キヤノンの新コンセプトカメラ、PowerShot PICKとPowershot ZOOMで幼児向け教育プログラムを実施!

キヤノンの新コンセプトカメラ、PowerShot PICKとPowershot ZOOMで幼児向け教育プログラムを実施!

キヤノンのカメラを使ったワークショップ「PICK&ZOOM教育プログラム」には、子どもたちに必要な力を育むためのヒントがたくさんあります。子どもの成長・発達に詳しい専門家を迎え、実際に5歳の子どもたちを対象に実施されたカメラを使った教育プログラムの様子をレポートします。

[PR] キヤノンマーケティングジャパン株式会社

子どもの生きるチカラを育む「PICK&ZOOM教育プログラム」

学校などの教育現場においてアクティブ・ラーニングの重要性が高まっている昨今、キヤノンでは、保育園児や幼稚園児、小学生低学年を対象としたオリジナル学習プログラム
「PICK&ZOOM教育プログラム」を展開します。
 
この教育プログラムは、カメラや写真を撮ることで、子どものさまざまな力を育む内容になっています。カリスマ保育士てぃ先生と脳科学者瀧先生にも話を伺いました。
1
2

実際に保育園で行われた「PICK&ZOOM教育プログラム」をレポート

今回「PICK&ZOOM教育プログラム」を実施したのは、Picoナーサリ玉川上水公園。年長の子どもたち9人がカメラを楽しみながら行った2022年10月13日、21日の2日間にわたるプログラムの様子をレポートします。

PICK&ZOOM教育プログラム

3

STEP1:PowerShot ZOOMを使って撮影してみよう!

まず最初に、子どもたち全員にPowerShot ZOOMを渡して、先生から基本操作の説明をしました。
 
PowerShot ZOOMは遠くのものを近くで見れたり、近くのものをより大きく見れたり、スマートフォンやデジカメでは見られない写真が撮れる望遠鏡型カメラです。(※焦点距離[35mm判換算]:100mm/400mm/800mm(デジタルズーム)
先生の説明を真剣に聞く子どもたち
先生の説明を真剣に聞く子どもたち
3168
キャプション:「望遠鏡みたいでおもしろいよ」「ぼくにも見せて」お友だちとPowerShot ZOOMの楽しさを共有
練習が終わったら、次はいよいよ「好きなもの」をテーマに自由に撮影をします。
カメラを手に、早速撮影を始める子どもたち。「好きなものはなんだろう?」と考えながら、思い思いにPowerShot ZOOMを覗いています。
3216
大好きな先生を撮りたい!
3402
外の景色の撮影に夢中
3357
お気に入りのキャラクターの水筒、うまく撮れるかな?
4246
お友だちと撮影し合うのが楽しい
4371
ぼくの好きなもの、撮れた!
てぃ先生:改めて「日常の当たり前のこと」を見つめ直すよい機会になりますね。観察力や探究心も育まれそうです。もともと興味があったものを探究するだけでなく、今まで興味がなかったものに改めて興味を持つきっかけにもなりそうです。

STEP2:撮った写真を発表してみよう!

次は自分が撮影した作品をみんなに発表します。
3520
「ぼくが写ってる!」とうれしそうな子どもたち
4548
「どうしてこれを撮ったの?」とお友だち同士の会話も弾みます
4616
お友だちが撮影した写真に興味津々の子どもたち
6
実際にPowerShot ZOOMで子どもが撮影した写真①撮影中のお友だち
7
実際にPowerShot ZOOMで子どもが撮影した写真②外から見た保育園の窓
8
実際にPowerShot ZOOMで子どもが撮影した写真③木と木のあいだに見つけたドングリ
てぃ先生:シンプルな楽しさはもちろんありますが、それ以上に他者が撮影した写真を見ることで、その子の新たな一面を知ったり、こういう見方もあるのかと多様性を自然に受け入れられるいい機会になると思います。他人の気持ちを想像することにもつながりますよね。

STEP3:実はその様子をPowerShot PICKが撮影していました!

今回の取り組みに欠かせないもうひとつのカメラがPowerShot PICK。子どもたちの様子を最適なタイミングで自動撮影していました。
 
PowerShot PICKは、自動で人の顔を見つけて、シャッターを切ってくれる自動撮影カメラです。
3435
その場に溶け込んだPowerShot PICKが子どもたちの自然な姿を撮影します
子どもがカメラを意識しないのでいい表情が撮れます(PowerShot PICKで撮影)
子どもがカメラを意識しないのでいい表情が撮れます(PowerShot PICKで撮影)
9
好奇心いっぱいの子どもの表情(PowerShot PICKで撮影)
外でのびのび遊ぶ子どもの姿(PowerShot PICKで撮影)
外でのびのび遊ぶ子どもの姿(PowerShot PICKで撮影)
てぃ先生:今の子どもたちはスマホなどで撮影されることに慣れているので、ついポーズを撮りがちですが、これなら「自然な姿」が撮れますよね。あと、撮影者はいつも写真の中に不在ですが、これならみんな一緒に写真の中に残るのがとてもよいですね。

写真を通して育まれる「5つの力」とは

4310
「PICK&ZOOM教育プログラム」は、子どもたちのどのような力を育んでくれるのでしょうか。てぃ先生と瀧先生に詳しい話を伺いました。

将来的な学業成績にも影響!知的好奇心を深掘る

瀧先生:子どもの脳の成長に欠かせないのが「知的好奇心」です。一生懸命に写真を撮ったり、カメラを覗いて被写体を探したり。このように「これがきれい、面白い、あれはなんだろう?」と思って行動することが、良い刺激をもたらします。

自分を客観視する メタ認知能力の向上

瀧先生:メタ認知とは自分のことを俯瞰的にとらえて、客観的な判断を下すためのチカラです。幼少期はまだ自分を客観視することが苦手ですが、自分が写っている写真を見ているだけでも、メタ認知を鍛えることができると考えられます。
 
メタ認知を鍛えることは、自分を客観的に受け入れることですから、結果として、レジリエンスや自己肯定感、感情をコントロールする力を高めることに繋がります。

自分はこんなに愛されている!自己肯定感を高める

てぃ先生:お友だちや先生と写っている写真を見ると「こんなに楽しく話しているんだ!」「先生はぼくをこんなに優しく見守ってくれているんだ」と感じることができます。
 
自分が愛されている様子を客観視することは非常に重要です。よく鏡の前でハグしてあげてください、と話をするのですが、視覚でも大事にされていることが分かるとより満足度や幸福感が高まりますよね。PowerShot PICKだとより自然体で触れ合う様子を確認することができます。

多様性の時代 他人の個性を受け入れる

てぃ先生:自分やお友だちの写真を見せ合うことでイメージを共有し合うことができます。自分が良いと思ったものとは違っても良いのです。写真に正解はありませんから。お互いの作品を受け入れる、多様性の時代を生きる子どもたちにとって大切な力を育む一歩だと思います。

先取りノスタルジーで「幸せ」を感じる

瀧先生:脳科学で「先取りノスタルジー」として注目されているワードがあります。「ノスタルジー」とは昔を懐古することですが、先取りノスタルジーとは現在のこの瞬間を楽しかった思い出として写真などに残すことで、それが将来にこの楽しかった思い出を思い出すことで幸福感を感じられ、脳に良い刺激となると考えられています。

子どもの成長を支える「PowerShot ZOOM 」「PowerShot PICK」

今回のプログラムで使用した2つのカメラ「PowerShot ZOOM 」「PowerShot PICK」をご紹介します。

望遠鏡型カメラ「 PowerShot ZOOM」

10
子どもたちの手にもすっぽり収まる小型サイズですが、100mm/400mm/800mm(デジタルズーム)の焦点距離をもつ優れものです。操作も非常に簡単で、ボタンを押すだけでズームを切り替えられます。
 
写真も動画も撮影可能。覗きながらズーム機能を使えるので、興味を持ったものを観察し、最高の瞬間を残すことも簡単に行えます。
 
※夜間や暗いシーンでの撮影、星空などの天体観測では適していないシーンがあります。
※35mm判換算。100mmと400mm時は光学ズームによる切り替え。800mm時はデジタルズームのため、画質が低下します。
 
てぃ先生:PowerShot ZOOMは、子どもの興味関心を広げるツールだと思います。そして、子どもが新しい発見をしている姿を見ている大人も、その子の新しい部分に気づけるのではないでしょうか。

自動撮影カメラ「PowerShot PICK」

11
自動で人の顔を見つけて、シャッターを切ってくれる自動撮影カメラです。最高の表情と最高のアングルを自動で判定して撮影をしてくれるので、カメラマン要らずで、思い出を残すことができます。

さらに、声やスマホで操作しての撮影も可能。アプリを使えば撮影設定のカスタマイズや人物登録も。撮影後は、おすすめ画像を自動でセレクトしてくれるのも嬉しいポイント。
 
てぃ先生:実は僕もPowerShot PICKを保育園でもプライベートでも使っています!園で子どもたちを撮影しようとすると、その間撮影者は保育をできなくなってしまいますが、PowerShot PICKがあれば保育をしながら撮影ができます。

子どもの好奇心や表現力、自己肯定感につながるカメラ

4153
今回のプログラムでは、「PowerShot ZOOM 」で子どもの好奇心や表現力を広げることができ、「PowerShot PICK」では子どものメタ認知や自己肯定感を高めることができます。お友だち同士、先生とのコミュニケーションも生まれ、他者を理解することや想像力を育むことにもつながったのではないでしょうか。
 
てぃ先生:写真のいいところは「残せること」と「他者と共有できること」だと思います写真として残すことで他者と価値観の共有ができ、想像力も広がります。個性やその子らしさを表現することもできるので、ママやパパ、園の先生が子どものことをより深く知るためのツールにもなるのではないでしょうか。
3380
KIDSNA STYLEでは、今後も「PICK&ZOOM教育プログラム」の活動を支援し、その模様をお届けしていきます。
本件に関するお問い合わせはこちら

2022年10月31日

関連記事

  • 子どもが主体の環境づくりを目指し、日本初「子どもにやさしいまち」として日本ユニセフから承認された安平町。「自分が“世界”と出会う場所」というコンセプトをもとに、地域に開かれた学校「早来学園」を開校します。不確実な時代を生きる子ども、大人、すべての人のための学校をご紹介します。

    北海道安平町

    PR

  • 空前の「性教育」ブームといわれる昨今。でも実際子どもに「性」のこと、「からだを大切にすること」の意味を教えるのは簡単ではありません。そこで、漫画家のツルリンゴスターさんが元保健室の先生で性教育講師であるにじいろさんに、性教育に関する率直な疑問をぶつけたレポート漫画、前編です!

    ツルリンゴスター

  • ひとりひとりの個性を尊重し、身体・心・頭をバランスよく育てることを大切にしているシュタイナー教育。この教育法で用いられるおもちゃは、一般的なおもちゃとは少し違うようです。どのような種類のおもちゃがあり、特徴や遊び方はどう違うのか。また、シュタイナーのおもちゃを取り入れた保護者の体験談などを紹介します

  • 集中力は、勉強だけではなく、スポーツや将来的には仕事をしていくうえで、欠かせない能力です。元々集中力が高い子もいるかもしれませんが、環境を整えたり生活の中で少し工夫をすることで、高めることもできるようです。今回は集中力がない原因や遊びを通して集中力を育てる方法などを紹介します。

  • 「語彙力」が高いとは、多くの言葉を知っている状態を連想しますが、実はそれだけではなく、知っている言葉を適切に使う力も含まれている言葉です。よく本を読む人は語彙力が高いイメージがありますが、その他にも語彙力を高める方法はあるのでしょうか。また、語彙力が高いとどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • 近年よく耳にするSDGs。未来を担う子どもたちも、学校などにおいてこのテーマに触れる機会が増えることが考えられます。そこで、KIDSNA fo KIDSAシリーズにて、書籍『数字でわかる!こどもSDGs』を原作にアニメ動画を制作。数字が伝える世界の現実をご紹介します。

  • KIDSNA編集部が選ぶ、子育てや教育に関する話題の最新書籍。今ある職業の大半がAIやロボットに代替されるといわれて10年近くがたちました。実際、なくなりつつある仕事がある一方で、新たな仕事も数多く生まれてきています。今回は、『今ない仕事図鑑100』『今ない仕事図鑑ハイパー』(講談社)から、今ない仕事を生み出した日人たちへのインタビューを一部抜粋・再構成してお届けします。

  • 私たちにとって、お金と関わりを持たずに生活することは避けられません。生活スキルとして欠かせない「金融リテラシー」を子どもに身につけてもらうために、保護者はどのようなことができるでしょう。金融リテラシー・マップを使った子どもへの伝え方や、金融リテラシークイズ、保護者の体験談をご紹介します。

  • スマホやタブレットが普及した昨今、予期せぬタイミングで子どもが性について触れてしまうこともあります。では、子どもの性教育は何歳からはじめるのが適切なのでしょうか。性教育のスタートについて日本と世界の基準を比較。実際に、性教育を実施している保育園を訪れ、幼児期からの性教育の必要性について伺いました。

  • 知りたいことに対してまっすぐな好奇心を持つ子ども。一方で、友だち関係や思春期の悩みを持つ子どももいるかもしれません。今回は、好奇心を刺激する図鑑から、さまざまな悩みへのアドバイスを伝える実用書まで、子どもたちに寄り添う書籍をピックアップ。新しい一年の始まり、我が子に贈る1冊を見つけてみてはいかがでしょうか。

  • さまざまな育児書や教育本が発売されているなか、どれを選べばよいか迷うという方もいるかもしれません。そこで今回は、昨年発売の教育・子育てに関する書籍を厳選してご紹介。共感必至の子育てエッセイから、保護者のための性教育の教科書、男性育休に切り込んだ1冊まで、幅広いジャンルの話題の書籍をまとめました。

  • 昨今、重要性が叫ばれている家庭での性教育。子どもが疑問を持ち始めた頃が始めどきとはいえ、保護者自身も学校で十分に教わっていないことから、どう教えたらよいか悩む方も多くいるのではないでしょうか。幼児期に性教育が必要な理由から子どもへの性の伝え方、性犯罪から子どもを守る防犯対策までをまとめました。

カテゴリ一覧