【小児精神科医 内田舞】育児におけるタスクは待ってくれない

【小児精神科医 内田舞】育児におけるタスクは待ってくれない

お風呂、食事、学校への送迎・・・仕事と違い育児はやらないといけないことのデッドラインが短い単位である。しかも自分ではなく子どものペースに合わせてたくさんのタスクが押し寄せてくる。子どもに怒鳴ってしまうこともしょっちゅうあるという、3人のお子さまを育てる内田舞さん(ハーバード大助教授・小児精神科医)に、育児中にキレてしまった時の対処方や仕事と育児の両立について聞きました。

内田舞

仕事に復帰し自分のペースでトイレに行けたのには感動した

アメリカ、マサチューセッツ総合病院小児うつ病センター長でありながら、3人のお子さまを育てる内田舞さん。洗濯物やおむつ替えなど、エンドレスなタスクが必要な育児は、仕事の忙しさとはまったく性格の違うもの。保育園に子どもを預けて、自分のペースでトイレに行けた時は感動したと言うくらい、一時は育児で気が狂いそうだったと言います。
育児中に子どもに怒鳴りそうになった時など、自分のイライラを見つめ直すことで考えをポジティブに方向転換できるようになった経験、仕事と育児の両立についてなどお話いただきました。詳しくは動画をご覧ください。

ご利用のブラウザはiframeに対応していないため動画を表示できません。

動画をご覧になりたい場合にはhttps://www.youtube.com/embed/WeNOQoiut5kにアクセスしてください。

No image

内田舞

小児精神科医、ハーバード大学医学部助教授、マサチューセッツ総合病院小児うつ病センター長、3児の母。2007年北海道大学医学部卒業、11年イェール大学精神科研修修了、13年ハーバード大学・マサチューセッツ総合病院小児精神科研修修了。日本の医学部在学中に、米国医師国家試験に合格。研修医として採用され、日本の医学部卒業者として史上最年少の米国臨床医となった。

2022年12月22日

コラムの関連記事

カテゴリ一覧