【魚屋さんが教える】子どもが喜ぶ時短ランチ!タラコと青のりのクリームパスタ

【魚屋さんが教える】子どもが喜ぶ時短ランチ!タラコと青のりのクリームパスタ

子どもに食べさせたいと思いつつ、「レパートリーがない」「なんとなく苦手意識がある」などの理由で食卓にのぼることが少ない魚料理。この連載では魚屋三代目の柳田昇さんが、親子で魚好きになる簡単で飽きのこない魚レシピを紹介します。

魚屋三代目・柳田昇
こんにちは、魚屋三代目です!

キッチンやガスコンロの前に立つのがつらい季節。だからといって料理をしないわけにはいかない……。

そんな時はちゃちゃっと作れて美味しく、さらに洗い物も少ないメニューが最高ですね!

今回は、まさにそんな願いを叶え、そのうえお子さまも喜ぶパスタレシピをご紹介します。

タラコと青のりのクリームパスタ(3人前)

 

材料

・パスタ…3人前(1人前乾麺状態で80〜100g、今回はリングイネを使用)
・タラコ…150g
・グリーンアスパラガス…4本
・生クリーム…400ml(45%を使用、さっぱり目がお好きな場合は35%)
・バター(有塩)…20g
・青のり…お好きな量

作り方

1. アスパラガスは、茎近くは皮が気になるので、ピーラーなどでむいてから4〜5等分に切る。タラコは薄皮を取り除きながらほぐす。
 
2. ボウルに生クリームを入れ、ほぐしたタラコとバターを加える。

3. 大きめの鍋にたっぷりの湯をわかし、濃度が0.5〜1%になる程度の塩を加える。(1リットルに対し5gで0.5%、10gで1%の塩分濃度)

4. パスタをゆで始め、再び沸騰してきたらアスパラを加える。
5. 食感を確認してからアスパラを引き上げ、先ほどのボウルに加えてかき混ぜる。パスタは表記されている時間分ゆでる。

6. パスタのかたさを確認し、お好みの状態になったら生クリームなどが入ったボウルに移す。このとき、鍋のお湯は捨てずに残す。

7. 鍋の火を止め、残しておいたお湯につかるようにパスタやクリームソースが入ったボウルをおく。ボウルの中身の温度を均一にするため、湯煎をするときのようにパスタとクリームソースを混ぜ、青のりもふりかける。
8. クリームソースがパスタに絡んでから味見をして塩気を確認し、味がうすい場合はパスタのゆで汁、もしくは塩を加える。味がととのったら器に盛り付け、追い青のりをふって完成。

料理のコツ・ポイント

お湯をわかしている間にアスパラとタラコを処理し、パスタをゆでる鍋でアスパラを一緒にゆでる。このように、工程を同時進行させることで調理時間を短縮するのが今回のポイントです。

「もっと時短したい!」」という方は、パスタを細いものに変えたり、ゆで時間が短いタイプを使うのがおすすめ。

大人用であればレモンを絞ってかけると、すっきりとしたクリームパスタが楽しめます。

魚屋さんが教えるタラコの目利き・選び方

 
iStock.com/key05
タラコを選ぶときは大きすぎず小さすぎず、皮に張りがあるものを選びましょう。水が出て萎れているものはおすすめしません。

今回のようにほぐして使う場合は、切れ子(切れてしまったもの)を選んでもいいかもしれません。

魚屋さんが教えるタラコの豆知識

「タラコ」と一口に言っても、卵の成熟度によって味も食感もさまざま。

未成熟のもの、成熟したもの、過熟したもの、完熟したものがありますが、いちばん美味しいのは成熟したものでしょう。

監修

No Image

魚屋三代目・柳田昇

柳田昇の記事一覧

昭和49年 8月3日生まれ。
神奈川県厚木市で60年以上続く鮮魚店『魚武商店(うおたけしょうてん)』の三代目。
父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。
その他、料理家としてレシピ本などの書籍やレシピ提案、レシピ提供、テレビ、料理教室など幅広く活動中。

魚屋三代目日記(ブログ)
魚武商店ホームページ
<執筆、写真提供>柳田昇
<構成>KIDSNA編集部

2021年08月06日

コラムの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ