忙しすぎる子どもが無意識に失っている「問い」とは【後編】

忙しすぎる子どもが無意識に失っている「問い」とは【後編】

IQや学校のテストのように数値化できる認知能力に対し、数値化しにくく、人間力や生きる力とも呼ばれる「非認知能力」。幼児教育の分野で注目を集めるこの能力は、どのように身に付けていけばよいのだろうか?第2回目は、昨年12月に『探究する学びをつくるー社会とつながるプロジェクト型学習』を上梓した一般社団法人 こたえのない学校代表理事の 藤原さとさんに話を聞いた。

こたえのない学校で、小学校や幼稚園・保育園、学童などの先生たちに「探究する学び」のつくりかたを伝えている藤原さとさん。

前編では、探究とは自分で意味を構築することであり、「あなたらしさ」に探究が宿るということを聞いてきました。

ここからは、大人が子どもにどんな「問い」を立てるべきかについて聞いていきます。

幼児期は「問いを持つ快感に慣れさせる」

――親として、ふだんから子どもに「良い問い」、つまり本質的な問いができているか不安です。

私は「本質的な問い」という言葉にひっかかりを感じます。

ふだん、私たちは潜在的に、無意識的に「問い」をたくさん抱えて生きています。たとえば「生きるとは何か?」という問いを四六時中考えている人は少ないと思いますが、誰かの話を聞いたり、映画を見たり、生き物の生死に触れるといった経験に出会うことで、この「生きるとは何か?」という問いが立ち現れてくるのではないでしょうか。

「なぜお腹が空くのか」「今日、気分が乗らないのはなぜだろう?」といった疑問だって、専門分野においては立派な論文になる問いです。

だから、保護者も先生も何が素敵な質問か、どれが良い質問で悪い質問かなんて判断できるはずがないのです。
藤原さと(ふじわら・さと)/一般社団法人こたえのない学校代表理事。小学生向けの探究型キャリアプログラムのほか、学校教育に携わる教師と学校外で教育に携わる多様な大人が出会い、チームで探究プロジェクトを実施する「Learning Creator's Lab」を主宰。2018年、経済産業省「未来の教室」事業の採択を受け、世界屈指のプロジェクト型学習を行う「High Tech High」の教員研修プログラムの日本導入に携わる。主著に『探究する学びをつくるー社会とつながるプロジェクト型学習』(平凡社)がある。
藤原さと(ふじわら・さと)/一般社団法人こたえのない学校代表理事。小学生向けの探究型キャリアプログラムのほか、学校教育に携わる教師と学校外で教育に携わる多様な大人が出会い、チームで探究プロジェクトを実施する「Learning Creator's Lab」を主宰。2018年、経済産業省「未来の教室」事業の採択を受け、世界屈指のプロジェクト型学習を行う「High Tech High」の教員研修プログラムの日本導入に携わる。主著に『探究する学びをつくるー社会とつながるプロジェクト型学習』(平凡社)がある。
どこかの教育書に載っているような「本質的な問い」の定義に当てはまらないからと言って、子どもの疑問を切り捨ててはいけません。子どもの数多の問いを潰すのではなく、問いを持つことに快感を覚えてもらうことの方が重要です。

「問い」はいくらでも育てられます。

問いを持つということは、自分なりの答えに至るまでにモヤモヤするということ。そのモヤモヤにこそ意味があり、モヤモヤする感情に耐性を持たせることが大事です。

少しヒントをお伝えしましょう。

2020年4月から新学習指導要領の導入が順次進んでおり、そこで「探究」という言葉にも焦点が当たっていますが、私は学校教育と日々の家庭における探究は、分けて考えてみてもいいと思っています。

最大の違いは、時間制限の有無です。

学校では、総合的な学習の時間は70時間まで、など制約条件にどうしても縛られます。なので、その中で問いをいつまでに固めよう、どういうアウトプットにして、どう評価しよう、というプレッシャーにさらされます。

でも、家庭においては、時間割で区切られることもないし、提出期限もありません。3歳に思いついた問いを抱えて、30歳を過ぎてから研究を始めてもいいのです。そういった意味で、安易に答えを与えるのではなく、存分にモヤモヤさせてあげてほしいです。
iStock.com/bradleyhebdon
iStock.com/bradleyhebdon

すぐに応えず「仮説」を話すことが探究につながる

――子どもにとっては家での時間も十分にあるのに、親が忙しいと子どもの質問にすぐに応えを教えてあげたくなってしまいます……。

この記事はアプリ限定です。続きはアプリでお読みいただけます。

2021年03月23日

取材レポートの関連記事

カテゴリ一覧