スーパーで買い物するときベビーカーを使う?買い物カゴを使う工夫など

スーパーで買い物するときベビーカーを使う?買い物カゴを使う工夫など

ベビーカーを使わず買い物するときの工夫

赤ちゃんとスーパーで買い物するとき、ベビーカーを使っていると買い物カゴを持ちにくいのではないか、駐輪場に置かせてもらえないかなど悩むママもいるでしょう。今回は、ベビーカーで買い物するときに買い物カゴはどうしているか、ベビーカーを使わないで買い物するときや買い物が難しいときの工夫についてご紹介します。

スーパーで買い物するときベビーカーを使う?

赤ちゃんといっしょにスーパーへ買い物に行くとき、ベビーカーを使うことで他の人の邪魔にならないか、ベビーカーを押しながらスーパーのカゴを持てるのかなど気になるママもいるでしょう。

赤ちゃんがまだ小さいときは、いっしょに買い物へ行くこと自体が難しいので、どう乗り切ればよいか悩むママもいるかもしれません。

今回は、ベビーカーで買い物するときの買い物カゴはどうしているか、赤ちゃん連れで買い物が難しいときにどうしているかなどをママたちに聞きました。ママたちの声を参考にしてみてくださいね。

ベビーカーで買い物するときの買い物カゴ

ベビーカーで買い物するときに、買い物カゴをどうしていたかを聞きました。

片手で買い物カゴを持つ

「片手でベビーカーを押し、もう片方の手でカゴを持って買い物していました。買い物の量が多いときは持って歩くのはつらかったですが、少ないときは片手でどうにかなりました」(20代ママ)

ベビーカーと買い物カゴをそれぞれ片手で持って買い物するママは多いようです。まとめ買いはせず、1回の買い物の量を少なくしてこまめにスーパーに行くと、ベビーカーで買い物がしやすいかもしれません。

抱っこ紐を使いベビーカーにカゴを乗せる

「たくさん買う日は、スーパーに着いたら抱っこ紐で抱っこし、ベビーカーにカゴを乗せて買い物していました」(20代ママ)

スーパーに向かうまでは子どもをベビーカーに座らせ、到着したら抱っこ紐で買い物するママもいるようです。重いものを買う日は、ベビーカーに買い物カゴを乗せると買い物が楽になりそうですね。

フックを使う

「買い物にベビーカーを使うときは、ベビーカーに取りつけて使う買い物カゴ用のフックが欠かせません。フックをベビーカーの持ち手に取りつけて、カゴを掛けるとベビーカーを押しながらスーパーのカゴを利用するのも簡単です」(30代ママ)

赤ちゃんをベビーカーに乗せたままスーパーで買い物するときに使える、便利なグッズもあるようです。ママのなかには、ベビーカーに買い物カゴを掛けたときは重みでバランスが崩れないよう気をつけているという声もありました。

ベビーカーで買い物するとき意識したこと

野菜
iStock.com/deyangeorgiev

ベビーカーを使ってスーパーで買い物するときは、どのようなことに気をつければよいでしょうか。実際に、ママたちがベビーカーを使って買い物へ行くとき意識していることを聞きました。

時間帯を決める

「スーパーが混んでいるとベビーカーが邪魔にならないか気になり、赤ちゃんも人混みの中でかわいそうなので、ベビーカーでの買い物は比較的人の少ない午前中のうちに済ませています」(30代ママ)

スーパーの混み具合にあわせて、時間帯を決めて買い物に行くママもいるようです。ママのなかには空いている時間帯に買い物へ行くことで、大きなベビーカーを使っていても気兼ねなく気持ちにゆとりを持って買い物ができるという声もありました。

人にぶつからないよう気をつける

「ベビーカーでスーパーに行くときは、商品に気を取られて他のお客さんにベビーカーがぶつからないよう注意しながら買い物をしています」(40代ママ)

ベビーカーを使ってスーパーで買い物するときは、ベビーカーや買い物カゴが他のお客さんにぶつからないような工夫をするとよいかもしれません。大きめのベビーカーは前輪のあたりが見えづらいので、なるべく他のお客さんと間隔をあけて歩くようにしているという声もありました。

短時間で済ませる

「赤ちゃんがぐずるので、短時間で買い物を済ませて帰宅していました。私自身もカゴを持ちながらベビーカーを押すのが大変なので、買うものをメモしてスムーズに買い物できるようにしました」(20代ママ)

赤ちゃんの機嫌がよいうちに買い物を済ませたいと思うママは多いでしょう。スムーズに買い物するために、買い物の量やお店の規模によってベビーカーと抱っこ紐を使い分けたという声もありました。

ベビーカーを使わずに買い物する工夫

ベビーカーを使わずに買い物に行くときはどのようにしたらよいのでしょうか。実際にママたちが行っている方法を聞いてみました。

抱っこ紐を使う

抱っこ紐
© moonrise - Fotolia

「赤ちゃんといっしょに買い物へ行くときは抱っこ紐が活躍しました。お昼寝の時間にあわせて行くと抱っこしながら寝てしまうことも多く、私もゆっくりと買い物ができました」(30代ママ)

赤ちゃんといっしょに買い物へ行くときは、抱っこ紐を使っているママもいるようです。ママのなかには抱っこしたまま重い荷物を持つのは大変なので、かさばるものや重いものはなるべく別の機会に買うようにしたという声もありました。

ベビー用カートを利用する

「スーパーによっては赤ちゃんを乗せて使える買い物カートが用意されているので、買い物カートに赤ちゃんを乗せています。リクライニング機能のついたタイプは首がすわる前の赤ちゃんでも利用できるので便利でした」(30代ママ)

ベビー用の買い物カートを利用するのもよいかもしれません。ベビー用カートは種類によって赤ちゃんの対応月齢が違うこともあるようなので、使えるかどうかを確認してから利用できるとよさそうです。

ベビーカーを店内や駐輪場に置かせてもらう

「小規模なお店で店内が狭く、ベビーカーで買い物がしにくいときは、店員さんに承諾を得てベビーカーを邪魔にならない場所に置かせてもらい、お店のベビー用カートや抱っこ紐を使いました」(20代ママ)

通路が狭い場合などは、ベビーカーを店内や駐輪場に置いてもらったママもいるようです。ベビーカーをたたんで、場所を取らないようにしたという声もありました。マナーとして店員さんに声をかけてから置かせてもらうようにしましょう。

夫や家族といっしょに行く

「買い物は夫が休みの際にいっしょに行き、赤ちゃんの抱っこや重い荷物の運搬をお願いします。赤ちゃんが小さいうちは授乳の間隔や睡眠リズムもまちまちだったので突然泣き出したときにも2人いると対応しやすいと感じました」(20代ママ)

パパといっしょに買い物へ行くママもいるようです。ママのなかには、パパといっしょに行くことで赤ちゃんがぐずってもあやしてもらえるので安心して買い物でき、夫が子育てに協力するよい機会にもなっているという声もありました。

赤ちゃん連れで買い物が難しいとき

赤ちゃんが小さいうちや季節柄長時間の外出を控えたいなど、赤ちゃん連れでの買い物が難しいと感じるママもいるのではないでしょうか。赤ちゃんといっしょの買い物が難しい場合の工夫をママたちに聞きました。

宅配サービスを利用する

「我が家ではネットスーパーや宅配サービスを利用しています。お米などの重い荷物やオムツも玄関まで配達してくれるのでとても助かります」(30代ママ)

スーパーなどの宅配サービスは買い物に出るのが難しい場合にも便利なサービスのようです。なかには会員登録しておけば、インターネットで注文しその日のうちに届けてくれるサービスもあるようなので、必要に応じて使えるよう登録しておくのもよいかもしれません。

家族が休みのときにまとめ買いする

「パパが休みで自宅にいる日に赤ちゃんを預けて一人で買い物へ行くこともあります。育児中は自分の思うように動けないことも多いので、よい気分転換にもなります」(30代ママ)

パパが家にいるときに、赤ちゃんを預けて買い物へ行くようにしているママもいるようです。ママによると、赤ちゃんに必要なお世話についてパパに事前に伝えておくとパパもスムーズに対応できたそうです。

スーパーでベビーカーを使うかはそれぞれ

ベビーカーで買い物
iStock.com/kohei_hara


赤ちゃんとスーパーで買い物をするときにベビーカーを使うかどうかはママによってさまざまなようです。ベビーカーを使いながらスーパーのカゴが持てるのか気になるときは、買い物カゴを取りつけられるグッズを活用したり、店員さんに許可を得てベビーカーを駐輪場に置かせてもらったりするとよいでしょう。

混んでいるときはベビーカーが邪魔にならないようにするなどマナーにも気を配りながら赤ちゃんとの買い物ができるとよいですね。

2019年02月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ