【医師監修・授乳中の食事記事5選】食べてよいもの気を付けるもの。はちみつや生魚、母乳への影響は

【医師監修・授乳中の食事記事5選】食べてよいもの気を付けるもの。はちみつや生魚、母乳への影響は

授乳中、食べるものに気を付けている方は多いのではないでしょうか。母乳の質は、食事内容の影響を受けるとも言われています。今回は、授乳中の食事の母乳への影響や注意点について知識を得られる、医師監修記事をまとめました。

甘いもの

頻回授乳や寝不足などで疲れているとき、甘いものが食べたくなる方もいるでしょう。授乳中に甘いものを食べるときは、摂取量に注意が必要なようです。産婦人科医監修の下、母乳への影響、摂取量の目安、食べるときの注意点などについて解説しました。

辛いもの

辛いものや刺激物、香辛料をたくさん食べると、体調に変化が生じることがあるようです。授乳中に辛いものを食べると母乳に影響することもあるのでしょうか。産婦人科医監修の下、母乳への影響、摂取量の目安、食べるときの注意点などについて解説しました。

生魚

妊娠中は控えた方が安全と言われている生魚。生魚は水銀を多く含むものもあります。産婦人科医監修の下、寿司や刺身などの生魚の水銀は母乳に移行するのか、母乳への影響、食中毒や胃腸炎になった場合授乳は続けてよいのか、食べるときの注意点などについて解説しました。

はちみつ

1歳未満の赤ちゃんに与えないよう注意喚起されているはちみつ。1歳未満の赤ちゃんが食べると、乳児ボツリヌス症にかかる可能性があります。授乳中にはちみつを食べると、母乳を通して赤ちゃんに影響することはあるのでしょうか。産婦人科医監修の下、母乳への影響、はちみつを食べることにより母乳が詰まるかなどについて解説しました。

母乳と子どものアトピー性皮膚炎の関係性

授乳中の食事によって、赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になりやすいのではないかと心配する方もいるかもしれません。アレルギーを引き起こしやすい食材を食べたことが原因で、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎が悪化することはあるのでしょうか。小児科医監修の下、アトピーと母乳の関係性、アトピー性皮膚炎の場合の母親の食事の注意点などについて解説しました。

2021年08月16日

トラブルの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ