おもちゃの片付けはどうしている?片付け方法や収納のコツなど

おもちゃの片付けはどうしている?片付け方法や収納のコツなど

成長に伴い数が増えていく子どものおもちゃ。どう片付けるか悩んでいるという家庭や、子どもが片付けやすい収納方法があれば知りたいというママやパパも多いかもしれません。そこで今回は、ママたちが実践している片付け方法や収納のコツなどについてご紹介します。

おもちゃの片付けはどうしている?

おもちゃの片付け問題は、子どもの成長につれて出てくる悩みのひとつ。

子どもにおもちゃを片付けるように促しても、なかなか片付けられなかったり、出しっぱなしが習慣となってしまったりしているケースも少なくないかもしれません。ほかの家庭で実践しているおもちゃの片付け方法や収納場所について知りたいママやパパもいるでしょう。

子どものおもちゃの片付けはいつもどのようにしているか、ママたちに聞いてみました。

棚やラックを使う

子どものおもちゃを収納するのに、棚やラックを活用するのは定番かもしれません。具体的にどのようなものを使っているか聞くと、ボックスがついた引き出しタイプや壁面収納タイプ、オープンラックなどの声がありました。

リビングや子ども部屋のインテリアの一部になるよう、おしゃれなデザインのものを選んだり、来客がきたときに隠せるよう、棚にカーテンを取り付けたりなどして工夫しているママもいるようです。
New Africa/Shutterstock.com
New Africa/Shutterstock.com

かごやボックスを使う

カラーボックスやファブリックボックスなどは、多くの家庭で取り入れているおもちゃの収納方法のようです。なかには、カテゴリー別で収納でき、箱の中身が一目でわかるトイラックを使っているという声もありました。

かごやボックスは、上からおもちゃを入れるだけで子どもでも片付けやすい反面、底に細かいものや割れたおもちゃの部品、ほこりなどが溜まってしまうこともあるようです。子どもが手を切ったり誤って口に入れたりすることのないよう、こまめに掃除するなどして安全と清潔を保てるとよいですね。

そのほかの収納グッズを使う

棚やかごなどに収まりきらない大きなおもちゃやぬいぐるみなどは、ランドリーボックスや玩具収納袋、玩具ワゴンを活用しているママもいるようです。なかには、蓋つきの木製バスケットや、収納付きのスツールを活用しているという声もありました。

ほかにも、引き出しや箱を組み合わせて、子どもが片付けやすく、かつ自宅のインテリアにも合うような収納を手作りしたというママもいるようです。

おもちゃを片付けるときの収納のコツ

子どものおもちゃを片付けるとき、どのような点を工夫したらよいのでしょうか。おもちゃの収納のコツについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

子ども目線で片付けやすい環境を作る

子どもが手の届く高さ、子どもが持てる大きさや重さなど、おもちゃの収納場所やボックスは、子ども目線で片付けやすいかどうかを意識して決められるとよいでしょう。おもちゃが入った箱を子どもが持ち運びやすいよう、軽いプラスチック素材の収納ボックスを用意したというママもいるようです。

おもちゃを片付けるボックスを色別で用意したり、字がまだ読めない子どもでも片付けられるよう、写真やイラストでラベリングしたりしているという声もありました。なかには、お店のディスプレイのように棚に飾る片付け方法にしたところ、お店屋さんごっこを楽しむように、子どもが進んで片付けるようになったというママもいるようです。
iStock.com/mediaphotos
iStock.com/mediaphotos

子どもの成長に合わせておもちゃの数を絞る

子どもが把握しきれないほど、たくさんのおもちゃが自宅にあるという家庭もあるのではないでしょうか。子どもが使わなくなったおもちゃは、思い切って処分することも、おもちゃを収納する上で大切なポイントのひとつのようです。

新しくおもちゃを購入するときは、今自宅にあるおもちゃの量や収納場所などを考え、この中に片付けられる分だけなどと決められると、すっきり収納できるかもしれませんね。

子どもの年齢に合わせた収納方法を考える

おもちゃをカテゴリーごとに分ける方法は、次に遊ぶときも分かりやすく取り出しやすいですが、あまり子どもが小さいうちから、仕分けを細かくしすぎる必要はないでしょう。上手に片付けられたら褒めるようにし、子どもの年齢に合わせてたできる範囲で、片づけやすいように工夫できるとよいですね。

また、2~3歳頃までは、おもちゃの片付けも大人の手助けが必要です。すべてを子どもにさせるのではなく、大人がいっしょに片付けを行い、ママやパパが片付ける姿を積極的に見せることで子どもも徐々に片づけられるようになるでしょう。

おもちゃの収納は子どもが片付けやすい工夫を

iStock.com/Hispanolistic
iStock.com/Hispanolistic
子どものおもちゃを片付けるときの収納方法は、棚やラック、かごやボックスを活用している家庭が多いようです。なかには、引き出しや箱を組み合わせて、子どもが片付けやすく、かつ自宅のインテリアにも合うような収納を手作りしたという声もありました。

子ども目線で片付けやすい環境を作る、成長に合わせておもちゃの数を絞る、年齢に合わせた収納方法を考えることなどが、おもちゃの片付けのコツのようです。片付けの方法や収納場所を工夫して、子どもがおもちゃを片付けやすい環境を整えてみてはいかがでしょうか。

2021年04月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

インテリアの関連記事

カテゴリ一覧