【小児科医監修】沐浴の時間や時間帯はバラバラでもよいの?手順について

【小児科医監修】沐浴の時間や時間帯はバラバラでもよいの?手順について

沐浴するときの注意点とケア方法

産院を退院後、自宅での沐浴が始まると、沐浴の時間について悩むママやパパも少なくありません。1回の沐浴の時間や手順、注意点、沐浴後のケアについて解説します。また沐浴におすすめの時間帯や、日によって朝や夜など時間帯を変更したり、バラバラの時間帯でもよいのかなどを小児科医監修のもとご紹介します。

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

沐浴の目的

新生児の沐浴の目的には以下のようなことがあります。

  • 新生児の身体を清潔に保つ
  • 血行促進を促す
  • 赤ちゃんの全身を観察する
  • スキンシップになる

赤ちゃんの身体の血行を促進し、清潔に保ちます。毎日沐浴することで、おむつかぶれや湿疹、あせもなど赤ちゃんの身体に変化があったときにすぐに気づくことができ、病気の予防もできます。

赤ちゃんの身体を清潔にしながらママやパパと赤ちゃんのスキンシップがとれる時間でもあります。

沐浴は時間や手順に気を配って行うのが大切となるので、注意点をみていきましょう。

沐浴に適した時間

1回の沐浴時間は5~10分程度を目安にし、赤ちゃんが湯冷めをしないようにしましょう。

沐浴はママやパパが思っている以上に赤ちゃんの体力を使うので、短時間で済ませるように心がけることが大切です。

短時間で済ませられるように以下の注意点をふまえて沐浴を進めておくとよいでしょう。

沐浴の注意点

食後1時間は控える

食後すぐに沐浴をすると、赤ちゃんが吐き戻しをしてしまうことがあります。食後1時間の沐浴は避け、時間をおいてお腹の調子を整えてから沐浴するようにしましょう。

バスタオルや着替えの準備

お風呂上りの赤ちゃん
iStock.com/kuppa_rock

沐浴後に赤ちゃんを寝かせ、身体をすぐに拭けるようにバスタオルを広げて準備しておくとよいでしょう。肌着や洋服を開いた状態で置いておくと沐浴後の赤ちゃんの着替えがスムーズです。

赤ちゃんが湯冷めをしないためにもバスタオルや着替えなどを事前に準備しておくことをおすすめします。

丁寧に洗う部位

赤ちゃんの首や脇、ももの付け根はしわが多いため特に汚れがたまりやすいです。汚れがたまりやすい部分はしわを伸ばしながら丁寧に洗うと汚れがよく落ちます。

短時間で沐浴を終えられるように手順をしっかり頭に入れておきましょう。

沐浴の手順

まずは、ベビーバスなどにお湯をためます。お湯の温度は、体温より少し高めの38度前後を目安にします。

沐浴布に赤ちゃんをくるんだら足からそっとお湯に入れます。沐浴布で赤ちゃんをくるんだり、ガーゼをお腹に被せたりすると沐浴を怖がる赤ちゃんも安心して入れるようです。

次に、赤ちゃんの身体を洗う順序を紹介します。

  1. まずは顔を洗う
  2. 頭を洗う
  3. 首、腕、脇、お腹、足を洗う
  4. 股間を洗う
  5. 最後に上がり湯をかける

顔を洗うときには、ガーゼで優しく目やになども丁寧にとっていきます。次に頭を洗い、顔から遠ざかっていくイメージで、首、腕、脇、お腹、足を洗っていきます。

頭は、ゴシゴシし過ぎず耳のなかに水が入らないように注意しましょう。

沐浴後のケア

新生児の沐浴後は正しいケアが必要です。沐浴後のケアにはどのようなことがあるのでしょうか。

スキンケア

沐浴後のスキンケア
iStock.com/comzeal

沐浴後は、赤ちゃんの身体が乾燥しないようにスキンケアが大事です。水分をふき取ったあとにベビーローションやなどで赤ちゃんの身体を保湿しましょう。

オーガニックなものなどベビーローションにもさまざまな種類があるので赤ちゃんが落ち着ける香りや肌に合ったベビーローションを見つけられるとよいですね。

へその緒の消毒

退院時はへその緒がついたままになっていて、へその緒がとれるまでは個人差がありますが、大体1週間程度かかります。へその緒がとれるまでは沐浴後に毎日へその緒の食毒が必要です。

綿棒に消毒液をつけて、おへそを消毒したら、乾燥させます。おへそがしっかり乾燥したら、ガーゼで覆います。

おへそ部分が出血している場合、少量であれば消毒をして様子をみてもよいですが、出血が止まらなかったり、出血しているときに赤ちゃんの機嫌が悪かったり、泣いているときには早めに病院に行きましょう。

水分補給

沐浴はママが思っているよりも赤ちゃんの体力を使います。汗をかくと身体の中の水分も不足しがちになるので脱水症状に注意が必要です。

沐浴後は、授乳などを行って水分補給を忘れずに行いましょう。

沐浴におすすめの時間帯

沐浴は午前と午後どちらにするべきか悩むママもいるでしょう。基本的には午前と午後どちらに沐浴させてもよいです。

赤ちゃんの生活リズムをつけるため、夜遅い時間は避け、時間帯がバラバラにならないようにできるだけ毎日同じ時間帯を沐浴時間としておくとよいかもしれませんが、赤ちゃんの昼寝のタイミングや機嫌のよいときに入れればよいでしょう。

沐浴で赤ちゃんの生活リズムをつけよう

沐浴
iStock.com/RyanKing999

沐浴は、赤ちゃんを清潔に保ち、全身の健康状態を確認できるだけでなく、ママやパパと赤ちゃんがスキンシップもとれる大切な時間です。ですが、思っている以上に赤ちゃんの体力を使ったり、肌が乾燥するので、沐浴後はスキンケアや水分補給などをしっかり行うことが大切です。

沐浴は朝でも午後でもどちらの時間帯に行ってもよいですが、バラバラな時間帯に行うのではなく、夏は涼しくなった夜、冬は身体を冷やさないように朝に行うなど決められた時間に短時間で行うのがポイントです。

沐浴の手順を確認し、沐浴後は赤ちゃんの身体をすばやく拭いて湯冷めをさせないように、身体を拭く場所や着替えを事前の用意をしておく工夫が重要です。

赤ちゃんにたくさん声かけをしながら、赤ちゃんにとってもママやパパにとっても気持ちのよい沐浴の時間が過ごせるようにしましょう。

監修:眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

No Image

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

眞々田 容子の監修記事一覧(バックナンバー)

台東区蔵前の小児科クローバーこどもクリニック院長。信州大学医学部卒業。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。ホリスティック医学協会会員。

症状だけを診ていくのではなく、患者さんの心身全体の状態をみていく”心と身体をつなげる”医療をしています。

お母さんの子育ての不安が少なくなるよう、診療内でお話しをしっかり聴いていきます。

クローバーこどもクリニックのブログ
クローバーこどもクリニック

2019年04月15日

専門家のコメント
36
    もえ先生 保育士
    赤ちゃんが快適に過ごせるように、時間帯や手順まで、工夫してあげたいです。
    かよう先生 保育士
    沐浴は赤ちゃんの身体をキレイにするだけでなく、スキンシップの時間にもなるので赤ちゃんもママ
    まな先生 保育士
    必ず毎日同じ時間に入れるのは難しいと思います。
    ですがだいたいの時間を決め、沐浴から寝るま
    ゆり先生 保育士
    この時間に入れなきゃ!!と決めるとお世話する人が辛くなります☺️
    最初は何かあったときにす
    ちぃ先生 保育士
    産まれてすぐは里帰り出産をしていたこともあり、母に頼んで同じ時間帯に沐浴してもらっていまし
    いちぽ先生 保育士
    沐浴の時間は必ず同じ時間は難しいですよね。
    まだ赤ちゃんの生活リズムもばらばらなので、その
    きのこ先生 保育士
    沐浴は大変。。。と思う方もいますが、清潔を保つ上でとても大切なことですし、スキンシップのひ
    nt_2
    @きのこ先生さん
    沐浴も大事なスキンシップのひとつですよね。仕事などで時間が限られている人でもできる方法が生まれるといいですね!寒い時期は日中にというのも、無理せず大人もできる範囲で、あと赤ちゃんも気持ち良いから大切なポイントと感じました☺️ありがとうございます。
    せおみ先生 保育士
    沐浴は午前中にできるようにしていました。赤ちゃんのご機嫌や寝ているタイミングなどで多少時間
    べこな先生 保育士
    なるべく同じような時間帯にいれるようにしていると、赤ちゃんも安心するのかよくミルクを飲みよ
    ぺち先生 保育士
    同じ時間帯は難しいですよね、、
    生活リズムを作るために、なるべく同じような時間帯で入れてあ
    さと先生 保育士
    里帰り出産で洗濯など全て母にやってもらっていたので沐浴は毎日私がやっていました。
    沐浴を毎
    あー先生 保育士
    はじめての子育てだと沐浴の方法や時間などわからないことばかりですよね!やはり赤ちゃんは体の
    すー先生 保育士
    1人目の時は同じ時間帯に入れていましたが、2人目になると日によってスケジュールも変わってく
    こと先生 保育士
    1人目の時はだいたい同じ時間に沐浴してましたが、2人目は上の子の昼寝の時間や機嫌によって時
    めめ先生 保育士
    生活リズムを身につけるためにもだいたい決まった時間がいいと思います。一人め目の時は子どもだ
    ひまわり先生 保育士
    沐浴は時間を決めて行うほうがいいと思います。
    リズムをつけるためにも。
    指導では昼間をオス
    まい先生 保育士
    赤ちゃんも睡眠時間がバラバラなのでわざわざ起こして入れる必要もありません
    まだ習慣作りがで
    とーち先生 保育士
    なるべく同じ時間に沐浴するようにしていましたが、2人目となると中々そうはいきませんでした。
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ