妊娠中は外食ばかりになってもよい?外食頻度や店選びについて

妊娠中は外食ばかりになってもよい?外食頻度や店選びについて

妊娠中の外食を上手に取り入れよう

妊娠中の外食について、外食ばかりになってしまってもよいのかや、どこへ外食したらよいのか店選びが気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中の外食の頻度や生野菜などのサラダを取り入れるなどメニューの選び方、塩分を控えるなど外食続きのときに意識したことについてご紹介します。

妊娠中の外食について気になること

妊娠中の外食に関して、さまざまなことが気になるママもいるのではないでいしょうか。ママたちに妊娠中の外食について気になることを聞いてみました。

30代ママ
もうすぐ臨月を迎えるのですが、産後はしばらくゆっくりと外食できないかもしれないと思うと今のうちに楽しみたいなと思います。妊娠中の外食はいつまで行ってもよいのでしょうか。
20代ママ
妊娠中ですが、お腹も大きくなってきてキッチンで食事の準備をすることが大変に感じ、ついつい外食ばかりになってしまいます。外食続きになってしまうときは、どのようなことを意識すればよいか気になります。
妊娠中の外食はいつまで行ってもよいのかや、外食ばかりになってしまい外食の頻度が気になるというママの声が聞かれました。また、妊娠中はどこのお店を選んだらよいのかお店選びのポイントが気になるママもいるようです。

今回は、妊娠中の外食についてママたちの体験談を踏まえてご紹介します。

妊娠中の外食事情

妊娠中の外食において、いつまで外食してよいのかや外食の頻度が気になるというママもいるようです。ママたちに妊娠中の外食事情について聞いてみました。

いつまで

妊婦にと女の子
iStock.com/karinsasaki
20代ママ
臨月に入りましたが、体調もよいので気分転換もかねて外食に出かけています。何かあったときに対応できるように、なるべく近場で外食するように意識しています。
30代ママ
予定日が近づいてきましたが、外食しています。ただ、ひとりでの外食は控えるように心がけ、母や主人など誰かといつしょに出かけるようにしています。
予定日が近づいた頃でも外食しているママもいるようです。自宅や病院にアクセスしやすいエリアを選んだり、ひとりで外食はしないように心がけたりすることもポイントかもしれません。

体調にあわせながら、外食をするかどうか決めるとよさそうですね。

頻度

30代ママ
妊娠中は味の好みが変わったせいか、こってりしたものが食べたくなり、週に3回など外食ばかりするようになってしましました。塩分も気になり、外食続きはよくないかなと感じ、家では生野菜などのサラダを多めにとり、薄味にするよう心がけました。
30代ママ
妊娠中は栄養バランスが気になり、外食ばかりは控えるように月に1~2回にしていました。たまに外食するとリフレッシュの機会になり、主人や友だちとゆっくりおしゃべりができてよかったです。
外食続きのママや月1~2回などママによってもさまざまなようです。

外食ばかりしてしまうママからは、自宅での食生活を意識し、ウォーキングなど軽めの運動を取り入れて健康管理を心がけているという声もありました。

妊娠中の外食先の選び方

妊娠中に外食をする場合、どこへ行こうか気になることもあるのではないでしょうか。妊娠中の外食先の選び方のポイントについてママたちに聞いてみました。

禁煙かどうか

30代ママ
妊娠中はタバコの煙が気になったので、外食するときは、禁煙席か分煙になっているお店を選ぶように意識しました。禁煙席があることで、気持ちよく食事することができました。
禁煙席があるお店を選ぶように意識したママもいるようです。また、お腹が出てきたので、ゆったり座れるような広い席があるお店をチョイスしたという声も聞かれました。

バランスのよいメニュー

秋刀魚の定食
jirapath09/Shutterstock.com
30代ママ
外食するときは、身体のためにもバランスのよい食事ができたらと思い、定食屋やビュッフェがあるレストランに行くことが多いです。定食屋でも、和食や生野菜などサラダがついているものを選ぶように意識しました。
どこへ外食するか考えたときは、バランスのよいメニューを意識して外食先を決めるのもよいかもしれません。一品料理にするときは、サイドメニューに野菜を使ったものも頼んでいるという声もありました。

出産後は行かれなさそうな店

30代ママ
出産後は外食に行く機会が減ってしまうのかなと思い、子どもがいると行きにくい店を選び、外食を楽しみました。出産前に主人と高級レストランへ行ったことも思い出のひとつです。
産後、行かれなさそうなお店を選ぶママもいるようです。出産前に夫婦二人きりの時間を共有することも素敵な思い出になりそうですね。ママのなかには、妊娠中は友人と行ったことのないおしゃれなお店に行き、外食を楽しんだという声もありました。

妊娠中の外食で意識したこと

妊娠中に外食するときに意識したことをママたちに聞いてみました。

持ち物

20代ママ
臨月に入り、外食へ出かけるときは、母子手帳や診察券、保険証などを携帯するように意識しました。携帯電話も忘れずに持ち歩き、いざというときにも対応できるようにしました。
病院の診察券や保険証などを持ち歩くことで、いざというときも安心かもしれません。ママのなかからは、念のために大きめのナプキンやタオルを用意しておいたという声も聞かれました。

寒さ対策

30代ママ
外食では、お店に入店すると、冷房がしっかりきいていて寒いと感じることが多々ありました。ひざ掛けやストールなどを持参し、冷房対策をしたので、からだを冷やすことがなくよかったと思います。
外食をする際は、寒さ対策をしておくとよいようです。外出するときは、暑い時期でも羽織ものを携帯するなど身体を冷やさないように工夫することもポイントかもしれませんね。

塩分を控える

30代ママ
ラーメンが好きなので、外食するときよく食べていたのですが、塩分を控えるためにスープは残すように意識しました。塩分を控えることで、妊娠中の健康管理にもつながりそうな気がします。
外食するときは、食事の塩分を控えていたママもいるようです。また、生野菜にかけるドレッシングなどを少量にするなど心がけてみるのもよいかもしれません。

妊娠中の外食を上手に取り入れて楽しもう

外食をする女性
TORWAISTUDIO/Shutterstock.com

妊娠中に外食ばかりになってしまい頻度が気になったり、外食先はどこにしようか選び方に悩むママもいるようです。外食続きのときは、自宅での食事を見直したり、軽い運動を取り入れて健康管理するのもよいかもしれません。また、麺類の汁を残すなど塩分を控えているというママの声もありました。

外食先で何を食べようか迷ったときは、生野菜などのサラダをいっしょに注文して、バランスのよいメニューを考えるなどして、妊娠中も外食を楽しめるとよいですね。

2019年12月16日

専門家のコメント
12
    あーちん先生 保育士
    出産後はなかなか行けないかな〜と、居酒屋や焼肉など外食にいきました。実際、出産後はファミレスや個室のある場所への外食がメインになるので行ってて良かったです!

    近場のランチなどは、臨月になっても気分転換をかねて行っていました!母子手帳はどこへ行くのも必ず持ち歩いていました。

    無理なく外食でリフレッシュして出産に備えられるといいですね!
    もしもしまま先生 保育士
    妊娠中も変わらず外食してました。
    旦那が外で食べるのが好きなので、週に2〜3回ほど。

    気をつけていたことは、
    メニューは、妊婦さんが食べないほうがいいものは避けていました。
    他にも、普段家では食べないような食材で「これは食べていいの?」と疑問に思ったものはすぐにスマホで調べていました。

    お肉を食べるときは店員さんにお願いして、よく焼きにしてもらいました。
    少しレア目なのが好きなのですが…これも出産するまでの我慢!と思い、過ごしてました。
    他にも、少し高いレストランに行った際は妊婦だということを伝えると、メニューをいろいろと配慮していただき、ありがたかったです。
    あゆみ先生 保育士
    現在妊娠中です。
    体調が落ち着いているので、今のうちに友だちと逢っておしゃれなカフェなど、出産したらしばらく行けなさそうなところでのランチを楽しんでいます。
    外食が続くと味が濃かったり栄養面が気になるので、その分普段は手料理をして薄めの味付けになるように気をつけています。
    あまり気にしたり我慢し過ぎるよりも、気分転換になって良いと思いますよ♪
    ちぃ先生 保育士
    出産後は外食などなかなか落ち着いてできないので外食はしていました。友達や旦那との外食はいいリフレッシュにもなっていましたが、外食は塩分も多いので1日の食事バランスを考えて外食しない時は薄味、炭水化物を少し少なめなど気をつけていました。あとは外食する際はよく歩いて運動などもしていました。
    なこ先生 保育士
    産後に行けないようなお店に行っていたので外食ばかりでしたが安産でしたよ!
    まずはストレスを溜めないこと!
    好きな物を沢山食べたらいいと思います!
    かな先生 保育士
    育児が始まると、本当にゆっくり外食できる機会が少ない!( ;∀;)
    今のうちにタバコの煙や生物に気をつけて、楽しい思い出をたくさん作っておいてくださいね♡
    ちなみに、私は体重増加が尋常ではなく産婦人科でたくさん怒られたので、減塩甘さ控えめを心がけていましたが、ごくたまーに行った外食の楽しさおいしさは今でも覚えています^_^
    ママの体調を見ながら、ストレスなくマタニティライフを楽しんでくださいね!
    のの先生 保育士
    外食よくしていました。その度に「もうこのお店は当分来れないね」と言いながら好きな物を食べていました。また、子連れでは入りづらい場所を探して行っていました。
    ぺち先生 保育士
    そこまで気にしてはいないですが、食べるのを控えた方が良いものは食べないようにしていました。ですが、神経質になるのもな、と思い、大好きなお寿司はたまに食べに行っていました!
    出産したらなかなか行けなくなってしまうので、今のうちかと思います!
    ゆきな先生 保育士
    妊娠中の外食は私もいっててよかったです!!!子どもが生まれると外食に行けても場所を選ばないといけなかったりゆっくりできなかったり、、、 自分が食べたい!とおもったものを食べたい時に!というのは少しお預けになると思うので妊娠中に行っておきましょ!わら
    すみっこ先生 保育士
    妊娠前と変わらない頻度で外食をしていました。
    今しか行けない!と思って決めたお店もあります。

    体調が良いときのお出かけはリフレッシュになり、とても楽しかったのを覚えています。
    なごみ先生 保育士
    妊娠中にたくさん行きたいお店に絶対行くべきです☆
    子どもと一緒に行けるおみせは限られているので☆あとあと行っててよかったぁと思うことがたくさんです。
    新生児の間も意外と行けました。

    りお先生 保育士
    妊娠中、外食が多くなりますよね。だって、産まれたらいつでもいくことが出来なくなってしまいますし。
    でも、外食は太るのです!体重管理をしている妊婦には、過度な体重増加はNG。
    そのため、外食を楽しみつつ、体重管理もしっかりしていくことが大事だと思います。
    ランチのお店までは歩いて行く、など😁

イベントの関連記事

カテゴリ一覧