パパたちが持っているイクメングッズ。種類や選び方のポイント

パパたちが持っているイクメングッズ。種類や選び方のポイント

抱っこ紐やバッグ、ファッションなど

子どもが生まれて、メンズバッグや抱っこ紐などのイクメングッズを持ちたいと考えているパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、イクメンパパが持っているグッズやファッションのほか、ママがプレゼントとして選んだり、パパが購入するときのポイントを体験談を交えてご紹介します。

イクメングッズを持とう

子どもが生まれたことをきっかけに、育児に参加しやすくなるようなグッズを持ちたいと考えるパパもいるのではないでしょうか。積極的に育児参加してもらいたいと考え、パパにイクメングッズを贈りたいと思っているママもいるかもしれませんね。

パパが育児をするときに役立つイクメングッズにはどのようなものがあるのか、選ぶときのポイントとともにご紹介します。

パパがイクメングッズを持ったタイミング

どのようなタイミングでイクメングッズを持ったのか、パパたちに聞いてみました。

30代パパ
子どもが生まれる前に、自分で荷物のたくさん入るお出かけ用のメンズバッグを用意しました。産後は、仕事に加えて育児や家事をするのに忙しかったので、生まれる前に買っておいてよかったと思いました。
20代パパ
子どもと車で出かける機会が思ったよりも多くありました。運転中の子どもの様子が気になって、生後2カ月目のときにベビーミラーを買いました。

イクメングッズを持つタイミングはさまざまのようで、事前に使うことを想定して出産前に用意しているパパもいれば、出産後に必要だと感じて用意しているパパもいるようです。どのようなタイミングでイクメングッズを用意したりプレゼントしたりするかは、生活スタイルなどを考えて決めるとよいかもしれません。

パパたちの持っているイクメングッズ

イクメングッズを持つことで、パパたちはより子どもと楽しくすごせるようになったり、子育てに参加しやすくなったりすることもあるかもしれません。実際に使っているイクメングッズをパパたちに聞いてみました。

抱っこ紐

30代パパ
子どもが生まれた当初は一つの抱っこ紐を妻と共有していましたが、使うたびに肩紐の長さを調節する必要があり面倒だと感じることもありました。自分専用の抱っこ紐を購入したところ、以前より気軽に装着できるようになり、子どもを抱っこする時間が増えました。

イクメングッズとしてパパ専用の抱っこ紐を持っているという声がありました。抱っこ紐には、一般的なキャリータイプのほか、スリングタイプもあるようなので使い勝手やパパの好みにあわせて選んでみてはいかがでしょうか。

リュックやバッグ

リュック
Evgeny Kononov /Shutterstock.com
20代パパ
休日の子どもとの散歩へ行くときには、収納力のあるメンズバッグを持って出かけるようにしています。以前はバッグなどを持ち歩かないタイプだったのですが、子どもとのお出かけは荷物が多くなりがちなので、専用のバッグがあるととても便利です。

荷物が多くなりがちな子どもとのお出かけに使うため、パパ専用のメンズバッグを用意することもあるようです。バッグには、スーツにもあうカバンタイプや大容量のリュックサックタイプなど、さまざまな種類があるようなので好みにあわせて選んでみてはいかがでしょうか。

リンクコーデできる服

30代パパ
子どもとおそろいになる洋服を購入し、子どもとのリンクコーデを楽しんでいます。3歳になるうちの子は『パパと同じ服でかっこいい!』と毎回喜んでくれるので、子どもとのコミュニケーションの機会としても役立っています。

子どもとおそろいの服を用意し、リンクコーデを楽しんでいるパパもいるようです。ボーダーなどシンプルなデザインの洋服を購入し、家族みんなでリンクコーデを楽しんでいるというパパの声もありました。

ベビーミラー

30代パパ
子どもを連れて車で出掛けるときは、後ろに乗せた子どもの様子を確認しづらく気になることもありました。ベビーミラーを取り入れてみたところ、後ろを向かなくても子どもの顔や動作を確認できるので、安心して運転できるようになりました。

車で子どもとお出かけするときには、ベビーミラーがあると便利なこともあるようです。ミラーごしに子どもと目をあわせることもできるため、子どもも安心して乗ってくれるようになったと感じるというパパの声もありました。

イクメングッズを選ぶときのポイント

イクメングッズはパパが自分で用意するほか、パパにプレゼントしたいと考えているママもいるかもしれません。どのようなポイントで選ぶとよいのかパパやママに聞いてみました。

長く使えるもの

20代パパ
抱っこ紐を購入するときには、なるべく長く使えるものを選ぶようにしました。幅の広い腰ベルトがついた抱っこ紐は体重20キロまで使えるようで、購入してからは重たくなった子どもをママに代わって抱っこすることが増えました。

イクメングッズとして抱っこ紐を購入するときには、長く使えるものを選んだというパパの声がありました。使う期間を考えてグッズ選びをすると、よりぴったりなアイテムが見つかりそうですね。

メンズライクなデザイン

iStock.com/lolostock
40代ママ
私が持っているお出かけ用バッグはピンク色の花柄デザインだったため、パパのファッションにあわず、持ちづらそうにしていました。パパが子どもとのお出かけ時に持つことを考えて、黒でシックなデザインのパパバッグをプレゼントしたところ、とても喜んでくれました。

イクメングッズを選ぶときには、パパが使いやすいデザインかに注目するとよいかもしれません。パパのなかからは、子育て期間が終わった後も使えるよう、子連れ以外の場面でも使えるシンプルなメンズバッグを選んだという声も聞かれました。

パパと子どもが楽しめるもの

30代ママ
子どもとパパがお風呂で楽しめそうなおもちゃを購入しました。普段仕事が忙しいパパにとって、週末に子どもと入るお風呂は大切なコミュニケーションの機会なので、そんなときに2人が楽しめるものを選びました。

パパと子どもが楽しめるアイテムを選んだというママの声がありました。サッカー経験のあるパパに子ども用のサッカーボールをプレゼントしたところ、パパと子どもの触れあう時間が増えたというママの声もありました。

イクメングッズを使って子育てを楽しもう

お出かけするパパと息子
iStock.com/franckreporter

子どもが生まれて、イクメングッズを持ちたいと考えるパパもいれば、イクメングッズをパパにプレゼントしたいと考えるママもいるようです。イクメングッズには、メンズバッグやリュックのほか、抱っこ紐やファッションなどがあるようで、お出かけの場所や荷物の量などを考えて用意してみるとよいかもしれません。

グッズを選ぶときには、長く使えてパパの好みにあわせたデザインを選んだり、子どもといっしょに楽しめるものを買ったりしてみてはいかがでしょうか。イクメングッズを持って、子どもとの時間がより充実したものになるとよいですね。

2019年06月22日

おすすめユーザーのコメント
3
    YSK
    基本は同じものを使うことが多いけど、パパ専用おもちゃとかグッズがあると特別感出そう!
    すいかママ
    ほぼ全部あてはまるー! 特に共感は抱っこ紐。毎回調整めんどくさいですよね。。 私は抱っこ紐、夫はスリングにしてみました^_^ 色々試したかったから嬉しい
    muu
    プレゼントの参考にします🎁

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧