幼児期の子どもとの向きあい方。幼児教育など子育てに取り入れていること

幼児期の子どもとの向きあい方。幼児教育など子育てに取り入れていること

教育で大事にしていること

幼児期の子どもを育てていると、幼児教育や習い事をどうするのかや子どもとの向き合い方、叱り方など、気になることや悩みがあるママもいるのではないでしょうか。今回は、子育てでの悩みや幼児期の教育で取り入れていること、子どもとの向きあい方で困っていることと心がけていることを、体験談をもとにご紹介します。

幼児期の子育て

幼児期は、いろいろなことに興味をもちはじめたり、少しずつできることも増えたりする子どももいて、子どもの成長に驚いたり喜びを感じるママやパパもいるのではないでしょうか。

こういう時期に、どのようなことを経験させたらよいのか、幼児教育をどのように取り入れるべきか、子どもの成長のサポートで悩むこともあるかもしれません。

また、子どもの向きあい方やフォローの仕方など、子育ての方法が適切なのかと気になっているママやパパもいるようです。

幼児期の教育に取り入れていることや子どもとの向きあい方について、ママたちに話を聞いてみました。

幼児期の教育で取り入れていること

幼児期の教育に興味をもっているパパやママもいるかもしれません。

一方で幼児期の教育をどのように取り入れていけばよいのか幼児教育を取り入れるべきかに悩むこともあるようです。

幼児期の教育で取り入れていることをママたちに聞いてみました。

子どもが興味をもつことをさせてみる

6歳児のママ
子どもがピアノを習いたいと言ったので、ピアノ教室に通うことにしました。習い始めたきっかけは幼稚園の先生みたいになりたいということでしたが、教室に通い始めてからは家でもしっかり練習しています。弾ける曲が増えると嬉しいようです。
6歳児のママ
子どもが柔道をやりたいと言ったとき、私もパパも柔道の経験がなく、ケガなども心配だったので習わせるかどうか悩みました。子どもがどうしてもやりたいと言ったので、私たちも柔道についての知識をつけて、納得した上で習わせることを決めました。

子どもが興味をもったことに関しては、子どもの意思を尊重するようにしたというママの声もありました。

子どもがやってみたいと思ったことに対して、親がどのくらい協力できるかを家族で相談できるとよいかもしれません。

いろいろな体験をする

森
iStock.com/T_Mizuguchi
5歳児のママ
「子どもにはさまざまな体験をさせたいので、自然教室で森に行ったり、幼児教育のイベントに参加したりしました。おかげでいろいろなことに興味をもち、何にでも積極的に挑戦するようになりました。

子どもには、普段の生活の中では味わえないようなさまざまな経験をさせてあげたいと考えるママもいるようです。

幼児教育の教室やイベントなどの情報をたくさん収集し、どれに参加してみたいかを子どもと相談しながら決めているというママの声もありました。

親子でいっしょに経験する

6歳児のママ
かわいい衣装に惹かれて、親子でバレエ教室に通うことにしました。子どもの方が体が柔らかく上達も早いので私の方が子どもにサポートしてもらっている状態ですが、2人で発表会に出ることを目標にがんばっています。

親子でいっしょに経験することで、共通の話題も増えそうですね。同じ目標を持って努力するという過程もとても貴重な思い出になりそうです。

幼児期の子どもとの向き合い方で困ったこと

幼児期の子育てでは、子どもとの向きあい方で困ることもあるかもしれません。どのようなことで困ったのか、ママたちに聞いてみました。

どこまで自由にさせるか悩む

6歳児のママ
例えば幼児教育や習い事を選んだり辞めたりすることでも、どこまで子どもの自由にさせるかで悩みます。周りの人へ迷惑がかからなければよいという目線をひとつの境界線にしていますが、悩んだときは夫と話しあうようにしています。

子どもの意思も尊重したいけれど、どこまで自由にさせるべきなのか悩むママもいるようです。子どもの年齢が小さければ小さいほど難しいかもしれません。大切にしたいことのルールを家族と話しながら作っておくことも大切なようです。

わがままを言うときの対処

泣く女の子
iStock.com/maroke
3歳児のママ
子どもがわがままを言うときは、お互いの妥協点をどこに作るかで悩みます。だめと言えば泣き続けることは目に見えているのですが、親が折れることが果たしてよいことなのか、判断が難しいです。
5歳児のママ
子どものわがままに対して、私は理由を聞いてどうするかを決めるようにしているのですが、パパは子どものわがままをすぐに聞いてしまっているようです。パパとママで対応が違うことはよいのことなのかどうかで悩んでいます。

子どもがわがままを言ったときの対処方で悩むこともあるようです。子どもの主張がわがままなのかどうかの見極めが大切になってくるかもしれませんね。

子どもの叱り方

4歳児のママ
子どもを叱ることがあるのですが、本当に叱ってよいタイミングだったのか、叱り方はあっていたのかと考えることがあります。子どもを叱るときは、なるべく冷静になり、子どもが納得できる理由を言うようにしています。

叱った後に叱ってよかったのか、今の叱り方でよいのかと考えるママもいるのではないでしょうか。叱るときは、短い時間で収める、親の気持ちをしっかり伝えるなど、伝え方の工夫をしているというママもいました。

子どもとの向きあい方で心がけていること

幼児期の子どもと向き合うときに、ママやパパたちが大切にしていることにはどのようなことがあるのでしょうか。心がけていることを聞いてみました。

子どもの話をしっかり聞く

5歳児のママ
子どもが幼稚園での出来事など話すときはなるべく子どもの顔を見て、話を聞くようにしています。私がしっかり話を聞いてあげると、子どもは嬉しそうにたくさんのことを話してくれます。

お話ができるようになると、子どもも自分の言葉で自己主張をするようになりますが、まずは子どもの話をしっかり聞いてあげることを優先してあげられるとよいかもしれません。

子どもも親が自分の話を聞いてくれていると感じられれば、考えや気持ちなどをたくさん話してくれるようになるのではないでしょうか。

言葉でうまく伝えられず怒ったり泣いたりするときは、スキンシップを取るなどして、気持ちに寄り添ってあげられるようにしたいですね。

褒め方の工夫をする

6歳児のママ
子どもを褒めるときは、結果だけでなくそれまでの工程を褒めるように心がけています。子どもががんばっていたことをきちんと認めて褒めてあげたいと思っています。

家族みんなから褒めてあげるようにしているというママの声もありました。褒められることで、子どもも自信につながるのではないでしょうか。

子どもに寄り添って子育てを楽しもう

笑顔のママと男の子
iStock.com/itakayuki

幼児期の子育てでは、幼児教育をどう取り入れるか、わがままに対してどのような叱り方がよいのかなど、悩みを持つママやパパもいるようです。

子どもが興味をもったことをさせてみたり、いろいろな体験をさせてみたりして可能性を広げてあげられるとよさそうです。

子どもの話をしっかり聞くなど子どもとの向きあい方を工夫し、愛情を込めて子育てができるとよいですね。

2020年01月26日

専門家のコメント
28
    ゆか先生 保育士
    教育とは座って学ぶことだけではないと思います。

    私は自然の中へ連れていき植物や生物、不便さのなかでどうやったら出来るかなど身をもって体験することがその子のやる気を成長させることに繋がると考えています。

    勉強は小学生になったら必ずやらなきゃいけないこと。
    今の時期に必要なのは、親とのスキンシップの中から信頼と安心を得ることだと思います。
    それこそが自己肯定感を育てると思います。
    この時期にしっかりと自己肯定感が育てば進学し、壁にぶち当たったとしても乗り越えられます。

    自分で考え、挑戦していく事が幼児期には大切なことだと思います。
    さと先生 保育士
    幼児期はたくさんの可能性を秘めている時期だと思うので、できるだけ親が工夫をして色々な経験をさせてあげたいと思っています。
    大きくなるまでに何か自分の好きなことを見つけて夢中になれる子に育ってくれたらいいなぁ、なんて考えています。
    りお先生 保育士
    幼児期、習い事をたくさんやり始める子がいたりして焦りますよね💦我が子にも何かやらせなきゃ!!みたいな。

    我が家は、習い事は本人がやりたいと言ってきたら一緒に探して考えることにしています。
    8歳の兄は、小学1年生の7月から将棋教室に行き始め、2年生の7月からサッカークラブに入りました。
    両方、本人がやりたいと言い始め、習い始めたものです。

    4歳の妹は、まだ特にやりたい習い事はないので何もやっておらず、毎日幼稚園後は公園で遊んでいます😁
    毎日、お友だちと走り回り、だいすきなブランコに乗り、楽しそうです♬

    やりたいことをやらせてあげてくださいね✨
    無理強いは嫌になるので絶対だめですよー!!
    すみっこ先生 保育士
    子どもとの生活は毎日試行錯誤です。どうして、なんで?の連続です。あの時こうしてあげれば良かった…と毎晩のように一人反省会です。😭💦
    仕事でたくさんの子どもたちと向き合うよりも、我が子と一対一で向き合うことの方が難しいです。
    でも親子だから試行錯誤しながら進めば良い!間違えたら取り戻せば良い!と切羽詰まらずにいこうと思っています。
    私は、「向き合う」=「一日一日を大事にする」です😊💕
    ぽんた先生 保育士
    色々と無理しない、させないつて感じでうちではやってきたかなあ。勉強系も、ちょっとやってみて好きそうならもっとやる。上の子はそうでした。でも下の子は、勉強系は好きではないので、ほとんどやらなかったです。習い事も、経済的にとか、送迎とかに十分余裕があればいいと思いますが、家庭にも本人にも負担が大きいのであればやらなくても。。みたいな感じです。ピアノとか練習させる!っていうのでも親子で疲れたりしますので。。。
    みき先生 保育士
    スイミングやピアノを習っている子が多いですね。あとは空手、ダンスなんかも。
    園のお友達が入っているものに入りたがりますが、途中で飽きてやめてしまう子も多数。体験レッスンなどを実施しているところにいくのが良さそうですね!

    私は幼少期からピアノをやっていて音楽大学まで行き、子供のピアノレッスンもしていましたが、ピアノには向き不向きがあるなーと感じます。
    集中できない子は、ただただ集中できない子なのではなく、ピアノや音楽に興味がなく集中できないだけの子もいます。自主的にやる気がないと身にならずただただ苦痛の時間になってしまうので、その子のやりたい事をしっかり見極めてあげるのも大切かなと思います。
    のんの先生 保育士
    机の上に教材をおいておくと、暇なときにかってにやっています。
    目のつくところに教材を置いておくもの一つの手ですね!

    ひらがなは書き順を徹底して覚えさせる!
    幼児期に身についたくせは
    なかなか修正が難しいので、そこに注意しながら一緒にお勉強してあげてくだ。
    みー先生 保育士
    子どもの成長をすごく感じる時期だなと思います。興味関心が広がりやってみたいことが増えてくるので、沢山話を聞いて出来るだけやらせてあげたいですね。
    しっかり話しを聞いてあげるのも大事ですが、一緒に調べたり体験することがいいのではないかと思います。
    ばなな先生 保育士
    幼児期こそ、目で見て触って匂いを
    かいで耳で聞いてと、五感を使って生の体験をする事が後に、素敵な財産になると思います。
    習い事などお勉強には力を入れる方も多い時代になりましたが、それよりも根底の大切な事、があると思います。
    0、1、2歳でも楽しめる劇などは、お生の舞台を楽しむ事で擬似体験に繋がります。科学的根拠もあり、脳のシナプスが繋がり活性化されます。
    それが大好きなお母さんなどとみる事で共有の体験にもなります。オススメですよ。
    また、キャンプなどの自然体験は、生きる力につながりますし、子どもが子どもらしく生き生きします。私は親子劇場という親子会に入り我が子たちは小さい頃からいろんな人たちと関わってきました。
    こういう事はすぐに結果が目で見てわかる事ではありませんが、必ず生きていく上で財産となるだろうと思っています。
    親子の時間を大切に、とびっきりの子ども時代を楽しんで子育てしたいものですね。
    まり先生 保育士
    幼児期はたくさんの可能性があり日々成長していく時期なので、丁寧に関わる事を心がけています^ ^
    共に育つ、「共育」。
    学童クラブでは、
    様々な年代のスタッフがいるので知識が豊富!それぞれが得意分野を発揮しながら子ども達と関わっています。
    心も身体も育つ大事な時期なので、
    子どもの意見を尊重しつつある程度の規律を持って集団生活していける環境を目指しています。
    めい先生 保育士
    幼少期から様々な経験をすることはとても大切です。
    本人の気持ちを1番に、親は子どもが取り組む姿をそっと見守り、達成感を味わえる環境が作れると、どんな経験でも大きな自信に繋がっていくと思います(^-^)
    なこ先生 保育士
    幼児期は沢山の可能性を秘めているので何でも試したくなってしまいますよね。学習教材も英語の物とか数字の物など、沢山あるのでどれを選んだら良いかまさに今迷っている所です。参考になりました。
    たぁ先生 保育士
    自然の中や、日々の生活の中で色々な経験をささてあげ、子供が興味を持つことが大切だと思います。
    無理強いせず子供の興味関心の気持ちを伸ばしてあげるようサポートしていけたら良いですね。
    でぶいも先生 保育士
    私はまず自尊心、自己肯定感を育てることを第一に子どもと接しています。その土台がしっかりしていれば、きっと困難も乗り越えられるし、自分のやりたい事が見つかったときの活力になると信じています。とにかく任せること、待つこと、信じて見守ることを大事にしています。
    おはぎ先生 保育士
    幼児期は勉強ということはあまり考えていません。色々と習い事をしない分、出来ないことも多いですが公園で力一杯走り回ったり一緒に遊んだりしたこと。楽しかったなぁ、愛情いっぱいもらってたなぁと大きくなって壁にぶつかった時の背中を押す事に繋がってくれたらと思います。今できる大切な事はこれかなーと思っています。
    きょこちゃん先生(KIDSNAシッター) 保育士
    幼児期はスキルを伸ばすことよりも、何かが出来るようになる達成感や仲間と一緒にやり遂げる爽快感などお子様が何を体感できるかに着目するのも良いと思います。お子様が体感していることに目を向けて寄り添って、言葉にしたり褒めてあげることも大切ですね。
    なによりも、お子様ご自身が楽しんで取り組めることが重要だと思います🍀
    まな先生 保育士
    心の成長のためにも、様々なことに触れてたくさんのことを経験することも大事だと思います。
    自分で考える力がついたり、想像力が膨らんだり。
    子どもがやりたいと言ったことを見守り、必要な時に手助けができると良いです。
    失敗することも経験のひとつ。
    子どもの気持ちを受け止めることを大切に、たくさん褒めて、興味のもてることを増やしてあげたいですね。
    ドゥー先生 保育士
    いかに親子一緒に楽しむか、そこに尽きるのかと思います。大人が本気で遊べば、子どもはそれを見ながら遊びの中で多くのことを学ぶことができると考えます。
    教育させなきゃ、とかこれを習わせなきゃ、とか、大人の私たちが子どもに願うのはそれではなく、いかに『本気』で面白いことに夢中になって遊び込めるかが、子どもへの願いではないでしょうか?
    そのためにも、まずは親である私たちが、夢中になって楽しんでいる姿を我が子に見せたいですね。そこから『本気』になれるきっかけが生まれてくることを信じて。
    めめ先生 保育士
    とりあえず子どもが楽しんでできることで伸ばしてあげたいですね。
    今、体操教室を始めたところですが嫌がったらやめようと思っていましたがとても楽しんでいるので続けるつもりです。今は可能性がたくさんあるのでできるだけ興味を持ったことはさせてあげたいです!
    ひよひよ先生 保育士
    保育園と幼稚園に通っている子でも差が出てしまうと思いますが、園でやっているところは、鍵盤ハーモニカができたり、カスタネットや鈴のリズム打ちができたり、行事によっていろいろな体験ができると思います。
    私の園でも子どもたちがいろいろ習い事をしているお子さんたくさんいますが、子どもがやりたいと言ってるものはいいと思いますが、やりたくないものをやらせてしまっているのは、かわいそうだなぁと思います。
    やり始めた時はよかったけど、途中で嫌になってしまったり、いろんなケースがあります。
    子どもたちの気持ちと向かい合いながら、子どもと相談して楽しく習い事できるといいですよね。
    せおみ先生 保育士
    幼児期は興味が沢山でてくる時期ですよね。興味を持ち、やってみたい。と思っている時、日常的にその事をしたり、調べたり、習い事などに通い始められる事が一番良いですよね。でも、その、興味を持つきっかけは親や、集団生活からなので、色々な事を知る事がまずは始まりで大切かもしれないですよね。子どもなので、気持ちにムラもでてくるので、その時の対応に困る事もあります。でも、自分で決めた目標みたいなものは達成できるようにしたいですよね。その辺りを見分ける事も親としては重要になってくるのかな。と思います。
    なごみ先生 保育士
    とにかくいろんな事を経験させる事といろんな事を見せる事です。まだ早いかなあと思ってもとりあえず見せるさせる。いつ何に子どもが興味を持つかなんて誰にもわからないと思います。なので絵本でもおもちゃでも対象年齢を気にすることなく揃えています。あとは季節や行事を教えるように心がけています☆
    あーちん先生 保育士
    幼児期は子ども自身いろいろな事が出来て、言葉もしっかりと通じるので習い事などは子どもの意見を取り入れてみるといいですね!

    体験は子どもの可能性を広げて、その体験を別のことに活かしたり、興味を持ったりするので、限られた中だけではなく多くの体験ができるといいのではと私は思います。

    子どもの意見を聞く部分、親が決めるルール、しっかり線引きをしておくと、しつけとして叱る褒めるもやり易いのではないでしょうか?

    幼児期といってもまだまだたくさん甘えたい時期なのでなので、子どもとのスキンシップも大切にして欲しいと思います!
    もりもん先生 保育士
    こどもの気持ちを受け止めることを大切にしています。できるできないなどの結果ばかりにとらわれず、こどもがその時感じたことを受け止める。そこから自己肯定感が高まり次への意欲に変えてくれると思います。
    める先生 保育士
    幼児期の教育は、自然や、身の回りの様々なこと、友達など人との関わり方など日常の全てのことが教育に繋がってきます。そのときに丁寧な対応をとることで、より子どもの興味や関心を引き出せるので、子どもたちの言葉に丁寧に耳を傾けていきたいですね。
    ろろ先生 保育士
    子どもだからといって感情がなかったり言葉がわからなかったりすることはありません。
    子どもも一人の人間です。
    とくに様々なことに興味関心がわき、なんでもトライしてみなくなる頃です。
    危険であることや命に関わること、相手を傷つけることなどは親がしっかり判断して軌道修正をする必要がありますが、そのほかのことについてはなるべく子ども自身が考えて行動できるようにサポートすることも大事かなと思います(*˙﹀˙*)
    ゆきんこ先生 保育士
    幼児期、習い事を始める方も多いかと思いますがうちの場合は小さい頃からやらせてあげて良かったなと思いました。自分の自信につながって、がんばる気持ちや、悔しい気持ちなど、色々なことを知り成長出来ました。
    はなばたけ先生 保育士
    園では一斉保育を取り入れていません。最初は反対でしたが、今ではこの保育方法が最適だとも思う程です。主体性、自主性、身につきます
おすすめユーザーのコメント
1
    しずか先生
    保育園で危ないことをしたりお友達を叩いたりしてしまう子には,その場でいけないことだと理解させなければなりません.そんなときは子どもの目をしっかり見つめて,顔つきも声色もいつもと変えて本気で向き合うようにしています.演技派になることも,時には必要だと日々感じています.

しつけの関連記事

カテゴリ一覧