 園によっては、保育園でも、幼稚園なの?とおもうぐらい色々なことを教えてくれる園もあります。 また、幼稚園と違い保育時間が長いです。私が前いた園では、朝7時から夜7時までやってました。近くの園は夜8時30までやっている園もありました。働く親にとってはありがたいですね。
    あや先生 保育士
    今の職場(こども園)では、0〜2歳児の朝のおやつは、朝食も食べてきていますし、給食まで2時間ほどということもあり、煎餅などが多いです。 また前の職場(保育園)では、7〜21時までしている保育園でしたので、希望者(料金はかかります)には夕軽食として、うどんや焼きそば、おにぎりと味噌汁など晩ご飯のようなものも提供していました。 園や委託している給食の業者によって食事のメニューの豊富さ、カロリーだけでなく噛む力などの子どもの発達を考えて提供してくれるかなど差が大きいです。 また今の職場の給食の時間は0歳児が11時過ぎ、約10分ごと食事時間はずれており、2歳児で11:30くらいには食べ出しています。幼児もその延長ですので、園見学で主の活動を見られたい方はどの学年も朝の用意などが済んで落ち着いた、10時頃からをおすすめします。
    まあこ先生 保育士
    保育園 ★2歳児★ 7:30~ 早朝保育 8:30~10:00登園・支度・朝の遊び 10:00~朝礼・うた 10:15~おやつ 10:30~11:15主活動 11:25~12:00ごはん 12:20~14:00お昼寝 14:15~14:45おやつ 14:45~帰りのお支度・うた 15:20~降園 15:30~遅番 主活動では制作や外遊び、粘土あそび、自由画様々なものがあります。 園の外に散歩に行くことはありませんが、広い園庭で1日1回は短くても必ず遊びます。子どもたちの集中力は短いので次々と違う活動を提供しています。集中力が続くギリギリのところ(15分前後)で次の活動に移るので不完全燃焼になることなく園生活を送ることが出来ています。
    ことり先生 保育士
    各園のスケジュールは、 多少前後しますが、概ね同じようなところが多いのかなと思います。 決まった時間で動くというより 子どもの姿を捉えながら 保育士が活動などの時間を調整して、おやつや食事を設定しているといいのかなと思います。 0歳は特に成長が著しいため 始めは11時少し前から食事をしていたところ 少しずつ時間をずらして遅くしていったりします。 年間を通しても変わってきます! そんな話も聞いてみたら、いいのかもしれないですね。 見学のおすすめ時間は午前中です。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧