ヴィーガンのフルーツジュースバー&デリが東京ミッドタウンにオープン

ヴィーガンのフルーツジュースバー&デリが東京ミッドタウンにオープン

厚生労働省・農林水産省が推進する、1人1日200gのフルーツ摂取量を、ワンドリンク・ワンプレートで提供

「青木フルーツホールディングス」が、3月2日(火)に、「フルーツ食」をコンセプトとした「FRUITS IN LIFE(フルーツ イン ライフ)」を、東京ミッドタウンにオープン。
フルーツ イン ライフ
「美味しい果物は人の気持ちを豊かに、幸せにする」という想いのもと、1924年(大正13年)福島県郡山駅前にバナナ問屋「青木商店」として開業以来、フルーツの産地や品質、徹底した熟度管理など、約100年の歴史の中で専門店の知識や技術を培ってきた「青木フルーツホールディングス」。

その経験を生かし、全てのメニューをフルーツに合った最適な方法、かつヴィーガンで提供する、フルーツジュースバー&デリ「FRUITS IN LIFE」が誕生した。
スロージュース 300ml 935円(税込)~ 各ジュースには、各左の量のフルーツと野菜がぎっしりと搾汁されており、定番メニュー6つを用意
スロージュース 300ml 935円(税込)~ 各ジュースには、各左の量のフルーツと野菜がぎっしりと搾汁されており、定番メニュー6つを用意
日本人の約75%が摂取できていないとされる、フルーツ目標摂取量は200g。日本人の平均摂取量はわずか100g以下となっており、先進国の中でも最低水準にとどまっているという。

「FRUITS IN LIFE」では、厚生労働省・農林水産省が推進する、1人1日200gのフルーツ摂取量(可食部)を、ワンドリンク・ワンプレートで提供。日本人の新しい食習慣の提案として「フルーツ食」をコンセプトに掲げ、日本人(特に若者)のフルーツ離れの主な理由となっている「価格が高い」、「剥いたり、切ったりが面倒」という、マイナス面を解消したメニューラインナップとなっている。
スムージー 全11種類 Mサイズ605円、Lサイズ770円(いずれも税込)〜
スムージー 全11種類 Mサイズ605円、Lサイズ770円(いずれも税込)〜
提供されるメニューは、すべて植物由来。スムージーやスロージュース(コールドプレスジュース)をはじめ、全粒粉100%のフォカッチャを使用した「アボカドトースト」や、フルーツと野菜をライスペーパーでラップした「サラダバトン」など、普段の食事として気軽にフルーツを取り入れられるメニューを取り揃える。
フルフル200セット 1,375円(税込)※一例
フルフル200セット 1,375円(税込)※一例
また、ランチメニューでは、フルーツ摂取目標量200gをワンプレートで摂取できる「フルフル200セット」を用意。そのほか、「フルーツジュレ」や、ギルトフリーな「スムージーパフェ」など、小腹が空いた際におすすめのメニューも提供する。

ビタミンと食物繊維たっぷりな「アボカドバナナ」パフェは、200g以上のフルーツを使用し、438mlの大容量を低カロリーで味わうことが可能。さまざまな食べやすいスタイルで、旬のフルーツを手頃な価格帯で届ける。
スムージーパフェ 左/アボカドバナナ 1,100円(税込)、右/あまおう 1,375円(税込)
スムージーパフェ 左/アボカドバナナ 1,100円(税込)、右/あまおう 1,375円(税込)
また、フルーツをおいしく食べるためには、機械やコンピューターでは見極められない、徹底した熟度の管理が必要不可欠であることから、フルーツの熟度管理を熟知したスタッフが常在。メニューの提供だけでなく、ゲストとのコミュニケーションの中で、そのフルーツの特長やおすすめの楽しみ方などのアドバイスも行う。

フルーツのプロがおいしさと健康を届ける、フルーツジュースバー&デリを、ぜひチェックしてみては。
FRUITS IN LIFE 東京ミッドタウン店
住所/東京都港区赤坂9-7-2 東京ミッドタウン プラザ B1
営業時間/
平日 8:30~21:00(LO 20:30)
土・日・祝日 10:00~21:00(LO 20:30)
tel.03-6447-1190
http://www.fruitsinlife.com/

2021年03月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧