ベビーベッドは必要?種類や事前に確認しておきたい選ぶポイント

ベビーベッドは必要?種類や事前に確認しておきたい選ぶポイント

赤ちゃんを迎える準備をしよう

出産準備をするとき、用意する育児アイテムが本当に必要かどうか悩むことがあるかもしれません。ベビーベッドもそのようなアイテムのひとつでしょう。今回は、ベビーベッドの種類や事前に確認しておきたい選ぶときのポイントなどをまとめてご紹介します。

ベビーベッドは必要?

赤ちゃんが生まれるための準備をしていると、ベビーベッドが必要かどうか悩むママやパパもいるのではないでしょうか。中には初めての赤ちゃんで、必ず必要だと考え、ベビーベッドを出産準備リストに入れたという方もいるかもしれません。

家族構成や生活環境によっては、ベビーベッドは使いやすく便利であるだけでなく、赤ちゃんのための安全な場所の確保にも役立つアイテムのようです。

ベビーベッドの種類

安全性や衛生面にも優れたベビーベッドですが、どのような種類があるのか事前に知っておくと、ベビーベッドを準備するときもどれにすべきか悩まずよいかもしれません。

ミニサイズ

小さめのベビーベッドは、一般的な120cm×70cmのベビーベッドよりも90cm×60cmとコンパクトな設計になっています。また最近では、さらにひと回り小さめの70cm×60cmのハーフサイズのものもあるようです。

部屋の大きさに合わせたいときや移動のしやすさから、小さめのベビーベッドを選ぶママやパパもいるようです。認定マークが付いているものを選び、配置する場所を考慮することで、赤ちゃんも安心してベビーベッドで過ごせるかもしれませんね。

丸型

ベビーベッド
iStock.com/Saulich

ベビーベッドというと、四角いタイプを思い浮かべる方もいるかもしれませんが、丸型のベビーベッドを選ぶママやパパもいるようです。

丸型のベビーベッドは、見た目がかわいく部屋のインテリアに馴染むだけでなく、高さが調節できる機能に優れたタイプもあるようです。赤ちゃんの安全面を第一に考えて、どのようなベビーベッドにするか、じっくり吟味しましょう。

添い寝型

赤ちゃんと寝るとき、添い寝をしたいと考えるママやパパもいるでしょう。添い寝ができるベビーベッドには、ベッドサイドタイプとベッドインベッドタイプがあります。

ベッドサイドタイプは、移動のしやすさに加えて、オムツ替えスペースになる便利さを兼ね備えているようです。ベッド側のガード柵を下げるだけで簡単に添い寝型に変えることができるので、使いやすいというママの声も多いようです。

ベッドインベッドタイプはママやパパが寝る寝具の中で使うことができ、持ち運びしやすい点も特徴のひとつでしょう。

ママやパパの就寝スタイルや部屋の間取りに合わせて、使いやすいタイプのベビーベッドを選べるとよいですね。

ハイタイプ

フローリングの部屋が増えているという近年の住宅事情も要因にあるのか、ハイタイプのベビーベッドを選ぶ家庭も多いようです。

ママやパパがしゃがんでお世話をしなくてよいことから、体力的な負担も軽くなるかもしれません。ベビーベッドの下に収納スペースができるため、育児用品をまとめておくことができて便利ですね。

ベビーベッドを選ぶときのポイント

ベビーベッドは部屋に入れると、意外と大きく場所を取る場合もあるかもしれません。ベビーベッドを選ぶときのポイントを参考に、自分の家庭に適したベビーベッドを選びましょう。

置く場所

間取り
iStock.com/alfexe

ベビーベッドを選ぶときに、家の中のどこに置くかは重要なポイントかもしれません。

部屋の間取りや周りの環境、日光の当たり具合なども考えて、赤ちゃんにとってよりよい場所にベビーベッドが置けるように工夫しましょう。

移動のしやすさ

日中と夜間でベビーベッドを使う部屋が違う場合もあるでしょう。キャスターが付いているベビーベッドは、移動しやすい点に加えてベッドの下を掃除しやすいことも、ママやパパにとっては嬉しいポイントですね。

デザイン

かわいい赤ちゃんにぴったりな素敵なデザインのベビーベッドは、育児に楽しさを加える大切な要素かもしれません。インテリアに馴染む、こだわりあるベビーベッドを選びたいおしゃれなママたちには、ホワイトの色味やアンティーク調のデザインのものが人気のようです。

ベビーベッドで赤ちゃんが安心できる環境を

赤ちゃん
iStock.com/Satoshi-K

ベビーベッドは赤ちゃんの安全を守るだけでなく、オムツ替えや添い寝などのさまざまな用途に適応して使える便利なアイテムのようですね。家の間取りやベビーベッドを置く場所など、赤ちゃんを迎える環境を考えて、どのようなベビーベッドが適しているか夫婦でしっかり話し合いましょう。

2020年03月24日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

インテリアの関連記事

カテゴリ一覧